楽天 ゴールド メリット。 楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカードの年会費→元を取る損益分岐点いくら使えば?

楽天 ゴールド メリット

重要なご案内をお届けした時点で保管された情報は削除するものとします。 (携帯メールアドレス宛も含む) 楽天カードと楽天ゴールドカードの比較 楽天カード 楽天ゴールドカード 年会費 永年無料 本会員お一人様 2,200円 税込み ご家族会員お一人様 550円 税込み 楽天市場で ポイントアップ SPU ポイント最大3倍 ポイント最大5倍 進呈するポイント(期間限定ポイント含む)には上限や条件があります。 空港ラウンジ - 国内空港ラウンジ年2回無料 国内空港ラウンジ、ダニエル・K・イノウエ国際空港(ハワイ)、仁川国際空港(韓国)• お申し込み手続き後、最短約1週間でのお届けとなります。 あらかじめご了承ください。 カード発行後の国際ブランド(Visa、Mastercard、JCB)の変更はできませんのであらかじめご了承ください。 20歳未満、学生、海外在住の方はカードをお申し込みいただけません。 カード発行には所定の審査がございます。 特典が進呈される口座は、対象カード入会時にご登録されている楽天ポイント口座となります。 ポイント進呈までに楽天カード会員および楽天会員登録の情報変更があった場合、ポイント進呈ができない場合がございます。 本企画は、予告なく変更・中止させていただく場合がございます。 お申し込みの際には、ご本人様の楽天IDをご利用ください。 年末年始、ゴールデンウィーク、連休のお申し込みについては、通常よりもお届けが遅れる場合がございます。 あらかじめご了承ください。 (月間5,000ポイント)• 予めご了承ください。 注意事項• 予約購入(ただし楽天ブックスとKoboは対象)• 定期購入・頒布会• 送料またはラッピング料• 1商品ごとの購入金額が100円に満たないお買い物(ポイント付与時点)• 在庫切れまたはキャンセルされたお買い物• 楽天西友ネットスーパーでのお買い物• 同一注文内にその他の商品が入っている場合は、その商品も対象外となります。

次の

楽天GOLD(ゴールド)って何が出来るの?初心者の為のメリットと効果的な使い方まとめ

楽天 ゴールド メリット

楽天市場の利用時ポイント還元率がアップする 2. ETCカードが無料付帯 3. 空港のラウンジが年2回まで無料 4. トラベルデスク利用可能 5. 利用可能限度額が200万円までアップする 6. 見た目がかっこいい 一方、デメリットはたった1つ。 年会費が2,200円かかることだけです。 上記の6つのメリットで年会費2,200円以上の得ができるかどうかが切り替えのポイントです。 メリットを1つずつ見ていきましょう。 楽天市場の利用時ポイント還元率がアップする 楽天ゴールドカードを使って楽天市場で買い物をすると、 通常の楽天カードよりも還元率がアップします。 通常の楽天カードは、 楽天市場での買い物で100円につき3ポイント(基本ポイント含む)が付与されます。 一方、楽天ゴールドカードは 100円につき5ポイント(基本ポイント含む)付与され、 通常の楽天カードに比べて2円分多くのポイントがもらえます。 ETCカードが無料付帯 通常の楽天カードは年会費無料ですが、 ETCカードの発行には年間550円かかります。 つまりETCカードを発行すると、楽天カードは年会費が550円になってしまうんです。 一方で楽天ゴールドカードは年会費2,200円ですが、 ETCカードが無料付帯します。 普段の生活でETCを使う方なら、ゴールドカードに切り替えてETCカードを無料発行するだけで550円得します。 この場合、 通常の楽天カードとの年会費の差額は1,650円まで縮まります。 通常の楽天カードとは明らかに色が違います。 筆者のように、「ゴールドカード」という響きに憧れを持っている方もいるのではないでしょうか。 楽天ゴールドカードは他のゴールドカードと違い、 厳しい審査もほとんどなく、普通の人が普通に持つことができるゴールドカードです。 クレジットカードに詳しい方の前では胸を張って言えませんが、クレジットに詳しくない友人をびっくりさせるくらいはできます。 楽天ゴールドカードに切り替えて得をする方 以下の条件に当てはまる方は、通常の楽天カードから、楽天ゴールドカードへの切り替えをおすすめします。 楽天市場で楽天ゴールドカードを使用して買い物をすると、通常の楽天カードに比べて、100円につき2円分楽天スーパーポイントが多くつきます。 ゴールドカードの年会費は2,200円。 楽天ゴールドカードを使って楽天市場で11万円分買い物をすると、通常の楽天カードよりも2,200ポイント多くポイントが付きます。 つまりちょうど年会費の元が取れます。 11万円を12か月で割ると、1か月あたり約9,000円。 これくらいなら楽天市場で買い物をしている人もいるのではないでしょうか。 さらに、 普段ETCカードを使う方なら550円のETCカードが無料付帯しますので、実質年会費は1650円。 この場合、 楽天市場で年間8万2,500円以上買い物をすれば、年会費の元が取れます。 さらに、 11万円(もしくは8万2,500円)以上の買い物については、買い物をすればするほど通常の楽天カードとのポイント差がついていき、よりポイントで得をするようになります。 年間1~2回ほど旅行に行く人 楽天ゴールドカードは 年間2回まで空港のラウンジを無料で利用できます。 楽天ゴールドカードで入れるカードラウンジは、 特典なしで利用しようとすると通常1,000円前後の使用料がかかります。 このラウンジを1回でも利用すれば年会費の半分近い元が取れ、2回利用すればほぼ年会費の元が取れます。 元を取ったら、あとは楽天市場で買い物をすればするほど通常の楽天カードよりも多くのポイントが付き、お得になります。 年に1~2回ほど飛行機で旅行に行く機会がある方は、楽天カードから楽天ゴールドカードに切り替えましょう。 特に海外旅行に行く方は、先述したトラベルデスクの存在もありますので、より切り替えるメリットが大きくなります。 ちょっとカッコつけたい方 またまた個人的な理由で申し訳ないのですが、 やっぱりかっこいいです。 やはり「ゴールドカード」は少し特別な響きがありますね。 ちょっと偉くなったような、誇らしい気持ちになります。 わずか年会費2,200円でカードの色が変わり、自尊心がちょっと満たされる、と考えたら安いのではないでしょうか。 楽天ゴールドカードに切り替えて得をする人は意外に多い 楽天ゴールドカードは楽天ポイントの還元率がアップしたり、ラウンジが使えるようになったりと通常の楽天カードにはないメリットがあります。

次の

楽天ゴールドカードの年会費→元を取る損益分岐点いくら使えば?

楽天 ゴールド メリット

楽天カード 楽天ゴールドカード 楽天プレミアムカード 楽天ビジネスカード 国際ブランド MasterCard、JCB、VISA、AMEX MasterCard、JCB、VISA MasterCard、JCB、VISA、AMEX VISA 年会費 永年無料 2,200円(税込み) 11,000円(税込み) 2,200円(税込み) 年齢 満18歳以上 20歳以上 20歳以上 20歳以上 利用可能額 最高100万円 最高200万円 最高300万円 楽天プレミアムカードと合算最高300万円 優待サービス 楽天e-NAVIご登録の際にお好きなコースを以下から1つ選択 A:楽天市場コース B:トラベルコース C:エンタメコース カード付帯保険 海外旅行傷害保険(最高2,000万円) カード盗難保険 海外旅行傷害保険(最高2,000万円) カード盗難保険 国内旅行傷害保険(最高5,000万円) 海外旅行傷害保険(最高5,000万円) 動産総合保険(年間最高300万円) カード盗難保険 あんしんサービス ネット不正あんしん制度 商品未着あんしん制度 カード利用お知らせメール ネット不正あんしん制度 商品未着あんしん制度 カード利用お知らせメール 家族カード 永年無料 550円(税込み) 550円(税込み) その他 国内主要空港、ハワイ・ホノルル国際空港、韓国・仁川国際空港のラウンジを無料で利用可能 楽天プレミアム(年会費:4,900円 税込み)が1年間無料 800カ所以上の海外空港ラウンジで使えるプライオリティ・パスが無料 楽天ビジネスカードが使いたいなら、楽天プレミアムカードを申し込む必要がある 非常に「バランスのいいカード」だということが分かるかと思います。 ではメリット、デメリットを洗い出していこうと思います。 楽天ゴールドカードのメリット 年会費が格安の「2,200円(税込み)」 ゴールドカードなので年会費が必要になりますが、安心して下さい。 年会費たったの、2,200円(税込み)です。 年間2,200円払えば、上に出したサービスや制度が利用可能になります。 これはお得としか思えないんですがどうでしょうか? 入会特典で最大5000ポイントが貰える 楽天ゴールドカードを新規で申し込むと、条件に合わせて 最大5000ポイント、楽天ポイントが貰えるんですね。 それに無条件で付いてくる1倍を足して5倍という内訳です。 ) 楽天内のサービスはもちろん、加盟店や街での買い物でもポイントはつきますので、この2倍差なかなか侮れないと思います。 その他にも、対象の楽天サービスを利用することで最大16倍まで到達することが可能です。 関連 その他の特典 セキュリティ面での安心機能• カード利用時にお知らせメールが届く(万が一不正利用されたりした時に、早期発見に繋がります)• 商品未着あんしん制度(楽天市場において、商品の未着にも関わらず店舗との連絡が取れなくなった時、調査の上請求を取り消してもらえる制度)• ネット不正あんしん制度(第三者による不正利用された際に、審査して通れば被害に遭った金額を補償してくれる制度) 国内空港海外のラウンジが年2回無料で利用できる 国内主要空港、ハワイ・ホノルル国際空港、韓国・仁川国際空港ラウンジを、年2回無料で使うことができます。 ゴールドカードの本領発揮です。 (一部の海外空港ラウンジ含む) 海外旅行傷害保険がついてくる 海外旅行中の病気やケガを補償してくれるサービスもつきます。 (傷害死亡・後遺障害保険金最高2,000万円を補償) ケガや病気、あるいは携行品の破損等、海外旅行における不慮の事故にも対応してくれます。 楽天ゴールドカードのデメリット デメリットというか、注意点もいくつか書いておきますね。 年会費が2200円かかる• 色が微妙にくすんだゴールドをしている(プレミアムカードは完全なゴールドです)• カード番号が変わるので、支払いなどで登録してあるカード番号を変更しなければならない。 家族カードを利用していた場合、そちらも再度申し込まなければならない。 切替前のカードでEdy機能付きカードをご利用していた場合、楽天ゴールドカードにEdy残高の引継ぎはできない。 「カードを切り替えるにあたり必要な作業がある」というだけで、金銭的なデメリットは何もありません。 (ゴールドカードにすることで楽天ポイントアップしますしね) ただ、楽天ゴールドカードに限らず、楽天系列のカードを使っている限り 「急な利用停止」や「強制解約」の可能性があることは覚えておいたほうがいいでしょう。 切替方法の手順は、• 引き落とし口座• 切替前のカードの残債務 は、そのまま自動的に引き継がれる為、お手続きは不要です。 いきなり楽天ゴールドカードの審査は通るのか? さて、ノーマルの楽天カードも持っていない方が、いきなりゴールドを申し込んで通るのでしょうか? 楽天系列のカードには、年会費1万円くらい払って利用できる『 』という、もう1ランク上のカードが存在します。 関連 そのことを踏まえると楽天ゴールドカードは、『お手軽なゴールドカード』という立ち位置なんではないでしょうか?楽天からしたら、 「年間2,200円払ってもらえればゴールドカード発行しますよ」ぐらいの感覚だと思います。 審査に不安がある方はこちらがおすすめ ちなみにですが、 楽天カードは審査が緩いという噂がありますが、それは全くのデマです。 正確には「」に書いてあるとおり、一昔は緩い傾向があったと思います。 じゃなければ当時ブラックリストの私が審査通る訳ありませんので。 笑 ですが最近はまず通らないと思ったほうが間違いあありません。 根拠は上の記事内に書いてあります。 ですので、万が一審査に落ちるかもしれないと心当たりがある方はこちらのカードを受けてみることをおすすめします。

次の