妊娠検査薬仕組み。 【徹底解説】妊娠検査薬はいつから使える?どんな仕組み?

妊娠検査薬っていつ検査するのがベスト? フライング検査でも反応は出る?【医師監修】

妊娠検査薬仕組み

妊娠検査薬はいつから反応する?先輩妊婦さん300人のタイミングを発表! 2020年4月6日 こそだてハック 妊娠検査薬の使い方はとても簡単ですが、その分説明書を読まず、いつから使えるのか確認せずに使ってしまう人が多いものです。 妊娠検査薬は、適切な時期やタイミングで使わないと正しい結果を得られない場合があるため、注意が必要です。 そこで今回は、妊娠検査薬が使える時期はいつからなのか、タイミングと注意点、先輩ママたちの体験談もあわせてご紹介します。 妊娠検査薬の仕組みは? 妊娠検査薬は、妊娠すると分泌される「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」というホルモンに反応する仕組みとなっています。 ただ、人によっては、これよりも早い時期に使っても陽性反応が出ることがあります。 しかし、このなかには妊娠検査薬に染み込んだ水分が蒸発するときに、濃縮された尿の成分が線となって残る「蒸発線」を見間違えた人が含まれている可能性もあります。 そのため、「生理予定日の1週間後以降」より前の判定は、あくまでも参考程度に考えましょう。 正確な結果を知るためには必ず、判定可能な時期である「生理開始予定日の1週間後以降」に妊娠検査薬を使うようにしてくださいね。 生理不順の場合 生理周期が一定ではない女性は、生理がいつから来る予定なのかが分かりにくいため、妊娠検査薬が使える時期がいつからなのかもわからなくて困ってしまうかもしれませんね。 関連記事 妊娠検査薬をいつから使うか、タイミングの注意点 妊娠を待ち望んでいる人は「早く妊娠しているかどうか知りたい」という一心で、いつから使えるのか確認せず、判定可能な時期よりも前に検査をしてしまいがちです。 しかし、まだhCG濃度が低い時期に妊娠検査薬を使うと、判定窓に現れる線が薄く、正しい判定結果を得られないこともあるので注意が必要です。 また、妊娠検査薬をいつから使うか確認せず、時期が早すぎて陽性反応が出なかった場合、「実は妊娠していたのに、検査薬の陰性結果を鵜呑みにして、飲酒や薬の服用をしてしまった」ということもありえます。 はっきりしない結果にやきもきしたり、生まれてくる赤ちゃんの健康に悪影響を及ぼしたりしないよう、妊娠の可能性があるときは飲酒や薬の服用を控えて、生理開始予定日の1週間後以降という決められた時期に妊娠検査薬を使いましょう。 妊娠をしている場合、生理予定日前頃から妊娠超初期症状といった体の変化を感じる女性もいるようです。 妊娠の可能性がある場合は、自分の体調にも気をつけてみてくださいね。 関連記事 陰性 ・妊娠していない ・妊娠超初期で、まだ検出可能なhCG濃度に達していない ・水分の摂り過ぎなどで一時的に尿のhCG濃度が薄い ・生理周期の計算を間違えている できるだけ早くに妊娠検査薬を使いたいならいつから? 最近は、通常の妊娠検査薬よりも感度の高い「早期妊娠検査薬」も販売されています。 早期妊娠検査薬がいつから使えるのかというと、「生理開始予定日の5日前」や「生理開始予定日」といった、通常の妊娠検査薬よりも早い時期からです。 商品によっていつから使えるか、時期は異なるので、各商品に付いている説明書に従って使用しましょう。 ただし、使える時期が早い分、早期妊娠検査薬は通常の妊娠検査薬と比べて正確性が落ちるという点は、覚えておいてくださいね。 関連記事 妊娠検査薬がいつから反応するかを知って、正しく使おう 妊娠してるかも?と思うと、「いつから妊娠検査薬を使えるのだろう?すぐに検査して確かめたい」と思いますよね。 しかし先述のように、妊娠検査薬で判定ができる時期がいつからかというと、生理予定日の1週間後からです。 この時期はすでに妊娠初期のため、妊娠している場合、胎児にとって大切な時期です。 妊娠している可能性があるかどうかを正しく知るために、妊娠検査薬は使用時期をきちんと守って使いましょう。 また、生理予定日の1週間後に妊娠検査薬を使って陽性が出た場合は、早めに病院を受診し、妊娠確定の診断をしてもらいましょう。 はじめて妊娠検査薬を使うという人は、以下の記事を参考に商品を選んでみてくださいね。

次の

生理予定日前に陽性が出た!フライングにおすすめの妊娠検査薬は? │ はまじMAMA's WORKs

妊娠検査薬仕組み

妊娠検査薬はさまざまな種類があるため、どれを買えばよいのか迷うかもしれません。 この記事では、日本製の8つの妊娠検査薬の特徴を比較表でまとめ、検査薬選びをサポートします。 また、判定を早く知ることができる「早期妊娠検査薬」や価格の安い「海外製の輸入品」についてもご紹介します。 妊娠検査薬の仕組みと使うタイミング 妊娠したら分泌されるホルモンに反応する 妊娠検査薬はスティック型の薬品で、 スティックの先に尿をかけ、尿に含まれるホルモンの量を測ることで妊娠したかどうかを判定できます。 ただし、性交した後のどのタイミングで検査しても判定が出るわけではなく、 正しいタイミングで使用することが大切です。 判定のタイミングは生理予定日の1週間後が目安 妊娠検査薬は、 妊娠していたら分泌される「hCG(エイチシージー)」と呼ばれるホルモンの量から妊娠を判定します。 hCGは、受精卵が着床し、成長を続ける中で数値が高くなります。 生理が始まってから8日目からを「 妊娠1週」と数え、生理周期が28日の場合だと次の生理がくる日は 「妊娠4週」の開始時点になります。 「生理予定日」が分からない場合 生理周期を数えたことがない、または生理不順などで 「生理予定日の1週間後」がいつ頃なのか分からない場合は、 「妊娠を狙って性交した3週間後」を目安に検査薬を使うようにしてください。 一般的に、 妊娠の可能性が高い期間(排卵期)の2週間後が生理予定日なので、 3週間後というのが「生理予定日の1週間後」にあたるからです。 妊娠検査薬を選ぶポイント どの妊娠検査薬も判定の精度は変わらない 日本製の妊娠検査薬はいくつかありますが、 正しいタイミングで正しく使用すれば、判定の精度に違いはありません。 価格と使いやすさが選ぶときのポイント となると、妊娠検査薬選びのポイントは「価格」と「使いやすさ」の2つが主になります。 「価格」に関しては、 AmazonなどのECサイトではセール価格で販売されていることが多いです。 ですから、それぞれチェックしてから購入するようにしましょう。 「使いやすさ」に関しては、 スティックの形状や判定線の見やすさなどが検査薬によって異なります。 以下では、これらのポイントをまとめた比較表を紹介します。 特徴がわかる比較表:日本製の妊娠検査薬8選 日本製の妊娠検査薬8選 それぞれの妊娠検査薬の特徴や価格をまとめました。 表の一番右にはメーカー希望小売価格をもとに「価格」を記載しましたが、 AmazonなどECサイトではもっと安い価格で販売されていることが多いです。 実際に販売されているページで価格を確認してからご購入されることを勧めます。 なお、どれも駅前にある マツキヨやココカラファインのようなドラッグストア、また Amazonや楽天のようなECサイトで購入できます。 メーカー希望小売価格が設定されていない場合は通販サイトで販売されている価格を参考にしています。 価格は販売店、通販サイトによって異なるため、ご購入時にはご確認をいただくようお願いいたします。 では、上から順にご紹介します。 1の「ドゥーテスト」 「ドゥーテスト・hCG 妊娠検査薬」は 「簡単で使いやすい」というポイントを打ち出しています。 尿をかける「採尿部」が大きく、尿がかけやすく、ハネにくい構造になっています。 また、尿をかける時間も2秒と他の検査薬と比べると短くて済みます。 Amazonでも売り上げランキングで1位を獲得している人気商品です。 (2020年6月時点,妊娠検査薬において) 【製造・販売会社】 ロート製薬 【価格】(税抜) 1回用:880円 2回用:1,320円 (注)メーカー希望小売価格(税抜)を記載しています。 メーカー希望小売価格が設定されていない場合は通販サイトで販売されている価格を参考にしています。 価格は販売店、通販サイトによって異なるため、ご購入時にはご確認をいただくようお願いいたします。 採用部は大きく、またスティックも持ちやすい形状に工夫されています。 Amazonでは売り上げランキングで2位を獲得している人気商品です。 (2020年6月時点,妊娠検査薬において) 【製造・販売会社】 不二ラテックス 【価格】(税抜) 1回用:647円 2回用:813円 (注)メーカー希望小売価格(税抜)を記載しています。 メーカー希望小売価格が設定されていない場合は通販サイトで販売されている価格を参考にしています。 価格は販売店、通販サイトによって異なるため、ご購入時にはご確認をいただくようお願いいたします。 1ブランド「クリアブルー」 「妊娠検査薬 クリアブルー 」はオムロンが販売する妊娠検査薬です。 「クリアブルー 」は排卵検査薬もあり、ブランドとしては世界シェアNo. 1の安心できるブランドです。 【製造・販売会社】 オムロン 【価格】(税抜) 1回用:800円 2回用:1,200円 (注)メーカー希望小売価格(税抜)を記載しています。 メーカー希望小売価格が設定されていない場合は通販サイトで販売されている価格を参考にしています。 価格は販売店、通販サイトによって異なるため、ご購入時にはご確認をいただくようお願いいたします。 妊娠検査薬の製造は、後ほど紹介する「P-チェック・S」を製造販売するミズホメディです。 保証された品質でありながら、価格がお手頃なのがポイントです。 なお、販売されているのは4回分のセットのみです。 (2020年6月時点) 【製造・販売会社】 Amazon(製造はミズホメディ) 【価格】(税抜) 4回用:1,181円 (注)メーカー希望小売価格(税抜)を記載しています。 メーカー希望小売価格が設定されていない場合は通販サイトで販売されている価格を参考にしています。 価格は販売店、通販サイトによって異なるため、ご購入時にはご確認をいただくようお願いいたします。 妊娠検査薬の多くは、尿をかけて判定が出たあと、時間が経つと判定線が薄く消えることがあります。 陽性反応が出たときに、パートナーに見せて伝えたいという方にとってはおすすめの検査薬です。 【製造・販売会社】 アラクス 【価格】(税抜) 1回用:1,000円 2回用:1,500円 (注)メーカー希望小売価格(税抜)を記載しています。 メーカー希望小売価格が設定されていない場合は通販サイトで販売されている価格を参考にしています。 価格は販売店、通販サイトによって異なるため、ご購入時にはご確認をいただくようお願いいたします。 【製造・販売会社】 武田コンシューマーヘルスケア 【価格】(税抜) 1回用:800円 2回用:1,200円 (注)メーカー希望小売価格(税抜)を記載しています。 メーカー希望小売価格が設定されていない場合は通販サイトで販売されている価格を参考にしています。 価格は販売店、通販サイトによって異なるため、ご購入時にはご確認をいただくようお願いいたします。 【製造・販売会社】 ミズホメディ 【価格】(税抜) 1回用:880円 2回用:1,320円 (注)メーカー希望小売価格(税抜)を記載しています。 メーカー希望小売価格が設定されていない場合は通販サイトで販売されている価格を参考にしています。 価格は販売店、通販サイトによって異なるため、ご購入時にはご確認をいただくようお願いいたします。 5回分使えて3000円前後なので、デジタルだからと言って高額なわけではありません。 線が濃かったり薄かったりして判断に迷うこともる 「判定線」のタイプよりも、判定が分かりやすいのが特徴です。 【製造・販売会社】 アラクス 【価格】(税抜) 5回用:3,024円 (注)メーカー希望小売価格(税抜)を記載しています。 メーカー希望小売価格が設定されていない場合は通販サイトで販売されている価格を参考にしています。 価格は販売店、通販サイトによって異なるため、ご購入時にはご確認をいただくようお願いいたします。 1週間早めに検査できる「早期妊娠検査薬」 早く知りたい場合は「早期妊娠検査薬」 もし、もっと早く知りたい場合は「早期妊娠検査薬」を使いましょう。 ここまで紹介した8つの妊娠検査薬は、検査をするタイミングの目安が 「生理予定日の一週間後」ですが、 「早期妊娠検査薬」は生理予定日頃でも判定が可能です。 つまり、通常の妊娠検査薬よりも早めに判定することができます。 購入は薬剤師がいるドラッグストアへ 通常の妊娠検査薬はAmazonや楽天などのECサイト、またはドラッグストアなどで購入が可能ですが、 早期妊娠検査薬は薬剤師がいるドラッグストアでしか購入ができません。 また、 日本製でドラッグストアで購入できる妊娠検査薬は「チェックワンファスト」しかありません。 購入を希望される方はからお近くのドラッグストアを確認し、 事前に店頭に置いているか問い合わせをしたほうが良いでしょう。 陽性判定が出ても結局2週間程度は待つことに 注意しておきたい点は、 早期妊娠検査薬で陽性反応が出たからといって、確実に妊娠したとは判断できないことです。 妊娠の確定診断は産婦人科に行き、 「生理予定日」だった2週間後にあたる妊娠5週目で「胎嚢(赤ちゃんを包む袋)の確認」、 「生理予定日」だった3週間後にあたる妊娠6週目で「心拍の確認」を行います。 このように、 早期妊娠検査薬で陽性反応が出ても、結局は2週間程度は待つ必要があります。 そして、本当に妊娠したのか気になり、早期妊娠検査薬を使った1週間後にまた妊娠検査薬を使いたくなる人が多くいます。 価格重視の人は海外製がオススメ 海外製の 検査薬は1本あたり100円以下 海外製は値段は安くお手頃です。 駅前のドラッグストアやAmazon・楽天のような大手ECサイトでは販売しておらず、 海外輸入品を扱う専門の通販サイトから購入することができます。 「海外輸入 妊娠検査薬」などのキーワードで検索すればサイトが出てくるはずです。 なので、 生理予定日付近では海外製の安い早期妊娠検査薬で一度チェックし、そして 生理予定日の1週間後は日本製の妊娠検査薬で再度確認する、というスタイルの方もいます。 紙製のスティックで少し使いづらい 海外製の妊娠検査薬は 少し使いづらいと感じる方もいます。 海外製は 紙製のスティックで、尿も直接かけるのではなく 紙コップに入った尿に検査薬の先をつける必要があります。 そのため、日本製のプラスチック素材のスティック型の検査薬と比べると、使いにくいと感じる方もいるでしょう。 安さや早く判定が出るというメリット、一方で使いづらさというデメリットを考慮して日本製か海外製かは選ぶと良いでしょう。 陽性反応が出たら産婦人科へ 産婦人科での妊娠判定 妊娠検査薬で陽性反応がでたら、産婦人科で正確に検査してもらいましょう。 産婦人科での妊娠判定は、尿検査や採血によって行います。 陽性反応が出てから1〜2週間後に受診 妊娠検査薬で陽性反応が出てすぐに受診をしても、診察ではまだ胎嚢を確認できないことがあります。 ですから、 妊娠検査薬を使用して陽性反応が出てから1〜2週間後に受診(早期妊娠検査薬を使った場合は 陽性反応が出てから2〜3週間後に受診)するのが、 エコーによる胎嚢確認もできるため適切なタイミングです。 また注意点として、 妊娠の心当たりがあるのであれば、妊娠判定前でも「 飲酒」や「タバコ」は控え、服薬にも注意してください。 以上、この記事では日本製の妊娠検査薬をメインにご紹介し、早期妊娠検査薬や海外製の検査薬の特徴もご紹介しました。 それぞれの特徴から自分にあった検査薬を選ぶようにしてください。

次の

妊娠検査薬はいつから反応する?先輩妊婦さん300人のタイミングを発表!

妊娠検査薬仕組み

日本産科婦人科学会専門医、婦人科腫瘍専門医、細胞診専門医、がん治療認定医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医、日本内視鏡外科学会技術認定医で、現在は藤東クリニック院長... 「もしかして妊娠したかも?」と思ったときに必要なのが「妊娠検査薬」。 しかしいざ妊娠検査薬を使いたくても、日頃使っているものではないので、使い方がよくわからないという人も多いのではないでしょうか。 使用方法を間違えると正しく判定できずに、慌ててしまうことも。 今回は、妊娠検査薬の使い方や判定の見方、失敗しないコツについてご説明します。 妊娠検査薬とは?どんな仕組み? 妊娠検査薬は、妊娠すると体内で分泌されるhCG(human Chorionic Gonadotropin:ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)を検出して妊娠判定するための道具です。 hCGは尿から検出できるため、妊娠検査薬は尿を使って判定する仕組みになっています。 妊娠検査薬はいつから使える? 薬局などで販売されている一般的な妊娠検査薬は、生理開始予定日の1週間後から使えます。 hCGの分泌量は着床したタイミングや受精卵の成長スピードによっても違ってきますが、生理開始予定日の1週間後には基本的に規定量に達していることから、この目安となっています。 これより前に検査することを「フライング」と呼びますが、正確性が下がるので注意してください。 本当は妊娠しているのに、hCGの分泌が規定量に達しておらず、陰性反応が出る可能性もあります。 関連記事 妊娠検査薬の正しい使い方は? 妊娠検査薬の使い方は簡単。 妊娠検査薬に尿をかけて待つだけです。 ただし正しく使わないと、事実と異なる結果が出てしまう可能性もあります。 下記に一般的な手順をご紹介するので、取扱説明書と合わせて参考にしながら、検査を行ってみてくださいね。 妊娠検査薬に尿をかける 健康診断の尿検査とは違い、妊娠検査薬はどんな時間帯の尿でも検査ができます。 取扱説明書を読み、妊娠検査薬の該当部位に尿をかけてください。 妊娠検査薬の種類によって尿をかける秒数が異なるので、そちらも取扱説明書で確認しましょう。 水平に置いて1分ほど待つ 正しく判定ができるように、尿をかけた妊娠検査薬は水平な場所に置きましょう。 ガタガタしていたり、斜めになったりしている場所には置かないでくださいね。 衛生面を考えて、キャップがあれば装着しておくといいでしょう。 判定は、だいたい1分ほどで出ます。 検査薬の反応を見る 妊娠検査薬には、検査が終わったことを示す「終了窓」と、陰性・陽性の判定が出る「判定窓」があります。 終了窓に印が出た段階で、判定窓をチェックしましょう 関連記事 一般的な妊娠検査薬の使い方に当てはまらない商品も 妊娠判定をするのに、生理開始予定日の1週間後まで待てないという人もいると思います。 しかし妊娠検査薬を使う時期を早めると、前述のとおり正しく妊娠判定できない可能性が高まります。 そこで、早く妊娠判定をしたい人のために「早期妊娠検査薬」という妊娠検査薬があります。 妊娠していれば、生理予定日の3~4日前から陽性反応が出るとされています。 ただし、着床日や排卵日がずれていると、妊娠しているのに早期妊娠検査薬では陰性反応が出ることもあります。 早期妊娠検査薬で陰性が出ても生理が遅れている場合には、生理開始予定日の1週間後に改めて、一般的な妊娠検査薬で検査を行ってください。 また、早期妊娠検査薬は日本ではあまり流通していない商品です。 通販などで購入することはできるようですが、値段が高額になることもあるので、購入したい場合は注意してくださいね。 妊娠検査薬は正しい使い方を守ろう 妊活中のカップルは特に、早く妊娠を確認したいと焦ってしまうもの。 しかし何度も言うように、焦りは禁物です。 正しい使い方を守りましょう。 また、妊娠検査薬で陽性反応があれば、早めに産婦人科を受診してください。 産婦人科で検査をし、子宮内に胎嚢が確認できた時点で、正式に「妊娠」の判定がされますよ。

次の