ショートカット アプリ。 Windows10でデスクトップにショートカットアイコンを作成する方法

Windows10でストアアプリのショートカットをデスクトップに出す方法

ショートカット アプリ

iPhoneでショートカット機能を使うためには、App Storeからショートカットアプリのダウンロードが必要です。 事前に確認事項もあるため、順にご説明します。 iPhoneのバージョンがiOS12になっているか確認する iPhoneにおけるショートカットアプリの使用は、OSがiOS12以降になっていることが前提です。 使用しているiPhoneのiOSを確認する手順は、iPhoneの「設定」から「一般」に入り、「情報」をタッチします。 「バージョン」というところが「12. 〇」となっていれば、使用しているiPhoneのiOSは12以降のため、アプリの使用が可能です。 12となっていない場合は、ソフトウェア・アップデートをしてから、下記の手順を読み進めてください。 2-2. iPhoneにショートカットアプリを追加する ショートカットアプリは元々iPhoneに入っているものではないため、App Storeからダウンロードします。 App Storeの「検索」からショートカットアプリと入力し、検索してください。 もしくは下のバナーからもダウンロード画面へジャンプしていただけます。 アプリが見つかったら、「入手」をタッチしてダウンロードをします。 iPhoneのホーム画面に追加されたらダウンロードの完了です。 iPhoneのショートカットアプリの使い方 アプリのダウンロードが完了したら、実際に使ってみましょう。 下記の手順通りに進むと、簡単に設定できます。 iPhoneのショートカットアプリを開いてみる ホーム画面に追加されたアプリをタッチして、起動させてください。 画面下にライブラリとギャラリーと表示されており、2つの画面を移動できるようになっています。 最初はライブラリ画面を開いている状態のため、ギャラリーをタッチしてください。 ショートカットアプリに元々登録されている機能が表示されます。 ショートカットアプリで出来ることを知ろう ショートカットアプリには、すでに20もの項目でグループ分けされており、グループごとに細かいショートカット機能が登録されています。 グループ名の右側「すべて表示」をタッチすると、グループに登録されているすべてのショートカットが確認可能です。 ギャラリーからショートカットを取得する ショートカットを使うには、ギャラリーからショートカットの取得が必要です。 例として、「Twitterのリストを開く」というショートカット機能を紹介します。 まず「共有のためのショートカット」をタッチして、画面下へ進んでください。 「Twitterの使い勝手を向上」というグループに、「Twitterのリストを開く」があります。 「ショートカットを取得」をタッチしてください。 Twitterのユーザー名を入力して、「続ける」をタッチすると「ライブラリに追加されました」と表示が出ます。 ショートカットの取得完了です。 ライブラリからショートカットを使ってみる 画面下にある「ライブラリ」をタッチして、ライブラリを見ると追加した「Twitterのリストを開く」ショートカットを確認できます。 「Twitterのリストを開く」をタッチすると、リスト登録されている数にあわせて数字が表示されるため、開きたい番号をタッチしてください。 すぐに選択したTwitterリストのタイムラインへアクセスします。 しかしリストを登録している数が多い場合や、番号だと分かりにくいなど混乱を招くことがあるため、次の項目で分かりやすくなるように設定しましょう。 ショートカットのオプションを設定する ライブラリの画面から「Twitterのリストを開く」の右上に表示されている、3つ並んだ点のマークをタッチしてください。 「Twitterのリストを開く」の設定画面に入ります。 画面下へ進むと「リスト」という項目があり、タッチすると文字の編集が可能です。 ご自身の分かりやすいリスト名に変更、キーボードの「完了」をタッチしてください。 各リスト名の編集が終わったら、画面右上の「完了」をタッチして終了です。 次回使用する時から各リスト名に反映されます。 ショートカットをiPhoneのホーム画面やSiriにアイコンを追加・登録する ショートカット機能の設定方法をここまで解説してきましたが、実際に使うためには、ホーム画面への追加が必要です。 また「Siri」をよく使用する場合は、「Siri」にも登録しておくといいでしょう。 iPhoneのホーム画面にショートカットのアイコンを追加する ライブラリにある「Twitterのリストを開く」の右上にある、3つ並んだ点のマークをタッチしてください。 画面の右上にある色の反転しているマークをタッチします。 設定画面に入ると、アイコンの色を変えることが可能なため、先に好きな色を選択しておきましょう。 「アイコン」の項目をタッチして色の選択画面にいき、好きな色を選択したら画面右上の「完了」を押してください。 設定画面に戻り、画面下に表示されている「ホーム画面に追加」をタッチしてください。 【「Twitterのリストを開く」ホーム画面にショートカットを追加する】の、手順画面に移動します。 画面下、真ん中のマークをタッチして、一番下段の項目を右から左へ移動させ、「ホーム画面に追加」を見つけてください。 タッチして画面右上の「追加」を押せば、ホーム画面にショートカットのアイコンが表示されます。 Siriにショートカットを登録する Siriにショートカットを登録することが可能です。 ライブラリから「Twitterのリストを開く」の右上にある、3つ並んだ点のマークをタッチしてください。 続いて画面の右上にある、色の反転しているマークをタッチします。 設定画面中央の「Siriに追加」をタッチすると、Siriに登録する音声を録音する画面になるため、赤いボタンを押して音声を録音してください。 どのように話しかけて呼び出したいか迷った場合は、サンプルで表示されている通りに話すといいでしょう。 音声がうまく認識されていたら、画面右上の「完了」をタッチして、音声登録を終了します。 設定画面で「Siriのフレーズ」に登録した音声が表示されていることを確認してください。 Siriに登録した言葉を話しかけると、ショートカットを実行出来るようになります。 ショートカットをiPhoneの共有シートに表示する 面白いショートカット機能を見つけた時に共有したい場合や、使わなくなった機能を削除したい場合の方法を順にご紹介します。 またショートカット機能の並び替えも可能です。 使いやすいようにカスタマイズしてみてください。 ショートカットを共有する ショートカットを誰かに共有したい場合、ライブラリから共有したいショートカット機能の「3つ並んだ点」のマークをタッチします。 画面の右上にある共有マークをタップし、表示されたメニューから「iCloudリンクをコピー」か「ファイルとして共有」を選んでください。 ショートカットを削除する ショートカットを削除する場合は、ライブラリ画面左上にある「編集」をタッチしてください。 アイコンが揺れ始めますので、削除したいショートカットをタップ。 アイコンの左上に青いチェックがつき、画面右上のゴミ箱マークが選択可能になりますので、タップして、「ショートカットを削除」を選択します。 ショートカットを並び替える ショートカットを並び替えたい場合、ライブラリ画面左上の「編集」をタッチして、アイコンを揺らしてください。 動かしたいショートカットをタッチしたドラッグ、任意の場所で放して場所を変更できます。 移動できたら「完了」を押して終了です。 iPhoneのウィジェットにショートカットを追加する iPhoneのホーム画面でスワイプして左へ行くと、ウィジェット画面が現れます。 項目の一番下に表示される「編集」をタッチしてください。 ウィジェットに追加できる一覧が表示されるため、「ショートカット」をタッチして「完了」を押します。 ウィジェット画面にショートカットアプリが追加されたことを確認してください。 ウィジェットから、ショートカットアプリの項目を変更したい場合は、右上にある「表示を増やす」をタッチします。 「ショートカットをカスタマイズ」の表示をタッチすると、表示する機能の増減やショートカットを並び替えることが可能です。 ショートカットの増減、並び替えが終わったら、画面右上の「完了」をタッチして終了します。 まとめ iPhoneでショートカット機能を使うには、iOSが12以降で、アプリをダウンロードする必要があります。 最初はiOSのバージョン確認や、ショートカットの設定に手間がかかるかもしれません。 しかし一度ショートカットの設定をしてしまえば、次回から格段に使いやすくなります。 ぜひショートカットアプリを駆使して、色んな機能を試してみてください。

次の

いろんなことをスムーズにしてくれる「ショートカット」アプリのカスタムコマンド12選

ショートカット アプリ

ショートカットアプリとは まず、ショートカットアプリはios12から利用できるアプリになります。 このアプリですが、名前の通りショートカットを作成・利用が出来るアプリです。 ショートカットを作成するだけでしたら他にもいろんなアプリがありますが、アイフォンのこのアプリの凄いところは、 複数のショートカットやアクションを組み合わせられる というところです! 自由度が高く自分の使用方法にあったショートカットが作成可能なのです! アプリを見ると難しそうですが、ギャラリーの中に既に完成されたショートカットが多数あるのでそれだけでも便利なものが沢山ありますよ! ショートカットの作り方 そこで私が使用しているショートカットのレシピと作り方を紹介します。 私は住信SBI銀行から主にFX口座・SBI証券・ウェルスナビへとそれぞれに入金しています。 住信SBI銀行をスマホで使っている方は分かると思いますがセキュリティ強化の為スマート認証を使ってるのではないでしょうか? そのスマート認証はアプリをいちち切り替えたり結構面倒だったりするんです。 そこで私は住信SBI銀行のログイン用にショートカットを作りました。 まずショートカットアプリを開きます。 既に2つありますが、「ショートカットを作成」から新規ショートカットを作ります。 最上部の検索から「 appを開く」と入力して検索します。 すると「 Appを開く」というアクションが出てきますので選択します。 そして「 Appを開く」という部分の「 App」をタップして起動したいアプリを選択して下さい。 ここでは住信SBI銀行のスマート認証アプリを選択します。 そして「 +」をタップしてアクションを追加します。 先ほどと同じように検索から今度は「 待機」と入力して検索します。 3つ程アクションが表示されますが「 待機」を選択します。 そして待機する秒数を選択します。 この待機時間中にスマート認証のスライドバーをスワイプするので私は5秒を選択して使っています。 最初と同じように検索から「 appを開く」と入力して検索します。

次の

iOS ユーザーのプログラマーに今すぐオススメしたい「ショートカット」アプリ

ショートカット アプリ

デスクトップへのショートカットの作り方 まずはデスクトップへのショートカットの作り方になります。 デスクトップ画面を開いた後、画面左下のWindowsのロゴマーク(スタートメニュー)をクリックします。 するとパソコンにインストールされている「 アプリの一覧」が表示されるので、ショートカットを作りたいアプリを表示させます。 アプリが表示されたら、 アプリをデスクトップにドラッグします。 (ドラッグとは、マウスのカーソル(矢印)をアプリのアイコンの上に持ってきたら、マウスの左ボタンを押したまま、デスクトップまで移動することです) デスクトップにドラッグすると「 リンク」という文字が表示されるので、 マウスのボタンを離します。 今回は試しにエクセルのショートカットをデスクトップに作ってみましょう。 まずはエクセルのアイコンをデスクトップの上までドラッグします。 「リンク」という文字が表示されたら、マウスのボタンを離しましょう。 すると、エクセルのアイコンがデスクトップにコピーされ、 ショートカットが作成されました。 このアイコンをダブルクリックすることで、エクセルが開くようになります。 タスクバーにショートカットを作成(ピン留め) 次に 「タスクバー」にアプリのショートカットを作ってみましょう。 タスクバーとは、画面の下に常に表示されているバーのことを言います。 ここにショートカットを作成しておけば、常に画面の下部に表示されているので、好きな時にアプリを起動しやすくなります。 また、タスクバーのアプリのショートカットを作ることを、Windows 10では「 ピン留め」と呼びます。 それでは、手順の紹介になります。 まずはタスクバーにピン留めしたいアプリを開きます。 アプリを開くと、画面下のタスクバーにアプリのアイコンが表示されますので、右クリックします。 するとメニューが表示されるので、その中から「 タスクバーにピン留めする」をクリックします。 これで完了です!とても簡単ですね。 アプリを閉じてもアイコンがタスクバーに残ったままになり、タスクバーにショートカットが作成(ピン留め)されました。 順番を変えたい時は、アイコンを好きな位置までドラッグすることで、 並び替えもできます。 ピン留めの方法 その2 アプリを開かなくてもピン留めをすることは可能です。 まずは、画面左下のWindowsのロゴマーク(スタートメニュー)をクリックして、アプリの一覧を表示させます。 ピン留めしたいアプリを表示させたら、アイコンの上で 右クリックをします。 右クリックをするとメニューが表示されますので、「 その他」にマウスを乗せて、さらに表示されるメニューから「 タスクバーにピン留めをする」をクリックします。 これでピン留めができました。 とても簡単ですね(^^) スタートメニューにアプリをピン留めする方法 最後に、スタートメニューにピン留めをする方法をご紹介します。 スタートメニューにピン留めをすると「タブレットモード」の際に、 一番最初の画面に表示されるようになります。 ただ、あまりタブレットモードにすることもないかと思いますので、そこまで用途はないかもしれませんね(^^; まずは、画面左下のWindowsのロゴマーク(スタートメニュー)をクリックして、アプリの一覧を表示させます。 ピン留めしたいアプリを表示させたら、アイコンの上で 右クリックをします。 右クリックをするとメニューが表示されますので、その中から「 スタートにピン留めする」をクリックします。 これで スタートメニューにピン留めされました。 タスクバーにアプリのアイコンをたくさん並べたくない場合には、こちらに入れておいても便利かもしれませんね。 私は、よく使うアプリはタスクバーにピン留め、たまに使うようなアプリはスタートメニューにピン留めするように使い分けています。

次の