檸檬 梶井 基次郎 解説。 梶井基次郎|『檸檬』と結核による早すぎる死

檸檬 (小説)

檸檬 梶井 基次郎 解説

『桜の樹の下には』という小説のあらすじや解説、感想を交えてご紹介いたします。 作者はです。 そう、『』とか『』で有名な梶井基次郎さんです。 1928年、昭和3年に『詩と評論』誌上に発表されました。 「俺」が「お前」に話しかける話法的な構成になっている、とてもとても短い小説?詩?でして、散文詩ととも捉えられるような、あっという間に読み切れる作品です。 原稿用紙四、五枚とかじゃないでしょうか。 『檸檬』同様、梶井基次郎のみずみずしき感性が見られる文章です。 さあ、『桜の樹の下には』何があるのでしょうか。 冒頭、いきなり『桜の樹の下には』何があるかを説明してくれます。 桜の樹の下には屍体が埋まっている! 衝撃的な一文ですが、この言い回しはなんとなくどこかで聞いた方もいらっしゃるでしょう。 桜の樹の下には死体が埋まっているというのは、いろんな作品のネタになっていますね。 桜からは確かによく死体が出てきがちですが、 初出は梶井基次郎のこの『桜の樹の下には』なのですね。 ちなみに坂口安吾の『』も、少なからずこの『桜の樹の下には』に影響を受けて書かれたのではないかと思います。 スポンサーリンク 『桜の樹の下には』のあらすじ 詩のような作品なので、ストーリーというのはなかなか難しいのですが、ともあれ、さて、桜の樹の下には屍体があるわけです。 そう、 だからあんなに美しいのだ、とこう来るわけです。 この物語は、ここ数日何であんなに桜の花が美しいのかどうにも不安だったのが、ああ、桜の樹の下には屍体があるからなんだな、すっきりした、となる過程が書かれております。 ちょっと意味がわからないかと思いますが、そういう物語なのです。 消えない剃刀の刃のイメージと、目撃した大量のウスバカゲロウの死体 ややこしいので順序立てて説明しますと、しばらく前から毎晩帰り道に家の剃刀の刃のイメージがどうにも消えない。 あんなちっぽけな薄っぺらいものがくっきり頭に浮かんでくる。 なんでだろう? と「俺」は思っておりました。 で、二、三日前に渓谷へ来まして、水たまりの水を覗き込んだところ、石油が流れたような光彩を見つけました。 それはよくよく見ると、ウスバカゲロウの大量の死体だったのです。 (ちなみにウスバカゲロウはアリジゴクの成虫) 残酷な惨劇が妙に美しく見えてくる 水たまりに浮かぶ、大量の死体が美しく見える。 どうにもこの惨劇を見つめて、妙な喜びを感じてしまうことに「俺」は驚くのです。 そうしてそれから桜を見る。 あの美しさはなんだ。 回る独楽が静止しているかのような。 素晴らしい音楽が幻影を連れてくるような。 灼熱した生殖の幻覚させる後光のようなものは。 それからどうにも不安になる。 あの桜の美しさの正体は何なのだろう。 桜の樹の下には、死体がきっと埋まっているのだ! そうして、ひらめくのです。 そうか、あの桜の樹の下には屍体が埋まっているのだ、と。 その死体からしたたる水晶のような液を吸い、桜はあんなに美しく咲いているのだ。 そうして、心の不安は不安として安定した。 憂鬱さが確かな形となって、完成する。 ああ、これなら、桜の樹の下で酒盛りをしている村人たちと同じように「俺」も酒盛りができるのかもしれない……。 という作品です。 『桜の樹の下には』の解説、感想 生の裏に死がある。 死の裏に生がある。 それらが一体化することで、安定し、美しさを発揮する。 桜は本作において、このように描かれています。 馬のような屍体、犬猫のような屍体、そして人間のような屍体、屍体はみな腐爛して蛆が湧き、堪らなく臭い。 それでいて水晶のような液をたらたらとたらしている。 桜の根は貪婪な蛸のように、それを抱きかかえ、いそぎんちゃくの食糸のような毛根を聚めて、その液体を吸っている。 この辺り、どうもアリジゴクのようなイメージで書かれているように思えませんか。 またその成虫であるウスバカゲロウ。 ここからから薄刃の剃刀という連想もきちんと選んで梶井基次郎は書いています。 生から死、死から生への文学的到達 つまり、薄刃の剃刀はウスバカゲロウであり、ウスバカゲロウの元はアリジゴクであり、アリジゴクは桜である。 薄刃の剃刀への連想は、桜の美しさとつながっているのです。 と思う。 死から生への文学的飛躍、そして着地を原稿用紙数枚でしっかり書き述べた、というのがこの作品のすごいところではないかと感じます。 この辺りが『檸檬』との大きな違いではあると思いますが、それでもやはり『檸檬』の作者だなと思わせるのは、やはり一文目の、 桜の樹の下には屍体が埋まっている! ですね。 こればっかりは、梶井基次郎の感性が突然鋭くとらえた閃きであり、やはりその感性は脱帽ものなのです。 何でしょうね、この世界の真理を手づかみで捉えた感じは。 死や絶望がある人にこそ見える美、みたいなものを梶井基次郎は掴んでいるわけですね。 桜の樹の下には死体が埋まっていると言われれば、なんとなくそんな気がしてきませんか。 未だにそういう都市伝説的なものも、そういう設定の物語もたくさんありますし。 桜の恐ろしい感じを何とも的確に表現していますね。 「俺」と「お前」は誰なのか。 さて、最後にもうひとつ。 この物語は「俺」から「お前」への言葉として書かれております。 この「お前」とは誰なのか。 作中回答らしい回答はないものの、きっとおそらくはどちらも梶井基次郎本人なのではないか、と思うのです。 心の中のもう一人の自分を一生懸命説得しているような、どこかそんな自身の痛切な叫びのようなものを感じるのです。 ……まあ、この辺は読む人によってとらえ方変わりそうな気がします。 友かもしれませんし、恋人かもしれませんし……。 本作『桜の樹の下で』は、やで読むことができますよ。 ぜひご一読くださいませ。

次の

梶井基次郎|『檸檬(れもん)』の解説

檸檬 梶井 基次郎 解説

1901年(明治34年)~1932年(昭和7年)• 感覚的なものと、知的なものが融合した描写が特徴• 孤独、寂寥(せきばく)、心のさまよいがテーマ• 31歳の若さで肺結核で亡くなった 作家として活動していたのは7年ほどであるため、生前はあまり注目されませんでした。 死後に評価が高まり、感性に満ちあふれた詩的な側面のある作品は、「真似できない独特のもの」として評価されています。 『檸檬』のあらすじ 精神的に疲弊している「私」は、あるとき果物屋で檸檬を見つけます。 その形状や香りを気に入った私は、檸檬を買って持ち歩きます。 そして、それまで避けていた丸善に入る決意をしました。 登場人物紹介 私 不吉な魂に苦しめられている男。 果物屋で見つけた檸檬を持ち歩く。 『檸檬』の内容 鮮やかな蘇生(そせい) 私の好きなもの 私は、「えたいの知れない不吉な塊」に苦しめられていました。 それは病気のせいでも、借金のせいでもありません。 その頃の私は、みすぼらしくて美しいものを好んでいました。 一方で、生活がまだ安定していたころの私の好きな場所は、丸善(書籍や文房具を扱う書店)でした。 しかし生活がすさんでからと言うもの、そこはむしろ居心地の悪い場所へと変貌してしまいます。 檸檬の力 ある日、私はお気に入りの美しい景観の果物屋で、檸檬を見つけました。 私は思わずそれを1つ買います。 紡錘(ぼうすい)の形や、冷たさ、香りは、私の心を軽くしました。 そのまま歩き、私は避けていた丸善の前にたどり着きます。 丸善爆破 丸善に入り、私は画集を手に取りました。 以前は画集に心を躍らせていましたが、今はただ重たく感じるだけです。 重たすぎて、元の場所に戻すこともできません。 いつの間にか私の前には、引き出した画集が山積みになっていました。 そんな時、私は檸檬のことを思い出しました。 そして急に元気になってきた私は、画集で城を作り上げます。 そしてその頂点に、檸檬を乗せました。 その時、ふいにあるアイデアが浮かんできました。 それは「檸檬をそのままにして、何くわぬ顔で外へ出る」というものです。 それを実行した私は、くすぐったい気持ちになりました。 そして、私は檸檬を爆弾に見立てて、丸善が爆発する創造をしながら、京都の町を歩いて行きました。 『檸檬』の解説 なぜレモン? カラーセラピーでは、黄色は明るさ・軽さ・興奮・危険・緊張という意味を持つと言われます。 黄色は明るく生き生きとしていて、インパクトのある色です。 そんな黄色一色のレモンは、独特の酸っぱさも特徴です。 柑橘系の果物と言うことで、鼻にまっすぐ届いてくる香りも印象的でしょう。 総じて、レモンは存在感のある果物だと言えます。 また本作でレモンは、 暗雲が立ち込めている状況を全く別物に変えるアイテムとして機能しています。 モノクロ映画で、レモンだけが鮮やかに着色されているような感覚です。 借金、病気、焦燥、嫌悪にさいなまれ、鬱々(うつうつ)とした主人公の前に突如現れるする爽やかなレモンは、読み手の気持ちもすがすがしいものにしてくれます。 ちなみに梶井基次郎の『闇の絵巻』という小説には、真っ暗闇で香り立つ柚子の木が登場します。 そこで柚子は、視覚を奪われた状態で、他の感覚が研ぎ澄まされていることを象徴するものとして機能していますが、単純に彼は柑橘系の果物が好きなのかもしれません。 丸善の役割 生活に余裕があったころ、「私」 にとって丸善は心を踊らせる場でした。 しかし借金まみれになってからというもの、 あんなに好きだった丸善は恐怖の対象となります。 このことから、 丸善は「えたいの知れない不吉な魂」 の象徴になっているのだと考えました。 ですがレモンを手に入れてから、「私」 は再び丸善に乗り込みました。 そして丸善にレモンを置いてきて、 それが爆弾だったらと想像して「私」は愉快になり、 丸善がこっぱみじんになることを考えます。 これは、丸善=「えたいの知れない不吉な魂」をぶち壊すことで、 かつての自分から決別することを意味しているのではないかと思 いました。 もう一つ、丸善に打ち勝ったことを象徴している部分があります。 それは、レモンを画集で作った城のてっぺんに乗せたことです。 画集は丸善で売られている物であるので、 丸善の属性を持っています。 このことは、 恐れていた丸善ひいては「えたいの知れない不吉な魂」より、「 私」 が優位になっていることを暗に示しているのではないかと考えまし た。 果物屋 またそこの家の美しいのは夜だった。 (中略)それがどうしたわけかその店頭の周囲だけが妙に暗いのだ。 (中略)しかしその家が暗くなかったら、あんなにも私を誘惑するには至らなかったと思う。 (中略)そう周囲が真暗なため、店頭に 点 つけられた幾つもの電燈が 驟雨 しゅううのように浴びせかける 絢爛 けんらんは、周囲の何者にも奪われることなく、ほしいままにも美しい眺めが照らし出されているのだ。 小説の中で、果物屋の描写だけが占める割合はかなり多いです。 このことから、「私」にとってこの果物屋は、大きな感動を与えてくれるものであることが読み取れます。 梶井基次郎は数々の作品で「光と闇」をテーマにしてきました。 この果物屋の描写から分かるように、『檸檬』にも光と闇のコントラストが描かれています。 「このような美しい果物屋に、人の心を健やかにさせる檸檬があることは必然だ」と言われているように感じます。 『檸檬』の感想 日常に価値を見出す天才 梶井基次郎の作品には、 共感覚 感覚は個々に存在するのではなく、連動しているというもの。 例えば、共感覚を持つ人は文字に色を感じたり、音に色を感じたり、形に味を感じたりする が盛り込まれることが多いです。 それからまた、びいどろという色硝子 ガラス で鯛や花を打ち出してあるおはじきが好きになったし、南京玉 なんきんだま が好きになった。 またそれを嘗 な めてみるのが私にとってなんともいえない享楽だったのだ。 あのびいどろの味ほど幽 かす かな涼しい味があるものか。 引用部は、私が1番好きな共感覚が描かれている箇所です。 見れば見るほどドロップに見えてくる不思議なガラスを、子供の時につい口に入れたことがある人はいるのではないでしょうか。 食べる前は、飴玉を頭の中に思い浮かべて、「きっとこれは甘い」と想像するのに、いざ口に入れてみるとなんてことないただのおはじきなのです。 ところが、梶井基次郎はそれを「幽かすかな涼しい味」と表現しました。 子供のころ口に含んだおはじきはなんの味もしませんでしたが、確かに涼しい味がしたような気がします。 日常生活でも、友人と話したり、少し散歩に出てみるだけで、引きずっていた悩みを気付かないうちに忘れていることがあります。 そういう時ばかりは、自分のものであっても、 「心は何がきっかけで動くか分からないな」と思います。 最後に 今回は、梶井基次郎『檸檬』のあらすじと内容解説・感想をご紹介しました。 個人的に、非常に好きな終わり方をする小説です。 私は落ち込んでいた気分から回復しする時、 平常時よりも有頂天になる気がします。 心が生き返った嬉しさと言えるような感覚です。 そのように浮き足立っている時というのは、いつもはできないようなこと、 常識では理解されないようなことをやってみたくなります。 周囲の人に顔をしかめられても、 舞い上がった気分がそうさせます。 丸善で、 売り物の画集を積み上げて1番上にレモンを置いてきた「私」も、 こんな気持ちだっただろうかと考えます。 そのような時に、私は「それにしても心というやつはなんという不思議なやつだろう」と思います。

次の

梶井基次郎の短編『檸檬』のあらすじや内容、舞台の解説!作中に登場する「檸檬」は何を意味している?

檸檬 梶井 基次郎 解説

[生]1901. 大阪,大阪 [没]1932. 大阪 小説家。 第三高等学校を経て東京帝国大学英文科に学んだが,結核を病んで中退。 在学中の 1925年同人雑誌『青空』を創刊し,この年に『』『のある町にて』『泥濘(でいねい)』『路上』『(とち)の花』など,青春の虚無と退廃の詩情を繊細な文体で綴った秀作を同誌に次々と発表したが,からはまったく黙殺された。 1926年病状悪化のため湯ヶ島温泉に移り,その後病める自意識の心象風景を描いた『冬の日』(1927)を発表して翌 1928年に上京,ボードレール風な幻想性に富む散文詩『桜の樹の下には』(1928)などでようやく文壇の注目を集めるようになった。 しかし病重く,大阪の両親のもとに戻った。 1930年創作にとりかかり,性の感覚的表現に新境地を開いた『愛撫(あいぶ)』(1930),『の』(1930),『交尾』(1931)を書いた。 この間,淀野隆三ら旧『』のが彼の才能を惜しみ,の作品 18編による創作集『檸檬』(1931)を出版した。 これを機に初めて『中央公論』から依頼を受け,『のんきな患者』(1932)を発表,大阪での療養生活を描いて,苦悩を突きつめた明るさの予兆に作風の転換を思わせ,文壇の認めるところとなったが,この作品がとなった。 鋭いと的確な表現に恵まれた作家で,その透徹した作風は死後ますます高く評価され,1934年『梶井基次郎全集』が出版された。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 小説家。 明治34年2月17日、大阪市に生まれる。 第三高等学校理科を経て1924年(大正13)東京帝国大学英文学科に入学。 三高時代すでに肺結核にかかっていた。 25年、中谷孝雄 なかたにたかお 、外村繁 とのむらしげる らと同人雑誌『青空』を創刊、『檸檬 れもん 』『城のある町にて』などを発表し、病んだ心身についての自覚と健康回復への願いとを、鋭敏な感覚的表現に託した。 26年末から伊豆の湯ヶ島に転地療養。 『蒼穹 そうきゅう 』『冬の蠅 はえ 』(ともに1928)などを発表、自ら「リヤリスチック・シンボリズム」とよぶ手法によって、死を予感する自己を冷静に凝視した。 この間、病状が進み、28年(昭和3)秋、大阪の両親のもとに帰る。 大学のほうは同年3月に除籍された。 帰阪後は療養に努めながら、『桜の樹 き の下には』(1928)、『愛撫 あいぶ 』(1930)、『交尾』(1931)などの詩的散文を発表した。 31年、創作集『檸檬』を武蔵野 むさしの 書院より刊行、翌32年1月、文壇の登竜門といわれた『中央公論』に『のんきな患者』を書き、病者である自己と他者との関係を主題とした新しい作風を示したが、3月24日永眠した。 今日では20年代後半の正統的芸術派の作家として高く評価されている。

次の