英語 メール 承知しました。 英語ビジネスメールの書き方・作り方【総集編】

承知いたしました、って英語でなんて言うの?

英語 メール 承知しました

会社で働く上で、社内を含め、お客様とメールのやり取りをするのは必須です。 そんなメールのやり取りの中で、こんなときはどんな風に言い回してメールを送ればいいのだろうと悩むことはありませんか?「了承いたしました」や「微力ながら」といったビジネスメールでお決まりのフレーズを例文を交えて紹介していきます。 ビジネスメールで使える承諾のフレーズや例文、また、言い回しの違いについてご紹介します。 これらを参考に、万が一承諾メールを送る場面になった際にも、きちんと送りましょう。 承諾する旨をメールで伝える例文 承諾する旨をメールで伝える例文はこちらがあります。 様々な場面で使える承諾メールの「了承いたしました」 「了承いたしました」といったフレーズは様々な場面で使えます。 それでは例文を参考に活用していきましょう。 : ご依頼の件、承りました。 : 訪問時間の変更につきまして、 承知いたしました。 :登録解除の件、了承しました。 : 日程変更の件、了承いたしました。 :納期延期の件、わかりました。 : ご出席者数の変更の件、かしこまりました。 :忘年会の幹事の件、おやすいご用です。 : 講演会の講師の件ですが、お受けすることにいたします。 :先日ご依頼いただいた件、お引き受けします。 : 公正証書作成代理のみのご依頼もお引受け致します。 :日程申請いただいた件について、下記のとおり受諾いたします。 :ご依頼のお仕事の件、喜んで協力させていただきます。 :どこまで期待に応えられるか分かりませんが、私が少しでもお役に立てれば幸いです。 : 本日からお世話になります。 微力ながら精一杯がんばりたいと思います。 :プロジェクトリーダ就任の件、承知いたしました。 ご期待に添えるよう精進いたします。 :及ばずながら、お力になれれば幸いと存じます。 メールで使う承諾フレーズの違いとは ビジネス上で、承諾の旨を伝えるメールを送る時に 「分かりました」 という意味合いで使われる言葉に 「了解しました」 「承知いたしました」 「了承しました」 「かしこまりました」 などのフレーズがありますね。 皆さんはこの承諾の旨を伝えるメールでのフレーズの意味と使い分け方を理解できていますか?いざ承諾の旨をメールで送る時に、どのフレーズを使ったらいいのだろうと悩んでしまう事はありませんか? 「了解いたしました」とは目下に対して使う言葉 「了解いたしました」は、承諾メールで送る時は同僚もしくは目下に対して使う言葉です。 「了解いたしました」というのは、「了解」に「いたしました」をつける事で、丁寧語にはなりますが、尊敬語ではないため、お客様や目上に対して使うのは失礼にあたります。 「承知しました」とは目上の人に使う適切な言葉 「承知しました」は承諾の旨を伝えるメールでは尊敬語になりますので、お役様や目上の人に対して使うのに適切と言えます。 ビジネスシーンでも使う頻度は大変多いため、覚えておきましょう。 「それでいいですよ」という意味合いになりますので、目上が目下に使うのが正しい使い方となります。 お客様や目上の人に使わないよう注意しましょう。 この場合、お客様へは「承りました」目上の人へは、「承知しました」が承諾の旨をメールで伝える時の正しいフレーズの使い方です。 ビジネスメール例文フレーズ「承諾」 依頼や申し入れへの承諾には、まず感謝の気持ちを伝え、丁寧な表現と前向きな気持ちで承諾の返事をしましょう。 依頼された側である場合、どうしても相手より立場が上だと思いがちですが、今後のやりとりも含め謙虚な姿勢で対応することを心がけましょう。 この度は、飲み会のお誘いをいただきまして、 誠にありがとうございます。 ぜひ、日程の調整をさせて頂きたく存じます。 何卒よろしくお願い申し上げます。 メールを頂き、誠にありがとうございます。 この度はミーティングのご提案を頂き、誠にありがとうございます。 ぜひ、直接のお話をさせて頂きたく存じます。 ご予定の調整のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 それではご連絡をお待ち申し上げております。 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。 ご丁寧なお返事をいただき、誠にありがとうございました。 日程調整が難しいとのこと、確かに承りました。 弊社としましても、 早い段階からご依頼できればよかったのですが、 社内で結論が出るまでに時間がかかってしまい、 申し訳ございません。 また、次の機会にもぜひ、 お声をかけさせていただきたく存じます。 今後とも、宜しくお願い申し上げます。 「微力ながら」のフレーズで謙虚に相手へ伝える それでは最後に「微力ながら」という、こちらもビジネスメールはお決まりのフレーズを例を使って紹介します。 「微力ながら」は、自分の能力をへりくだって(謙遜して)相手へ言うときの表現です。 自分は「力足らずですが」や「力が乏しいですが」というようなニュアンスです。 ぜひ「微力ながら」の言い回しに困った時の参考にしてみてください。 了承いたしました・微力ながらの例文を参考に正しい承諾メールを送ろう 承諾の旨をメールで伝えるフレーズや、「微力ながら」と謙虚に相手へ伝えるときの言い回しの例文を見ていきましたが、いかがでしょう。 ビジネスシーンでは、きちんと承諾した確認を相手に伝えるマナーというのがあります。 改めて「了承いたしました」は主に目上の人が目下の人に使う言葉ですので、目上の人や取引先の人に使ってはいけません。 「承知いたしました」という言葉を使うようにしましょう。 こういった言葉選びや、言い回しこれは仕事をするうえで、とても重要です。 今回紹介した例文やフレーズを参考にして、どんどんメールのやり取りをすれば、自然とフレーズが身につくはずです。 ぜひ正しい承諾フレーズを使い分けて活用していってください。

次の

「承知」と「了解」の違いとは?ビジネスでの使い分けと類語も解説

英語 メール 承知しました

パーツ別うまい書き方の心得 件名の書き方 メールの 件名は、受信者が最初に目にする情報です。 件名から本文の内容や重要度がまず判断されます。 正しく効果的に内容が伝わるように工夫しましょう。 件名がお粗末だと、本文確認は後回しにされてしまいます。 最悪の場合スパムメールと間違われて(本文を確認せずに)破棄なんて事態も起こりかねません。 長すぎず短すぎず、十分な具体性を盛り込む メールの件名は、受信者の使用する端末の環境にもよりますが、一度に表示される文字数に制限があります。 基本的には60字程度が限界とされています。 60字を超えた部分に重要な情報を盛り込んでも、件名一覧の表示では見られません。 件名の情報は「重要な情報ほど先頭(左側)に置く」ように意識しましょう。 英語はもともと主語・動詞といった文章上の重要な語をできるだけ先頭に配置する構造の言語です。 大事なことは最初に述べる、補足的な情報は後から付け足す、という心構えが大切です。 簡素すぎる件名も考え物です。 案件や差出人が不明瞭になりやすく、怪しいメールと区別できなくなるためです。 何の件だろうという疑念は心理的抵抗を生みます。 宛名の書き方 宛名はメール本文の先頭に配置される、従って最初に読まれる要素です。 形式上必須といえます。 相手側(担当者)がすでに判明している場合は、男性の担当者には「Dear Mr. (名字)」、女性の場合は「Dear Ms. (名字)」のように書いておけば基本的に問題ありません。 担当者の名前も性別も分からない場合には「Dear Sir or Madam」のように表記できます。 博士や代議士といった特定の肩書きを持つ人へ宛てたメールの場合、宛名に添える敬称は原則的に肩書きを踏襲する必要があります。 医師の方なら Dr. 、博士なら Professor を Mr. やMs. の代わりに配置しましょう。 「ご担当者様」と表現するには 先方の担当者名が不明の場合、適切な担当者の元へ転送して欲しいという期待を込めて、部署名のみ指定したり、あえて部署名も担当者名も指定しない宛名にしたりする書き方もあります。 行き先を指定しない場合にも宛名表記は形式上必要です。 そういった場合には To whom it may concerns, (関係者各位)のような書き方が使えます。 すでに担当者がついている状況で、その担当の方を宛先にしないという書き方は、むろん失礼な書き方なのでやってはいけません。 自己紹介は特殊な事情がある場合のみ行う 日本語のビジネスメールでは、本文は基本的に「(会社名)の(自分の名前) と申します。 」のように名乗る所から始めますが、英語のビジネスメールでは、名乗らずに用件から入る書き方が普通です。 自分の名前や会社名は、メールの文末に署名として書き添えて済ませます。 自分が何者であるかをあらかじめ説明した方がよい状況はあります。 たとえば、取引のない相手に飛び込み営業的に連絡する場合や、担当者の代理として連絡する場合など。 あえて自己紹介する際には、なぜ自分の名前を伝えているのかという点も察せるように事情を伝えましょう。 返事を期待している旨を言い添える書き方 回答・返信が必要なら、それと伝わるように一言添えましょう。 I would appreciate your reply. 返信いただければ幸いです。 本文の書き終え方 メール本文で用件を述べ終えたら、お礼の一言を述べて、スッと切り上げましょう。 余談や四方山話は不要です。 ただし最後に一言お礼は述べておきましょう。 今後の関係がよりよいものになりますように、という希望的なメッセージも有効です。 Thank you for your understan ding. ご理解いただきありがとうございます 「よろしくお願いします。 」は他の表現で言い換える 日本語のビジネスメールでは随所に「よろしくお願いします」の後が挿入される向きがありますが、この「よろしく」はかなり日本語の独特の語彙であり、ぴったり対応する英語表現がありません。 また、ビジネスメールで無駄に連呼するあり方も好まれません。 ここぞというポイントに絞って、I appreciate you. (感謝申し上げます)のような感謝の一言を述べると、日本語の「よろしくお願いします」に通じるニュアンスが伝わるでしょう。 末尾の結びの一言として「よろしくお願いします」と述べる場合、英語には定型フレーズがありますので、結びの言葉に代替させて表現しましょう。 結びの言葉の書き方 英語のメールの「結び」は特定の定型フレーズが用いられます。 日本語にも一応「敬具」「草々」のような言い方があり、これは半ば廃れつつありますが、英語では電子メールでもビジネスメールでも様式としてしっかり残っています。 結びに用いられる表現は何種類かあります。 Sincerely, や Best regards, などが代表的でしょう。 必ず直後にカンマを打ち、改行して自分(差出人)の名前を書く、という形式が取られます。 署名欄の書き方 メールの最下部には差出人の情報をまとめて記載します。 氏名、担当部署、企業名および所在地、連絡先、といった名刺代わりの情報をまとめて記載する方式が一般的です。 署名欄は個性的な内容にする必要はなく、むしろテンプレートに沿った形式が好まれます。 事務的に用いられる部分なので、扱いやすい方がよいのです。 一般的には、名前、部署名、会社名 と所属範囲を徐々に広げるように書きます。 記載項目の種類や前後順は多少前後しても支障ありません。 部署名• 会社名• 会社所在地• Eメールアドレス• 電話番号・FAX番号• WebサイトURL これだけ知っていれば結構サマになる定型表現10選 話題を示す表現「regarding ~」(~に関して) メールの話題をはっきりさせることができる表現です。 「regarding the issue of ~」(~の件に関して)、「regarding the problem」(その問題に関して)のように使います。 文頭で「I am writing to you regarding ~」(~の件についてご連絡申し上げます。 )のように書くこともできます。 確認を求めるための表現「We would like to confirm that ~」(~であることを確認したいのですが) 相手に確認を求める際に使えるフレーズです。 「We would like to ~」(~したいのですが)という表現は、要件を述べるための言い回しとして様々に応用することができます。 丁寧なお願いの表現「We politely request that you ~」(~して下さいますようお願い申し上げます) 相手にお願いをする際に使えるフォーマルな言い回しです。 「Could you ~? 」という言い方でも丁寧にお願いができます。 さらにくだけた表現には「Can you ~? 」があります。 謝罪のための表現「We apologize for ~」(~について謝罪いたします) 謝罪に使えるフォーマルな表現です。 「We apologize for the inconvenience. 」(ご不便をおかけいたしましたことを謝罪いたします。 )のように使います。 「We are sorry for ~」「Sorry for ~」のように書くと、くだけた印象になります。 メールで定番の表現「If you have any questions, please contact us at any time. 」(ご不明点等ありましたら、いつでもご連絡ください。 ) ビジネスメールだけでなく、様々な場面使われるお決まりの言い方です。 必ずしも書かなくてもよいフレーズですが、応用しやすく、「Please call me at XX-XXXX-XXXX. 」(私にお電話ください。 番号はXX-XXXX-XXXXです)のように電話番号を示すこともできます。 文末に使える表現「We are looking forward to ~ing」(~することを楽しみにしています) 手紙の定型文としても使われるフレーズです。 「We are looking forward to seeing you. 」(お会いできるのを楽しみにしています。 )のように、本文の最後に一言添えたい時に便利です。 結びの言葉「Best regards,」(敬具) 締めの言葉として使われる表現です。 慣れている相手に対しては単に「Regards,」とも書きます。 さらにフォーマルな締めくくりとしては、アメリカ式では「Sincerely yours,」、イギリス式では「Yours sincerely,」と書きます。 相手の名前が分からず、書き出しで「Dear Sir or Madam」のような表現を使った場合、締めの言葉は「Yours faithfully,」を使うことが一般的です。 英語のビジネスメールでは、手紙よりもくだけた英語表現が使われることが一般的です。 そのため、初回のメールではフォーマルな表現、知り合いとのメールではくだけた表現、といった使い分けができるとベストです。 お決まりのフレーズを使いながらビジネスメールをやりとりするうちに、定型表現は身につけることができるでしょう。

次の

承諾メールの例文と状況別フレーズ【了承いたしました】

英語 メール 承知しました

お願いや依頼された時の英語の返事で、カジュアルな「了解」、少しフォーマルな「了解しました(分かりました)」や「承知しました」は、どう言ったらいいのでしょうか。 今すぐ知りたい!という方に、色々な言い方の『』をご用意していますので、そちらをご覧ください。 下記の場面で「了解しました」の英語は変わってくるので注意が必要です。 内容・状況を理解した場合の言い方• 依頼を受けた場合の言い方• 確認したことを伝える場合の言い方 また、SNSやビジネスのメールで書く場合も異なります。 少しややこしいな~と思われたかもしれませんが、先ずは一通り確認して、2~3つ個ほど使いこなせるようになることからスタートしましょう! のちに、一つの表現だけではなく、しっかりと色々な言い方をマスターできれば、ネイティブ感覚で使えるとかっこいいですよ。 最後には、どれくらい「了解しました」の英語を理解したのかを試せる、 「まとめクイズ」を用意していますので、チャレンジしてみましょう! よって今回は、日本語の「了解しました」はとても便利な表現なのですが、英語ではその内容によって、様々な表現があります。 メールや口頭、相手の立場によって、適切な「了解しました(分かりました)」を使いこなせるように、それぞれの言い方を時と場合に分けてご紹介します。 【目次】 1-1.カジュアルな英語で「了解しました」|内容理解編 ・「OK. 」 ・「All right. 」 ・「I get it. 」 ・「Sounds good. 」 ・「I see. 」 1-2.フォーマルな英語で「了解しました」|内容理解編 ・「I understand/I understand it. 」 ・「Understood. 」 2-1.カジュアルな英語で「了解しました」|依頼への返事編 ・「No problem. 」 ・「You got it. 」 ・「Will do. 」 2-2.フォーマルな英語で「了解しました」|依頼への返事編 ・「Certainly. 」 ・「Absolutely. 」 ・「Sure. 」 ・「That would be fine. 」 ・「I would be happy to. 」 3-1.カジュアルな英語で「了解しました」|内容確認編 ・「I get the point. 」 ・「Roger. 」 ・「Copy. 」 ・「Noted. 」 3-2.フォーマルな英語で「了解しました」|内容確認編 ・「Thank you for your ~. 」 ・「I have recieved your ~. 」 ・「I acknowledge ~. 」 0.すぐに使える!英語の「了解しました」の早見表 ここでは、主に3つの場面で(それぞれカジュアルとフォーマル)、今すぐに日常英会話やビジネス、またメールなどで活用できる「了解しました」の表現をいくつか厳選しています。 しかし、早見表の後の記事にて、他の言い方、またその使い方や場面での使い分けなど、しっかりと習得した方が一気に英会話力がUPします。 /All right. I agree with you. No problem. /You got it. Certainly. /Sure thing. Roger. /Copy. /Noted. Thank you for ~. /I appreciate ~. 1-1.カジュアルな英語で「了解しました」|内容理解編 友達同士や家族の間で、口語表現で気軽に使える「了解!」、「了解です」というニュアンスのフレーズです。 1-1-1.「OK. 」 「OK. 」(オーケイ)は、もっとも一般的な言い方で、とてもカジュアルな表現です。 日本語でも「オーケー」と使いますね。 これはオールマイティーな使い方ができ、内容を理解した時だけではなく、依頼を受けた場合、確認したことを伝える場合にも使えます。 1-1-2.「All right. 」 「All right. 」の直訳は、「分かりました」や「大丈夫です」です。 ネイティブもよく使う表現で、依頼を受けた時にも使える「了解しました」です。 発音は「オーライ」のようにするのが自然です。 ビジネスシーンでも使えますが、少しだけカジュアルな言い方です。 1-1-3.「I get it. 」 「I get it. 」は、「了解しました」、「理解しました」、「分かりました」という時に使います。 現在形の表現になるので、分かった直後に使うのが自然です。 また、発音は「アイ・ゲティット」か「アイ・ゲリット」がスムーズです。 「get it」の「tとi」の発音を重ねる感じです。 これは、『』の記事でも解説しているとおり、リンキング(リエゾン)という英語独特の発音方法で、「アイ・ゲット・イット」と日本人訛りで発音すると違和感があるので注意が必要です。 直訳で「手に入れる」ということから、自分の中で腑に落ちた、分かったということで使われます。 映画のシーンなどネイティブが頻繁に使う表現の1つです。 「I got it. 」は、「I get it. 」の表現を過去形にしたものになります。 」という表現もあります。 省略しないと、「I have got gotten it. 」という英文です。 微妙な差なのでどちらを使っても間違いではなく、明確な差はありませんが、「すでに分かっているよ」と、前から言われていたことなどにも使います。 」と表現する場合もあります。 この場合の発音も、「got it」の「tとi」の発音を重ねて言いましょう。 1-1-4.「Sounds good. 」 「Sounds good. 」は、「いいですね!了解しました」という時に使える表現です。 主語の「It」を省略したフレーズで、直訳は「それはいい感じに聞こえます」となりますが、「分かりました」というニュアンスが含まれるので、依頼を受けた時にも使える表現です。 また、「good」の部分を代えて、 「Sounds great. 」(素晴らしいですね)や 「Sounds perfect. 」(完璧ですね)などの英語でも、「了解しました」を表現できます。 1-1-5.「I see. 」 「I see. 」は、「分かりました」というニュアンスが含まれる「了解しました」です。 ここでの「see」は「見る」ではなく、「分かります」という意味になります。 ビジネスでフランクに使っても問題ありません。 1-2.フォーマルな英語で「了解しました」|内容理解編 ここでは、目上の方、仕事の上司、ビジネスメールでも使える表現を厳選しました。 1-2-1.「I understand/I understand it. 」 「I understand. 」(アイ・アンダースタンド)は、内容を理解して「了解しました」という時に使えるフレーズです。 カジュアルな「I see. 」より、更に丁寧でビジネスなどでよく使います。 フォーマルなメールなどの文章でも口頭でも使える便利な表現でもあります。 現在形なので、「たった今、分かりました」というニュアンスが含まれています。 この場合は過去形にしないので注意しましょう。 また、それに似ている 「I understand it. 」は、「それについて了解しました」としっかりと何について理解したのか?を強調した「了解しました」になります。 1-2-2.「Understood. 」 「Undertood. 」は、先ほども出てきた「understand」の過去形ではなく、過去分詞です。 「It is undertood. 」の略で、「了解致しました」というニュアンスに近く、目上の上司などに言う口語的表現です。 ビジネスメールの場合は、略さずに「It is understood. 」と書くのがベターでしょう。 」 「I agree」は、少しフォーマルな「了解しました」となります。 ビジネスでの口語やメールなどにも使えます。 「agree(アグリー)」は「同意する」という英語です。 「~について承知いたしました」という、何かに同意したニュアンスが含まれています。 前置詞が「to」か「with」かにより使い方が異なります。 I agree to~. 例)I agree to it. I agree with~. 例)I agree with you. 「agree」の使い方は、でも詳しく解説しています。 また、これに似てる 「I consent to ~(動詞など)」がありますが、少し硬い表現なので、ネイティブが送ってきたメール内などに書かれているケースもあるので、知っているだけでOKです。 」との違いは、「I consent」の方が、積極的に同意する意味合いが含まれています。 「consent(コンセント)」は「同意する」の英語です。 2.依頼を受けた返事での英語の「了解しました」 何かを頼まれた後の、返事での「いいですよ、了解しました」や「了解です。 そうします」などという英語の表現になります。 2-1.カジュアルな英語で「了解しました」|依頼への返事編 口語でカジュアルに使える表現から見てみましょう。 2-1-1.「No problem. 」 「No problem. 」(ノー・プロブレム)は、「問題なくできます」という意味が含まれています。 ネイティブが日常会話でもよく使う表現で、代表的な会話のやり取りの1つです。 ビジネスのシーンでも使えます。 また、少しフォーマルな言い方をすると、 「I have no problem with it. 」や 「I have no problem whatsoever. 」という表現にすれば丁寧な言い方になります。 「whatsoever(ワッツソーエヴァー)」は「全く」という英語です。 2-1-2.「You got it. 」 「You got it. )を直訳すると「あなたは手に入れました」となるので、そこから「任せて。 私がやります。 (なので、あなたは手に入れました)」という感じです。 「I got it. (内容を理解した時の表現)」の主語が相手(You)になっています。 依頼された時の返事に使います。 カジュアルな表現です。 この使い分けができると、よりネイティブに近い感覚ですが、フォーマルな場面や、目上の方などに使うのは避けた方がいいです。 」も、気軽に使える表現です。 「それはいいですよ、大丈夫です」というニュアンスになります。 」と表現する場合もあります。 2-1-4.「Will do. 」 「Will do. 」は、「(了解!)分かりました、やります」というときに使います。 カジュアルに気軽に使える表現です。 「I will do it. 」を略した言い方です。 これから取り掛かりますというニュアンスが含まれます。 2-2.フォーマルな英語で「了解しました」|依頼への返事編 ビジネスシーンでよく使われる敬語的フォーマルな表現を厳選しています。 2-2-1.「Certainly. 」 「Certainly. 」(サートゥンリー)の直訳は、「確かに(そうします)」となります。 上司や目上の人、お客さんに対してなど少しかしこまった口語の敬語的表現で、ビジネスなどフォーマルな場面でよく使います。 2-2-2.「Absolutely. 」 「Absolutely」(アブソルートリー)は、「完全に、確実に(そうします)」という時に使います。 当然です、もちろんですという丁寧な口語表現になります。 「Certainly. 」より更に強調した言い方だと捉えて下さい。 2-2-3.「Sure. 」 「Sure. 」(シュアー)は「もちろん!」という意味で、カジュアルでも使える口頭表現です。 これを 「Sure thing. 」にすると、「承知いたしました」や「かしこまりました」となり、少しフォーマルな言い方になります。 2-2-4.「That would be fine. 」 「That would be fine. 」もよく使います。 」の丁寧語となります。 2-2-5.「I would be happy to. 」 「I would be happy to. 」は、自分の感情(喜んで)を表現している、「了解しました」となります。 「to」の後ろの動詞はあえて言わずに、頼まれたことを、喜んで承諾しているニュアンスです。 3.確認したことを伝える時の英語の「了解しました」 相手に内容の理解というより、単純に確認しました(ありがとうございます)というニュアンスが含まれる表現が主です。 3-1.カジュアルな英語で「了解しました」|内容確認編 もちろん、「OK. 」などの表現も使えますが、ここでは別の言い方を習得しましょう。 3-1-1.「I get the point. 」 「要点を確認しました」という時に、この表現を使います。 「point」(ポイント)は、ここでは「要点」という意味です。 「理解して了解しました」という時にも使えます。 また、「あなたの言いたいことは分かったよ/分かった」という場合は「I get your point. 」というフレーズが使えます。 3-1-2.「Roger. 」 「Roger. 」は、「ラジャー」という、日本語でも使われている「了解しました」の表現です。 元々は軍隊などで使用されていた電気通信での表現だったのですが、今ではカジュアルな場面で、少し冗談混じりや友人との間で使います。 「Roger that. 」となると、「それを了解しました」となります。 3-1-3.「Copy. 」 「Copy. 」(コピー)も、「Roger. 」と同じように気軽に使える表現です。 「Copy that. 」も同様です。 こちらも軍隊やその関連のドラマ・映画などでもよく使われます。 3-1-4.「Noted. 」 「留意します」というのが直訳です。 この表現もSNSやメールでよく使われます。 口頭ではあまり使わない表現です。 「Noted. 」(ノーティッド)だけでも構いませんが、最後に「with thanks」を付けると、感謝の気持ちが込められた少し丁寧な表現になりますが、「Well noted. 」同様に、上司や目上の人には基本的に使いません。 3-2.フォーマルな英語で「了解しました」|内容確認編 特にビジネスメールで使える表現が多いので、是非活用してみましょう。 日本語で次のような場合に使えます。 特にビジネスメールで役立ちます。 日程(スケジュール)、了解しました。 ~の件、了解しました。 状況、了解しました• 内容、了解しました など。 3-2-1.「Thank you for your ~. 」 「ご連絡ありがとうございます」や「メールの内容を了解しました」という時に使います。 「Thank you for your correspondence」はよくビジネスメールで使う表現です。 「correspondence」(コリスポンデンス)は、文通、通信という意味で、主にメールの返信で使う丁寧な言い方です。 でも説明している通り、「Thank you very much for your reply. (返信ありがとう)」や「Thank you for your e-mail. (メールありがとう)」などでも「了解しました」を表現できます。 「感謝する」という単語の 「appreicate」(アプリーシエイト)を使って、「I appreciate your e-mail. 」とすると、更に丁寧になります。 また、「ありがとうございます」の様々な言い方は、で紹介していますので、お時間がある時にでも参考にしてみて下さい。 3-2-2.「I have recieved your ~. 」 直訳では、「私はあなたの~を受けとりました」となり、「~を了解しました」となります。 基本的には現在完了形を使います。 「I have recieved your request. (あなたの要望を確かに受け取りました)」、「I have recieved your e-mail(あなたのメールを確かに受け取りました)」などです。 この一文で、先ほど例を挙げました、「~の件、了解しました」、「状況、了解しました」、「内容、了解しました」などを網羅できます。 次に説明する「acknowledge」と同様にそのまま「了解しました」という英文の時に使えます。 の記事も参考にしてみて下さい。 3-2-3.「I acknowledge ~. 」 「acknowledge(アクノリッジ)」は「認識する」という動詞で、ここでは一番フォーマルな言い方です。 「スケジュール、了解しました」などは、「I acknowlege the schedule. 」などと書きます。 「meeting(打ち合わせ)」などにも使えます。 まとめクイズ:「了解しました」の英語を正しく使い分け! 様々な「了解しました」の表現をお伝えしてきましたが、英語は日本語よりもより具体的な言語です。 相手の質問や依頼に対して、自分が「理解しました」、「やります」、「確認しました」を場面毎に変えて、最終的には適切な表現を使い分けられるのがベストです。 しかし、冒頭でもお伝えしましたが、先ずはここでご紹介したものから、2~3個ピックアップして実際に使うことからスタートしましょう! それでは、最後に次の問題を解いてみましょう! 【問題】• 「sure」を使った少しフォーマルな「了解しました」の英語フレーズは?• 「get」を使ったカジュアルな「了解しました」の英語フレーズは?• SNSやメールでもよく使われる確認したことを伝える「了解しました」の英語フレーズは?• 「I agree to~. 」と「I agree with~. 」の違いは?• いつでもカジュアルに使えて、一番簡単な「了解しました」の英語フレーズは? いかがでしたか? 今すぐ読んだ「了解しました」に関する英語でもてこずりますよね。 答えを確認して、少しずつでもしっかりマスターしていきましょう! 【解答】• Sure thing. I get it. 「Noted. 」、または「Noted with thanks. 「I agree to~」の「to」の後ろは、名詞か代名詞がきます。 また、「I agree with~. 」の「with」の後ろは、人が入ります。

次の