最新アイコス。 【最新】アイコス3デュオの人気色は?限定カラーも全てご紹介!

アイコス 2017年の発がん性10倍のニュースは本当なの?

最新アイコス

2本連続で吸える「アイコス 3 デュオ」。 ホルダーの充電時間も大幅短縮 「アイコス 3 デュオ」は、「アイコス3」の進化版デバイスだ。 変更点は、「アイコス3」ではホルダーへの充電1回につき、ヒートスティック1本しか吸えなかったところ、「アイコス 3 デュオ」では1回の充電で2回の連続喫煙が可能となった。 また、ホルダーの充電時間が大幅に短縮され、ヒートスティックを1本吸うための充電が約1分50秒で可能になった。 なお、2本連続で吸うために必要な充電時間は約5分15秒。 本体のサイズや使用法、マグネット式でホルダーの向きを気にせずにチャージャーに格納できるなどの仕様は、「アイコス3」を踏襲している。 訂正してお詫びいたします。 カラーは5色を用意。 左から、ウォームカッパー、ウォームホワイト、ブリリアントゴールド、ステラーブルー、ベルベットグレー 本機種からの新色となるウォームカッパー(アクセサリーは別売)。 これまで限定モデルとして赤系のカラーを発売したところ好評だったため、レギュラーカラーにも赤系を採用。 男女ともに受け入れられやすそうな、落ち着いた高級感のある色だ ホルダーライトの点灯数で、充電状況の確認が可能。 2つ点灯している場合は、2本分使用できる 連続喫煙が可能なデバイスとしては、すでに「アイコス 3 マルチ」(10本連続喫煙可能)がラインアップされているが、1回の本体(チャージャー)への充電で吸える本数は「アイコス 3 デュオ」(約20本)のほうが多い。 そのため、今回発表された「アイコス 3 デュオ」は、「1日で1箱(約20本)吸うが、1回のたばこ休憩で吸うのは2本くらい」というスタイルのユーザーに向いているだろう。 実際、フィリップモリスがユーザーの連続喫煙の傾向を調査したところ、1回の喫煙につき2本程度吸うというユーザーが多かったという。 ヒートスティックを1本吸うための充電時間の比較 なお、「アイコス 3 デュオ」の発売を受け、「アイコス3」は現在の在庫がなくなり次第終売となるが、「アイコス 3 マルチ」「アイコス 2. 4 プラス」は引き続き販売が継続される。 また、3機種とも2019年10月1日からの消費増税後も税込価格は据え置きとなる。 今後は「アイコス 3 デュオ」「アイコス 3 マルチ」「アイコス 2. 4 プラス」の3機種で展開される ユーザーサービスも内容を刷新。 より安心・便利で楽しく 発表会では、「アイコス 3 デュオ」の発売に合わせ、ユーザーに向けたサービスも内容を刷新したことが発表された。 「ランクアップシステム」「定額サービス」「無料レンタルサービス」を活用することで、より快適に使用できる体制を整えたという。 会員特典プログラム「アイコスフィア」のランクアップ特典が豪華 まず、アイコスの会員特典プログラム「IQOSPHERE(アイコスフィア)」には、ランクアップシステムを新たに導入。 「QOINS(コインズ)」を貯めてランクアップすることで、より充実したサービスを受けることが可能になるシステムだ。 なお、「アイコスフィア」はデバイス購入後、ユーザー登録を行うだけで年会費0円で利用することができる。 ステージは「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」3段階に分かれている。 シルバーステージでは、AI による 24 時間電話受付対応、故障後の問い合わせから夜中でも最速7時間で自宅まで交換機を届けてくれるなどの基本的なサービスのほか、自損による故障でも、ホルダーとチャージャーそれぞれ1回ずつ(アイコス 3 デュオの場合)無償交換ができるという。 アイコスデバイスを購入後、ユーザー登録をするだけで自動的にシルバーステージになる ゴールドステージになると、自損故障の保証が最大 3 回まで無償交換になるほか、1,500 円分のアクセサリークーポンがもらえる。 さらにプラチナステージになると、最新モデルを含む、希望のアイコスデバイスをもらえるという豪華な内容だ。 ゴールドステージでは自損保証回数が増加、クーポンももらえる プラチナステージでは、希望のアイコスデバイスが無料でもらえる コインズは、「アイコスフィア」内で出題されるクイズに答えたり、コラボ動画の視聴、アクティビティにチャレンジするなどして貯められる。 アイコス休憩時の息抜きとして楽しみながらステージアップを目指せそうだ お手頃価格の定額プラン アイコスデバイスを定額で使用できる「IQOS 定額プラン」については、最新の「アイコス 3 デュオ」を含め、月額630円(税込、1年契約、アイコス 3 マルチの場合)からという手頃な料金にて提供を開始した。 「IQOS 定額プラン」では、更新のたびに最新製品の提供を受けられるほか、「アイコスフィア」のゴールドステージユーザーと同じ待遇を受けられる 「IQOS 定額プラン」には3つのプランを用意。 たとえばPLAN Aの場合、年間10,800円(税込)となるため購入するよりも高いが、更新のたびに最新デバイスが提供されるため、常に新しいデバイスを使用できる。 手入れをさぼりがちだったり、破損などのトラブルの心配がある人にはありがたいシステムだ とりあえず試してみたいなら、レンタルプログラムが便利 魅力的な「IQOS 定額プラン」だが、最低1年の契約となるため、より手軽にアイコスを試してみたいという人に向けて、デバイスを14 日間無料レンタルで試すことができるプログラムも用意。 9月30日から提供開始される予定だ。 返却時の送料も無料。 アイコスの吸い心地や使用感が自分に合っているかを存分に試すことができる 「アイコス 3 デュオ」の発売を記念し、同製品を試して購入できるポップアップストアが、原宿のイベントスペース「jing(ジング)」にて9月27日まで開催中。 こちらでも無料で「アイコス 3 デュオ」を試せるので、お近くの方は足を運んでみては.

次の

アイコス3の割引クーポンは?最新のキャンペーン情報をチェック【2020】

最新アイコス

このページの内容... アイコスとは アイコスとは日本の法律上、電子タバコの部類ではなく、パイプタバコに属するそう。 電子タバコはタバコの葉を使用しないという前提のためアイコスは葉を使っているのでパイプタバコということになっているそうです。 従来のタバコと大きく違う点は ・火を使わない ・灰が出ない ・煙ではなく水蒸気・部屋で吸ってもヤニがつかない ・口臭がタバコの臭いくさくならない点ですね。 個人的に部屋の壁が黄色くヤニで変色しないのはかなりうれしいです。 では、種類について詳しく見ていきましょう。 味の種類は全部で何種類? アイコスでは現在、6種類の味がでています。 大きくわけて、レギュラータイプとメンソールタイプがあり、まずはレギュラータイプから。 レギュラー(REGULAR) アイコスの味の中では最もタバコに近い味とされています。 初めて吸う方はまず、試したい味ですね。 個人的には香ばしく従来のたばこより苦味が少ないように思います。 独特の匂いがあります。 バランスドレギュラー(BALANCEDREGULAR) レギュラータイプを若干弱めにした味がします。 レギュラー独特の匂いが抑え目な感じで香ばしい甘めな匂いです。 レギュラーほど強いものが苦手な方はこちらがいいかもしれません。 スムースレギュラー(SMOOTHREGULAR) こちらは新しく発売された味で、レギュラー独特の匂いが抑えられレギュラータイプの中でも一番吸いやすいのではないかと思います。 個人的にはレギュラータイプの中で一番吸いやすいなと思いました。 が、やはりレギュラー独特の匂い強みが苦手なのでメンソール派ですが。。 メンソールが苦手、でもレギュラーの強みや匂いが苦手だなという方はこちらのスムースレギュラーを 一度お試しになってはいかがでしょうか。 続いてはメンソールタイプ。 メンソール(MENTHOL) こちらは元々メンソール系を吸っていた方なんかは一番良いのではないでしょうか。 タバコの強さより、メンソール感が強いので初心者の方でも比較的吸いやすいと思います。 後味もすっきりしていて刺激やくせが強すぎないのでおすすめです。 ミント(MINT) こちらはメンソールよりも軽めで、比較的女性に人気のフレーバーのようです。 元々軽いメンソールのタバコをすっていた方にはおすすめです。 十分にメンソールの味はありますがやはりメンソールよりは抑えられている印象です。 ちなみに私はこの味が一番好きです。 元々、メンソールタイプではなかったのですが、アイコスに変えてからレギュラータイプはどうしても、吸ったときの強みが苦手で吸えませんでしたが、元々メンソールではなくてもこちらは吸いやすかったです。 パープルメンソール(PURPLEMENTHOL) こちらは新しく発売された味で、ミントにブルーベリーの味がついた感じです。 昔タバコにあったフルーツの味がついたタバコのような感じ。 意外とマイルドで、後味にベリーの味が続きます。 ちょっと気分転換したいときなんかに吸うのもありかもしれないですね。 以上6種類が今出ているアイコスのタバコになります。 色々な味を試してお気に入りのフレーバーを見つけてみてください。 アイコスの人気、売れ筋の味 6種類のフレーバーが現在発売されているということなのですが、一体どのフレーバーが人気なのでしょうか。 やはり、売れ筋はメンソール、ミントでメンソール系が人気のようです。 吸いやすいという理由で口コミなんかでは人気があるように思います。 コンビ二などでも、メンソール系はすぐに在庫切れになってしまったりすることもあるようで、 リピーターも多いのでしょうね。 レギュラータイプももちろん吸っていらっしゃる方はいますが、独特の匂い、強みなどがメンソールよりは多いので、好き嫌いが別れるようです。 タバコ感がほしいというよりかは吸いごこちや、後味、爽快感などで選ぶ方が多いのがメンソールが人気の要因かもしれませんね。 最終的には好みの問題ですが、初心者の方はまずメンソールを試してみるのもいいのではないでしょうか。 アイコスのニコチンの含有量はどのくらい? アイコスにはニコチンは含まれていますが、では一体ニコチンはどの程度含まれているのでしょうか? それぞれのフレーバーで比較してみたいと思います。 現在販売中のフレーバーは6種類。 ・レギュラー ニコチン量、約1.0mg ・バランスドレギュラー ニコチン量、約0.5mg ・スムースレギュラー ニコチン量、約0.5~1.0mg ・メンソール ニコチン量、約1.0mg ・ミント ニコチン量、約0.5mg ・パープルメンソール ニコチン量、約0.5~1.0mg こちらが販売中の味の種類とニコチン量です。 この記載したニコチン量ですが現在はきちんと加熱式電子タバコのニコチン、タールの計測方法が確立されておらず、どのくらいの空気の容量に対してのニコチン、タールの量なのかが規定されていない為にアイコスのタバコの箱についても詳しい量などが記載されていないのが現状のようです。 ですのでこちらはあくまで目安、実際に吸ってみての感想も含まれますが恐らくこのくらいなのではと いわれています。 ちなみに、タールなんですが、まずそもそもタールとはニコチン以外の有害物質の総称ともいえ、様々な有害な物質の集合体の総称をさす名称が、タールなのです。 従来のたばこと比較するとアイコスはおおよそ9割以上のタールを削減できているといわれています。 なぜそこまで削減できたのかというと、従来のタバコは燃焼させて吸うものなので、タールが発生するのですが、アイコスは「ヒートスティック型」のタバコにしたこと。 ヒートプレートにアイコス専用の葉たばこをさしアイコス本体のなかで350度まで加熱します。 この温度で発生させる微粒子の水蒸気にはタールがほとんど含まれていないからなのです。 ですからアイコスが絶賛される理由になっているのはいうまでもありませんね。 どこで購入できる?フレーバーの購入方法 フレーバーは全国で買うことができ、アイコスストア各店舗、コンビニ、タバコ専門店、一部スーパーや、ドラッグストアなどで売っていて全国どこでも買うことができます。 本体を買うには在庫や予約販売が主なので一苦労しますが、 フレーバーは売り切れがない限りは取り揃えも十分にあるので、買うのに心配はなさそうですね。 マルボロ以外の銘柄の発売は? 現在日本ではアイコスはマルボロ以外の銘柄は発売されていません。 発売されるのでは?とうわさされてきましたが、中々そのような情報はまだありませんね。 これからももっと種類はマルボロでも増えてくるのではないかと思われますが、他の銘柄も発売されるのでしょうか。 実はアイコスで使える銘柄は海外ではマルボロ以外にもすでに存在しているようで、 それはパーラメントのようです。 ちなみにフレーバーは2種類でパーラメントBLUEとパーラメントFRESHという2種類が発売されているようです。 日本では取り扱いがまだありませんしこの先日本に上陸するのかまだわかりませんが、パーラメントも日本では吸っている方が多いと思われるのでいずれ発売される可能性もあるかもしれませんね。 あと、候補にあげるとすれば「ラーク」ですかね。 こちらはフィリップモリスが扱っているタバコの中でマルボロの次に人気のある商品です。 ですからこの先日本でももっとアイコスが浸透してある程度の販売個数に達すれば、他の銘柄の商品も日本で発売される可能性が高そうですね。 アイコス 日本未発売 パーラメント購入方法 先ほど紹介したパーラメントですが、現在日本ではまだ発売していないため店舗で買うことはできませんが、メルカリなどで出品されている方がいらっしゃるようなのでそこで購入することができます。 お値段はマルボロよりも高くなってしまいますが、 もし吸ってみたい方はそこで購入してみるのもありですね。 最後にこれからももっと人気がでそうなアイコスに目が離せませんね! これからチャレンジしようかと考えている方は是非これからも進化し続けるアイコスにチャレンジして 素敵なアイコスライフを送ってみてください。 アイコス 種類や味の売れ筋とは?についてでした。 ところで、 『EFOS(イーフォス)』と言う最新の電子タバコを知っていますか? アイコスより4000円も安くて、保証も3ヶ月付いている上に、 今ならQUOカード付で購入できるキャンペーンをやっています。 キャンペーンの間に購入しておくと良いですね。 【タバコとギャンブルがセットなあなた】ギャンブルでかなりの高確率で稼ぎ続ける方法 今これを読んでいるということは、あなたも当然今までに何かしらのギャンブル(競馬・パチスロ・パチンコ・カジノ)をしたことがあると思います。 そこで現在あなたは、月間トータルで収支がプラスになっていますか? はい!と答えられる方は、少ないのではないでしょうか? ギャンブルで負ける人が多い中、実際にギャンブルで勝ち続けてご飯を食べている方は、ギャンブル=投資(資産運用)と捉えています! ですがギャンブルから投資(資産運用)に変える事は、簡単なことではありません。 でも、ギャンブルから投資(資産運用)に変えることが出来たら、パチスロで勝ち続けることができると思いませんか? 実際に勝ち続けてる方は、「投資(資産運用)」とギャンブルの事を捉えています。 ギャンブル好きというだけで、世間から白い目で見られることもありますが、私自身ギャンブルではなく資産運用と捉えていますので、もう少し前向きにパチスロ、競馬、カジノなどに興味のある方と仲良くなりたいという純粋な気持ちでこのような情報をシェアしていきたいと考えております。 興味のある方は是非LINE@の友達追加よろしくお願い致します。 『 cqx7624y 』で検索しても追加できます。

次の

【最新版】アイコスのフレーバー全種類を人気順位でランキング!

最新アイコス

左が従来のアイコスを踏襲した「アイコス 3」、右がバッテリー一体型で連続10本吸いを可能にした「アイコス 3 マルチ」 現在、日本で販売されている3大加熱式タバコと言えば、「アイコス(IQOS 2. 4 Plus)」「グロー(glo)」「プルーム・テック(Ploom TECH)」。 どれもこれまで本格的なモデルチェンジはしていなかったが、今回ついにその先駆者であるアイコスが、本格モデルチェンジを果たす。 しかも、コンパクトな「アイコス 3(IQOS 3)」、連続吸い可能な「アイコス 3 マルチ(IQOS 3 MULTI)」の2機種が登場。 2018年11 月15 日(木)から全国のアイコスストアおよびアイコス 2. 4 Plus オンラインストアにて発売予定で、価格は「アイコス 3」が10,980 円(税込)、「アイコス 3 マルチ」が8,980 円(税込)となる。 豊富なアクセサリー(別売)で、最大576 通りの組み合わせ色合いや質感を楽しめる 2017年3月発売の「アイコス 2. 4 Plus」が、ブレードや開閉部の改良といったマイナーチェンジだったことを考えれば、今回が初めての大々的なバージョンアップとなる。 果たしてどんな進化を遂げたのか? アイコスは2種類に枝分かれして進化! 2017年3月の現行最新機種「アイコス 2. 4 Plus」発売時、販売元であるフィリップ モリスはユーザーの声を受け、壊れやすいポケットチャージャーの開閉部や折れやすい加熱ブレードの強化、充電時間の短縮などの改善を図った。 しかし、その後もユーザーからさまざまな声が寄せられた結果、幅広い要望を1機種でかなえることは不可能という結論に至ったようだ。 そして、今回の2機種同時リリースとなった。 基本的に「アイコス 2. 4 Plus」の改良コンパクト版となるのが「アイコス 3」。 まったく新しい、バッテリー一体型となって連続吸い可能になったのが、「アイコス 3 マルチ」である。 それでは1機種ずつ、その特徴を見ていこう。 コンパクトかつスタイリッシュに生まれ変わった「アイコス 3」 まずは、順当な変化を遂げた「アイコス 3」。 アイコスホルダー(以下、ホルダー)の充電時間は約40 秒スピードアップ。 連続で吸いたいユーザーにとってはうれしい進化だ。 ポケットチャージャーのフル充電までの時間は約2時間で、充電をしながらの使用も可能だという。 ホルダーの形状は、キャップがななめにハマるようになったこと以外、サイズ感は変わらないので、今までのユーザーは何も抵抗なく切り替えることができるだろう。 ポケットチャージャーは小型化され、随分とスリムになった。 しかもフタが上オープン式ではなく、サイドオープン式に変わった。 そして、従来はホルダーをしっかりボタン方向に前を向かせて挿入しなくてはならなかったが、「アイコス 3」では全方位対応のマグネット式ホルダーにより、どの向きでも挿し入れても収納・充電が可能に。 地味な変化のようだが、使い勝手はかなりよくなる。 ホルダーのななめキャップも地味だが、いくぶん開けやすくなった気がする。 何より、従来機をシャツの胸ポケットに入れるとほかのものを入れる隙間はなくなったが、スリムな「アイコス 3」なら、ペンなどを一緒に入れることができる。 さらに、すべての素材・設計を見直し、衝撃試験を重ねているというから、耐久性の向上にも期待できそうだ。 「アイコス 3」。 サイズはポケットチャージャーが46. 7(高さ)mm、 ホルダーが14. 3(高さ)mm。 重さは合わせて125gとなる。 すっきりとして、カラー次第では女性が持ってもより違和感の少ないデザインに変化した 10本連続で吸えてしかも軽い!「アイコス 3 マルチ」 かたやダイナミックな変貌を遂げたのが、「アイコス 3 マルチ」だ。 これまでアイコスユーザーが連続吸い(チェーンスモーキング)をしたい場合は、ホルダーを買い足して2本体制にするか、合間に紙巻きタバコを吸うなど、いささか無理があった。 「アイコス 3 マルチ」は、左上のキャップをスライドさせたら、その穴にヒートスティックを差し込み、吸い終わったらスライドして取り出す。 そして時間を開けなくても、再びヒートスティックをセットすれば、連続で最大10本吸うことが可能なのだ。 フル充電までの時間は約75分で、こちらも充電をしながらでも使用できる。 今まで連続吸いをしたいがために「グロー」を選んでいた人も多いことを考えると、この変化はかなり強力。 しかも、手に持った時の軽さの衝撃! まさにスマートだ。 これこそアイコスユーザーが長年待ち望んでいたものではなかったか。 さらに、筆者はどうしてももったりとしたホルダーのデザインが苦手だったのだが、これならモノとしての魅力も絶大だ。 「アイコス 3 マルチ」。 サイズは25. 3(高さ)mm、重さが50g。 小さい、軽い、チェーンスモーキング可能というまさに無敵の進化だ さながら重めの多色蛍光ペン 「アイコス 3」「アイコス 3 マルチ」を使って実際に吸ってみた! 2018年10月23日に行われた「アイコス 3」「アイコス 3 マルチ」の発表会がパークハイアット東京で行われ、そこでタッチ&ゴー(試し吸い)コーナーが設けられていたので、実際に製品を試してみることにした。 実装しているテクノロジーは「アイコス 2. 4 Plus」と同一ということだが、充電時間の短縮やバッテリー容量の倍増、ホルダーのスリム化という変化は、どの程度使用感に影響するのだろうか。 まずは「アイコス 3」を使用してみる。 感動! というほどではないものの、ホルダーの出し入れは確かに簡単に、所作もスマートなった。 マグネット付きで内部にホルダーをしっかりホールドしてくれるのは、落下の危険を防いでくれるのでおっちょこちょいにはいいかも。 使い心地はほぼ同じ。 既存ユーザーなら何の迷いもなく使える ヒートアップ時間は「アイコス 3 マルチ」と共通の20秒。 丈夫さ・耐久性に関しては使い続けていないので不明だ。 肝心な味わいは「アイコス 2. 4 Plus」ユーザーなら、あっけないほど同じだ。 スリムになったホルダーも、「アイコス 3 マルチ」を見た後ではインパクトは少なめ。 筆者としては、現時点では「アイコス 3」をあえて発売する意味がわからないというのが正直なところ。 これはもう継続的に使用してみて判断するしかない。 タッチ&ゴーのコーナーの人にも聞いたが、「アイコス 3」は既存の使い慣れたアイコスユーザーのフィールを大切にしているのでは、とのこと。 ちなみに、「アイコス 3 マルチ」がどんなに軽いといってもホルダー単独では「アイコス 3」の方が軽い。 「アイコス 2. 4 Plus」と喫味に違いはなし 続いて、「アイコス 3 マルチ」を使ってみる。 こちらはチェーンスモーク必須の一定層にしてみれば、まさに夢のアイコスだ。 また、ポケットチャージャーがずっしり重くて嫌だと思っていた人にとっても、この50gは奇跡。 生卵1個より軽いポータビリティと、スリムなフォルムで、携帯性は最強だ。 では、保護カバーをすっとずらして、ヒートスティックを差し込んでみよう。 これが差しにくいと大きなストレスだが、問題はない。 ヒートアップ時間も「アイコス 3」と同様だ。 肝心の味も同じ。 保護カバーはスライドさせてずらす仕様なので、紛失の心配はない 吸った後は本体中央の接合部分をスライドさせて、ヒートスティックを取り出す。 50gをそのまま吸うのが重いといったら、グローユーザーに怒られると思うし、VAPEやヴェポライザーにしても軽い部類。 それでいて価格が安いというのはどういうことか。 これはすごい。 見た目は少々でかいけど、軽い。 ちょっとしたVAPEのような大きさなので、喫煙所で少しは目立つかも 大きさ比較。 写真左からヒートスティック、「アイコス 3 マルチ」、「アイコス 3」、「アイコス2. 4Plus」 日本唯一の高温加熱ブレード式が進化を遂げ、加熱式タバコの未来を大きく変える予感 現在の3大加熱式タバコであるアイコス、グロー、プルーム・テック。 プルーム・テックは低温加熱方式という独自の路線なので置いておき、残るアイコス、グローを比較した時に、アイコスがリードしている点は何だろうか。 それは加熱ブレード式だということ。 登場当初こそ折れやすいなどの不評も買った(アイコス 2. 4 Plus で改良)が、これがアイコスのキモである。 その時に一部は焦げ付き、一部は加熱されないなどの加熱ムラが生じると、そのせいで途端に味が悪くなるのだが、タバコ葉の中心から加熱できる加熱ブレード式は、この加熱ムラが起こりにくいのだ。 グローはネオスティックを細身にすることで加熱ムラを防いでいるのだが、その分タバコ葉の量は少なくなる。 結果として、タバコ葉をより多く使用しつつ、ムラを押さえながら加熱できるアイコスが喫味を1番重くできるようになっているというわけだ。 このしっかりとした喫味のまま、コンパクト化した「アイコス 3」および連続吸い可能な「アイコス 3 マルチ」は、今後の加熱式タバコの行く末を大きく変える新製品となるだろう。 なお、旧モデル「アイコス 2. 4 Plus」は、引き続き併売される。 また今後、現行より手頃な価格帯の「ヒートスティック」の新ラインも発売予定だ。 【関連リンク】.

次の