虫刺され 跡。 虫刺され跡を消す・残りにくくする方法。まずは石鹸で洗い流して | 女性の美学

これってダニ刺され?【写真あり】ダニに噛まれた跡の特徴と症状

虫刺され 跡

虫刺されなどを掻きこわしてしまうとなりやすい炎症後色素沈着。 跡を残さない方法はあるのでしょうか? 虫に刺されると赤く腫れてかゆくなりますが、これが長引くと黒っぽい色が跡となり、皮膚に残ることがあります。 医学的には「炎症後色素沈着」と呼ぶもので、皮膚が赤くなる炎症が長引くことで、メラニンが沈着してしまう現象です。 一度メラニンがついてしまうと皮膚から自然に排出されるのに時間がかかり、数カ月~年単位で黒っぽい色が残ってしまうことになります。 <目次>• 【症例画像】ニキビ跡・虫刺され跡の色素沈着 虫刺されに限らず、皮膚に炎症が起こればメラニンが沈着する可能性があります。 ニキビ跡の茶色っぽいシミやヤケド跡、けがの後に残るシミも、同じ炎症後色素沈着の病態です。 いくつか実際の症例写真を挙げてみましょう。 ヤケドやケガが深いとこのような色素沈着を起こしやすい ニキビ跡・虫刺され跡の予防法 虫刺され、ニキビ、ヤケド、湿疹などは、いずれの場合も炎症が長引くほど色素沈着しやすくなります。 適切な治療をして早めに治すことが、色を残さない秘訣です。 虫刺されや湿疹の場合はかゆみが強いですが、かきこわしてしまうと治りが遅くなりますし、かくことで傷になり、より色が強くなります。 まずはかきこわさないよう注意して、炎症を抑えるステロイドの塗り薬を使って早めに治しましょう。 ニキビの場合には赤いポツポツができて治すのが遅くなると、そこに茶色のシミが残ってしまいます。 ニキビの場合も皮膚科のクリニックでもらえる薬を適切に使い早めに治すことで、茶色のシミや、盛り上がったり凹んだりするニキビ跡ができるのを予防できます。 ヤケドやすり傷の場合も、細菌が入らないようにして早めに治療することで色が残るリスクを下げることができます。 感染して治りが遅くなれば、その分色が残るリスクが増えてしまいます。 跡をできるだけ少なくするためには早めに皮膚科を受診して適切に治療してもらうことが肝心です。 ニキビ跡・虫刺され跡の治し方・治療法 色素沈着を起こさないためには原因をできるだけ早く治療し、炎症が起きる期間を短くすることが大切ですが、それでも色が残ってしまうことはあります。 その場合には、まず日焼けを避けましょう。 顔の場合は日焼け止めを欠かさないようにし、体の場合は衣類で覆って日光の影響を避けましょう。 日が当たるとシミの部分はさらに濃くなってしまいます。 炎症後色素沈着は6ヶ月~1年ほどで自然に薄くなっていきますが、数年続くこともあります。 ヤケドやケガ、ニキビや虫刺されの跡の色素沈着を早く治したい場合や6ヶ月以上経っても薄くならない場合には皮膚科のクリニックを受診してみましょう。 炎症後色素沈着は医療保険で処方できる薬では治療が難しいですので、自費での治療がメインになります。 完全に色を消すのは難しいですが、顔のシミ治療に使われている塗り薬が炎症後色素沈着にも効果があることが多いです。 皮膚科のクリニックで保険外治療でよく処方されているハイドロキノンとトレチノインを数ヶ月塗ると、色が薄くなることがあります。 私も実際に処方することがよくあり、根気よく何ヶ月か塗ると、ヤケドあとの茶色いシミに効果がみられることが多いです。 ハイドロキノンはメラニンが作られるのを抑えるぬり薬、トレチノインはメラニンが外に排出されるのを早める塗り薬です。 短期間では効果がないので3~6ヶ月程度、長く塗り薬を続けて下さい。 顔に塗ることが多いハイドロキノンとトレチノインですが、腕や脚などほかの部分に塗っても問題ありません。 トレチノインは塗り始めの1~2週間は赤くなる、ガサガサするといった刺激性があることが多いので、保湿してからその上に塗るなど注意は必要ですが、塗っている間に次第にその刺激性は和らいでいきます。 その他にも、保険適応外ですがニキビに処方されることのあるアゼライン酸も炎症後色素沈着のシミに数カ月使使うと効果があると報告されています。 ビタミンC、トラネキサム酸といった女性の代表的なシミである肝斑によく使われる内服薬が炎症後色素沈着にも効くという報告があり、塗り薬と一緒に使うことがあります。 ニキビ跡や虫刺され跡治療にピーリングやレーザーは効く? ニキビや毛穴の治療に使うことのあるピーリングですが、グリコール酸やサリチル酸、乳酸を用いたピーリングが炎症後色素沈着にも有効なことがあります。 皮膚表面の代謝をよくして色素沈着の排出を早めることで、炎症後に皮膚表面に沈着したメラニンを除去します。 炎症後色素沈着に対してレーザー治療を行うことも有効なことがあります。 レーザーを強く皮膚に当てるとそれ自体で炎症が起きて悪化する場合があるので、レーザートーニングという弱くレーザーを当てる方法を使うことが通常です。 弱めにレーザーを当てるので1回での効果は期待できませんが、2~4週ごとに5~10回程度治療を続けると効果が期待できます。 経験上もレーザー治療で色素沈着は軽減しますが、レーザーを用いても完全に色を消すことは難しいです。 炎症色素沈着についてのまとめ 数ヶ月で徐々にうすくなっていく炎症後色素沈着ですが、一度できると場合によっては年単位で色が残ってしまうのでやっかいです。 虫刺されやニキビ、湿疹の跡に黒い色を残さないようにするにはなるべく早く治すことが一番の対策になります。 かきこわさない、皮膚科を早めに受診する、薬を毎日塗る、という習慣を心がけ、皮膚の炎症が長引かないようにしましょう。 炎症後色素沈着にそれでもなってしまった場合には、塗り薬、飲み薬、ピーリング、レーザー治療といった方法が有効なことがあるので、皮膚科に相談してみてください。 【関連記事】•

次の

虫刺され跡を何とかしたい!おすすめの市販薬や予防方法などを解説

虫刺され 跡

1.虫刺され跡(炎症後色素沈着)はなぜできる? 蚊やダニなどの虫に刺された跡が黒ずんだり茶褐色になったりしてしまい、なかなか消えないことがあります。 これは専門的には「炎症後色素沈着」と呼ばれ、虫刺され跡にメラニン色素が沈着することによって起こります。 虫刺され、切り傷、火傷、ニキビ、湿疹などによって皮膚が障害されると、障害された皮膚は新しい細胞を再生することで傷跡を治癒しようとします。 この自然治癒の過程において、メラノサイトと呼ばれる細胞が刺激されることでメラニン色素が過剰に生成されてしまいます。 生成されたメラニン色素は肌の表面近くに蓄積してシミを作り、これが虫刺され跡となります。 2.虫刺され跡の治療法は? 炎症後色素沈着は肌を修復する正常なメカニズムによって生じるものであり、通常は放っておいても自然に治っていきます。 皮膚はターンオーバーと呼ばれる新陳代謝を繰り返しているため、時間の経過とともに古い肌は新しい肌へと生まれ変わっていきます。 ただし、皮膚のターンオーバーには一定の時間がかかるため、炎症後色素沈着が消えるまでには通常、数か月の期間が必要になります。 また、ターンオーバーに要する時間は年齢によって異なり、年齢が高くなるほど長い時間が必要となります。 このように虫刺され跡を自然治癒させるには時間がかかるため、治療を急ぐ方については、次章でご紹介するような薬が必要になります。 外科的な治療法も 薬物治療では満足な効果が得られない方には、虫刺され跡を外科的に除去する方法もあります。 通常の炎症後色素沈着は長くても1年程度で治りますが、メラニン色素が表皮の奥にある真皮にまで到達している場合は、自然治癒や薬による除去が困難になります。 そのようなときには美容外科などでレーザートーニングと呼ばれる治療法を実施してもらうことができます。 レーザートーニングとは従来のレーザー治療に比べて肌に優しく低刺激性の治療法であり、QスイッチYAGレーザーと呼ばれる専用のレーザーを用いる画期的な方法です。 痛みや肌に対するダメージがほとんどないため、頑固な虫刺され跡に悩まれている方は検討されることをお勧めします。 3.虫刺され跡に効く薬は? 虫刺され跡に用いる薬には様々な種類がありますが、通常は以下のような薬を用いることが多いです。 3-1. ヘパリン類似物質油性クリーム ヘパリン類似物質油性クリームはヒルドイドソフトと呼ばれる有名な処方薬の成分で、医療現場では頻繁に使われているものです。 優れた水分保持作用があるため保湿を目的として使われることも多いですが、皮膚の血行を促進する働きもあります。 皮膚の血行が良くなると、多くの酸素や栄養素が供給され、新陳代謝(ターンオーバー)が活発になって虫刺され跡の除去が促進されます。 3-2. ビタミンC ビタミン Cにはメラニン色素の生成を抑制したり、すでに生成されたメラニン色素を除去したりする働きがあります。 また、活性酸素を取り除いてお肌の老化を防いだり、コラーゲンの生成を促進してターンオーバーを促す働きもあり、これらの複合的な働きによって虫刺され跡を治療します。 3-3. L-システイン L-システインは抗酸化作用をもつアミノ酸で、皮膚のターンオーバーを促進する働きもあります。 きれいなお肌を維持するためには必須の成分とされており、数多くの美肌用医薬品やサプリメントに配合されています。 3-4. トレチノイン ビタミンA誘導体の一種で、皮膚の新陳代謝を促進して再生能力を高める働きがあります。 ヒアルロン酸の分泌を促すことでみずみずしいお肌を保ち、コラーゲンの生成を促進して肌にハリを与える作用もあります。 3-5. トラネキサム酸 トラネキサム酸には、メラノサイトと呼ばれる細胞の働きを抑えることでメラニン色素の生成を抑制する働きがあり、虫刺され跡やシミなどに有効とされています。 4.虫刺され跡にお勧めの市販薬は? 虫刺され跡にお勧めの市販薬には以下のようなものがあります。 いずれもドラッグストアやインターネット通販で購入できますのでぜひご検討ください。 また、同時に配合されたビタミンB群とビタミンEの作用により、肌に沈着したシミを取り除きます。 病院で処方される薬と市販薬の効き目の違いは? 虫刺され跡の薬については、市販薬と病院で処方される薬に大きな違いはありません。 先ほどご紹介した、ヘパリン類似物質油性クリーム、ビタミンC、L-システインなどは市販の薬やサプリメントにも含まれている成分のため、ドラッグストアやインターネット通販などでも入手することができます。 ただし、トレチノインは皮膚への刺激がやや強く使用に際しては注意が必要となるため、原則的には医療機関でしか入手することができません。 また、トラネキサム酸はトランシーノやペラックT錠などの市販薬にも含まれていますが、これらは肝斑やのどの痛みなどに用いる薬であり、虫刺され跡には適用がありません(第1類医薬品のトランシーノにはトラネキサム酸、L-システイン、ビタミンCなど虫刺され跡に有効な成分が配合されていますが、肝斑専用の薬であり薬剤師による対面販売が必須となるため、虫刺され跡を消す目的では販売してもらえないでしょう)。 こうした点を考慮すると、皮膚科を受診する方がやや効き目の強い薬を処方してもらえる可能性が高いです。 市販薬ではなかなか虫刺され跡が消えない方や、症状が重い方は病院でこうした薬を処方してもらうのも一つの手段と言えるでしょう。 5.虫刺され跡治療の注意点 5-1. 虫刺され跡治療薬の副作用は? 虫刺され跡治療薬は穏やかな作用をもつ薬がほとんどのため、副作用についてはそれほど心配する必要はありません。 以下にそれぞれの薬の代表的な副作用を示しますので、万一こうした症状が見られたり、その他に異常を感じたたりした場合は使用を中止して医師、薬剤師などにご相談ください。 ・ヘパリン類似物質油性クリーム 皮膚刺激感、皮膚炎、かゆみ、発赤、発疹、潮紅、紫斑 ・トレチノイン 赤み、炎症、腫れ、かゆみ、かぶれ、頭痛、吐き気 ・トラネキサム酸 かゆみ、発疹、食欲不振、吐き気、嘔吐、胸やけ 5-2. こんなときは早めに皮膚科へ 以下のような症状が見られる方は市販薬では改善効果が見込めない可能性があるため、皮膚科を受診することをお勧めします。 ・市販薬を使っても一向に症状が改善しない場合 ・早急に虫刺され跡を改善する必要がある場合 ・虫刺され跡を掻き壊してしまい、患部が化膿している場合 ・虫刺され跡が広範囲に渡ってできている場合 ・虫刺され跡がひどく腫れている場合 5-3. 虫刺され跡を防ぐ対策は? 虫刺され跡の予防や治療には以下に示すようなポイントも非常に大切になります。 薬の服用と併せてぜひ実践してみてください。 【虫に刺されないように工夫する】 当然のことですが、虫刺され跡ができないようにするためには虫に刺されないことが一番です。 屋外に出るときには長袖、長ズボンを着用して皮膚の露出を減らしたり、虫よけスプレーを噴霧したりするなど万全の対策をとりましょう。 また、草木や茂みなど虫が多く集まる場所にはできるだけ近寄らないようにすることも大切です。 【虫に刺された部位を日光に当てない】 虫に刺された部位を日光などの紫外線に当てるとメラニン色素の生成が加速され、炎症後色素沈着ができやすくなってしまいます。 このため、特に外出時は虫に刺された箇所を衣服で覆うなどして紫外線から守ってあげましょう。 【虫に刺された部位に刺激を加えない】 虫に刺された部位を掻いたりして刺激を加えることによって、メラニン色素の生成が促進されてしまいます。 刺された場所がどうしてもかゆいときにはかゆみ止めの薬を使うなどして掻かないようにしましょう。 【生活習慣を整える】 お肌のターンオーバーを促進して沈着したメラニン色素を取り除くためには生活習慣の改善も非常に大切です。 十分な睡眠をとる、肌の乾燥を防いで保湿を怠らない、栄養バランスの取れた食事をする、体を清潔に保つなど、日常生活にも気を配るようにしてください。 6.まとめ 虫刺され跡を残さないためには薬を使うだけでなく、虫刺されを防いだり、お肌にとって健康的な生活習慣を心がけることも大切になります。 きれいで美しい肌を手に入れるためにも、予防も含めた総合的なケアを実践するようにしてください。

次の

虫刺され・ニキビ跡など炎症後色素沈着の治し方 [皮膚・爪・髪の病気] All About

虫刺され 跡

蚊やダニの刺され跡が残る原因 蚊やダニなどに刺された跡が、いつもでも茶色くなったり、黒ずんだりして残ってしまうことがあります。 そんな蚊やダニの刺され跡が残る大きな原因は 色素沈着が多いです。 色素沈着っていうのは、肌の表面にメラニン色素が多く残ってしまっている状態です。 メラニン色素の塊がずっと肌の表面に付着してしまっていることによって、その部分が茶色くなったり黒ずんだりしてしまっています。 このメラニン色素っていうのは、肌が刺激を感じた時に、その刺激から肌を守ろうとして多く分泌されます。 普通ならば、メラニン色素が肌の表面に付着しても、肌のターンオーバーによって新しい皮膚が作られて、自然に古い皮膚が落ちていきます。 しかし、蚊やダニなど虫に刺されてしまった場所っていうのは、炎症を起こしてしまっています。 この炎症によって、 刺された部分の肌が乾燥状態になってしまっていて、肌のターンオーバーがうまくできなくなってしまい メラニン色素が多く付着してしまっている皮膚が、新しい皮膚に入れ替わることができなくなってしまい虫刺され跡がずっと残ってしまっています。 蚊やダニの刺され跡を早く消す方法 蚊やダニなど虫刺され跡が、いつまでも残ってしまっている原因は、肌のターンオーバーがうまく行えずに 色素沈着した古い皮膚が残ってしまっているっていうことについては、わかってもらえたと思います。 そこで、蚊やダニなど虫刺され跡を早く消していくには、色素沈着を起こしてしまっている肌の部分のターンオーバーを正常に戻していくことです。 その為に、大事になってくるのが、刺された部分の肌が乾燥してしまっているのを治していく為に しっかりと保湿をしていってあげることです。 虫刺され跡を消すおすすめの塗り薬 蚊やダニなどの虫刺され跡を早く消していくには、刺された部分をしっかりと保湿していくことです。 そこで、 おすすめの塗り薬が「アットノン」です。 「アットノン」には、ヘパリン類似物質という成分が含まれていて ・ 保湿 ・ 血行促進 ・ 抗炎症作用 の3つを行ってくれます。 これによって、肌のターンオーバーを正常にしてくれて、色素沈着してしまっている古い皮膚を新しい皮膚に入れ替えて再生していってくれます。 「アットノン」はマツモトキヨシなどドラッグストアーでも販売されているので、簡単に購入することができます。 スポンサーリンク 蚊やダニの刺され跡を隠すアイテム 蚊やダニなど虫刺され跡をすぐに目立たなく隠すアイテムとしては ・ コンシーラー ・ ファンデーション ・ 絆創膏 ・ パッチ などです。 コンシーラーやファンデーションなどの化粧品を塗ることによって、刺された跡を目立たなくすることができますし 完全に見えなく隠したい場合は、絆創膏やパッチなどを貼ることですね。 虫刺されを綺麗に隠すおすすめはカクシーラー コンシーラーやファンデーションを塗っても、うまく隠しきれない場合や 絆創膏やパッチなどは、あまり貼りたくない っていう場合に おすすめのアイテムは、 「カクシーラー」です。 「カクシーラー」は、コンシーラーと同じですが、コンシーラーの4. 5倍のカバー成分が含まれています。 なので、虫刺され跡を綺麗に隠していくことができます。 スティックタイプなので、簡単に刺され跡をピンポイントで塗ることができますし 汗や水などでも落ちにくいので、とても便利なアイテムです。 蚊に刺されてしまった時の対処法や症状を悪化させてしまうやってはいけないことなどについては、コチラの記事に書いてあります。 蚊やダニなどの虫刺され跡は、長い間残ってしまって目立ってしまうことが多いです。 そんな刺され跡が残ってしまう大きな原因は、肌のターンオーバーがうまくできていなくて メラニン色素が多く溜まってしまっている色素沈着です。 なので、蚊やダニの刺され跡を早く消していくには、肌のターンオーバーを正常に戻していく為に、刺された部分をしっかりと保湿していくようにしてください。 そして、すぐにでも刺され跡を目立たなく隠したい時は、コンシーラーやファンデーションなど化粧品を塗っておくようにします。 綺麗にしっかりと隠したい時は、「カクシーラー」がおすすめです。 服や衣類についているダニをしっかりと退治していく洗濯の仕方やクローゼット内の対策などについては、コチラの記事に書いてあります。

次の