朝鮮骨董 買取 大阪。 骨董品・古道具・茶道具の買取は京都 古道具さわだ

大阪骨董買取評判良い会社ここ

朝鮮骨董 買取 大阪

当店は、大阪府で古美術品・骨董品の無料査定や買取を積極的に行っております。 当店では、日本美術の書画・掛軸、屏風をはじめ、お茶道具や絵画、中国美術・朝鮮美術など、美術品全般の買取が可能です。 店頭での鑑定・買取はもちろん、電話・インターネットでの無料査定や、無料の出張鑑定、郵送での買取も行っていますので、お気軽にご利用ください。 また、納得してお売りいただきたいので、他のお店との相見積も歓迎しております。 買取・査定について詳しくは下記のページをご覧ください。 当店では他店との相見積も歓迎しておりますし、インターネットや電話での簡易鑑定も可能ですのでお気軽にご利用ください。 なお、美術品を高く売るためのお店の選び方については下記のページでより詳しく解説しております。 キタ(梅田)やミナミ(難波)などをはじめとした大阪市内全域や堺市をはじめ、池田市、泉大津市、泉佐野市、和泉市、茨木市、大阪狭山市、貝塚市、柏原市、交野市、門真市、河内長野市、岸和田市、曳野市、阪南市、東大阪市、枚方市、藤井寺市、松原市、四條畷市、箕面市、守口市、八尾市、吹田市、摂津市、泉南市、大東市、高石市、高槻市、田尻町、忠岡町、千早赤阪村、豊中市、豊能町、富田林市、寝屋川市、河南町、能勢町、太子町、熊取町、島本町、羽岬町など大阪府内の全域で、無料の出張査定・買い取りが可能です。 また、兵庫県や京都府、奈良県、和歌山県、滋賀県など関西全域へも無料で出張いたします。 当店は、大阪美術商協同組合の会員でもあり、大阪には買い付けのため毎週出張しております。 出張の際に無料で査定・買取させていただくことも可能ですし、壊れにくい品物であれば郵送での査定・買取も可能です。 また、インターネット・電話での無料簡易鑑定も行っており、査定額にご納得いただけない場合はキャンセルも自由ですので、お気軽にご利用ください。 ・上記以外の美術品・骨董品につきましても、お気軽にお問い合わせください。 ・お手持ちの品物が買取対象かご不明な場合も、お気軽にお問い合わせください。 当店では、大阪府にゆかりのある、生田花朝、北野恒富、岡田米山人、岡田半江、森祖仙などの作品も積極的に買取っております。 ) 生田花朝女(いくた・かちょうじょ) 1889(明治22年)~1978(昭和53年)日本画家。 本名は生田ミノリ。 大阪に生まれる。 幼少期から父である国学者の生田南水から俳句を習う。 また、近藤尺天に国学、藤沢黄波に漢学を学んだ。 明治38年からは四条派の絵師である喜多暉月に師事して絵を学んだ。 その後、大正2年からは菅楯彦に師事して大和絵や国学、万葉集、有職故実などの指導を受け、美人画の北野恒富からも学んだ。 大正14年の第6回帝展に出品した「春日」が初入選し、「浪速天神祭」が翌年の第7回帝展で特選を受賞している。 また、新文展や戦後の日展にも出品した。 大阪の風物を描き続け、帝展・新文展無鑑査、日展依嘱出品、昭和27年に大阪市民文化賞、昭和33年に大阪府芸術賞、昭和43年に勲四等瑞宝章。 北野恒富(きたの・つねとみ) 1880(明治13年)~1947(昭和22年)日本画家。 大阪を拠点に活躍した。 本名は北野富太郎。 別号に夜雨庵。 石川県金沢市に生まれる。 加賀藩士の三男。 小学校を卒業後の明治25年に版下の製作業者であった西田助太郎に入門して、版下技術と南画を学んだ。 その後、木版画彫刻師の伊勢庄太郎などの門下での修行をへて、明治30年に北国新報に入社したが、すぐに画家になることを目指して大阪に出た。 明治31年に月岡芳年の門下である稲野年恒に師事して浮世絵を学び、翌32年には月刊新聞「新日本」の小説で挿絵画家としてデビュー、明治34年からは大阪新報社に入社して新聞小説の挿絵を描いた。 明治43年には第4回文展に「すだく虫」で初入選し、翌年の文展でも「日照雨」が3等賞となるなどして、日本画家としての名声を得ていき、明治45年に発表した「浴後」など恒富風美人画が流行した。 大正元年には野田九浦らと共に大正美術会を結成し、大正3年からは院展に出品、大正4年に大阪美術会を設立、大正6年には日本美術院の同人となり、大正7年に水田竹園らと大阪茶詰会を設立した。 画塾の白燿社も主宰して、生田花朝女、不二木阿古、中村貞以らを指導した。 主な作品に「御深会木」「日照雨」「願ひの糸」「星」「茶々殿」「淀君」「涼み」「宵宮の雨」などがある。 岡田米山人(おかだ・べいさんじん) 1744(延享元年)~1820(文政3年)江戸後期の画家。 別号に米翁。 大坂に生まれる。 播磨(兵庫県)の剣坂で庄屋をしていた安積家で過ごした後、大坂に戻って米屋を営みながら勉学にも励んだ。 その後、伊勢国の津藩の大坂蔵屋敷で留守居役の下役として仕えた。 絵は独学で学んだといわれており、山水花鳥の絵を得意とした。 田能村竹田や浦上玉堂とも親しく交流した。 代表作に「松齢鶴算図」「松下高士図」「幽客横琴図」「蘭亭曲水図」など。 岡田半江(おかだ・はんこう) 1782(天明2年)~1846(弘化3年)江戸後期の南画家。 別号に寒山・独松楼・小米など。 大坂に生まれる。 父は上記の岡田米山人。 父から画と学問の手ほどきを受けた。 父と同じく津藩の大坂蔵屋敷に仕えたが、京邸に移された後に辞職している。 その後は大坂に戻って画に専念した。 頼山陽、田能村竹田、篠崎小竹らの文人とも親交があった。 大坂を代表する文人画家として活躍し、「春靄起鴉図」「住之江真景図」等の代表作を残している。 森狙仙(もり・そせん) 1747(寛延元年)~1821年(文政4年)江戸後期の画家。 別号に祖仙。 長崎に生まれる。 父の橘如閑斎と兄二人(陽信と周峰)も画家である。 大坂で兄二人と共に狩野派の画家である山本如春斎に師事した後、円山応挙の影響を受けて写実的な画風を確立して、動物画を中心に描いた。 中でも猿の画の評価が高い。 森派を開いて、大坂画壇の中心人物として活躍した。 森派には後継者の森徹山をはじめ、森一鳳、森寛斎などがいる。 代表作は「雪中獣禽図襖」「猿鹿図」「秋山遊鹿図」など。 ホームページに掲載している作品以外にも数多くの在庫があり、国内外の愛好家・コレクターや美術館などへの販売ルートがあるため適正な価格での買取が可能となっております。 また、当店が専門外で高く買取れない品物の場合でも、信頼できる古美術商・骨董商の紹介など、適正な価格で売却するためのご相談に応じさせていただきますので、美術品の売却をご検討の場合は、どんな品物でもお気軽にご相談ください。 当店の買取は、秘密厳守、現金での即金買取が基本ですが、買いとり方法にご要望がある場合は、可能な限りご希望に沿った方法で行わせていただきますので、遠慮なくお申し付けください。

次の

大阪府で古美術品を買取り中。掛け軸・骨董品等の無料鑑定・査定も。|古美術・掛け軸の販売・買取・鑑定

朝鮮骨董 買取 大阪

陶器買取実績 古美術八光堂ではこれまでに陶器の高価買取実績があります。 ほんの一例をご紹介いたします。 六代 清水六兵衛 花瓶 買取参考価格 40万円• 松井康成 「晴白練上」大壷 買取参考価格 100万円• 清水卯一 「蓬莱燿」茶碗 買取参考価格 37万円• 塚本快示 「白磁唐草文」鉢 買取参考価格 43万円• 濱田庄司 「柿釉抜絵」角瓶 買取参考価格 14万円• 金重陶陽 備前徳利 買取参考価格 27万円• 加藤卓男 「三彩貼花文」花入 買取参考価格 16万円• 北大路魯山人 「竹かた」花入 買取参考価格 75万円• 三代 徳田八十吉 「碧明燿彩円」 買取参考価格 17万円• 十四代 酒井田柿右衛門 「濁手草花三方割地文」花瓶 買取参考価格 100万円• 十二代 三輪休雪 シルクロード碗 買取参考価格 80万円• 金重素山 加山又造 金銀彩茶碗 買取参考価格 85万円 陶器買取についてよくある質問 作家がわからない、いいものかどうかもわからない陶器があるんですが、買取してもらえますか? 作家がわからない作品なども、鑑定のスペシャリストが在籍する八光堂が解決します!まずはお気軽にご相談ください。 箱をなくしてしまった…箱と中身が一致しない…こんな場合どうしたらいいですか? 箱でだいたいの情報が分かってしまうほど、箱は重要なアイテムではありますが、箱がなくてもきちんと査定いたします。 もし中身がわからない空き箱がありましたら処分しないで保管しておいてください。 割れや欠けてしまった陶器は買取が可能ですか? お品物の状態にもよりますが、次の方への配慮として、お断りしている場合もございます。 お品物により異なりますので、まずは八光堂までお気軽にご相談いただければと思います。 陶器を売却されたお客様の声 店主からのコメント この度は貴重な品をお持ちいただき、誠にありがとうございます。 査定にご満足いただけて私も安心しております。 日本の陶器が独自のスタイルを確立したのは室町時代から安土桃山時代のことで、わび・さびを重視した東山文化が簡素で趣のある器を生み出しました。 その後、江戸時代に入ると一転して、豪華絢爛な陶器がもてはやされるようになりますが、黒船の到来に始まり、幕末の動乱で多くの窯元が存続の危機に立たされます。 現在でも有名な伊賀焼や大谷焼などの窯元は残っていますが、やはりその生産量は年々減少しています。 しかしそれに対して、近年では国内外の高級レストランや料亭などで高級な陶器を用いるなどの新しい需要が生まれているため、マーケットでは相場が徐々に上がりつつあり、それに伴い買取価格も上昇しています。 陶器もコレクターの観賞としてだけでなく、料亭などで実用的な用途に用いられる方が喜ぶかもしれません。 それでは、またのご来店をスタッフ一同お待ちしております。 遠方からご足労、ありがとうございました。 店主からのコメント この度は数ある買取店の中から当店をお選びいただき、誠にありがとうございます。 また、大変貴重な品をお持ちいただき、心よりお礼申し上げます。 日本の陶器の歴史は非常に古く、奈良時代にはすでに近畿地方を中心に多数の窯元があったと考えられています。 陶器は中国からの技術を吸収しながら発達し、その時代ごとの世相を反映した作品が数多く生まれました。 例えば、平安時代には貴族のための芸術性の高い作品が作られ、室町時代後期にはわび・さびを重んじた、簡素で品の良い器が茶の湯で用いられていました。 近年ではグローバル化とインターネットの発達により、海外のコレクターも気軽に日本製の陶器を求めることができるようになり、それに伴い、買取価格も上昇しています。 当店では陶磁器や骨董品の他にも多岐に渡る品物を取り扱っております。 傷や割れのある品でも問題なく査定の対象とさせていただいておりますので、お心当たりのおありの際にはお気軽にお電話くださいませ。 では、またのご来店をスタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。 本日はどうもありがとうございました。 店主からのコメント この度は数ある買取店の中から当店をお選びいただき、誠にありがとうございます。 また、当日はお足元の悪い中ご足労いただき、心よりお礼申し上げます。 陶磁器と陶器はしばしば混同されますが、それぞれ別の品を指します。 陶磁器とは陶器と磁器を合わせた総称のことで、薄手で軽くそれでいて強度の高い磁器とは対照的に、陶器はしっとりとした吸水性が特徴で、ずっしりとした重みがある厚手の焼き物です。 手に取ったときの存在感が魅力の陶器ですが、その歴史は非常に古く、縄文土器にまで遡ります。 日本において陶器の全盛期はやはり室町時代後期のの茶道の黄金期から、豪華絢爛な意匠を凝らした品が数多く残っている安土桃山時代でしょう。 明治維新から近代までのおよそ100年余りの間で多くの窯元が存続の危機に陥りましたが、現在でも大谷焼、伊賀焼、瀬戸焼などの有名な窯元は活動を続けており、作品は国内外で高く評価されておりますので、マーケットでは高額で取引が行われています。 査定をお考えの品がございました際には、ぜひご連絡くださいませ。 では、またのご来店をお待ち申し上げております。 陶器買取について 陶器の査定をお考えの際は、ぜひとも八光堂をご利用ください。 ご自宅に眠ったままになっている作品や、遺品整理などの際にご不要になった品など、 お心当たりがおありの際にはお気軽にご相談ください。 また、ひびや汚れの目立つ品でも問題なく査定させていただきます。 陶器は陶磁器としばしば混同されがちですが、陶磁器とは陶器と磁器を合わせた総称のことですので、それぞれ別のものを示します。 磁器とは一般に薄手で軽くそれでいて強度の高い焼き物のことで、それとは対照的に陶器はしっとりとした吸水性が特徴の ずっしりとした重みがある厚手の焼き物です。 日本では古くから全国で陶器の生産が行われており、陶器の全盛期は室町時代後期の茶道の黄金期から、豪華絢爛な意匠を凝らした 品が数多く残っている安土桃山時代です。 明治維新から近代までの間で多くの窯元が存続の危機に陥りましたが、現在でも伊賀焼、大谷焼、瀬戸焼などの有名な窯元は存続しており、 作品は国内だけでなく海外においても高く評価されておりますので、安定した相場で取引が行われています。 八光堂では古伊万里、古九谷、 古備前などの取扱実績も豊富で、現代作家の陶器も多数お取り扱いしております。 ご依頼の際には最寄の店舗まで品をお持ちくださいませ。 また、メールでの無料査定や出張買取などのサービスも承っております。 例)北大路魯山人、川喜田半泥子、酒井田柿右衛門、今泉今右衛門、徳田八十吉、濱田庄司、鈴木蔵、板谷波山、加藤卓男、加守田章二、 三浦小平二、富本憲吉、金重陶陽、河井寛次郎、松井康成、藤本能道、井上萬二、清水卯一、中島宏…等々数多くの買取実績がございます。 陶器 買取紹介• 名古屋本店へのお持込みで河井寛次郎の角鉢を買取させていただきました 河井寛次郎は、作家の名前ではなく作品自体を判断して欲しいとの考えから、民藝運動を始めた頃から無銘無落款を通します。 自身も無位無冠の陶工として、有名であっても驕らず、最終的には文化勲章や人間国宝の推挙すら辞退してまで一陶芸家に終始しました。 大阪本店へのお持込みで加守田章二の茶碗を買取させていただきました 幾何学的な模様の花瓶や抽象的な模様の壷…奇想天外で多彩な表現で私たちを魅了してやまない現代陶器作家、加守田章二。 伝統的なものから民芸的なもの、果てまたオブジェなどさまざまな表情を魅せてくれます。 博多本店へのお持込みで酒井田柿右衛門の花瓶を買取させていただきました 柿右衛門と言えば濁手と呼ばれるほどの柿右衛門独自の至高の技術があり、焼成時に破損してしまうことから一度は途絶えたものの、12代・13代がその幻の技法を復活させます。 さらに14代にて人間国宝に認定、今なお世界中に広く称えられています。 店舗情報• 住所/〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2-3-21 イブブリアンビル 2F 営業時間/11:00~19:00• 住所/〒530-0001 大阪府大阪市北区 梅田3-1-1 営業時間/10:00~20:00• 住所/〒104-0061 東京都中央区銀座5-4-14 西五ビル1F 営業時間/10:00~18:00• 住所/〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中 3-16-5 八光堂本社ビル1F 営業時間/10:00~18:00• 住所/〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町25-2 インペリアルビル1F 営業時間/10:00~18:00• 住所/〒930-0069 富山県富山市旅籠町 2-13 松田ビル1F 営業時間/10:00~18:00• 住所/〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内 1-10-19 サンエイビル1F 営業時間/10:00~18:00• 住所/〒604-8142 京都府京都市中京区錦小路通東 洞院東入る西魚屋町612-12 営業時間/10:00~18:00• 住所/〒730-0004 広島県広島市中区東白島町 19-83 1F 営業時間/10:00~18:00• 住所/〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東 2-2-13 博多駅前ビル1F 営業時間/10:00~18:00.

次の

朝鮮古陶磁・中国古陶磁買取なら【日晃堂】

朝鮮骨董 買取 大阪

当ホームページを御覧いただき有難うございます。 簡単に自己紹介させていただきます。 皆様はじめまして、私「澤田知明」と申します。 古いものに興味を持ち始めたのは、思い返せば幼少期の頃になります。 両親がよく寺社仏閣や博物館へ連れていってくれておりました。 その影響か仏像美術や古陶磁類・絵画など骨董品の世界の魅力にどんどん引き込まれていったことを思い出します。 そんな幼少期を経て大学での勉強も古いものを扱えることを前提に、博物館学芸員の資格も習得いたしました。 そして現在は地元京都での修行を経て、古道具・骨董品の買取のお仕事をさせていただいております。 幅広い商品知識を生かしてお客様のお役に立てるよう日々努力してまいりますので、古道具・骨董品・茶道具・書画などなんでも構いません。 処分される前に是非一度ご相談下さいませ。 当社では、お客様との信頼関係を大切にしております。 無理に焦らせたり、しつこくするつもりはございません。 お客様とのしっかりした関係を築くことが一番大事だと思っております。 「古道具さわだ」では急な出張買取も大歓迎ですので是非ともご相談くださいませ。 最後まで誠意を込めて対応させていただきますのでどうぞお気軽にお電話下さい。 最後まで読んでいただきまして有難うございます。 見積もりはどのくらいかかりますか? どんなに遠くても出張費・査定費用は一切掛かりませんのでご安心下さい!! 骨董品の買取はどこまで出張してもらえますか? 倉庫や蔵の解体・遺品整理などでたくさんの骨董品(古道具・掛軸・茶道具など)が出る場合、近畿地方や中国地方、その他の遠方の地域まで全国どこでも出張させていただきます。 買取り可能なものについて教えてください。 古い物でしたら江戸時代の古書・掛軸・茶道具や明治・大正・昭和の人形や玩具など幅広く買取りできる物はたくさんあります。 またあまり古くないものでも桐箱に入った作家の作品や工芸品などでも買取りできるものはよくあります。 倉庫や蔵の中に長年そのままで、ほこりまみれでも見てもらえますか? 汚れていて埃まみれでも全く気にしませんのでそのままの状態で拝見させて下さい。 捨ててしまったものの中に価値のあるものが入っていたということも良くあります。 土蔵や倉庫の中にガラクタのような物が山積みになっていますがそのまま見てもらえますか? はい大丈夫です。 事前に動かしたり掃除をしたりする必要はありませんので担当者にすべてお任せください!! 骨董品の買取りは初めてでよくわかりません・・・ 買取り担当者がわかりやすく丁寧にお電話での対応をさせていただきます。 どんなにささいなことでも構いませんのでお気軽にご相談ください。 骨董屋さんに電話するのは初めてでなんだか気が引けます・・ お電話いただいたお客様には出来るだけわかりやすく、失礼の無いよう親身になって対応させていただきますので、どんなにささいな事でもおきがるにご相談くださいませ。 本当にごみのようにしか見えませんが・・・ 大丈夫です。 ごみのように見えますが、値段がつくこともあります。 お気軽にご相談くださいませ。 父が亡くなり、生前に集めていた骨董品や茶道具などがあるのですが、価値のあるものなのかどうか分からず処分に困っています。 さわだではご遺品の整理のお手伝いもさせて頂いております。 きちんと拝見し説明の上、納得いただけた場合のみ買取りしますので 安心してご相談ください。 問い合わせ可能な時間を教えてください 午前10時~午後6時頃まで営業しておりますが時間外でも対応させていただきます。 どうぞお気軽にご連絡ください。

次の