源氏物語内容。 源氏物語絵巻

源氏物語 上・中・下 角田光代訳 河出書房新社 各3500円 : 書評 : 本よみうり堂 : エンタメ・文化 : ニュース : 読売新聞オンライン

源氏物語内容

『源氏物語』は平安時代中期の1008年頃に成立した長編小説。 20ヶ国以上の言語に翻訳され、世界的にも高い評価を受けています。 作者は女性歌人で作家の紫式部で、『源氏物語』は彼女が遺した唯一の物語作品です。 およそ70年間におよぶ時代を描き、文字数はおよそ100万、タイトルのみの「雲隠」を含めて全54帖(巻)から成っています。 (巻数については諸説あり) 登場人物は500人ほどで、彼らの心情に即した795首の和歌が詠まれており、全帖が紫式部による執筆ではないのではないかという説もあります。 これも諸説ありますが、3部構成と考えるのが一般的です。 第1部:「桐壺」から「藤裏葉」まで。 主人公光源氏の誕生と栄光を描いている。 第2部:「若菜」から「幻」まで。 光源氏の苦悩と老いを描いている。 「雲隠」:タイトルのみで本文は無し。 光源氏の死を示唆している。 第3部:「匂兵部卿」から「夢浮橋」まで。 光源氏の死後を描いている。 第3部の最後の10帖は宇治を舞台としており、「宇治十帖」とも呼ばれています。 各帖は1帖完結の構成で、その集合体として長大な物語ができあがっているのです。 光源氏と女性の愛の物語を中心に、紫式部から見た貴族社会に関わる女性の苦労話、藤原時代の摂関政治などが描かれています。 平安時代の公家文化の遺産とも言うべきこの物語は、多くの現代語訳がされています。 明治から大正時代にかけては与謝野晶子、昭和に入ってからは谷崎潤一郎など、著名な文豪も手がけました。 また現代語訳以外にも、現代風に書きかえられた小説やコミックなど、手に取りやすいものが増え、気軽に平安時代の貴族社会に触れることができますよ。 『源氏物語』のあらすじ 第1部は主人公光源氏の愛の物語です。 桐壺帝の子である光源氏は、幼い時に亡くした母に似ている後宮である藤壺、すなわち父の後妻に恋焦がれ、愛してしまいます。 源氏と藤壺の間には子どもが生まれるのですが、その子は桐壺帝の子として育てられました。 さらに彼は、年上の葵の上との結婚、空蝉(うつせみ)、夕顔、六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)と恋をし、まさに愛の遍歴のストーリーとなっているのです。 源氏は自分の政敵であった右大臣の娘、朧月夜(おぼろづきよ)と関係を持ったことから京を追われ、須磨での生活を余儀なくされましたが、そこで明石の君と出会います。 しかし右大臣が死んだ後は京に戻り、藤壺との子どもが冷泉帝となったことで勢いを盛り返し、六条院で栄華ある生活を送ります。 第2部では一転、源氏の苦悩の世界です。 時の朱雀院が娘の女三宮を源氏に預けたため、源氏の本妻の立場にあった紫の上が病に伏してしまいます。 さらに女三宮は青年貴族の柏木と恋仲になって子どもを産み、そのことを知ってしまった源氏は老いていく自分の、過去の過ちへの反省心にさいなまれることになるのです。 病気だった最愛の紫の上が死ぬに至り、ついに彼は出家することを決心しました。 第3部は源氏の死後の話で、最後の10帖の舞台は宇治へと移ります。 ここでは源氏の孫たちと、大君中君の姉妹など、彼らを取り巻く女性との関係と苦悩が、光源氏よろしく再び展開されます。 長編ゆえに、数多くの人物が登場するのが『源氏物語』の特色です。 多くの本には人間関係図が付いているので、それを利用しながら読み進めていくと分かりやすいでしょう。 『源氏物語』の作者、紫式部について 平安時代中期の物語作者、歌人であり、『源氏物語』のほかに『紫式部日記』も代表作にあげられます。 漢学者の藤原為時の娘として生まれ、父の知人で役人の藤原宣孝と結婚しますが、早くに死別。 自らの寂しさをなぐさめるために『源氏物語』を書きはじめたと言われています。 その才能が認められて一条天皇の中宮(皇后と同格の后)である藤原彰子に仕えますが、女房(宮中の部屋に住む高身分の女官)の生活になじめなかったことが自身の書いた物語にも反映されており、その苦労をうかがい知ることができるでしょう。 彰子の父である藤原道長にも厚遇され、女房名を「藤(とう)式部」と名乗りました。 後世に、登場人物のひとり「紫の上」にちなんで「紫式部」と呼ばれるようになったと考えられています。 一条天皇や中宮彰子、そして藤原道長も読んだとされる『源氏物語』。 当時の天皇や貴族にまで人気があったのは、ストーリー性に富み、現実の人間関係に近いリアリズムとしての物語を描いた彼女の作家としての実力と言ってもいいでしょう。 ビギナーズ向けの『源氏物語』入門書 帖ごとの解説ではさまざまな話題が取りあげられ、平安人の暮らしぶりを伝えてくれます。 見出しの言葉からそれらを拾いあげてみると、 「後宮における天皇、きさきたちの愛し方」 「平安京ミステリーゾーン」 「平安社会は非・学歴主義」 「平安の政治と姫君の入内」 「病を招く、平安ストレス社会」 「平安の不動産、売買と相続」 「平安式、天下取りの方法」(『平安人の心で「源氏物語」を読む』から引用) などがあげられ、これらの言葉は平安時代の貴族の愛と性、世継ぎ、出世、そしてそれらが政治と結びついていることを語ってくれます。 さらに、源氏を取り巻く女性たちも含めて、一見優雅に見える平安貴族の生活にも苦悩の世界があることも教えてくれます。 「平安人の世界を様々な角度からとらえ、そこに読者をいざなうことを目指した。 」(『平安人の心で「源氏物語」を読む』から引用) という作者の言葉を体現している内容です。 現代小説感覚で読む『源氏物語』 著名な現代作家である作者が、『源氏物語』全54帖を現代小説に書き換えたものです。 原文や現代語訳は記述されていませんが、作者が原文を読みこなして十分に内容を吟味し、紫式部や登場人物の心情をとらえているので、別の物語に大きくアレンジされたわけではありません。 作者の斬新な視点が取り入れられ、随所に挿入された一文コメントには、読者もうなずきながら読んでしまうでしょう。 現代小説感覚で読める『源氏物語』です。 『源氏物語』は長大な物語です。 現代語訳でも全文を読みとおす人は少ないと言われていますが、今回ご紹介した本はあらすじや解説で構成された入門書が中心です。 これらを読んだうえで、現代語訳や原文でじっくり味わっていただければと思います。

次の

紫式部「源氏物語」のあらすじと内容の解説~光源氏の煌びやかな女性遍歴と諸行無常を味わおう!

源氏物語内容

たそがれ時にぼんやりと夕顔の花を見ただけでしょう(:実際に逢って確かめてみましょう) 18歳 「源氏」、義母である 「藤壺」によく似た女性「 」に出逢い心を奪われる (紫の上は当時10歳)。 そして4月、「源氏」は計画的に「藤壺」の寝室に押し入り、2人は2度目の関係をもつ。 このとき、 「藤壺」は「源氏」との子供(のちの「 冷泉帝:すざくてい」を授かってしまう。 冬、 「紫の上」の祖母が亡くなったことを契機に、「源氏」は「紫の上」を引き取る。 苦労してなんとか「末摘花」と関係をもつが、のちに あまりに「末摘花」の容姿が醜かったことが分かり「源氏」は後悔する。 夏には恋愛マスターである「 源の典侍(げんのないしのすけ)」と関係をもつ。 秋、「源氏」の子を身ごもっていた 「葵の上」に「六条御息所」の生霊がとりつき、「葵の上」は息子「 夕霧(ゆうぎり)」を出産後亡くなる。 冬、 「源氏」と「紫の上」が男女の関係になる。 「源氏」の父「桐壺帝」が亡くなり、 義母「藤壺」が出家する。 「桐壺帝」に変わり兄「 朱雀帝」がすでに即位していたが、兄の妻「」と「源氏」の密会がバレ、源氏は恨みを買う。 「源氏」25歳の夏、のちに 絶大な信頼を寄せることになる女性「」と出逢う。 翌年春、「朱雀帝」が譲位し、「源氏」と「藤壺」の子 「冷泉帝」が即位する(周囲には父「桐壺帝」と「藤壺」の子だと思われている)。 「明石の君」が出産し、「紫の上」は自分に子供ができないことから嫉妬心を強める。 「六条御息所」が亡くなる。 「源氏」、「末摘花」と偶然再会し、彼女を自分のそば(二条東院)に移住させる。 また、「空蝉」とも再会するが彼女は出家する。 天変地異が続き、 「藤壺」が亡くなる。 「冷泉帝」が自分の本当の父親が「源氏」であったことを知る。 「六条御息所」の生霊によって殺された 「夕顔」の子「 玉鬘(たまかずら)」を「源氏」が養女とし、「花散里」が育てることになる。 36歳 「源氏」は「玉鬘」の婿を探し始めるが、徐々に彼女に惹かれていき、ついに思いを伝える。 「源氏」と「玉鬘」は添い寝まではするが、男女の仲にはならず。 「紫の上」は2人の関係を不快に思う。 37歳 「玉鬘」、「源氏」の息子である「冷泉帝」に惹かれ始め、入内(じゅだい:結婚前に側に住むこと)することが決まる。 しかし、翌月 「 髭黒(ひげくろ)」が強引に「玉鬘」と関係を持ち、結局2人は結婚することになる。 「女三の宮」が正妻になったことで「紫の上」は「源氏」の裏切りを感じ深く悲しむ。 「夕霧(源氏の息子)」の親友である 「 柏木(かしわぎ)」が「女三の宮」をみかけ強い好意をもつ。 「薫」24歳のとき、「 大君(おおいきみ)」に求愛するがフラれ、代わりに妹である「 中の君(なかのきみ)」 を託される。 しかし、「中の君」は「薫」のライバルである「 匂宮(におうのみや)」と結ばれ、「大君」は亡くなる。 「薫」は「大君」の死を深く悲しむが、「女二の宮(おんなにのみや)」と結婚する。 その後 「薫」は「大君」によく似た「 浮舟(うきふね)」に恋をし男女の仲になる。 しかし、 「匂宮」も「浮舟」に惹かれ強引に関係をもつ。 「薫」は「浮舟」を責め、「浮舟」は自責の念から入水自殺を図る。 「浮舟」が失踪したため、遺体のないまま葬儀が行われる。 「薫」と「匂宮」は悲しみに暮れるが、のちに「浮舟」が実は助かっており、出家していたことが判明する。 「薫」は「浮舟」を訪ねるが彼女から完全に拒絶され、「薫」はあれこれ思い悩む。 /ここで「源氏物語」は突然終わる 以上、「源氏物語/紫式部・光源氏の【あらすじ】」について簡単にまとめました。 最後までお読みいただきありがとうございました だいぶ省略してしまったので、物語としての味はないかもしれませんね。 「源氏物語」の詳細はほかの記事で追記していくので、興味のある方はリンクをたどってみてください! それでは、また次回ノシ.

次の

宇治十帖

源氏物語内容

内容紹介 日本の文学史上最古にして最高傑作ともいわれる『源氏物語』。 紫式部によって書かれた全五十四帖にわたる長編小説を、わかりやすく情感豊かに読み上げました。 文章の構成や美しさ、さまざまな登場人物のすぐれた心理描写で、世界からも評価が高い『源氏物語』。 誕生から1000年もの長き年月を経た今でもなお人々を魅了し、多くの人々に広く読み継がれてきました。 その『源氏物語』全54帖を耳で楽しんでいただけるオーディオブックです。 収録内容 近代で最初に『源氏物語』を訳した与謝野晶子は、それぞれの帖の冒頭に、その帖の内容をふまえた歌を一首詠んでいます。 その晶子の歌もすべて収録。 帖の名前だけが残り、その本文がないとされる「雲隠」については、第41帖「幻」のあとに併せて収録。 晶子の「雲隠」の歌一首と解説がついています。 1 桐壺(きりつぼ) 2 帚木(ははきぎ) 3 空蝉(うつせみ) 4 夕顔(ゆうがお) 5 若紫(わかむらさき) 6 末摘花(すえつむはな) 7 紅葉賀(もみじのが) 8 花宴(はなのえん) 9 葵(あおい) 10 賢木(さかき) 11 花散里(はなちるさと) 12 須磨(すま) 13 明石(あかし) 14 澪標(みおつくし) 15 蓬生(よもぎう) 16 関屋(せきや) 17 絵合(えあわせ) 18 松風(まつかぜ) 19 薄雲(うすぐも) 20 朝顔(あさがお) 21 少女(おとめ) 22 玉鬘(たまかずら) 23 初音(はつね) 24 胡蝶(こちょう) 25 蛍(ほたる) 26 常夏(とこなつ) 27 篝火(かがりび) 28 野分(のわき) 29 行幸(みゆき) 30 藤袴(ふじばかま) 31 真木柱(まきばしら) 32 梅枝(うめがえ) 33 藤裏葉(ふじのうらば) 34 若菜 上(わかな じょう) 35 若菜 下(わかな げ) 36 柏木(かしわぎ) 37 横笛(よこぶえ) 38 鈴虫(すずむし) 39 夕霧(ゆうぎり) 40 御法(みのり) 41 幻(まぼろし) 42 匂宮(におうのみや) +雲隠(くもがくれ) 43 紅梅(こうばい) 44 竹河(たけかわ) 45 橋姫(はしひめ) 46 椎本(しいがもと) 47 総角(あげまき) 48 早蕨(さわらび) 49 宿木(やどりぎ) 50 東屋(あずまや) 51 浮舟(うきふね) 52 蜻蛉(かげろう) 53 手習(てならい) 54 夢浮橋(ゆめのうきはし).

次の