ああ こころ が ぴょんぴょん する んじゃ。 あぁ^~心がぴょんぴょんするんじゃぁ^~ [ニコニコあっぷる]

ああ^~とは (アアーとは) [単語記事]

ああ こころ が ぴょんぴょん する んじゃ

「ああ^~」とは、歓の表現の一種である。 概要 上で通称「」と呼ばれているとある人物が、のに書き込んだ「まみれで」というの一節、 ああ^~もうが出るう~~と言うなく、 という部分が。 この文はこの一節だけではなく、全体としても強ながある怪文であったために上で盛んに流布され、結果としてこの「ああ^~」も広まってしまった。 この「ああ^~」に限らず、「」に由来する文章全般は『者向け「」を中心としたをとして楽うとする界』、すなわち「」や「」と呼称される人々によって使用される傾向があり、いわゆる「」と見なされることもある。 ただし、この「」と呼称される人物は本来、「」やその他の者向けとは何の関係もい。 「^」 2回の「あ」の後、「~」の前に入っている「^」は「サーカムフ」などと呼称される、発音関連のである。 この時に誤ってを押し損ねていると、「~」の代わりに「^」が表示されてしまう。 つまりおそらく打ち損ね、一種の誤記だったのではないかと考えられる。 「」氏が記した文章のうち、「まみれで」以外のものにも下記のように「^」は登場するが、 『~~気持ちええよ! 『~~たまらねえよ~~。 ああ~~気持ちがええ^~~ これら全てが「~」に連なる形で登場しているからも、この打ち間違いという仮説が補強されると思われる。 関連項目•

次の

あぁ^~心がぴょんぴょんするんじゃぁ^~とは (アァーココロガピョンピョンスルンジャァーとは) [単語記事]

ああ こころ が ぴょんぴょん する んじゃ

「ああ^~」とは、歓の表現の一種である。 概要 上で通称「」と呼ばれているとある人物が、のに書き込んだ「まみれで」というの一節、 ああ^~もうが出るう~~と言うなく、 という部分が。 この文はこの一節だけではなく、全体としても強ながある怪文であったために上で盛んに流布され、結果としてこの「ああ^~」も広まってしまった。 この「ああ^~」に限らず、「」に由来する文章全般は『者向け「」を中心としたをとして楽うとする界』、すなわち「」や「」と呼称される人々によって使用される傾向があり、いわゆる「」と見なされることもある。 ただし、この「」と呼称される人物は本来、「」やその他の者向けとは何の関係もい。 「^」 2回の「あ」の後、「~」の前に入っている「^」は「サーカムフ」などと呼称される、発音関連のである。 この時に誤ってを押し損ねていると、「~」の代わりに「^」が表示されてしまう。 つまりおそらく打ち損ね、一種の誤記だったのではないかと考えられる。 「」氏が記した文章のうち、「まみれで」以外のものにも下記のように「^」は登場するが、 『~~気持ちええよ! 『~~たまらねえよ~~。 ああ~~気持ちがええ^~~ これら全てが「~」に連なる形で登場しているからも、この打ち間違いという仮説が補強されると思われる。 関連項目•

次の

【画像】「かぐや様は告らせたいダークネス」って知ってる? 扉絵からして性的すぎるんだが

ああ こころ が ぴょんぴょん する んじゃ

「ああ^~」とは、歓の表現の一種である。 概要 上で通称「」と呼ばれているとある人物が、のに書き込んだ「まみれで」というの一節、 ああ^~もうが出るう~~と言うなく、 という部分が。 この文はこの一節だけではなく、全体としても強ながある怪文であったために上で盛んに流布され、結果としてこの「ああ^~」も広まってしまった。 この「ああ^~」に限らず、「」に由来する文章全般は『者向け「」を中心としたをとして楽うとする界』、すなわち「」や「」と呼称される人々によって使用される傾向があり、いわゆる「」と見なされることもある。 ただし、この「」と呼称される人物は本来、「」やその他の者向けとは何の関係もい。 「^」 2回の「あ」の後、「~」の前に入っている「^」は「サーカムフ」などと呼称される、発音関連のである。 この時に誤ってを押し損ねていると、「~」の代わりに「^」が表示されてしまう。 つまりおそらく打ち損ね、一種の誤記だったのではないかと考えられる。 「」氏が記した文章のうち、「まみれで」以外のものにも下記のように「^」は登場するが、 『~~気持ちええよ! 『~~たまらねえよ~~。 ああ~~気持ちがええ^~~ これら全てが「~」に連なる形で登場しているからも、この打ち間違いという仮説が補強されると思われる。 関連項目•

次の