ふるさと 納税 しない ほうが いい。 ふるさと納税の損得は?得しないのはこんな人

ふるさと納税をする前に認識しておいた方がいいと思うこと①

ふるさと 納税 しない ほうが いい

こんにちは、kinkoです。 今年も残すところ1ヶ月半となりました!ふるさと納税の返礼品目当てに、せっせと納税額を計算している方もいらっしゃるのではないでしょうか。 kinkoの周りの友人達は、ふるさと納税する派としない派の二極に分かれています。 kinkoは、ふるさと納税をしない人の理由を知りたくてたまりませんでした… 国が推奨、ふるさと納税 もともと地方の税収格差を是正するために、都会へ就職した人が育ったふるさとへの恩返しとして、納税をしましょうと、国の政策の一環として始まりました。 2015年からは特別控除枠の上限が2倍に引き上げられたり、5つの自治体までなら確定申告が不要になったりと、より身近に便利になりました。 しかし、ふるさと納税の返礼品が高額化し、本来の目的から離れてしまったため、政府は返礼品の規制を始めました。 ふるさと納税が過熱したから、ブームになったから規制するっておかしな話です。 市役所勤めの知人は、設備投資した返礼品業者さんが可哀想でならないと言っていました。 関連記事: 【ふるさと納税する人】 ・サラリーマン ・公務員 ・税務署職員 ・教職員 ・節約に興味がある人 ・お得が好き あくまでkinkoの周りの友人や知り合いの方の傾向ですが、ふるさと納税する人は、堅い職業の人が多いようです。 職場で話題に上るので、自分もやろう!と思うのでしょう。 節約好きの友人は、「断然、お米が得!、腐らないし、絶対使うもんね。 【ふるさと納税しない人】 ・自営業者 ・中小企業の社長夫人 ・不動産オーナー 知り合いの自営業を営んでいる人は、極力まで節税して納税額が少ないのかな?と思われるくらいふるさと納税の話はしません。 一族経営の社長夫人は、本人も会社役員で税金を納めていると聞いていますが、ふるさと納税を勧めても一向にしようとしません。 ある時、ダイヤモンドZAIの付録でふるさと納税特集の小冊子を渡した事がありました。 kinkoには、「お得な制度があるのねー、夫と相談してみるね。 」と言っていましたが、結局やりませんでした。 ビルのオーナーさんも「ふるさと納税に興味ある。 」と言いながら未だにやっていません。 つい先日、この2人に「 どうして、ふるさと納税やらないの?」と聞きました。 すると、答えは、 1. 面倒くさい 2. パソコンが使えないから 3. 欲しいものは買えばいい はい、そうです。 お金持ちはふるさと納税の返礼品なんていらないのです。 「 欲しいものは買えばいい。 」この一言に尽きるのだと思います。 庶民のkinkoには考えられない返答でした。 この2人にはセコいと思われているのだろうな…トホホ。 このお金持ち友人の2人の共通点は、 ・家計簿をつけていない ・総資産を知らない ・外車に乗っている ・ブランド品が好き バブルのまま50代に突入した希少種です。 この2人にはバブル崩壊がありませんでした。 20代で結婚してからずっと専業主婦で、お金に困った事がありません。 節税の話でNISA、iDeCoを口にするとチンプンカンプンな顔をされます。 まして株や為替の話なんて到底出来ません。 きっと、収入が多いから貯蓄や投資をしなくても良いのでしょう。 羨ましい話ですが、彼女達の老後がちょっと心配です… ま と め• ふるさと納税する人は、堅い職業の人が多い• お金持ちは、ふるさと納税にあまり興味がない• 今でもバブルの人はいる 【あとがき】 このお金持ち2人に、という記事まで書いてるなんて、とても言えません。

次の

ふるさと納税の確定申告の方法を解説 「ワンストップ特例」とどっちが得か

ふるさと 納税 しない ほうが いい

ふるさと納税とは まずふるさと納税とはなんなのか調べてみると… 「寄付を通じて地域の人を応援、お礼品を通じてあらたな地域の魅力を知る。 寄付金を有効活用した地域づくりに貢献でき、地域の生産者も喜び、 寄付した人もお得になる、みんなが幸せになれる制度がふるさと納税です。 」 という事でした。 どこかの地域に寄付したらお礼の品がもらえる程で書いてありますが、寄付して(お金を払って)品をもらっているので買っているのと一緒ですね。 購入した金額の税金が引かれるおかげでお得になるシステムです。 次にメリットについてです。 理由1「メリットが分からない」 何を始めるにしてもメリットが分からないと始めれないですよね。 メリットは 「自己負担が2,000円で、特産品をもらえて税金が安くなる」です。 もう少し崩して言うと 「10万円寄附したら税金が98,000円安くなり、5~10万円分くらいの特産品がもらえる。 」です。 よって 「2000円で何万円もの品がもらえる」がメリットです。 欲しい人がない人でも 、普段の生活で必要な食べ物(お米とか、コーヒーとか)や消耗品をお礼の品にすれば節約になりますので、使わない手はないと思います。 今年ふるさと納税すると、来年の税金(所得税や住民税)が安くなるんですね。 つまりは後払いシステムですね。 先に寄付して来年もどってくる、といったイメージです。 理由2「やり方が分からない」 ふるさと納税サイトから申し込むだけです。 ふるさと納税5STEP• 欲しい商品のページをクリック• 寄付を申し込むをクリック• 送り先や支払方法を入力• クレジットカードなどで支払う• お礼の品が来るのを待つ ネットでショッピングとほとんど変わりませんので、ネットでお買い物できる方ならぜひ活用しましょう! 理由3「確定申告が面倒くさい」 確定申告しなくていいです。 ワンストップ特例制度というのがあって、申し込みの時にこの制度を申し込むようにすれば、専用用紙がおくられて来るので記載して(名前、住所、マイナンバーを書くだけです)返送するだけで寄付した市が後は勝手にやってくれます。 理由4「経済的に余裕がない」 余裕がないからこそやりましょう! 私の知人の家は節約のために毎年お米をお礼の品としてもらっています。 2,000円で10キロ以上のお米がもらえるので節約になります。 茨城県稲敷市の「ミルキークイーン」というお礼の品があるんですけど12,000円の寄付で15Kgもらえます。 36,000万円寄付したら45Kgのお米をもらえちゃいます。 もちろん自己負担額は2000円です。

次の

ふるさと納税で節税できるって本当?ふるさと納税で得する方法を紹介

ふるさと 納税 しない ほうが いい

ふるさと納税って世間一般にだいぶ定着してきたと思います。 我が家でも結構ふるさと納税でお肉やらお魚やらネットでポチポチ探すのが年末の恒例行事化してきました(笑) ふるさと納税と聞くと 税金がお得になる! というイメージは多くの方にあると思います。 ただ何がいくら安くなるのかは分かってなかったりします(笑) また税金を安くするために場合によっては確定申告したり、一定の手続きが必要になります。 そこで、ふるさと納税の仕組みと必要な手続きについて、あらためてご紹介していきます。 概要 まず、ふるさと納税は、日本全国の都道府県や市町村へ寄付をする制度です。 寄付先は自由に決めることができるため、好きな自治体へ寄付を申し込むことができます。 自分のふるさとや、居住地でなくても構いません。 そして皆さんご関心のある寄付金控除は、所得税・住民税から控除されるため、翌年の税金が減ることになります。 控除の対象は、2,000円を超えた分から、控除上限額までが適応範囲となりますので、実質2,000円の負担が必ず必要です。 仕組みとしては、ふるさと納税に参加している自治体から寄付をしてもらったお礼の品と言う形で、地方の特産品を送ってくれます。 とれたて新鮮な野菜や海の幸、お肉やお米、果物、お酒など、たくさんの魅力的な品物の中から選べます。 ふるさと納税は、税金の控除を受けられる上に、返礼品も受け取れることができる、とてもお得な制度です! ふるさと納税を行う前に、まずは税金控除の仕組みをしっかり理解しておきましょう。 ふるさと納税は、所得税と住民税から、2,000円を差し引いた額が控除されるという仕組みです。 よく、「ふるさと納税で実質2,000円の負担が必要になる」というのはこのことなります。 仮に、6万円寄付した人の場合… 60,000円から2,000円を差し引いた、「58,000円」が控除されます。 ざっくりとしたイメージはつかめましたか? ただし、この寄附金控除額には上限があります。 寄付自体に上限はありませんが、寄付金控除上限を超えてしまった分は控除外となってしまうため注意が必要です。 控除上限額は、家族構成や医療費控除、住宅ローンなどによって違ってくるため、人によって異なります。 ふるさと納税を行う前には、まず控除上限額シミュレーションをし、把握するようにしましょう。 控除上限額シミュレーションは、から簡単に行うことができるので、これを利用すると簡単です。 また、税制は毎年変わる可能性がありますので、毎年シミュレーションをし直すことも徹底しましょう。 一応手計算もしたいという方向けに計算式は貼っておきます。 寄付金控除の金額は以下3つの合計金額です。 うわ、めんどくさくてやる気失せたわ。 税理士に金払ったら控除の意味ねーじゃん。 という方、大丈夫です! 以下3つの条件を満たしている場合、ワンストップ特例制度の利用が可能です。 ・年収2,000万円を超えない給与所得者(いわゆる会社員) ・1年間に寄付した自治体が5以下であること ・申込みごとに、ワンストップ特例制度の申請をしていること ワンストップ特例制度を利用すれば、面倒な確定申告の手続きが一切不要になります。 同じ自治体、返礼品であっても、申込みの度に書類を送らなければならないのは手間にはなりますが、慣れれば簡単です。 メリット・デメリット メリット ふるさと納税のメリットをまとめました。 ・実質2,000円の負担でたくさんの返礼品が受け取れる ・寄付金額に幅がある ・寄付できる自治体は自由に決められる ・寄付金の使い道を決められる ・その土地の特産品を受け取れる ・クレジットカード決済ができる(自治体による) ふるさと納税の一番のメリットは、たった2,000円の負担で、たくさんの返礼品がもらえることです! それも、その土地ならではの特産品が、送料も無料で手に入ります。 お取り寄せ感覚で楽しんでいる人も多いですよ。 また、寄付は2,000円から可能で、寄付金の使い道も選べる自治体が多いです。 子育て支援や復興支援に使うこともできます。 また、多くの自治体ではクレジットカード決済に対応しているため、寄付をしながらもポイントを貯められるメリットもあり、一石二鳥です。 デメリット 次にふるさと納税のデメリットをまとめました。 ・実質2,000円の負担が必要 ・確定申告をしなければならない(人による) ・ものによっては、定価よりもかなり高い 実質2,000円の負担で済むということは、裏を返せば「2,000円負担しなければならない」ということにもあります。 また、ワンストップ特例制度を利用できない人は、毎年確定申告をする必要があるため、手間がかかる点がデメリットと言えるでしょう。 )、自治体によっては割高だったりします。 正規品と比べて、2割から3割くらい上乗せした金額を設定しているところもあり、 普通に買った方がお得じゃないか!! と、後から嘆く結果にもなりかねません。 きちんとコストパフォーマンスが見合っているか、十分に検討しておく必要がありです。 地方自治体のユニークな取り組み これで終わりです! となると、面白くない制度の紹介で終わってしまいます。 そこで、最後に地方自治体のユニークな取り組みについて、ご紹介して締めたいと思います。 ふるさと納税で受け取れる返礼品は、肉やお米などの食料品や日用品、レジャーなど多種多様です。 ネットでポチポチ探してみると、中には、「こんなモノまで受取れるの!?」と驚くような、ユニークな返礼品がありました。 【埼玉県ふじみ野市】普通車 技能教習チケット(1時限分) 自動車教習場で使える、技能教習1時限分のチケットが受け取れます! 自動車運転免許を取得するための費用を、少しでもお得にしたい方におすすめです。 1時限分のほか、5時限分(80,000円)、8時限分(120,000円)もあります。 寄付金額:20,000円 参考URL: 【福岡県福津市】黒色フルセット甲冑きっと武将『和』 兜・面頬・胴・草ずり・袖・こて・はいだて・すねあて・鎧飾り台・ハードケース これらすべてがセットになっている本格的な甲冑です! 歴史好きな人にはたまらないお品ですよね。 ハロウィンなどのコスプレにもぴったりですが、家に飾っていてかっこいいです。 寄付金額:200,000円 参考URL: 【静岡県焼津市】焼津深海オオグソクムシ(2匹) 深海生物として有名なオオグソクムシも、ふるさと納税でもらえます! 生きたままクール便で届くので、自宅で育ててみたい方にぴったりです! 昆虫好きのお子様や、コアなファンにはうれしい返礼品…なのでしょうか。 注文数は思いのほか、少なくないようです。 ちなみに、オオグソクムシは注文が入ってから漁を行って捕獲するため、すぐに捕獲できない時は発送に時間がかかる場合があります。 寄付金額:15,000円 参考URL: 【群馬県中之条町】大感謝プラン 中之条町一日町長就任・感謝券 ふるさと納税の返礼品として、中之条町の1日町長をする権利が貰えます。 貴重な経験をしたいと実際に申し込みする人は、案外多いそうです。 寄付金額:1,000,000円 参考URL:.

次の