多 部 未華子 24 時間 テレビ。 多部未華子

ドラマ「僕のいた時間」の多部未華子が最強にかわいい!

多 部 未華子 24 時間 テレビ

スポンサードリンク ドラマ「 僕のいた時間」ご覧になりましたでしょうか。 ストーリーは難病をテーマにした作品で、個人的には深く考えさせられました。 スポンサードリンク このドラマは、大学の就職活動からストーリーが始まるので、それが非常にリアルで良かったです(「あるあるネタ」が多かったですね・・)。 多部未華子がとても可愛いと噂のドラマですので、未チェックの方は是非ご覧になってみてください^^ ドラマのストーリーも、とても見ごたえがありますよ! 1.ドラマ「僕のいた時間」のあらすじ はじめに、僕のいた時間のあらすじをご紹介させていただきます。 主演の三浦春馬が演じるのは、筋肉が徐々に衰えて呼吸困難に陥り最終的には人工呼吸器をつけないと死に至ってしまう病気、筋萎縮性側索硬化症という難病と闘う澤田拓人(さわだたくと)。 生きる目的を漠然としか考えていなかった若者の澤田拓人が、自分の余命がわずかだと知り、残された人生を模索していく物語です。 今を生きる若者が難病に侵され、命のリミットを初めて意識した時、 恋人とはどう向き合うのか? 家族とはどう向き合うのか? 未来ある主人公・澤田拓人は、自分の病気とどう向き合っていくのか? 時に切なく、そしてハートウォーミングに…数々の名作ドラマを手がけてきた橋部敦子が描く、主人公たちの苦悩や葛藤の姿も今回のドラマのみどころの一つ。 1月スタートの水曜夜10時『僕のいた時間』に注目だ。 2.キャスト ドラマ「僕のいた時間」のキャストは、非常に豪華です。 三浦春馬さん、多部未華子さんと一緒に共演するキャストをチェックしてみましょう。 三浦春馬演じる澤田拓人は、就職活動に苦戦中。 拓人と同様に就職先が見つからず途方に暮れている大学の同級生、本郷恵(ほんごうめぐみ)役を多部未華子、 就職活動がうまくいかず大学院へ進んだ拓人の兄貴的存在の向井繁之(むかいしげゆき)役に斎藤工、 恵の友達である村山陽菜(むらやまひな)役に山本美月が決定。 さらに、医学部に進学する拓人の弟、澤田陸人(さわだりくと)役に野村周平、 拓人の主治医、谷本医師役には吹越満、 拓人の父親、澤田昭夫(さわだあきお)役に小市慢太郎、 恵の母親である本郷翔子(ほんごうしょうこ)役には浅田美代子、 そして主人公・拓人の母親、澤田佐和子(さわださわこ)役に原田美枝子が決定。 人気と演技力を兼ね備えた豪華キャストが勢ぞろいだ。 また、脚本を手がけるのは『僕の生きる道』『僕と彼女と彼女の生きる道』『僕の歩く道』『フリーター、家を買う。 』などヒューマンドラマの名作を多数描いてきた橋部敦子。 澤田拓人役(三浦春馬さん) 映画「君にどどけ」以来の共演ですね。 本郷恵役(多部未華子さん) 我らが多部ちゃん。 多部ちゃんもですが、衣装が可愛いという声が多かったと思います。 向井繁之役(斎藤工)さん 工藤さん、活躍されてますね〜。 男前ですね。 澤田陸人役(野村周平さん) 演技が上手いので、個人的に大好きな俳優さんです。 水島守役(風間俊介さん) 主人公の親友役として、バッチリ噛み合ってましたね^^ 村山陽菜役(山本美月さん) 演技も上手い! モデルとして活躍してますよね〜〜。 スポンサードリンク 3.多部未華子の配役 多部ちゃんは、本郷恵役として出演しています。 大学4年の就職活動中のシーンは、めっちゃリアルでした。 (あるある!って、思いながら見てました・) ドラマを通して、病気を患ったことで本郷恵から離れていく澤田拓人に対する 絶妙な表情をアップで撮影するシーンが多くありましたが、いつも通りの抜群の演技をしていました。 多部ちゃんの本領発揮!天才です! 4.多部未華子に言われてみたいこと 第8話、 澤田拓人の自宅で、二人きりになって、 病気になったことを何故言ってくれなかったのか、本心を伝えるシーン。 澤田拓人は「自分は病気だから、いずれ別れていた」と言うことに対して、 本郷恵役の多部ちゃんが「(病気とわかっても、澤田拓人と)別れなかったよ」と伝えるシーン。 私の中では、ドラマ全体を通して、1番のシーンです。 別れて、他人になっていた関係から、 喧嘩をするほどの関係に戻れたことが伝わってきて、 思わず感動しちゃいました・・。 5.まとめ いかがでしたでしょうか。

次の

多部未華子が実写ドラマ『私の家政夫ナギサさん』主演。結婚後初主演作で瀬戸康史、大森南朋と共演で注目集まる。

多 部 未華子 24 時間 テレビ

[受賞歴]• 2017年度 第8回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞 主演女優賞 受賞作品 『ツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜』• 2015年度 第25回 日本映画批評家大賞 主演女優賞 受賞作品 『ピース オブ ケイク』 第25回 日本映画プロフェッショナル大賞 主演女優賞 受賞作品 『ピース オブ ケイク』 『深夜食堂』• 2010年度 第18回 読売演劇大賞 優秀女優賞 杉村春子賞 受賞作品 『農業少女』 エランドール賞 新人賞• 2006年度 第21回 高崎映画祭 最優秀新人女優賞 受賞作品 『ルート225』• 2005年度 第15回 日本映画批評家大賞 新人賞(小森和子賞) 受賞作品 『HINOKIO』 第48回 ブルーリボン賞 新人賞 受賞作品 『HINOKIO』 『青空のゆくえ』 [ファンレター送付先]• E-mail• > 『わたしを離さないで』 主演 作:カズオ・イシグロ 演出:蜷川幸雄 2014年4月29日〜5月15日 彩の国さいたま芸術劇場 5月23日〜24日 愛知県芸術劇場大ホール 5月30日〜6月3日 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ > 『晩餐』 映像出演 作・演出:宅間考行 2013年10月3日〜27日 池袋サンシャイン劇場 10月31日〜11月4日 名鉄ホール 11月6日 アステールプラザ大ホール 11月9・10日 キャナルシティ劇場 11月14日〜17日 道新ホール 11月21日 富山県教育文化会館 11月23日 りゅーとぴあ・劇場 11月30日 電力ホール 12月2日〜8日 森ノ宮ピロティホール > 『ふくすけ』 作・演出:松尾スズキ 2012年8月1日〜9月2日 Bunkamuraシアターコクーン 2012年9月6日〜9月13日 シアターBRAVA! 『サロメ』 主演 作:オスカー・ワイルド 翻訳:平野啓一郎 演出:宮本亜門 2012年5月31日〜6月17日 新国立劇場 中劇場 『農業少女』 主演 作:野田秀樹 演出:松尾スズキ 2010年3月 東京芸術劇場 小ホール1 『ラヴ・レターズ』 作:A. ガーニー 訳・演出:青井陽治 2009年12月10日 パルコ劇場 MORE『多部未華子の「本日、読了! 」』 2014年12月〜2016年1月 『朝日中学生ウイークリー』連載「多部未華子のきいてほしい〜」 2013年4月〜2014年3月 『mina』連載「多部未華子 ためしちゃいます」 2010年6月号〜2011年11月号 『朝日小学生新聞』連載「本っておもしろい」 2010年4月〜9月 『non-no』連載「多部未華子のカルチャーな毎日。 卒業、十の話』(表紙) 2008年2月28日発売 警視庁『子どもや女性を守る匿名通報ダイヤル』(ポスター) 2007年10月〜2009年 中央労働災害防止協会 平成20年 年間標語ポスター 2007年10月〜2008年9月 消防庁 春の火災予防週間(ポスター) 2007年3月 『Beautiful Woman』(CDジャケット) 2006年11月 国土交通省『都市緑化月間』(ポスター) 2006年10月 NTT西日本「第3回コミュニケーション大賞」 グランプリ作品『初恋』主演:鈴木さくら 役 2006年8月よりWEBムービー公開.

次の

多部未華子「顔面アップデート」止まらず!?|エンタMEGA

多 部 未華子 24 時間 テレビ

女優・多部未華子さん(たべ・みかこ 30歳)が主演のドラマ『これは経費で落ちません!』(NHK 金曜22時)が7月26日からスタートし、 初回平均視聴率が6. 5%、録画(タイムシフト)視聴率5. 4%、総合視聴率は11. 3%と好視聴率を記録し、2日放送の 第2話も5. 8%を獲得しており、今期注目の作品として挙げられています。 『これは経費で落ちません!』は、作家・青木祐子さんの同名シリーズ小説が原作で、2017年には漫画家・森こさちさんによって漫画化もされています。 ストーリーは、石鹸メーカーの経理部に勤務するOLの主人公・森若沙名子が、各部署から持ち込まれる領収書や社内の疑惑、人間関係を洗い出し、様々な問題を解決していく姿や恋愛模様を描いた作品となっています。 キャストは多部未華子さんのほか、営業部の若手エースで、恋愛に奥手な主人公・森若沙名子に惚れて、めげずに猛アタックする山田太陽役をジャニーズWEST・重岡大毅さん、太陽の先輩・山崎柊一役を桐山漣さん、営業部部長・吉村晃広役を東京03・角田晃広さん、沙名子の同期・鏡美月役を韓英恵さん、沙名子の後輩・佐々木真夕役を伊藤沙莉さん、真夕の同期・中島希梨香役を松井愛莉さん、他に片瀬那奈さん、モロ師岡さん、平山浩行さん、吹越満さん等が出演しています。 5%を記録しており、NHKのドラマ10枠(金曜22時)で放送された初回平均視聴率を見ると、今年1月期放送の 小芝風花さん主演『トクサツガガガ』が4. 4%、4月期放送の 長谷川京子さん主演『ミストレス ~女たちの秘密~』が3. 7%、昨年放送された4作も3~4%台でした。 ちなみに、多部未華子さんは2017年4月期に同枠で放送の『ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~』で主演し、初回平均視聴率は5. 7%、その後も5~6%台で推移していました。 こうした数字から『これは経費で落ちません!』がいかに注目を集めたかが分かるほか、視聴者からも好意的なコメントが多数寄せられており、同時間帯にTBS系で放送の黒木華さん主演『凪のお暇』よりも面白いという声も上がっています。 しかし、夕刊紙『日刊ゲンダイ』は4話目以降の視聴率ダウンが懸念されているとし、多部未華子さんは不運続きな女優とも報じています。 4話目以降に視聴率がダウンすると予想される理由は、 16日から日本テレビ系の金曜ロードSHOW!枠(金曜21時)で毎年恒例のスタジオジブリ作品が3週連続で放送されるためで、これまで好視聴率を獲得してきた 『千と千尋の神隠し』(放送時間:16日19時56分~22時54分)、『崖の上のポニョ』(23日21時~23時4分)、『天空の城ラピュタ』(30日21時~23時34分)の3本が放送される予定となっています。 まず16日放送の『千と千尋の神隠し』は2017年1月までに計8回、金ロー枠で放送されているのですが、2003年1月の初放送は金曜ロー枠の歴代最高視聴率46. 9%を記録し、2012年7月の6回目の放送が19. 2%、2014年11月の7回目の放送が19. 6%、2017年1月の8回目の放送は18. 5%と高視聴率を記録しています。 『崖の上のポニョ』は、2010年2月の地上波初放送が29. 8%、2012年8月の2回目が16. 4%、2015年2月の3回目が15. 2%、2017年9月の4回目が11. 3%でした。 『天空の城ラピュタ』は、1988年4月の初放送が12. 2%を記録し、2010年代の数字は2011年12月の13回目が15. 9%、2013年8月の14回目が18. 5%、2016年1月の15回目が17. 9%、2017年9月の16回目が14. 4%となっています。 このような人気作品が裏で放送されるため、『これは経費で落ちません!』は第4話以降に視聴率が低下するのではないかと『日刊ゲンダイ』は報じており、さらにコラムニスト・桧山珠美さんは、 「多部さんは昔から不運な女優です」「『彼女の代表作は何?』と聞かれても答えられない人も多いのでは。 多部さんはいまいちブレークしきれていません。 新垣結衣さん 31 など同年代の人気女優に比べて、落ち着きすぎているのもあるでしょうが、最大の理由は運がないことに尽きます」と指摘しています。 多部未華子さんは2002年に女優デビューし、2007年7月期放送の嵐・二宮和也さん主演ドラマ『山田太郎ものがたり』(TBS系)で民放の連ドラに初出演、2009年にはNHK連続テレビ小説(朝ドラ)『つばさ』のヒロインをオーディションで勝ち取りました。 その後も様々なドラマや映画、CMに出演し活躍しているのですが、桧山珠美さんによれば多部未華子さんは朝ドラヒロインをきっかけに波に乗り切れなかったとし、 「この時期は朝ドラ低迷期と呼ばれていて、視聴率が低かった。 『朝ドラをなくそう』という声もあり、ヒロインでさえあまり注目されませんでした」と理由を説明しています。 また、同時間帯に演技派女優の黒木華さんが主演の『凪のお暇』が放送されていることも不運とし、『これは経費で落ちません!』は1週遅れでスタートしたため、もし先に放送していればさらに高い数字が狙えたのではないかと語っています。 ちなみに、『凪のお暇』は7月19日の初回平均視聴率が10. 3%、同26日の第2話が9. 5%で、同枠のドラマとしては平均的な数字になっています。 そして、多部未華子さんが不運続きの女優という報道に対してネット上では、• 多部ちゃんはしっかりと演技ができるいい女優さん。 不運とか言葉を使わないで欲しい• このドラマは非常に面白かったし、多部さんの演技も好感が持ててよかった。 ジブリはもう飽きたし、次回もこちらを見たい。 綺麗になってきたと思う。 いい女優さん。 視聴率はあまり気にしなくていいのでは? 録画派の人も多いのだし。 NHKはCMもないしスポンサー云々も関係ないし録画でも問題ない• 視聴率は大切かもしれないけど、もう全番組録画の時代。 視聴率はあてにならないと思います。 多部さんはコメディもできるし、シリアスな演技もできる名バイプレイヤーです。 つばさは多部ファンである自分から見ても駄作で、正直黒歴史だからね。 多部ちゃんも朝ドラのことは特段語らないし、その後、朝ドラの人との交流も伝わらないし。 まあ、しばらくNHKにも出てなかったけど、最近よく出るようになって良かったよ。 多部ちゃんは確かに大当たりはないけど、視聴率的に厳しそうな題材で意外と高視聴率を生むから、局的には助かると思うよ。 まあ、ファン的には確かに大ヒットも欲しいけど、何やっても安心感あるし、今のままでも充分だと思う。 「逃げ恥」の最終回の裏で高橋一生さんと演じたラブコメが面白かったのに、放映時期が悪くて気の毒だったりとかはあるけど、正直そんなに気にしなくても良いんじゃないかな 演技力がしっかりしているのでブレイクなんて波みたいなものだし、大事なのはブレイクした後も自分を支えていける演技力があるかだし、多部ちゃんにはそれがあるので、ゆっくりしっかりお仕事して欲しいです。 今回のドラマも凄く面白くて多部ちゃんの実力が遺憾無く発揮されていますよね。 正直下手な人が演じたらあんなに共感できません。 これからもずっと応援します。 などのコメントが寄せられてます。 多部未華子さんが過去5年に主演やヒロインなどメインキャストを務めた連ドラは、『先に生まれただけの僕』、『ツバキ文具店』、『仰げば尊し』、『視覚探偵 日暮旅人』、『ドS刑事』、『僕のいた時間』などとなっており、今年も『これは経費で落ちません!』で主演しているほか、3本の映画に出演しています。 また、エスエス製薬『ドリエル』、リクルート『じゃらん』、キリンビール『淡麗グリーンラベル』、三井不動産商業マネジメント『三井アウトレットパーク』、UQコミュニケーションズ『UQ mobile』『UQ WiMAX』など、複数のCMにも出演しており、同年代の女優の中ではトップクラスの活躍ぶりです。 一方で、同年代の新垣結衣さん、吉高由里子さん、戸田恵梨香さん、堀北真希さん等と比べると、今いちブレーク出来ないまま現在に至っているようには感じますし、容姿についても微妙という声はありますが、安定感のある演技力には定評があります。 他の女優と比べると華は無いかもしれませんが、ここ数年は綺麗になったという声も多く上がっており、演技だけで見れば同年代の女優では上位に入る方だと思いますので、今後のさらなる活躍に期待したいです。 そして、ジブリ作品の放送で『これは経費で落ちません!』の視聴率低下が心配されていますが、今はリアルタイム視聴ではなく録画視聴の方も多く、ドラマの評価も上々なことから、そこまで視聴率を心配する必要は無いかと思いますね。

次の