フレヴァン。 【楽天市場】フランス > ロワール > ロワール造り手1 > レ・ヴァン・コンテ:リカーMORISAWA

【2019

フレヴァン

今回はレヴァンドフスキが小学生くらいの子供にインタビューを受けている音声。 内容はB1レベルくらいですが、レヴァンドフスキは話すのが割と早いので難しいかもしれません。 日本語訳は下です。 Kto jest twoim najlepszym kumplem? ハイタッチしよう! Kto jest twoim najlepszym kumplem? 僕の一番の親友は何年も前に知り合ったトメク。 もちろん今でも連絡を取って、お互いに支え合う仲間は他にもたくさんいるよ。 正確に言うと…10歳の時。 サッカーしてて、グラウンドで出会ったんだ。 その時からずっと一緒で、今でもお互い最高の関係だね。 最初はいさかいがあった時ももちろんあったよ。 意見が合わないこともあったし、今でもある。 でも深く知り合うと関係はさらに良く、近いものになったし、時間が経つにつれて言葉なしでも分かり合えるようになった気がするな。 新しい関係だなというのはわかったけど、実際のところどんな時でも頼りにできる本物の関係だとわかったのは時間が経つにつれてだったよ。 いつでも頼れると思う。 逆もまた然りで、彼もいつでも僕を頼れる。 あるね。 怒ることはあるけど、喧嘩にならないように会話することでそういう状況から抜け出そうとしているかな。 だから会話はいつもたくさんのものをもたらしてくれるよ。 うん、友達は試合に負けた後いつも支えてくれるし、それはとてもいいことだね。 誰でも時に支えが必要になるし、その支えを僕は持ってるからね。 僕たちが合うときは、一番多いのは話すことだね、何があったかとか、何をしているとか、何か面白いことはあったかとか。 だから何をしているかは大切じゃなくて、一緒にいるということが一番大切なんじゃないかな。 二人でいる時や、他の友達といる時もね。 話してくれてありがとう。 ありがとう。

次の

会社概要

フレヴァン

でのレヴァンドフスキ(2018年) 名前 愛称 レヴィー(Lewy) ラテン文字 Robert Lewandowski 基本情報 国籍 生年月日 1988-08-21 (31歳) 出身地 身長 184cm 体重 79kg 選手情報 在籍チーム ポジション CF 背番号 9 利き足 右足 ユース 1997-2004 2004-2005 2005-2006 クラブ 1 年 クラブ 出場 得点 2006-2008 59 36 2008-2010 58 32 2010-2014 131 74 2014- 190 162 代表歴 2 2008 3 0 2008- 112 61 1. 国内リーグ戦に限る。 2020年7月4日現在。 2019年11月19日現在。 ( ) ロベルト・レヴァンドフスキ(Robert Lewandowski, - )は、の首都・出身の。 ・所属。。 ポジションは。 、バイエルン・ミュンヘンのストライカーとして7度のブンデスリーガ優勝を経験、4度のリーグ得点王を獲得、2019-20シーズンにはブンデスリーガ新記録となる11試合連続ゴールを記録している。 ポーランド代表の歴代最多得点記録の保持者で、ワールドカップ予選で16ゴールを決め、予選最多記録保持者でもある。 ドルトムントでのレヴァンドフスキ 、のと4年契約を結んだ。 移籍金は400万ユーロ(約4億5000万円)。 2010-11シーズンはリーグ優勝を飾ったが、絶対的エースのの前に途中出場がほとんどだったものの8ゴールを決めた。 の戦 4-0 において、前半30分にゴール前の混戦から右足で1点目を取ると、続けて44分にも目の前のこぼれ玉を冷静に右足のダイレクトシュートでチーム2点目をあげ、後半75分にが技ありのループシュートゴールでチーム3点目をあげた直後、78分にフリーキックに頭であわせを達成した。 怪我が多くなったバリオスに変わって出場機会を増やし、22ゴールを挙げてブンデスリーガ連覇に貢献した。 の決勝ではに対しハットトリックを達成。 ドルトムントが5-2で優勝を決めた。 この大会では6試合で7ゴールを挙げて得点王となった。 2012-13シーズン前は移籍が噂されるも残留。 のでは、に対し4得点を挙げた。 CL準決勝で史上初めて4得点した選手となった。 、2014-15シーズンより、の最大のライバル、へ移籍することが発表された。 背番号は 9番。 2014年5月10日に2013-2014最終節の戦で2ゴールを記録。 リーグ戦での通算ゴール数を20点に伸ばし、FWを2点差で抑えて得点王に輝いた。 FCバイエルン・ミュンヘン [ ] 2014年7月1日からに加入した。 契約期間は2019年6月30日までの5年契約となる。 の戦では0-1の状況で後半から途中出場し、後半6分に同点ゴールを決めると、7分、10分にもゴールを決め、ブンデスリーガ史上最速となる3分22秒でハットトリックを達成すると、12分に4点目を決め、これもブンデスリーガ史上最速となる5分42秒で4点目を挙げ、さらに15分に5点目を決め、これまたブンデスリーガ史上最速のわずか8分59秒で5点目を挙げた。 1試合5点も1991年にの ()が戦で記録して以来、14人目、途中出場の選手では初。 これにより、「ブンデスリーガでの最速ハットトリック」「最速4ゴール」「最速5ゴール」「途中出場選手での1試合最多ゴール」という4つのを同時に認定された。 9月26日に行われた第7節の戦でゴールを挙げて、同リーグ通算100得点獲得を達成した。 2015年バロンドールの投票では第4位になった。 2015-16シーズンはリーグ戦32試合に出場し30得点を記録、リーグ優勝に貢献した。 2016-17シーズン、リーグ開幕戦のブレーメン戦でハットトリックを達成した。 12月13日バイエルンとの契約を2021年まで延長した。 2017年3月11日のフランクフルト戦でのバイエルン100ゴールを達成(137試合で100ゴール)。 2016-17シーズンはブンデスリーガの最終節を前に30得点を挙げ得点王争いのトップに立っていたが、最終節に逆転され得点王のタイトルを逃した。 2017-18シーズンはシーズン通算48試合41ゴールを挙げた。 また3度目のリーグ得点王に輝いた。 2018-19シーズンにはドイツスーパカップ、フランクフルト戦ではハットトリックを達成、タイトル獲得を助けた。 シーズン中、47試合40ゴールを決め、リーグ制覇、ポカール、スーパーカップの3冠獲得に貢献した。 一方で4月11日のトレーニング中にはチームメイトのと殴り合いになる喧嘩をしたトラブルもあった。 2019-20シーズンの開幕戦において前人未到の5年連続開幕戦ゴールを決めた。 8月24日戦でハットトリックを決める活躍を見せるなど8月は3試合で6ゴールを挙げ、ブンデスリーガ8月の月間MVPに選ばれた。 9月18日チャンピオンズリーグ第1節、レッドスター戦で早くもバイエルンでの通算200ゴールを達成した。 また、ブンデスリーガ第9節で開幕9試合連続となるゴールを決め、が持っていたブンデスリーガ開幕連続試合ゴール新記録を樹立し 、次節の戦でも、チームが5-1で大敗する中、一人ゴールを決め10試合連続に、さらに第11節、ドルトムントとのデア・クラシカーという大舞台においても2ゴールの活躍を見せ、チームの勝利に貢献。 開幕連続ゴールを11 16得点 にまで伸ばした。 チャンピオンズリーグ、グループリーグ第5節、戦では僅か14分で4ゴールを決め、14分間で4ゴールを決めた史上最速の選手になった。 第32節の戦でシーズン31点目となるゴールを決め、ブンデスリーガにおけるこれまでの自己最多ゴール記録を更新するととともに 、このゴールでチームは勝利し、前人未踏のリーグ8連覇を達成した。 最終的にリーグ戦では31試合で34得点をあげ、年間MVPに輝いた。 決勝の戦で2ゴールを決め、優勝に大きく寄与した。 代表歴 [ ] 、の戦でデビューを飾り、初得点も記録した。 同予選ではホームで行われたサンマリノ戦でも得点している。 自国開催となったでは開幕戦の戦でオープニングゴールとなる先制点を挙げ、この試合の最優秀選手()に選ばれた。 では勝ち点で並び2位を争うとの最終節で決勝ゴールを挙げるなど、ポーランドの予選突破に貢献。 この決勝ゴールで同予選13得点とし、の持つEURO予選の得点記録に並んだ。 では準々決勝の戦で同大会初得点を記録するもチームは敗戦した。 2017年10月5日に行われた戦でハットトリックを記録し代表通算50得点を記録。 の持つ48得点を上回りポーランド史上最多得点記録を更新した。 2018FIFAワールドカップロシア大会予選では予選歴代最多の16ゴールを決め、ポーランドの本大会出場に大きく貢献し、本大会に出場したが、一次リーグの3試合で無得点、ポーランドも一次リーグで早々に姿を消し、大きな批判を受けた。 これは古いでの「」を意味するlewanda—(現代ポーランド語ではlawenda-)というを持つ。 いわば「ラベンダー村(の)」という意味。 ポーランド国内では2015年の時点で男性58,618人、女性(女性形のLewandowskaとして)59,773人がこの姓を持ち、男女いずれも7番目に多い姓となっている。 また、長官の ()のように、国外ので「レヴァンドフスキ」という姓を持つ人がいる。 夫人は空手家の ()。 2007年に ()に入学し、休学を経て2017年に学士課程を卒業した。 トレーニング理論とマネジメントを専攻し、試験では3度全体トップの成績を収めた。 卒業論文の題材には自身のキャリアについての考察をまとめた。 個人成績 [ ] 2020年7月4日現在 クラブ シーズン リーグ リーグ戦 カップ戦 欧州カップ戦 その他 合計 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 ズニチュ・プルシュクフ 2006—07 II リガ 27 15 2 1 — — 29 16 2007—08 I リガ 32 21 2 0 — — 34 21 合計 59 36 4 1 0 0 0 0 63 37 2008—09 30 14 6 2 12 4 — 48 20 2009—10 28 18 1 0 4 2 1 1 34 21 合計 58 32 7 2 16 6 1 1 82 41 33 8 2 0 8 1 — 43 9 34 22 6 7 6 1 1 0 47 30 31 24 4 1 13 10 1 1 49 36 33 20 5 2 9 6 1 0 48 28 合計 131 74 17 10 36 18 3 1 187 103 ブンデスリーガ 31 17 5 2 12 6 1 0 49 25 32 30 6 3 12 9 1 0 51 42 33 30 4 5 9 8 1 0 47 43 30 29 6 6 11 5 1 1 48 41 33 22 5 7 8 8 1 3 47 40 31 34 3 3 6 11 1 0 37 43 合計 190 162 31 29 58 47 6 4 285 242 キャリア合計 438 304 59 42 110 71 10 6 617 423 代表 [ ] ポーランド代表でプレーするレヴァンドフスキ(写真中央) 年 出場 得点 2008 4 2 2009 12 1 2010 13 6 2011 11 4 2012 10 2 2013 10 3 2014 6 5 2015 7 11 2016 12 8 2017 6 9 2018 11 4 2019 10 6 通算 112 61 代表での得点 [ ] 日時 場所 相手 スコア 最終結果 大会 1. 2 — 0 6. 3 — 1 10. 3 — 0 18. 4 — 0 22. 6 — 0 23. 7 — 0 24. 3 — 0 26. 4 — 0 27. 4 — 0 30. 2 — 2 32. 4 — 2 35. 2 — 0 39. 3 — 0 40. 3 — 0 43. 2 — 0 46. 3 — 0 47. 3 — 0 50. 5 — 1 51. 2 - 0 56. 2 - 0 60. 3 - 0 61. ポーランド3部:1回 2006-07 レフ・ポズナン• :1回 2008-09• :1回 2009• :1回 2009-10 ボルシア・ドルトムント• :2回 2010-11, 2011-12• :1回 2011-12• :1回 2013 バイエルン・ミュンヘン• :6回 2014-15, 2015-16, 2016-17, 2017-18, 2018-19. 2019-20• :3回(2015-16, 2018-19, 2019-20)• :3回 2016, 2017, 2018 個人 [ ]• ポーランド3部 得点王:1回 2006-07• ポーランド2部 得点王:1回 2007-08• 得点王:1回 2009-10• ポーランド年間最優秀選手:1回 2011• ブンデスリーガ 得点王:5回 2013-14, 2015-16, 2017-18, 2018-19, 2019-20• ブンデスリーガ ベストイレブン 2014-15, 2015-16, 2016-17, 2017-18, 2018-19• ブンデスリーガ 最優秀選手賞 2016-17, 2019-20• ブンデスリーガ 月間最優秀選手賞 2019年9月• ユーロ2016 予選最優秀選手賞• UEFAチャンピオンズリーグ ベストイレブン 2015-16, 2016-17 脚注 [ ] 出典 [ ]• Goal. com 2013年4月25日. 2013年4月25日閲覧。 バイエルン・ミュンヘン公式日本語HP 2014年1月4日. 2014年1月5日閲覧。 footballchannel 2014年5月11日• 2015年9月22日. 2015年9月23日閲覧。 サッカーキング 2015年12月1日• BBC Sport. 2015年9月26日. 2015年9月26日閲覧。 Sandford, Daniel 2016年1月12日. Daily Mail. 2016年1月12日閲覧。 Lovell, Mark 2016年8月26日. ESPN. 2016年8月27日閲覧。 Bayern Munich. 2016年12月13日. 2016年12月13日閲覧。 FourFourTwo. 2017年3月11日. 2017年3月13日閲覧。 サッカーキング 2017年5月21日. 2017年10月9日閲覧。 サッカーキング 2019年4月12日• [レワンドフスキが開幕9戦連続ゴール! ブンデス新記録樹立も「うれしいけど…」 ]-ゲキサカ• -Football Channel 2019年11月27日• www. nikkansports. com. 2020年6月13日閲覧。 news. goo. 2020年6月27日閲覧。 www. espn. com 2020年7月4日. 2020年7月5日閲覧。 The Rec. Sport. Soccer Statistics Foundation. 2016年10月26日閲覧。 SOCCER KING 2015年10月12日. 2015年10月12日閲覧。 WOWOW 2016年7月1日. 2017年9月4日閲覧。 フットボールチャンネル 2017年10月6日. 2017年10月6日閲覧。 2018年7月28日閲覧。 ancestry. com. 2015年9月27日閲覧。 2015年9月27日閲覧。 Qoly 2014年10月14日. 2014年10月14日閲覧。 サッカーキング 2017年10月10日. 2017年10月10日閲覧。 ESPN FC. 2013年2月8日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - Topforward• - 90minut. pl (ポーランド語)• 1927:• 1928:• 1929:• 1930:• 1931:• 1932:• 1933:• 1934:• 1935:• 1937:• 1938:• 1939:• 1948:• 1949:• 1950:• 1951:• 1952:• 1953:• 1955:• 1956:• 1957:• 1958:• 1960:• 1961:• 1962:• 1962—63:• 1964—65:• 1965—66:• 1966—67:• 1967—68:• 1968—69:• 1969—70:• 1970—71:• 1971—72:• 1972—73:• 1973—74:• 1974—75:• 1975—76:• 1976—77:• 1977—78:• 1978—79:• 1979—80:• 1980—81:• 1981—82:• 1983—84:• 1984—85:• 1985—86:• 1986—87:• 1987—88:• 1988—89:• 1989—90:• 1990—91:• 1992—93:• 1993—94:• 1994—95:• 1995—96:• 1996—97:• 1998—99:• 1999—00:• 2000—01:• 2001—02:• 2002—03:• 2003—04:• 2004—05:• 2005—06:• 2006—07:• 2007—08:• 2009—10:• 2010—11:• 2011—12:• 2012—13:• 2013—14:• 2014—15:• 2015—16:• 2017—18:• 2018—19:• 1973:• 1974:• 1975:• 1976:• 1977:• 1978:• 1979:• 1980: 該当者なし• 1981:• 1982:• 1983:• 1984:• 1985:• 1986:• 1987:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000:• 2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2011:• 2012:• 2013:• 2014:• 2015:• 2016:• 2017:• 2018:• 2019:.

次の

ロベルト・レヴァンドフスキ

フレヴァン

この記事の内容• レヴァンドフスキのプロフィール。 愛称:レヴィー 国籍:ポーランド 生年月日:1988年8月21日 出身地:ワルシャワ 身長:185cm 体重:79kg 在籍チーム:バイエルン・ミュンヘン ポジション:FW CF 背番号:9 利き足:右足 2006-2008:ズニチュ・プルシュクフ 2008-2010:レフ・ポズナン 2010-2014:ドルトムント 2014-:バイエルン・ミュンヘン レヴァンドフスキは、ポーランドのズニチュ・プルシュクフとレフ・ポズナンを経て、ドルトムントへ。 3部からのスタートで2部、1部へとステップアップをしてきました。 2010年に、ドルトムントに加入をしたレヴァンドフスキ。 ちょうど、香川真司と同期に。 加入直後のシーズンは、絶対的エースである、バリオスの控えという立場でしたが、翌シーズンには主力へ! バリオスが怪我勝ちであったため、その間に、レヴァンドフスキが台頭する形となりました。 移籍してから現在まで、バイエルンの絶対的エースとして君臨しています。 試験では、3回全体のトップ成績を収める優秀さも兼ね備えています。 サッカーだけでなく、テストでも点が取れるなんて羨ましいです! 万能型FWのレヴァンドフスキのプレースタイルとポジションは? レヴァンドフスキのポジションは、CF(センターフォワード)です。 基本的なポジションは、CFですが、2トップのポジションでも行けるでしょう。 レヴァンドフスキのプレースタイルの特徴というと、何でもできちゃうところが凄いですね。 攻撃面ですが、本当に凄い。 何が凄いかと言われれば、決定力の高さと得点パターンの多さ。 細かく書いていきたいと思います。 決定力の高さ。 これは、レヴァンドフスキのプレースタイルの最大の特徴と言えるでしょう。 これができるのは、ポジショニングが良いから!と基本的な技術があるからですよね? DFの裏を取る動きが素晴らしく、多少タイミングがずれても押し込めるところは凄いの一言。 レヴァンドフスキが、良いポジションにいてくれるから、味方も良いパス、クロスを供給できるのです。 強靭なフィジカルもあるので、空中戦にも強いですし、多少距離があっても関係なく、シュートが打ち込めます。 見た目から、力強いプレースタイルを思い浮かべますが、見てみると柔らかいシュートパスを繰り出しています。 外見だけのレヴァンドフスキを見ると、「えっ」と思うでしょう。 この器用さが、レヴァンドフスキのプレースタイルのウリでしょうね。 ポストプレーの上手さ。 ここは、私が、レヴァンドフスキについて勘違いしていたところです。 ゴール前のポジションで待っていて、合わせたり、少しだけ下がってポストプレーをするのだと思っていたら、結構下がって、ボールをもらうこともするのですね。 ここは、レヴァンドフスキを誤解していました。 足元も上手いですし。 得点を奪うだけでなく、献身的なプレーでチームを助けることができるレヴァンドフスキのプレースタイルは現代型のCFですね。 現代サッカーでは、どこのポジションでも運動量を求められますが、レヴァンドフスキも十分動いていると思います。 これだけ、万能な選手がいるバイエルンは安心できますね。 今シーズンもレヴァンドフスキを中心に大量得点を挙げていくことでしょう。 レヴァンドフスキも年齢が心配になってきました。 もしかしたら、プレースタイルが変わるかもしれませんね。 気づいたら追記をします。 最後に、レヴァンドフスキのプレースタイルの動画を載せてみました。  こんな、フォワードが日本代表にいたらと思ってしまいますね! 一見隙のないレヴァンドフスキですが、プレースタイルに弱点はないのでしょうか? 私なりに、レヴァンドフスキのプレースタイルの弱点について考えてみました。 レヴァンドフスキのプレースタイルの弱点は? レヴァンドフスキの プレースタイルには問題はないと思います。 ただ、チームメートが強力でないと輝けないという気がしますね。 バイエルンでは文句なしの活躍をしていますが、ポーランド代表では輝けていません。 恐らく、レヴァンドフスキのプレースタイルについていけないのでしょう。 下手をすると、ポジション的に孤立してしまう可能性も出てきます。 W杯ロシア大会で、日本代表と試合をしましたが、レヴァンドフスキ自身は怖かったですが、その前で寸断してしまえば怖くないといった感じでしたね。 そういったところでは、メッシやクリスティアーノ・ロナウドのように1人で試合を決めることができないのかなと思います。 別に、1人で試合を決めなくても良いですが、周りに良い選手がいて輝く選手なのかなと思います。 バイエルンでは目立たないので気づきにくいかもしれませんが。 ドルトムントの時のレヴァンドフスキもそうですね。 香川真司、ゲッツェを始めとするタレントが周りにいました。 ポジションが、CFなので孤立させるか、後方までボールをもらいに行く機会が増えるようでしたら勝ちのようなものですね。 そんな状況でも、一瞬で勝負を決めてしまうのが、レヴァンドフスキの怖さなのですが。 本大会で、レヴァンドフスキが、どこまで活躍できるのか?大きな注目ですね。 恐らく、完全に囲まれるでしょうし、ポジション的に孤立させられる中で、自身のプレースタイルの良さを出せるのか。 今は、EURO予選とバイエルンの試合でのレヴァンドフスキの活躍を楽しみましょう! まとめ。 今回は、レヴァンドフスキのプレースタイルと ポジションについて書いてみました。 ポジションは説明不要のような気もします。 レヴァンドフスキのプレースタイルの特徴としては、何でもこなせるところですかね。 力強いプレースタイルだけでなく、柔らかいプレースタイルもできることと味方を使うことと活かしてもらうことの上手さが特徴です。 一方、レヴァンドフスキの弱点ですが、強力な味方がいないと活きないですし、活かされませんね。 CFのポジションとしては、申し分ないプレースタイルなのですが・・・。 ここばかりは、どうすることも出来ないので、チームメートにレヴァンドフスキのプレースタイルについて行ける選手を置かないといけません。 バイエルンで輝けても代表で輝けないのは、ここら辺が大きいと思います。 それでも、年齢的に最後になるEURO2020では、多くの得点シーンが見られることを期待しています。

次の