郵便 あて どころ に 尋ね あたり ませ ん。 郵便あて所に尋ねあたりませんと返ってきた原因と理由!再送は可能?

送った郵便物が自分のところへ戻ってきてしまいました。再度送りたいのですがどうしたらいいですか?

郵便 あて どころ に 尋ね あたり ませ ん

なぜ戻ってきたのか調べる 主に返還される理由は3つあります。 まずは戻ってきた郵便物の表面を確認してみましょう。 『あて所に尋ねあたりません(あて先に受取人が居住していない)』 『あて名不完全で配達できません(住所やあて名が違っているまたは不完全)』 『保管期間経過のため返還』 どれかのスタンプが押されています。 これを確認すれば戻ってきた理由が分かります。 詳細を調べよう あて所に尋ねあたりなし・あて名不完全の表示はあるものの、記載されているのはここまでです。 具体的にどこをどう間違えたのかまでは個人情報の関係もあり詳しくはお知らせできないようです。 「住所はあっているはずなのに」 「以前にも同じところに送ってるのに」 そう思っても何かしらの不備はあるかもしれません。 理由として考えられる点をの以下に挙げるので今一度チェックしてみてください。 ・相手先が転居届を出していない(あるいは転送期間が終了している) ・住所が省略されている ・住所と氏名が一致しない ・所属している会社名(団体名)抜けている 場合によっては受取人に確認することも必要になってくるかもしれません。 あなたは悪くなくても、先方の都合であったり必要な手続きをおこなっていない可能性もあります。 先方が居住していことを郵便局に知らせていない ここで注意したいのが『』でも説明していますが、原則として郵便物はあて先にあて名人が居住していることが明らかでなければ配達されません。 そのあて先に居住していることを郵便局側に知らせてない場合は配達されずに戻ってくることがあります。 他の宅配業者の配送物が届いても、郵便物が配達されず戻ってくる理由のひとつがここにあります。 住所氏名はきちんと記載しているか 住所の記載で省略していいのは県名であったり、郵便番号がキチンと書かれているのであれば市名まで省略できます。 そこから続く町名や番地以下があて先に届ける上で重要な情報になります。 また、会社(団体)の中にいる個人宛てに送る際に、個人名だけ記載して会社名を漏らしてしまうと戻ってくる可能性は高くなります。 ビル名とフロア階数だけでは不十分で、同じ階数に別の会社が営業していることだってあります。 郵便局側も当然ながら、あて先の従業員の名前や在籍の有無を把握するなんてことできるわけもありませんから、必ず会社(団体)名も入れるようにしましょう。 便宜的な措置 「以前は届いていたのに」そうは言っても、そもそも最初から間違えていた可能性も無きにしも非ずです。 たとえミスがあったとしても、それですぐに返還の扱いになるとは限りません。 多少の間違いがあったとしても可能な範囲内でなら届けられることがあります。 いままで便宜的に配達されていたものができなくなってしまうことはあります。 問い合わせる 確認したけど間違えもないし、不備も見当たらない そういうことであれば配達を担当している局に問い合わせるのが一番です。 『あて所に尋ねあたりません』のスタンプには配達局名と配達員の名前が記されています。 問い合せを受け付けると、配達する先々の情報を記した原簿を確認して『転居届の提出の有無』や『居住の有無』を調べたり、担当した配達員に事情を聴く関係で少し時間が掛かってしまう場合があります。 合わせて読む ・ ・ ・.

次の

郵便あて所に尋ねあたりませんと返ってきた原因と理由!再送は可能?

郵便 あて どころ に 尋ね あたり ませ ん

Q 友人が私宛に、封書で普通郵便を送ってくれました。 しかし、私の家のポストに届くことなく、友人の家に戻ってしまいました。 友人から連絡があり、その封筒に書いた住所を読み上げてもらいましたが、 まったく間違っておらず、マンション名、部屋番号までしっかり書いてありました。 私はこのマンションに住んで半年程で、その間、前の住所からの転送はもちろん、 新住所になってからの請求書等もきちんと届いています。 なぜこの郵便だけ戻ってしまったのでしょう? 料金不足も考えましたが、重さ、厚さともに貼ってある切手でおさまる範囲ですし、 同じ内容を送付した別の友人にはちゃんと届いたそうです。 また戻ってきた郵便には、宛先不明のため、というようなことが書かれていたそうです。 また、友人はもう一度送ってくれるということですが、正しい住所で届けなかったのは郵便局の問題だと思うのですが、 1 もう1度切手代を支払わなくてはいけないのでしょうか? そして、 2 これ以外にももしかして届いていない郵便があるのでは・・・と不安です。 確かめる方法はあるでしょうか? 友人が私宛に、封書で普通郵便を送ってくれました。 しかし、私の家のポストに届くことなく、友人の家に戻ってしまいました。 友人から連絡があり、その封筒に書いた住所を読み上げてもらいましたが、 まったく間違っておらず、マンション名、部屋番号までしっかり書いてありました。 私はこのマンションに住んで半年程で、その間、前の住所からの転送はもちろん、 新住所になってからの請求書等もきちんと届いています。 なぜこの郵便だけ戻ってしまったのでしょう? 料金不足も考えましたが、重さ...

次の

「あて所に尋ねあたりません」で戻ってきたハガキは交換できなかった

郵便 あて どころ に 尋ね あたり ませ ん

受け取り拒否されたら?! 「受取拒否」・ 「受領拒絶」 内容証明郵便は「一般書留」の扱いなので、配達人による手渡しの 手紙となるので、受け取りの際にサインか印鑑が必要になります。 受け取りを強制することは出来ませんので、受取人において、受取拒否をすることも可能です。 受取人が、受け取らないという意思表示を示した場合には、差出人に返還されることになります。 ただし、民法上、意思表示は到達することで効力が生じます。 民法 第97条(隔地者に対する意思表示) 隔地者に対する意思表示は、その通知が相手方に到達した時からその効力を生ずる。 この「到達」とは了知可能な状態になることをいい、必ずしも了知すること(相手方本人が受け取って中身を読む等)までは求められていません。 判例上も、家族や雇い人が受領した場合に到達したと認めており、受取拒否の場合であれば、その、受け取り拒否をした時点で、「到達」したことと認めています。 つまり、時効の援用や時効中断、債権譲渡や相殺などの、意思表示の到達のみで効力を生じる事項に関しては、受け取り拒否をされた時点で効力が生じる、ということです。 不在のまま保管期間経過したら? 「保管期間経過のため返還」・ 「保管期間経過」 内容証明郵便は、配達時に不在であれば、そのまま不在票が投函され、1週間の留置期間、郵便局において保管されます。 この留置期間(1週間)の間に不在票をみた受取人が、再配達の依頼を行えば、改めて配達されることになります。 一方、再配達の依頼をされないまま1週間が経過してしまうと、内容証明郵便は、差出人に返送されます。 この場合、留置期間が満了した時点で到達されたと認定した判例があります。 最高裁判所 平成10年6月11日判決 受取人に受領の意思があれば、郵便物の受取方法を指定することによって、さしたる労力、困難を伴うことなく右内容証明郵便を受領することができたなどの判示の事情の下においては、右遺留分減殺の意思表示は、社会通念上、受取人の了知可能な状態に置かれ、遅くとも留置期間が満了した時点で受取人に到達したものと認められる。 宛所尋ねなし 「あて所に尋ねあたりません」・ 「宛所尋ねなし」 ・存在しない住所 ・転送期間が切れている ・あて先の住所に受取人が住んでいない 送付先の住所に該当する人がいない、または別人宅となっていて、配達が不能な場合、 宛所尋ねなしとして、送達せずに差出人に還付されます。 この場合には、送達自体がされていない、という扱いになります。 該当なし 「あて名不完全で配達できません」・ 「該当なし」 ・宛先住所の記載が不完全ため、または、送付先の住所が存在しないために、配達することが不能ということです。 この場合にも、送達自体がされていない、という扱いになります。 受取拒否や不在による保管期間経過のための対策 受取拒否や不在による保管期間経過が、裁判所によって、到達されたと判断されるのは、あくまで、どのような趣旨の書面であるかを認識して、意図的に受領しなかったとの推認を受けられる場合に限られます。 そのため、内容証明を送付する場合に、文書の文末に「念の為、本書面と同一の文書を、特定記録でも送付させていただきました」などと加筆し、内容証明と同時に、全文コピーを特定記録郵便でも送付しておく等の工夫をするのが効果的です。 今般、内容証明郵便による通知書を発送しましたが、一般書留扱いとなるため、ご多忙の折、ご不在で受領が困難なことも予想されることから、念のため、同書面の写しを同封いたします。 なお、「受取拒否」や「不在・保管期間経過」となった場合、意思表示は到達していると認定されている判例が数多くありますので、大変恐縮ですが、不測のトラブルを回避するため、文書の内容をご確認頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。 判旨 「内容証明の受領を相手方が拒絶した場合、内容証明に記載された意思表示・意思の通知は、到達したものとみなされる」 ・東京地裁判決 平成10年12月25日 ・東京地裁判決 平成 5年 5月21日 ・大阪高裁判決 昭和53年11月 7日 判旨 「受取人が不在の再配達依頼をしない場合、受取人の了知可能な状態に置かれ、遅くとも留置期間が満了した時点で受取人に到達したものと認められる。 」 ・最高裁判所 平成10年6月11日判決.

次の