アントニオ シウバ。 必読!「マーク・ハント vsアントニオ・シウバ」戦評5連発!■MMA Unleashed:Dropkick:『Dropkick』チャンネル(Dropkick編集部)

MMA タイランド: アントニオ・シウバ「またテストステロン補充療法ありで試合が出来るなんて最高だ。」

アントニオ シウバ

アントニオ・シウバとは、出身の総合格闘である。 概要 あの人類と呼ばれたにした男である。 そして、をした男である。 『ザ・』『ペザォン』『』などというがあり、 その名の通り、 足のが33もある。 「」という名前の格闘は多いため、の間では区別するために『 バ』と呼ばれることも多い。 技術とは程遠く荒々しいがあるが、4歳からやなどのを始めている。 なのに、非常に器用なであり、寝技の技術が非常に高い。 その技術や巨体を生かした抑みを得意とし、状態で相手を押さえつけて上から殴るという、非常にかつ強な必勝を持っている。 例えグラウンド状態で下になろうとも、下から相手を攻めることも出来る優秀なである。 打撃も出来る選手だが、時々不意に1発を貰い打ち負けることがあり、やや打たれ弱い事が判明している。 ただ、近年は王者でもある格闘のから打撃を習っており、打撃技術がさらに向上してきている。 特徴として、は病と呼ばれる症状を患っていた。 そのおかげで成長が常人の何十倍以上も分泌されるというをする上で反則的な体質を持っていた。 (実際問題、において成長が大量に分泌される体質は、選手として戦う上でもする上でも圧倒的に有利なのだが、意図的にをしているわけではなく、の病の腫瘍が過剰に分泌させているため本人の意思とは関係ない。 ) この腫瘍があると安全性を確保するためにの一部の州では試合のが降りない州もあるため、近年は手術を行い内にあるその腫瘍を切除した。 その結果、成長の分泌が減ったのか10㎏以上体重も落ちて、以前ほどのり詰めたー級の体ではくなった。 ただしでも十分すぎるほどのと巨体である。 においては、実やの成果を伸ばす効果に加え、体中のあらゆる箇所の筋を上げる筋増強作用があるため、やにおいてとして使用され問題になっている。 最先端の高度な物検以外では成長の検出は困難であるため、以前からのや、のの選手達にとして多く利用されていた。 界では・ナーが所持をしていたことで有名。 界では・などがを伸ばす的として(確実に成長の効果により筋やも上がっていると予想されるが)治療として使用し、その恩恵を受けていた。 あまりの絶大な効果ゆえ、外部から摂取するのは当然ながらとされており、やにおいては禁止物定を受けている。 は、 腫瘍を切除する前には、その成長が常人の20倍も分泌されていたことが判っている。 なお、にはに禁止物の検で陽性となり、体内から系の物反応があった経歴がある。 ただし、が当時使用していた販のサプリに系の物質が含まれていることがのちに分かり、で販売中止になったことから、が系物質を摂取したことには変わらないが、意図的なをしたか?という意味ではの実はながら明されており、それは物検をしたにも認められている。 という話もある。 面な性格からか、気の強いと衝突することも多く、 なのに、関係や規を重んじるであるため、同じ格闘である・やなどが他人にをしなかったり自分を軽く見たりにするような発言をする事を不満に思っており、彼らとは非常に仲が悪い。 がやの周りの選手たちに対して失礼な発言を繰り返した際には、「にするなよ。 」と詰め寄ったこともある。 なお、その際に「程度のはが簡単にぶち壊してやるよ。 」と言われ、はさらにした。 また近年ではTで元だった荒くれ者のとの遺恨も発覚している。 ただし、落ち着いた態度を見せるなどには試合前・試合後も敬意を払い続けるように、の格闘と衝突するようなことはなく、自身も特に争いが好きなではない。 またのような謙虚な選手については、「彼は本当に人なんだ。 強いだけではなくその性が。 トとのでは学ばせてもらうことばかりだよ。 彼のような人とできてだ。 」と大絶賛をし、トに打撃やの技術などを教わるなど非常に良好な関係を保っている。 他にも、 を尊敬しており、が試合をする際にに戻って彼の試合のためのを手伝い、そのままの一員となり、しばらくでをしていたこともある。 以前はの団体・などで戦っていたが、はとをし活躍をしている。 関連動画 関連商品 関連項目• あのはは付いていけない。 と、予想してたけど、やっぱり、差で負けたように感じたな。 は、の達人ってより、打投極どれもりのって があるけど、ベラスケスとは差で常にを取られて 一回はテイクされたまま、二回はで、負けた感じがする。 しかし、千載一遇のを逃したの、これからは、茨のなんじゃないの? 今回、負けた物同士で、と戦っても、また、打撃の差で、 されてしまうんじゃないかというがあるし。 腫瘍を除去する手術は上手くいった、しかし嚢胞が再発してきたので、いまは ので毎をしてもらって治療している。 後にはたぶん 省略しています。 7 ななしのよっしん.

次の

MMA タイランド: アントニオ・シウバ「またテストステロン補充療法ありで試合が出来るなんて最高だ。」

アントニオ シウバ

元世界王者。 概要 [ ] 細長い腕と脚から、「 ザ・スパイダー」(蜘蛛)の異名を持ち、長い四肢とバックボーンので培った強烈かつスピーディーな打撃、また、圧倒的な動体視力と反応速度を駆使したスウェーやダッキングなどの卓越したディフェンステクニックを武器に長期に渡ってUFC世界ミドル級王者として君臨し、の1人と目されていた。 また、全盛期での圧倒的な強さとカリスマ性から「 The Greatest Of All Time( 史上最高の意)」と称される。 UFCにおいて、全階級を通じて王座の在位期間が史上最長(2457日間)であり、全階級を通じた最多連勝記録(16連勝)も保持する。 王座最多防衛記録でも元UFC世界フライ級王者のに次ぐ歴代2位の記録(10回)を有する。 また、UFCミドル級最多ノックアウト記録(8回)、UFCタイトルマッチにおける最多ノックアウト記録(7回)、UFCミドル級最多ノックダウン奪取記録(13回)なども保持している。 来歴 [ ] に生まれ、経済的な理由から4歳の時にクリチバの叔母の下へ預けられた。 クリチバでは、まず柔術を学び、カン・アカデミーでを8年間学んだ。 その後を3年間学んだ後、に所属していたファビオ・ノグシの下で7年間トレーニングを積んだ。 その後、才能がフジマール・フェデリコ会長の目に留まり、シュートボクセの本部へ移籍した。 3月2日、初参戦となったでと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。 2001年8月26日、修斗ミドル級(-76kg)チャンピオンシップでと対戦し、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。 2001年11月26日、参戦と階級転向を理由に修斗ミドル級王座を返上した。 PRIDE・Cage Rage [ ] 6月23日、初参戦となったでと対戦し、ドクターストップでTKO勝ちを収めた。 2003年3月16日、で元UFC世界ウェルター級王者のと対戦し、タックルに合わせたカウンターの飛び膝蹴りでKO勝ち。 同年6月8日、でと対戦し、で一本負けを喫した。 2003年11月にらとシュートボクセ・アカデミーを離れ、ムエタイ・ドリームチーム(MTDT)を結成するもすぐに離脱。 9月11日、世界ミドル級王座決定戦でと対戦し、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。 2004年12月31日、でと対戦。 打撃で優勢に試合を進めていたが、3Rにからので逆転の一本負け。 その後、シュートボクセ・アカデミーのフジマール会長の政治的圧力によってPRIDE離脱を余儀なくされ、主戦場をCage Rageに移す。 この頃から親交の深い、らと共に練習をするようになり、シウバも柔術茶帯で寝技のスキルはもともと低くなかったが、総合格闘技で高いグラップリング技術を持つノゲイラ兄弟の手ほどきを受け、さらにグラップリングのスキルを磨くことで後の活躍への基盤を作った。 には2人からを授与されている。 2005年8月5日、ミノタウロことアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラが地元で主催した大会「ミノタウロ・ファイト」でボクシング戦を行い、KO勝ちを収めている。 2006年 [ ] 1月20日、のウェルター級(-79kg)トーナメント1回戦でと対戦。 優勢に試合を進めておきながらグラウンド状態の岡見に対して、ペダラーダ(グラウンドでの下からの顔面蹴り上げ)を放ってしまい反則で失格負けとなった。 UFC 2006年6月28日、初参戦となったでと対戦し、開始49秒で右膝蹴りによるKO勝ちを収め、ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 UFC世界王座獲得 2006年10月14日、のUFC世界ミドル級タイトルマッチで王者に挑戦し、1Rに首相撲からの膝蹴り連打でKO勝ちを収め、UFC2戦目にして王座獲得に成功。 ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 2006年11月にはをリーダーに、、、らと共にに移籍した。 2007年 [ ] 2月3日、でと対戦し、を極めながらの連打で2R一本勝ち。 なお、この試合はUFC世界ミドル級タイトルマッチとなるはずだったが、ルターのでノンタイトルマッチとして行われた。 2007年7月7日、のUFC世界ミドル級タイトルマッチでと対戦。 2Rにスウェーで上になり、すかさずパウンドでTKO勝ち。 王座の初防衛に成功し、ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 2007年10月20日、のUFC世界ミドル級タイトルマッチでと再戦。 1R終盤に右フックでダウンで奪いダメージを与えると、2Rに右膝蹴りでTKO勝ち。 2度目の王座防衛に成功し、ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 2008年 [ ] シウバ vs. ヘンダーソン 3月1日、のUFC世界ミドル級タイトルマッチでPRIDEウェルター級(-83kg)王者と対戦。 スタンド、グラウンド共にヘンダーソンを圧倒し、2R終盤にを極めて一本勝ち。 3度目の王座防衛に成功し、ファイト・オブ・ザ・ナイトおよびサブミッション・オブ・ザ・ナイトを同時受賞した。 なお、この試合によってPRIDEウェルター級王座はUFC世界ミドル級王座に併合された。 2008年7月19日、でとライトヘビー級契約で対戦。 アーヴィンのミドルキックをキャッチした状態から右ストレートでダウンを奪い、開始1分でパウンドによるKO勝ちを収めた。 2008年10月25日、のUFC世界ミドル級タイトルマッチでと対戦。 優勢に試合を進める中、3Rに突如コーテが右膝をし続行不能となり、4度目の王座防衛に成功した。 2009年 [ ] ターレス・レイチと対戦するシウバ 4月18日、のUFC世界ミドル級タイトルマッチでに3-0の5R判定勝ちを収め、5度目の防衛に成功するとともに、UFC9連勝を達成し、それまでの持っていたUFC最多連勝記録を更新した。 2009年8月8日、で元UFC世界ライトヘビー級王者のとライトヘビー級契約で対戦。 ノーガードで挑発しながら、スウェーとでグリフィンの攻撃を避けつつ、パンチで2度のダウンを奪い、最後は後退しながらのの右ストレートでグリフィンを戦意喪失に追い込み、1RKO勝ちを収めた。 ファイト・オブ・ザ・ナイトおよびノックアウト・オブ・ザ・ナイトを同時受賞した。 2010年 [ ] 4月10日、のUFC世界ミドル級タイトルマッチでと対戦し、終始優勢に試合を進めて、3-0の5R判定勝ち。 この勝利で、とが有していたUFC最多防衛記録を更新する6度目の王座防衛を果たしたが、試合中のマイアに対する度重なる挑発行為と、後半の消極的な試合運びに対して、試合終了後までが沸き起こった。 シウバ vs. ソネン 2010年8月7日、のUFC世界ミドル級タイトルマッチでと対戦。 腰を負傷していたためか、試合では終始多くの場面で有利なポジションを許し、また途中ダウンを喫するなど苦戦を強いられ、4Rまでのジャッジの採点で(34-40、36-40、35-40)と大差をつけられていたが、5Rにによる大逆転の一本勝ちを収め 、7度目の防衛に成功するとともに、ファイト・オブ・ザ・ナイトとサブミッション・オブ・ザ・ナイトを同時受賞した。 2011年 [ ] シウバ vs. ベウフォート 2011年2月5日、のUFC世界ミドル級タイトルマッチでと対戦。 1R中盤に左前蹴りでダウンを奪い、追撃のパウンドでKO勝ちを収め8度目の王座防衛に成功。 ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞し、このKOは2013年までのUFCノックアウトTOP20で1位となっている。 2011年8月27日、で開催されたのUFC世界ミドル級タイトルマッチでと再戦し、2Rに右フックでダウンを奪い、パウンドでTKO勝ちを収め9度目の王座防衛に成功した。 2012年 [ ] シウバ vs. ソネン 2 7月7日、のUFC世界ミドル級タイトルマッチでチェール・ソネンと再戦。 1Rは前回と同じく開始早々テイクダウンを奪われ、マウントポジションまで許すも、2Rにスピニングバックエルボーを外し尻餅をついたソネンにボディーへの膝蹴りを浴びせ、パウンドでTKO勝ち。 UFC最多防衛記録を更新する10度目の防衛を果たし、ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞。 試合後には、を浴びせられた因縁の相手であるソネンと握手を交わし、肩を組みながらマイクアピールを行った。 2012年10月13日、母国ブラジルで開催されたでとライトヘビー級契約で対戦。 階級差をものともせず自らケージ際に下がりノーガードでボナーのパンチをかわす余裕を見せつけた後、足払いで下がったボナーにすかさずボディーへの膝蹴りでダウンを奪い、パウンドを浴びせ1RTKO勝ち。 この勝利で、UFC最多連勝記録を更新する16連勝を達成した。 2013年 [ ] 世界王座陥落 シウバ vs. ワイドマン 7月6日、のUFC世界ミドル級タイトルマッチでミドル級ランキング1位のと対戦。 激しく挑発を繰り返すも、2Rに左フックをスウェーでかわしきれずダウンを奪われ、追撃のパウンドでキャリア初のKO負け。 約7年間、防衛回数10度に渡って守り続けてきたUFC世界ミドル級王座から陥落した。 ブラジルではこの試合を大手地上派テレビ局のが録画で放送して2400万人が視聴した。 ワイドマン vs. シウバ 2 2013年12月28日、で王者に挑戦する形で再戦。 2Rに放った左ローキックがワイドマンの膝に直撃し、シウバの脛骨と腓骨を完全に骨折。 レフェリーに試合続行不可能とみなされTKO負けを喫し、王座獲得に失敗した。 試合後リプレイが流されると、会場からは悲鳴が上がるほどの重症を負った。 後日骨折の手術を受けるが、シウバが執刀医に最初に尋ねた質問は「いつトレーニングに復帰できるんだ?」であった。 別の日には「タイトルを再び手にするまで、引退するつもりはない」とも語った。 2015年 [ ] 復帰 シウバ vs. ディアス 1月31日、1年1か月ぶりの復帰戦となったでと対戦し、3-0の5R判定勝ちを収めた。 試合後、試合前に行われていた薬物検査から禁止薬物のの一種であるとの陽性反応が検出されたことが発表され 、さらに後日、試合当日に行われた薬物検査でもドロスタノロンとや不眠の治療に使われる禁止薬物のとの陽性反応が検出されたことが発表された。 これを受けてシウバはTUFブラジル・シーズン4のコーチ役を降板している。 2015年8月の公聴会でシウバは、ドロスタノロンについて「目的で服用したサプリメントに本来含まれているはずのないステロイドが混入していた」と潔白を主張し、オキサゼパムとテマゼパムについては、試合前夜にととしてを服用したことを認めたが 、はシウバの答弁を却下して1年間の出場停止と38万ドルの罰金処分を科し、試合結果もノーコンテストに変更した。 2015年4月、テコンドーで出場を表明。 しかし、6月10日、ドーピング違反の処分取り下げを求める訴訟の準備に専念するために五輪出場を断念する事を発表した。 2016年 [ ] 2月27日、1年1か月ぶりの復帰戦となったでミドル級ランキング7位のと対戦。 3R終盤に飛び膝蹴りでダウンを奪い、優勢に試合を進めるものの、0-3の5R判定負け。 敗れはしたものの、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 2016年7月9日、での代役として大会直前のオファーを受けてとライトヘビー級契約で対戦。 打撃で優勢になる場面もあったものの、タックルを切れず0-3の判定負け。 2017年 [ ] 2月11日、でミドル級ランキング8位のと対戦し、約4年半ぶりの勝利となる3-0の判定勝ちを収めた。 2017年11月10日、米アンチ・ドーピング機構(USADA)は10月26日に実施した競技外の抜き打ち検査でシウバにアンチ・ドーピング規則違反(禁止薬物のメチルテストステロン代謝物とヒドロクロロチアジドの陽性反応)があったと発表。 2018年7月18日、米アンチ・ドーピング機構(USADA)は、シウバに陽性反応が検出された時に摂取していたサプリメントを提出させ、その中から禁止薬物が入っていた栄養サプリメントを特定して、シウバがその栄養サプリメントを購入していたブラジルの調剤薬局から独自に複数のサプリメントを入手し分析した結果、アナボリックステロイドや利尿薬が混入したいくつかの汚染サプリメントを確認したことを発表した。 これによりアンチ・ドーピング規則違反が汚染サプリメントによるものと認められたシウバは出場停止期間が短縮され1年間の出場停止処分を受けた。 2019年 [ ] 2月10日、2年ぶりの復帰戦となったでミドル級ランキング6位のと対戦。 スウェーやダッキングで打撃をかわすなど全盛期さながらの動きを見せ、時折パンチを当てるなど健闘するも、0-3の判定負け。 敗れはしたものの、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。 当初、同大会のメインイベントはとのUFC世界ミドル級タイトルマッチであったが、ウィテカーが腹壁ヘルニアで大会当日に欠場したため、アデサンヤとシウバの試合が同大会のメインイベントにスライドされる形となった。 2019年5月12日、でミドル級ランキング10位のと対戦。 1R終盤に右インローキックでダウンを奪われ、そのまま起き上がれず右足を負傷しTKO負け。 人物・エピソード [ ]• 柔術黒帯を授かったノゲイラ兄弟を尊敬している。 ノゲイラ兄弟について、「俺は彼らに自分の人生を捧げている。 彼らに恩を着せようとかそういうことじゃないんだ。 は俺の師匠で、は俺の兄弟であり先生なんだ。 彼らの存在無くして今の自分はあり得ない」と語っている。 試合中に不思議な動きをしたり、相手に喋りかけるなど挑発行為がよく見受けられ、これらの行為に対してしばしば「対戦相手を貶しているのではないか?」という声が挙がるが、シウバは自分の挑発行為について「相手を貶している訳ではない。 これは戦略であり、自分のスタイルだ」と語っている。 人前で涙を見せることがよくあり、では試合に敗れた後にバックステージで泣き、では師のアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラが勝利した際に嬉しさのあまり自分の試合前であるのにも関わらず人目をはばからず号泣した。 また、で敗れた事に疑惑をかけられ、その事についてTV番組で聞かれた際に涙を流した。 ブラジルでは、やとスポンサー契約している。 自身は格闘家になる前はでアルバイトしていた。 高級時計メーカーのとスポンサー契約を結び、アンデウソン・シウバ限定モデルの時計が発売された。 22歳の頃結婚し、5人の子を儲けている。 兄弟や叔父がであることから、自身もの警察学校に通い警察官になるための勉強をしている。 格闘家を引退した後は俳優になりたいと語っており、格闘家のキャリア中にも演技の稽古を受けている。 2017年にESPNが選定した「世界で最も有名なアスリート100人」にて39位にランクインし、格闘家としては(16位)や(25位)に次ぐ記録で、(59位)を上回った。 世界王者と、ボクシングルールで対戦することを熱望している。 ロイ・ジョーンズもこの対戦に関して意欲的だが、UFCは選手に対して独占契約を結んでいるため、他団体や他競技で試合をすることが許されておらず、この対戦は実現していない。 また、ロイ・ジョーンズは「MMAルールでも構わないからアンデウソンと対戦したい」と希望したが、UFC代表のはこの対戦にも否定的である。 息子の一人であるカリル・シウバ(Kalyl Silva)はであり、に出場した際には息子のシングル曲「DOOM」を入場曲として使用した。 自身が14歳の頃まで女装をして人形で遊ぶ事を一般的なことだと思っていたというエピソードや、男性にしては珍しいハイトーンな声質を持っていることなどから、以前は多くの人からだと勘違いされていた。 現在はに移住しており、2019年7月23日にで開催された帰化セレモニーに子供達と共に出席しを取得した。 シウバは「とても幸せな気持ちだし、これは自分や家族にとって素晴らしい瞬間だ」「母や兄弟はブラジルにいるが、今はここ(アメリカ合衆国)が自分の国だと思っている」と語った。 第5代王座(2001年)• 第2代世界ミドル級王座(2004年)• 第5代世界ミドル級王座(2006年) 表彰 [ ]• 黒帯三段• 黒帯五段• ファイト・オブ・ザ・ナイト(4回)• ノックアウト・オブ・ザ・ナイト(7回)• サブミッション・オブ・ザ・ナイト(2回)• ファイター・オブ・ザ・イヤー(2008年)• ノックアウト・オブ・ザ・イヤー(2011年)• ビートダウン・オブ・ザ・イヤー(2009年)• 映画 [ ]• Like Water(2011年)• Tapped Out(2014年)• 無敵のドラゴン(2019年) 脚注 [ ]• 日本では誤った発音の「アンデウソン」が通名となっているが、ポルトガル語での正しい発音は「アンデルソン」に近い。 なお、UFC等では英語読みで「アンダーソン」と発音される。 yahoo! sports 2019年2月12日• kamipro. com 2010年5月26日• LOCKFLOW. com 2006年8月9日• MMAjunkie 2008年3月2日• MMAjunkie 2009年8月9日• MMAPLANET 2010年4月11日• MMAPLANET 2010年8月8日• MMAjunkie 2010年8月8日• MMAPLANET 2011年2月6日• nikkansports. com 2012年7月8日• sportsnavi. com 2012年10月13日• ブラジルのMMA記者のツイッター 2013年7月9日• ダナ・ホワイトのツイッター 2013年12月30日• MMA Fighting 2014年9月27日• MMA Junkie 2015年2月3日• Yahoo. Spors 2015年2月4日• MMAjunkie 2015年2月28日• ESPN 2015年2月18日• MMAPLANET 2015年2月10日• MMAFighting 2015年8月13日• UFC 2015年2月4日• 日刊スポーツ 2015年5月8日• 日刊スポーツ 2015年6月10日• efight 2016年7月8日• eFight 2017年11月11日• MMA Fighting 2018年7月18日• USADA 2018年7月18日• 2018年7月18日• Graciemag. com 2010年8月8日• MMA MANIA 2013年8月26日• BLOODY ELBOW 2012年10月14日• MMAjunkie 2013年7月21日• UFC公式サイト• 2013年11月13日• Bloody Elbow 2012年8月30日• MMA Fighting 2014年4月1日• MMA Fighting 2013年1月3日• ESPN 2017年5月30日• MY MMA NEWS 2017年2月11日• Bloody Elbow 2012年8月30日• CNN 2019年7月26日 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• SpiderAnderson -• spiderandersonsilva -• - のプロフィール (英語)• - (英語) 前王者 第5代世界王者 2001年8月26日 - 2002年11月26日 空位 次タイトル獲得者 空位 前タイトル獲得者 ポール・ジェンキンス 第2代世界王者 2004年9月11日 - 2008年10月20日 次王者 王座廃止 前王者 第5代世界王者 2006年10月14日 - 2013年7月6日 次王者.

次の

MMA通信 : アントニオ・シウバ、ストライクフォースの試合について語る

アントニオ シウバ

名勝負がありました。 確か2000年にK-1デビュー。 レイ・セフォーとの打ち合い、ジェロム・レ・バンナをKO、フランシスコ・フィリォを破ってのグランプリ優勝。 そこからミルコ戦、バンナとのその後2回の激闘、PRIDEでのヴァンダレイ・シウバ戦、記憶に残りまくる試合を続けて日本で大人気になったマーク・ハントが今、世界最高峰の格闘技興行UFCヘビー級ランカーとしてトップを走ってます。 当時K-1やPRIDE見てた人でも、今もう見てなかったらとっくに引退してると思ってるかも?ハントは総合の技術を身につけ、今も昔と変わらない熱い試合を見せてくれるのです。 PRIDEで絶対王者だったエメリヤーエンコ・ヒョードルを圧倒しTKOで破り、DREAM王者でK-1王者のアリスター・オーフレイムをパンチでKO。 日本で一時代を築いた大ブランドの王者達を倒しているので、ある種日本の格闘技界にあった幻想をリアルに打ち砕いた天敵。 UFCランキングでは4位。 勝手にストーリーつけて見たら、ハントにとっては日本の格闘技を盛り上げていた頃の盟友の仇・・・しかし2人はかつての練習仲間でもありそんな敵対心はないみたい。 でも見てるこっちとしてはやっぱりPRIDEとK-1のイメージが強いハントがシウバを倒してくれたらそれはそれは嬉しい。 ということで見ました。 結果、2002年のバンナ戦を思い出すような壮絶な打ち合い。 最終ラウンド始まる前オーストラリアの会場の大歓声にしっかり目を向けるハント、握手し抱き合いに行くシウバ。 本人含め誰もがすでに名勝負と確信してる試合だからこそ出るそのシーンに感動。 そしてラスト5分は悔いを残さない打ち合い打ち合い。 久しぶりに熱い熱い試合を見ました。 そういえば今年2月の日本大会ではヴァンダレイ・シウバ vs ブライアン・スタンという超名勝負もあった。 おそらくどっちもファイト・オブ・ザ・イヤー候補になるでしょう。 なんて懐かしく誇らしいことか。

次の