さよなら青春 パート。 涙くんさよなら

青春PARTII : 作品情報

さよなら青春 パート

リンク 架見崎。 誰も知らない街。 高校二年生の香屋歩と幼馴染の秋穂栞が訪れたその場所には、戦争があった。 人と人が対立し、殺し合い、奪い合う。 そんな世界で、二人はかつての親友トーマと再会する。 架見崎で二年余りを過ごした彼女は、最大の領土を誇るチームの「伝説」となっていた……。 食い違う現実。 開かれる戦端。 謎の核心「ゼロ番目のイドラ」。 死と涙と隣り合わせの青春劇、第2弾。 こんな人におすすめ!• 当たり前ですが、 を読んだ人 『サクラダリセット』、映画公開が近づく「階段島シリーズ」の作者が手がける「架見崎シリーズ」の第二弾! ということで、ぼくも一作目を読んだときから楽しみにしていた続編なんですけども、 まだまだ謎が多い印象ですね。 2020年の1月に発売の第三作が非常に待ち遠しくなる展開でした! さて、今作でメインに描かれたのが、 主人公とトーマと秋穂3人の考え方の違いです。 一人一人特徴を持っているのが、やっぱ面白いですねー。 主人公なんか極端も極端で、そういうキャラの考えを掘っていくだけでも十分楽しめるんですが、本作では トーマと秋穂の意外な一面というか、イメージと違うところが出てきたりして面白かったです。 あとは、 戦略ゲーのような一面もあり、戦闘シーンもあり、新たな謎「ゼロ番目のイドラ」が追加され、多様な魅力に溢れています。 ただ個人的に思うのは、一作目ほどの目新しさはなくって、ポイントがどうたらなどの無機質的な設定が強く出ている分、叙情的な青春描写はあまり感じなかったかな。 「ブルボンは100年以上続く世界最高のお菓子メーカーだ」 「私はカルビーの方が好きですね。 やっぱり王道はポテトチップスですよ」 「カルビー?知らないな」 なんて話に、時間を取られている場合ではない。 「私とコゲさんが言う『現実』って、同じ場所なんでしょうか?」 もしも、パラレルワールドというものがあるのなら。 架見崎だけではない。 ここに迷い込んだ参加者たちが、元々、同じ世界にいたとは限らない。 だって「架見崎」の状況の方がよっぽどファンタジーですから。 ポイントやら能力があったり、ループしたら元通りになったり。 一種の精神世界か、電脳世界のような気がしますが、どうなんでしょう。 誰なんすかね。 この少女。 髪型と性別から「冬間美咲」っぽいですけど。 冬間がどういう経緯で「架見崎」に関わるようになったのかも明かされていませんし。 そして、最も気になるのが『さよならの言い方なんて知らない。 』のタイトルの意味がどう絡んでくるのか。 すごく詩的な言葉ですけど。 どこで出てくるのか。 近々出る予定の、『さよならの言い方なんて知らない。 3』からが新しい物語になります。 — 河野裕(文章の方) konoyutaka 一度で良いから、ああいう暗号をもらってみたい。 香屋の目指す世界とは!? 「ここにくる前、能力の一覧を見せられるでしょ」 強化士だとか射撃士だとかの能力が並んでいるリストだ。 「あれがさ、豪華なディナーが20ポイント、軽自動車が1000ポイント、みたいなリストならきっと、架見崎はこんな風にはならない。 戦うことを覚悟をして、戦うための能力を獲得して、架見崎に来たから、みんな戦おうとする」 『さよならの言い方なんて知らない。 2』 ー本当は、ここは楽園になり得る。 どこよりも安全で、どこよりも平和な場所になっても、おかしくない。 『さよならの言い方なんて知らない。 2』 香屋の真の目的は、 「架見崎」を平和な場所にすること。 そのために何手先をも見通して戦略を練ってるって本当にすごいですよね、この主人公。 性格が主人公っぽくないのに、ちゃんと主人公しちゃってるというか。

次の

青春PARTII : 作品情報

さよなら青春 パート

前回は安藤くんの魅力を顔面と内面にスポットライトをあて記事にしたが 今回はパフォーマンス面に注目してみる。 安藤誠明といえば歌だ。 特に彼は高音を綺麗に出してくれる。 それでいて、力強い曲は迫力のある[がなり歌唱]もできる。 ダンスは未経験で初心者。 表情管理も経験がなかった彼は苦労したことだろう。 ワタリドリは[Alexandros]の代表曲だ。 その歌声でBクラスの評価を受けたわけで、 確かな歌の実力はここから周りに伝わってきた。 低音と中間の音、そして高音 綺麗に3人であわせていた。 自分のパートが終わるとスンっと棒立ちになる安藤くんは安藤くんを推すものの中では有名である。 表情管理も、ひたすらに歌うことに集中しまくってる顔だった。 中盤からは腹筋披露に意識がいってるようにも感じられる。 ダンスは踊ってるというよりはボディビルの大会でポーズをきめる人達を見ているかのようだった。 いかにも一般人でした!感のあるステージが逆にすごく良かった。 一番最初に見たツカメはガチガチと固かった。 覚えたてのダンスを必死で踊る顔面最強のの彫刻 内での話題のコメントを交えてます だった。 彼は歌志望でダンスは未経験なんだろうなとすぐにわかるようだった。 それでも彼の一生懸命さは、少なくとも私の心を動かし、奮い立たせ、応援したいという気持ちにさせた。 時系列はおかしくなるがファイナルでもう一度披露されたツカメは、最初の全体のツカメで一回も抜かれなかった彼が沢山写っていた。 私達の投票によって前の方のポジションを与えてあげられたのも大きかったですね そして同じツカメなのに同じツカメだとは言えないくらい変貌をとげていた。 ツカメのダンスをただ披露するのではなくエンターテイメントとして披露してくれていた。 それはもう最初のときの御披露目のレベルじゃなかった。 タマレボはポジション評価で唯一の女性アーティストSuperflyの曲であり、音域が高いため誰にも選ばれず残っていた。 くじ引きで曲を選ぶ順番を決めていたため云わば運のなかった12名の練習生が歌うことになったのだが、彼は残った12人を集めて円陣を組み、士気を高めていた。 彼はその音域をうまく扱い、仲間の喉の不調もあり代打のメインボーカルをつとめた。 歌声はもちろんだが、歌ってる彼の表情は生き生きしてて楽しそうだった。 こっちまで笑顔になるくらいの。 他の人が歌ってるときの表情も優しくて素敵なものだった。 また、冒頭の写真のシーンは『安藤くんのいるタマレボ1班のステージで音響ミスによる原曲キーでのスタートから、そのまま丸々一曲歌わされたあとのセリフ』である。 今は完璧には原曲では歌えなかったが、いつか原曲で歌えるくらいになってまた皆さんに見せると伝えてくれた。 彼のマインドは前回も述べたが、こうしたマインドが彼のさらなる成長につながった。 その成長がすぐに見られたのが伝説のWhy? の名曲、ファンも多く再始動後の圧倒的な代表曲でもあるため最初はこの課題曲を完成させられるグループはいるのかと心配する声もあがっていた。 しかし彼の推しカメラ チッケム があがると一気に話題となった。 まず、ダンスが出来ていた。 ツカメからは想像がつかないくらい立派に踊ってた。 何よりもビックリしたのは歌いながら踊れていたことだ。 ツカメのときは踊りに必死だったのに、歌いながら踊れてるのだ。 後ろにのけ反りながら立ち上がるダンスでは力強い歌声を出しながらこなしていた。 ダンスの早どりはあったものの、スムーズかつ力強い流れるようなダンスだった。 そして、大先輩ののシャウトにも挑戦した。 あくまでも私の意見にすぎないが、あの時期にこの曲のこのパートをここまで完成させられたのは安藤誠明くんだけだったのじゃないかと思う。 他の練習生が挑戦する機会がなかったのに言いきるのもどうかとは思いますが そう思うくらい完全に、ヤラレタのだ。 ダンスの成長だけじゃなく、もともと出来ると知っていた歌でさえ私達を驚かせてくれた。 私は嘘とかなくこのチッケムで涙を流しました。 感動した。 しかし、一部の人には がなり歌唱しかできないんじゃない?などとも言われていた。 そんな中での、次の披露曲はBOだった。 がなりしかできないと言われていた彼はBOで繊細な優しく切ない歌声を披露してくれた。 私はずっと言いたかったことがあった。 「がなりしかできないのではなく、今までは迫力のある課題曲に相応しい歌い方をしているだけ。 それしか出来ないわけじゃない!」と。 それを本人が証明してくれたかのようで嬉しかったのを覚えている。 一番のサビは多少裏かえってしまった部分もあるが、セクシーで綺麗なダンスと歌声はBOのメインボーカルとしての役割を果たしていたと思う。 そして表情管理もよくなっていた。 切ない表情がこれまた最高だった。 そしてファイナルのyoungだ。 その姿はあまりに美しかった。 最後のフェイクパートは『散るのさ華麗に美しく』その歌詞が刺さった。 彼のyoungはスッと心にはいる高音と適度に力強い歌声に夢を持つキラキラとしたアイドルらしい表情と逞しい表情に軽やかなステップを踏むダンスが魅力的だった。 私の中で、安藤誠明は完全なるアイドルになったのだ。 安藤誠明くん幸せをありがとう。 これからもその気持ちはずっと続くだろう。 youngは私の中で、あまりにも好きで大切な楽曲すぎてこれ以上語れない 色々考えると泣けてしまうから さよなら青春は 安藤くん推しなら知ってると思うけどひたすらハモりにハモっていた。 安藤くんが周りの練習生からどれほど歌唱面で頼られていたかがわかるようだった パートを練習生が決めたとかは定かではないけどね ハモりパートだらけすぎて抜かれなかったのが惜しかったけど、見てる人は見てるし聴いてる人は聴いている。 そう思えば、youngとグラマスのパート決めの時に 鶴房くんが誠明くんとやりたいな、とメインボーカル希望していた安藤くんと被らないパートを選んでくれたことを思い出す。 今までのステージで確実にメインボーカルの役目を果たしていた安藤くんを周りも認めてくれていたと思う。 声量おばけと言われてたくらいだしね。 mystaで安藤くんはバラードも得意だから披露したいといっていたので、ファイナルでバラードができること私もとても喜んでいた。 沢山ハモれてよかったなと心から思えた。 私はこれから、安藤くんのバラードがもっと聞けたら嬉しいなと思います。 さぁ、私は随分と長々と話してきましたね。 それは安藤くんはなぜ魅力的なのか、パフォーマンスを通して考えてみようと思ったからなのだけれども。 私はこうやって書き起こして気付いたことがある。 番組を通して 彼は私達に成長を見せ続けてくれた。 私達が期待することに応えようとし続けてくれた。 そして私達はその成長を楽しみ、喜び、応援していた。 何が魅力なのかって、それは結局わからない。 だって安藤誠明くんという存在そのものがとてつもなく魅力的だとしか私にはまとめられないからだ。 安藤誠明という存在そのものが魅力で、それが魅力的なのだ。 は?ここまで来て、それが結論?って思うでしょう。 でも考えてみたら、彼の魅力ってまだこれから沢山感じられるはずなのでここでまとめちゃう必要なんてないと思いません? ごめんなさい ただ、確かにひとつ言えること。 私達は安藤誠明という一人の魅力的なアイドルに出会えた、云わば勝ち組なのだ!!!そしてここまで好きにさせ、応援したいと思わせてくれるという事実こそ彼が本当の最強の男だということを証明しているのだと。 これを今回の結論にさせてほしい。

次の

イントロ&ストーリー|映画『さよならくちびる』公式サイト

さよなら青春 パート

主人公の競輪選手としての適性を見出す中年男に扮する舟木一夫は、昭和四十四年の松竹映画「いつか来るさよなら」以来九年振りの映画出演。 脚本は「桃尻娘 〈ピンク・ヒップ・ガール〉」の金子成人、同作の小原宏裕と中川好久の共同執筆、監督も同作の小原宏裕、撮影は西山東男がそれぞれ担当している。 1979年製作/109分/日本 配給:ATG ストーリー 有田勇(十八歳)は自らの青春を走ることに賭けていた。 佐世保の高校を卒業した彼は父親や兄の反対を押し切って体育大への受験をめざし、アルバイトを始めた。 市内の造船所で臨時工として働くことになった勇は、ある日、ロックハウスで踊り狂う、孤独な少女、明子と知り合った。 その頃、不況の波が街全体をおおい、勇の父が経営する鉄工所も人員整理の声が聞かれ、「家を継ぐのはお前しかいない」という銀行員の兄の身勝手な押しつけに勇は腹立たしくてならなかった。 そんなやるせなさを勇は明子の身体にぶつけるのだった。 しかし、勇は不況のため会社をクビになり、明子は妊娠してしまい、おろすにも金がなく、彼は窮地に追いこまれた。 そんなときに、銭湯で見た一枚のポスターが勇の人生の進路を変えた。 勇はかつての中学の教師であり、競輪に人生哲学を持つ植原純平に相談をもちかけた。 純平の助言で競輪選手になることを決意した勇だが、学校での厳しい練習に、能力の限界を感じるが、明子からの手紙に、走ることへの決意を新たにするのであった。 トレーニングに励む勇は、大学出のエリート山下に対抗意識を燃やしていた。 学校を卒業した勇は、デビュー戦から正攻法一本槍で六連勝したが、純平は脚力のいる先行法では勝ち続けることが出来ないことを知っていた。 十連勝を目前にして勇は純平の予測通り無残に潰された。 そのショックは大きかった。 走ることに執念を燃やし始めた勇の前に大きな壁がやってきたのだ。 そして、ライバル山下との対決もせまってきた。 宿命のレースは予想通り強烈な先行取りの戦いとなった。 山下との先行争いに夢中になった勇は、学校時代の親友、北原を落車させてしまった。 勇は山下に勝ったものの、レースの着順を告げるアナウンスは、勇、山下の失格を告げていた。 無謀な走行で北原に怪我させてしまった勇は、自転車から降りることを決意して、北原を見舞いに行くが、そこで、北原の兄でA級一班の誠一が、「お互いに走ることしか能のない男だよな……」と勇に優しく話すのであった。 誠一の言葉に勇気づけられ、故郷に帰った勇は、自分には走ることしか残されていないことを悟り、無人の佐世保バンクを走り続けた。 そして、それは勇の青春パートIIの始まりでもあった。

次の