馬 アレルギー。 あわてないで!!馬プラセンタでアレルギー症状が発生?対処法は?

雅子さま「涙」の告白 「私は“馬アレルギー”ではありません!」 報道の裏に「美智子さまの思惑」|菊ノ紋ニュース

馬 アレルギー

馬プラセンタをのんでたらアレルギー症状が!! でもちょっと待ってください!馬プラセンタにはアレルギー症状の改善効果もあるんです! どっちなの!!!と思いませんか? そこで今回はこの謎を解明していきます。 そもそもプラセンタは胎盤を意味し、馬プラセンタは馬の胎盤から抽出した成分になっています! 実は日本で販売されているプラセンタ商品はほとんどが豚から抽出した豚プラセンタになっていて、馬プラセンタの商品は少なくかつ値段も高くなっています、 ではなぜ馬プラセンタが高級なのかというと、豚ブラセンタよりも圧倒的に成分量が多くかつ安全性が高いんです。 2倍のアミノ酸が配合されています。 さらに豚プラセンタにはないアミノ酸も配合されていて、体に肌にいい効果があるんですよ。 馬のプラセンタに含まれている成長因子は豚プラセンタに比べてその活性度がはるかに高いことがわかっています。 成長因子の活性度が高ければ高いほど効果が実感できますよ。 まず、豚は病気にかかりやすく、予防のために薬剤が使われる機会が多いんです。 それに比べて、馬は体温が高く病気にかかりにくく、さらに寄生虫の繁殖もしにくい、またストレスに弱い生き物なので、薬剤の投与は極力避けるんです! なので、プラセンタにも不純物がまざりにくいプラセンタになります。 豚は1年に2回、1回の出産で10頭ほど赤ちゃんを産むのに対し、馬は人間と同じように1年に1頭しか出産をしません。 なので、1頭分の栄養しか必要ないので、プラセンタの成分量も高品質になっています。 以上が馬プラセンタの基礎知識になります! これを見ただけでもかなり効果があるように感じませんか? 馬プラセンタにはアレルギー症状を緩和させる効果がある!!! 実は馬プラセンタにはアレルギー症状を緩和させる効果があるのはしっていますか? 馬プラセンタには成長因子が含まれていることは上でかきましたね。 この成長因子にはさまざまな効果があり、免疫細胞を活性化させる作用があるんです! アレルギーはアレルゲンという物質が体の中に入ることで、免疫が過剰な反応を起こし、抗体を作ることで起こります。 そこで馬プラセンタを摂取することで、アレルギーの原因となる必要以上に抗体をつくることを抑える働きがあるんです。 今ではが使用されることもあるんですよ! 実際に毎日馬プラセンタのサプリメントをのんでいたら、アレルギー症状が緩和されたという方が多いです。 また、肌の新陳代謝が活性化されるので、肌のターンオーバー機能が上がり、アトピー性皮膚炎にも効果があることがわかっています。 しかし馬プラセンタでアレルギー症状は本当にまれです! ここではどんな症状がでるのか、対処法を書いていきますよ! どんな症状? プラセンタをとることで起こるアレルギーを「 異常蛋白アレルギー」といいます。 プラセンタにはたんぱく質がふくまれているので、このたんぱく質の摂取により、体に異常が起きてしまうのです。 症状としては肌のかゆみ、発疹、あかみといったもので、体調がよくないときにプラセンタを摂取するとおこる方が多いようです。 一過性の好転反応 一過性の好転反応というというもの身体に出てくる場合があります。 これは• 生理周期が短くなった• 生理の出血が多くなった• ニキビが多くなった このような症状がでる場合があるんですが、これらはホルモンバランスがととのい、 一時的に体がは反応しているだけなんです。 なので好転反応なのでアレルギーではないので注意してくださいね! アレルギー反応は上にかいた症状がでます! 対処法は? では対処法はどうしたらいいでしょうか? まず、好転反応の場合、一時的な体の反応なので、そのまま馬プラセンタを飲み続ければ症状は改善されます。 しばらく飲み続けことをお勧めします。 しかしアレルギー反応の場合、それが害になって表れているので、• 体調がいいときに飲む• 1日の摂取量を減らす このような対策をとってみてください! 体調がいいときに量を減らして飲んでも改善されない場合は、服用をすぐに中止して病院の受診をしましょう! もしかしたら蛋白アレルギーのをもっている可能性があります! 一度検査をしてもらうといいですよ。 アレルギー症状が出ないためには? では最後は馬プラセンタでアレルギー症状が出ないようにるための対策法を3つ書いておきます。 サラブレットは人間が作り出した馬の最高傑作です。 徹底管理の中育てられ、さらに胎盤も分厚くいいプラセンタが抽出できるのです。 なので、アレルギー症状も出にくいんですよ。 購入するまえにしっかりとどこの産地の馬か、サラブレットかを確認してくださいね! 心配なら国産馬のサラブレットを使用しているのが安心ですよ。 中には添加物が原因でアレルギー症状が出ている可能性も考えられます! 製品に自信をもって販売している会社は、添加物の有無もしっかり記載してあります!!! こういう細かいところも確認するのが大切です。 3食しっかりたべ、睡眠をきっちりとっていますか? 睡眠不足は自律神経の乱れの原因となり、アレルギー症状が出やすい状態になっています! 日頃の生活習慣がみだれている方はまずはここを改善させましょう。 この3つがアレルギー症状を出さない方法です! 生活習慣をととのえ、品質がいい物を選べばアレルギー症状は防げます!!! まとめ いかがでしたか? 今回は馬プラセンタとアレルギー症状についてみてきました。 最後はこの記事のまとめを書いておきます。 馬プラセンタは豚プラセンタよりも安全で、効果が高い• 馬プランタにはアレルギー症状の緩和に効果ある• しかし一方でたんぱくアレルギーの症状が出てしまう場合もある• アレルギー症状と好転反応を勘違いしないように注意する• 馬プランタはもともとアレルギー症状が出にくいので安心して服用できる 以上5点が今回のまとめとなります! もともとは馬プラセンタははアレルギー症状がでにくく、出る方がまれです。 むしろアレルギー症状を改善する効果があります! もし出てしまった場合は量を減らしたり、医師に相談してくださいね!.

次の

あわてないで!!馬プラセンタでアレルギー症状が発生?対処法は?

馬 アレルギー

はじめまして 恵那のクレイン会員です。 実は入会してすぐアレルギーが出てしまって 以来、レッスンに通うごとにどんどん悪化して 帰宅してからも寝込んでしまうほど具合が悪くなってしまうので マスクなどしてがんばって通ってはみたものの 5級ライセンス取得後1年以上も休会したままに・・・。 皆さんの中で馬アレルギーでお悩みの方、 それを克服して乗馬を続けている方はいらっしゃいますか? いろいろなルートで治療法などを調べたりお医者さんで聞いたりしましたが、 これという対処法はみつかりませんでした。 できたらご経験談、アドバイス、治療法などの情報について ぜひぜひ教えてください。 乗るのもお馬も大好き、 生涯の趣味にと意気込んで始めただけに とてもショックでどうしてもあきらめきれません。 入会前の試乗の際にもかなりアヤしかったのですが・・・ きっかけは入会後、厩舎でのお手入れレッスンの時。 ちなみに私の主な症状としましては・・・ 基本的にクラブハウス内に入っただけでまず鼻がむずがゆくなり、 厩舎に入るといきなりくしゃみ連発。 レッスンの間にくしゃみ、鼻水、目のかゆみがひどくなり 厩舎に戻ってのお手入れに至っては、上記の症状はさらに悪化し、 軽い呼吸困難、じんましんまででて、 帰宅後は軽く発熱してしまいます。 先生方はあまりひどいようなら馬のお世話はしなくていいとおっしゃるのですが、 お手入れも何もせず来て乗りっぱなしというのは、 乗馬を続ける上でどうしてもできないので、ついつい無理をしてしまいます。 自然の中でもっとのびのびと乗馬がしたい! もっとお馬と深くコミュニケーションしたい! もう少し、諦めずにトライしてみたいんです、ぜひアドバイスお願いします。 早速のご丁寧なコメント、アドバイスありがとうございます。 持込馬さん 綾乃庵さん やはり症状が出てしまうのを完全に押さえ込むのは無理なんですね…。 でもおふたりとも、それに負けずいろんな工夫を重ねて 乗馬を楽しんでいらっしゃる熱意に、お尻を叩かれた思いです。 今月でやはり一度退会しようと決心しかけていたのですが、 その前にせめてと思い、思い切って相談してみて良かったです。 生涯の趣味に・・・というなら、もっともっと本腰を入れて アレルギーに対処していかなくては!とあらためて勇気づけられました! もともとアレルギー体質で鼻炎や花粉症、動物(猫や犬)が原因で くしゃみやかゆみが出たりしていました。 乗馬後症状がヒドかった時に近くの耳鼻科で診てもらい、血液検査はしました。 その結果、馬の毛やフケが原因でアレルギー反応が出るとのことで、 ステロイド系の軟膏と点鼻薬をもらいましたが、 症状があまりひどいようなら、近づかないのがいちばんと言われてしまいました。 その結果にがっくり来ていたのですが・・・ 一度アレルギー科でしっかり検査を受け、 どのように対処するのがいいか相談してみます。 悪化させないよういろいろ気遣いが必要かとおもいますが、 私もぜひ参考にさせていただきます。 乗ってる間もマスクの下でアゴまで垂れてくるぐらい鼻水が止まらないんです。。。 帰る頃には目も全身もぱんぱんに腫れ上がって真っ赤になってしまって。 鼻うがいを練習してみます。 自分の気持ちを大切に、 無理が過ぎない程度に頑張ってみます。 あと、睡眠不足で乗馬をする時にやはり症状がヒドくなるので しっかり体調を整えてから、少しずつ復帰していくことにします。 はじめまして。 私もどうやら馬アレルギーになってしまったようです。 10月にクレインに入会し、10鞍目を乗馬した翌朝、首から上に湿疹が。 そして、顔はアンパンマンのようにぱんぱんに腫れてました。 皮膚科受診し、何かにかぶれたのでしょう、とのことで 飲み薬とステロイドの塗り薬が処方され、 3〜4日で何とかおさまりました。 次の週末、楽しい乗馬に しかし、翌日、また顔が・・・ 腫れ、湿疹、赤み、かゆみ、ちりちりした痛み 4日目の今日は皮膚がぽろぽろむけて悲惨な状態です。 「おそらく、馬でしょうね〜 発症1回目より2回目の方が症状が酷くなる」と皮膚科医。 今はアレルギー検査の結果待ちです。 とりあえず、12月は休会し、退会も考えてます。 長年の夢だった乗馬をやっと始めたところだったのに〜 と落ち込んでます。 「どうやら猫アレルギーらしい」そう思ったのは、まだ大学生だった2004年のことでした。 サークルの先輩が筑波大学大学院に進み、まだつくばエクスプレスも開業していなかったので、当時は東京駅から10分間隔で運転されていた高速バスで遊びに行ったときのこと。 先輩からは「新しい家族が増えたから」と言われていましたが、果たして…。 大人になりきっていないトラ猫でした。 先輩は中途失明し全盲。 2001年夏からに盲導犬と生活しています。 どこへ行くにも一緒、その冬に大学の実習講義でスキーに行ったときもたまたま一緒で参加者に男が少なく部屋も一緒。 犬も先輩と私の布団の間に入り込んで寝ていた状態でした。 服を毛だらけにされても何とも無かったのですが、この新しい家族は違いました。 まず襲ってきたのは目のかゆみ。 そして次はクシャミ。 居合わせたボランティアさんが私の異変に気付きましたが、先輩は気にも留めません。 しかし3時間ほど過ごすうちにみるみる悪化。 ついには犬もそれに気付いてしまったようで、しきりに様子を伺いに来ては離れてを繰り返します。 つくばセンターまで車で送ってもらって深呼吸をすると、症状は消え失せてしまいました。 ところが、社会人になりポニー乗馬を通じて青少年育成に取り組む団体でキャンプリーダーのボランティアをするようになると、顔にモロ鼻息をかけられても何ともないのに、厩務や手入れのときに目がかゆくなったりクシャミが出たりするようになりました。 何頭もの馬に接することで見えてきたのが「個体差」で、フケや抜け毛の多い馬のときに症状はひどくなりました。 しかしオシッコで濡れてしまったおが屑を新しいものに替えるときは何ともないのです。 同じことがクレインでも起きるかとは想定していましたが、やはり的中です。 それも夏以外の手入れのとき(夏は洗ってあげることが多いので)に多く、レッスン中もド派手にクシャミをしては周りの方に心配されることもあります。 馬から離れると症状は徐々に消えるため、やはり軽度の「馬アレルギー」なのかもしれません。 花粉症を例にすると、「アレルギー科」で診察を受けた場合は点眼薬と内服薬を一緒に処方することも多く風邪等と混同されることもまず無い(風邪を併発しているなら話は別)ですが、「眼科」「耳鼻咽喉科」など別の診療科にかかると各々で解る領域でしか治療、処方をしてくれないことが多いので注意が必要です。 またアレルギー科は発症部位の個人差が大きいので、まずトータルな視点で患者を診る必要があるとのことで、内科医が兼業していることが多く、症状により他科の医師を紹介したり共同診察となるようです(前職の産業医の話)。 私もアレルギー科医への相談を考えています。 最後に余談となりますが、大学卒業直前にサークル仲間で『成田ゆめ牧場』へ出かけました。 最強の花粉症シーズンで立体型マスクを付けて行きましたが、ウシ・ヤギ・ヒツジは問題なかったものの、体験乗馬のウマはおかしな顔に恐怖を覚えたのか後退り…マスクを外すと自ら寄ってきて触らせてくれました。 それ以来ウマの前ではマスクをしていません。 長々と失礼しました。

次の

馬アレルギーについて

馬 アレルギー

Contents• 文/一条あやか 不思議な宮内庁発表 10月2日に宮内庁は、11月22日~23日に両陛下が伊勢神宮を参拝される際、天皇陛下は儀装馬車を用いられるのに対し、雅子さまは御料車(自動車)を用いられると発表した。 平成の時代は両陛下(現、上皇ご夫妻)とも一つの儀装馬車に乗られた。 和装に馬車も自動車もチグハグなのが実情だが、今回は両陛下が別々の乗り物を用いられるという異例の事態が物議を呼んでいる。 しかも、雅子さまが馬車ではなく自動車を用いらられる理由は、雅子さまは 重度の馬アレルギーだからだという。 曰く、結婚前から馬アレルギーに苦しまれていたそうだ。 この宮内庁の発表は不思議だ。 というのも雅子さまが馬と接している写真があまりにも多く残されているからだ。 また、美智子さまは、適応障害で苦しまれる雅子さまに「乗馬」を薦められたことがある。 馬アレルギーの雅子さまに「乗馬」を勧めることなどあり得るだろうか? 謎が謎を呼ぶばかりだ。 馬と接する雅子さま 女性週刊誌にデマ情報が流れる 馬と接されている写真がある以上、雅子さまが「馬車に乗れないほどの」馬アレルギーであったとは考え難い。 だがこの宮内庁発表が独り歩きしてしまったのか、異様な報道がこれに続くようになった。 ある女性週刊誌では、宮内庁関係者が現れ、雅子さまの馬アレルギーについて、 「(雅子さまは)馬に近づく前にはアレルギー薬をのまれ、マスクを二重にしてつけられるなど、万全の対策を取られていたそうです。 それも、国民に心配をかけないように行われてきました」 と述べている。 続いて皇室ジャーナリストが現れ、 「ご家族で那須どうぶつ王国(栃木県)へ出かけられた際も、馬に近づかれることはあっても、乗馬はされませんでした」 と言及する。 だが、雅子さまは那須どうぶつ王国に出かけられた際、マスクをつけることなく乗馬されている。 これは写真にも残っている。 乗馬される雅子さま どうやらこの女性週刊誌に登場した宮内庁関係者と皇室ジャーナリストは、皇室のことに詳しくないらしい。 少し調べれば解ることなのに、わざわざデマを書くのはなぜであろうか? 悲しみの雅子さま 雅子さまの馬アレルギー発表と、それに追随する女性週刊誌報道は、少なからず宮内庁に衝撃を与えたようだ。 ある宮内庁関係者は次のように証言する。 「雅子さまが馬アレルギーなど寝耳に水でした。 皇族の方々の健康状態はトップシークレットですが、雅子さまが馬アレルギーというのはあまりに説得力がないです。 某女性週刊誌では、雅子さまが馬に近づかれる際には『マスクを二重にしてつけられる』など書かれていますが、そんなお姿を誰も見たことがありません。 そして『乗馬はされませんでした』という証言にも驚かされました。 雅子さまは何度も乗馬されています。 平然とデマが流されており、大変驚いています。 雅子さまも宮内庁発表と週刊誌報道を受けて大変驚かれたことでしょう。 皇后というお立場でなければ、『私は馬アレルギーではありません!』と声を大にして仰ったに違いありません。 それが言えないお立場、ご心痛いかばかりかと存じ上げます。 心ない発表・報道の連続に、 心中お涙されたに違いありません」(宮内庁関係者) なぜ馬アレルギーと発表・報道されたのか? なぜ雅子さまは「重度の馬アレルギー」ではないのに、そのように報道されてしまったのであろうか? 先の関係者は次のように予想する。 「アレルギーではなく『馬が苦手』といった程度が真相ではないでしょうか? それを周りが勝手に色々と忖度して『重度のアレルギー』ということにしてしまったのだと思います。 もちろんこの『色々』には美智子さまもご意向も含まれています。 美智子さまはかつて、御代替わりを終えられると香淳皇后(昭和天皇の皇后)と同じ皇居に住みたくないという理由で皇居の自然林を伐採してしまうなど、ご自身の『領域』を守られる方なので…。 おそらく自分の使って馬車を雅子さまに使ってほしくないという思いがあり、それを宮内庁の担当が忖度してしまったのでしょう」(同前・宮内庁関係者) 美智子さまといえば引っ越し作業の遅れから、皇居の引き渡しが未だ終わっていないことでも疑問の声が上がっている。 上皇上皇后陛下の「権威」は、令和の世になっていまだ健在だ。

次の