沢尻エリカ。 沢尻エリカ容疑者「10年以上前から」コカインや大麻も:朝日新聞デジタル

沢尻エリカ「中国で復帰」計画 のりピーの中華圏再起が教科書に

沢尻エリカ

10年以上にも及ぶ薬物まみれの過去がアブり出されたエリカ様。 ピエール瀧、元ジャニーズの田口淳之介がパクられても、クスリが手放せなかったのだから、よほどの中毒者だったのか。 逮捕前のヤバイ言動からドラッグ人脈まで、総力を挙げてレポートする。 11月15日に合成麻薬MDMAを所持していたとして逮捕された沢尻エリカ(33)。 その1週間後には、逮捕時に自宅から押収されたもう1錠のカプセルもMDMAだったことが判明したが、さらに人気女優とは思えない「セックス余罪」までが浮上していた。 「有名人が逮捕されるたびに、私も危ないんじゃないかと思っていた」 警察の取り調べに、こう言って10年以上に及ぶ薬物使用を供述した沢尻。 彼女を巡り、各所から「エロ奇行」の証言が漏れ聞こえてくる。 沢尻が頻繁に通っていたという都内クラブの常連客であるIT関係者が語る。 『ブラジャーの中にクスリを隠していた』と報道されましたが、常連の間では『パンツの中にクスリを入れている』ともっぱらの噂でした」 パンティー隠蔽説が流れたのも、沢尻のこんな奇行を目撃していたからだ。 「クラブのフロア内で、スカートの上からやたらと股間周辺を気にしている沢尻を目にした人間は、私も含めて何人もいます。 クラブではこんな奔放すぎる目撃情報も。 「彼女はいつも個室のVIPルームにいたのですが、泥酔するとお気に入りの男を除く仲間全員に『ちょっと出ていって』と命令するんです。 それで2人きりにさせて、数十分くらいたつとスッキリした表情で出てくる。 『どう見ても一発ヤッてる』と、ささやかれていました」(IT関係者) クスリだけでなく、酒と男に溺れたプライベートが明かされる中で、海外では誰はばかることなく思い切りハメを外していたようだ。 IT関係者が知人から聞いた話では、 「今から7、8年ほど前に、クラブ文化の聖地として知られるスペイン・イビサ島のホテルで、見るからにキマッている沢尻を見かけたんです。 こちらも日本人だとわかったとたんに、奇声を上げて抱きついてきたと聞きました」 この島はドラッグが蔓延する観光地として知られるだけに、ハジけるには格好の舞台だったのだろうか。

次の

「ヤバい」男女の営みを「全部試した」!沢尻エリカ、「衝撃の奇行肉声」をキャッチ

沢尻エリカ

数年前に一部で「大麻常習者」と報じられており、本人も「以前から違法薬物を使っていた」と認める供述をしているという。 来年1月スタートのNHK大河ドラマ『麒麟がくる』では重要な役どころを任されていたほか、沢尻容疑者は数多くのCMや映画に出演しており、今後は莫大な損害賠償金が発生するとみられている。 報道によると、その金額は5億円にも上る可能性があるという。 長い年月をかけて築き上げた地位を失ってでも、沢尻容疑者がMDMAを使い続けた理由とはなんなのだろうか。 感情を増幅させるMDMA 「MDMAは『セックスドラッグ』などと報道されているが、その効果は使ったときの気分やシチュエーションにも関係する。 一言で言えば、喜怒哀楽の感情を増幅させるんだ」 MDMAの使用経験があるA氏は、こう語る。 「あの頃のバツにはね、そのときの感情を増幅させる効果があったよ。 うれしさも増すし、悲しさも増すんだ。 初めて使ったのは、風俗嬢を呼んだときだった。 何度かプレイしていて、彼女との相性も良かったので、俺だけ飲んだんだ。 『あれして、これして』と超わがままになり、気がつけばプレイ時間が終了していた。 『もう、そろそろ……』と彼女に言われて2回も延長したけど、わがままは相変わらずで最後は彼女が疲れ果てていたな。 2回目は、メールチャットで知り合った初対面の女性と一緒にホテルで飲んだとき。 俺が最初に飲み、数分してから彼女も飲みたいと言ってきた。 何度も会話して打ち解けていたはずだけど、奥底にあった彼女の緊張感が増したのか、クローゼットの中に閉じこもってしまった。 『今はここにいさせて』と言いながら、全然出てこないんだ。 仕方ないから、効果が切れるまで3時間ほど待ったよ。 俺は逆に冷静になってしまったね」(A氏) PTSDの治療薬としても研究が進む MDMAには、ドーパミンなどの脳内ホルモン放出を増大させる効果があるといわれる。 飲んで20分もすると体温が上昇して、心拍数も高まる。 現在はPTSD(心的外傷後ストレス障害)の治療に効果があるともみられており、アメリカでは治療薬としての研究が進んでいるという。 湾岸戦争でのPTSDに苦しむ退役軍人への効果が期待されているとの話もある。 「MDMAはうつ病やうつ症状の人に効果があるのでは?」とA氏に聞くと、こう答えた。 「それはあると思う。 3回目に前述の風俗嬢と一緒に飲んだとき、お互いに目の前の相手が愛しくなってね。 お互いの気分が同じベクトルに向かって増幅していき、ずっとキスしていたよ」(同) MDMAが別名「エクスタシー」と呼ばれる理由が、なんとなくわかる気がする。

次の

「目的は沢尻エリカの弱みを握り、脱がせてカネにすることだった」――元夫・高城剛氏が語っていた薬物問題の“真相”

沢尻エリカ

沢尻エリカ「別に」発言で大バッシング!竹内結子が原因だった? 沢尻エリカ「別に」発言騒動は竹内結子の「ひと言」が引き金だった!? 沢尻エリカといえば、「別に」発言騒動が思い浮かぶ人も多いことでしょう。 高飛車な女優というイメージで、「エリカ様」と呼ばれるキッカケともなった「別に」発言騒動は、2007年9月29日に行われた映画「クローズドノート」の舞台挨拶での出来事でした。 当時21歳だった沢尻エリカが主演した「クローズドノート」は、「世界の中心で、愛をさけぶ」(2004年)の行定勲監督が手掛けるということで、注目中の舞台挨拶でした。 沢尻エリカをはじめ、竹内結子や、黄川田将也、山口愛(子役)、行定勲監督が壇上で並びましたが、登場した時からあからさまに不機嫌な様子だった沢尻エリカ。 終始腕組みをしたままで、インタビュアーの富永美樹(元フジテレビアナウンサー)の質問にも、「特にないです」「別に」と睨み付けるような表情のままでした。 キレ気味に答える沢尻エリカの様子には、舞台上の竹内結子も思わず苦笑いしていました。 しかし、この騒動、舞台挨拶前に竹内結子が沢尻エリカへ放った「ひと言」が引き金だったのではないか、と言われています。 舞台挨拶当日の沢尻エリカは、金髪のカツラに、ワンショルダーのワンピースという露出が多めのド派手スタイル。 しかもワンピースは緑色のヒョウ柄というワイルドなデザインでした。 それを見た竹内結子が「ギャートルズみたいで可愛いね」と言ったことが原因で、沢尻エリカが不機嫌に。 気持ちを立て直すことなく舞台挨拶が開始され、あの態度を取ってしまったのではないかという噂です。 竹内結子が揶揄した「ギャートルズ」とは、「はじめ人間ギャートルズ」という架空の原始人をモチーフにしたギャグアニメです。 ワンショルダーでヒョウ柄のワンピースという沢尻エリカの衣装は確かに、「ギャートルズ」の原始人風に見える感じありました。 皮肉なのか、褒めるつもりだったのか、竹内結子の真意は分かりませんが、21歳の沢尻エリカをご機嫌斜めにするひとつの原因になったのやも知れません。 沢尻エリカは涙の謝罪会見からキャラ変更した!? 「別に」発言が大きくマスコミに取り上げられ、大バッシングを受けた沢尻エリカ。 騒動から約1カ月後の2007年10月に、「スーパーモーニング」の独占取材で、騒動について謝罪を行いました。 「別に」発言騒動を振り返った沢尻エリカは、うって変わって、別人のようなしおらしい態度で世間を驚かせました。 とりわけ大きく取りあげられたのは、大粒の涙を流した場面。 舞台挨拶での不遜な態度や発言を反省している様子でしたが、この謝罪からしばらく、主立った芸能活動が見られなくなりました。 しかし2008年12月、22歳年上の映像作家・高城剛と電撃結婚し、ワイドショーを再び騒がせました。 翌年の2009年9月末にスターダストプロモーションとの専属契約を終了し、2010年春まで芸能活動を休止します。 2010年3月、スペインに個人事務所「エル・エクストラテレストレ」を設立すると、沢尻エリカは本格的に芸能活動を再開。 たかの友梨ビューティークリニックの巨大広告でも美しいスタイルを披露し話題となりました。 しかし、2007年の謝罪については、「自分の本意ではなかった」「事務所の方針で謝罪会見を行った」と語ったため、「あれは嘘泣きだったのか?」とまたもやバッシングを受けることになります。 しおらしい態度でキャラ変更か!?と思いきや、どうやら芯は強気で男っぽい性格の沢尻エリカ。 2013年11月15日放送の「A-studio」でも、自身のことを「すぐ(感情が)顔に出てしまう」「本当に(質問者が)聞きたくて聞いているのか、(興味がないと分かったら)即シャットダウンしてしまう」と語っています。 「別に」発言騒動も、同じ質問ばかりされて飽き飽きしている上に、睡眠時間もほとんど確保できないほど超多忙でイライラMAXだった21歳、沢尻エリカの若さゆえの失態と言えそうです。 沢尻エリカのドラマ・映画の演技力評価!整形疑惑の真相は? 沢尻エリカ出演ドラマや映画はやっぱりすごい!?演技力の評価! 日本人の父と、アルジェリア系フランス人の母を持つハーフ美女の沢尻エリカは、その美貌とスタイルの良さを活かし、小学6年生の時にモデルをキッカケに芸能界デビュー。 女優としても順調に活躍の場を広げていきました。 2005年に上映された「パッチギ!」(井筒和幸監督)での演技が高く評価され、2006年第29回日本アカデミー賞新人俳優賞、話題賞(俳優部門)を受賞したことで、沢尻エリカは一躍、人気女優の仲間入りを果たします。 また、2005年の初主演ドラマ「1リットルの涙」(フジテレビ)で、難病に冒されながらも健気に運命と向き合うヒロイン池内亜矢役を熱演。 心を動かす演技が評価され、2006年エランドール賞新人賞、第43回ゴールデン・アロー賞新人賞を受賞など華々しい受賞を重ねました。 2007年の「別に」発言騒動前は、ピュアで健気な役どころが多かった沢尻エリカ。 しかし、2012年主演映画「ヘルタースケルター」では、危険な全身美容整形を施して、ドラッグやストレスで心身共に崩壊していくファッションモデルを演じ、壮絶な演技で大注目を集めます。 「ヘルタースケルター」で第36回日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞した沢尻エリカの演技力は、誰もが認めるところ。 その後も、「ファーストクラス」(2014年)、「ようこそ、わが家へ」(2015年)、「大奥」(2016年)など話題のドラマに出演します。 特に、2016年8月の「24時間テレビ」(日本テレビ)内で放送されたスペシャルドラマ「盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~」での沢尻エリカの演技は、評価が高いようです。 突然の病で失明し、生きる希望をなくしかけてしまう夫(加藤シゲアキ)と真摯に向き合い、支える妻を好演した沢尻エリカ。 その演技力は、さらに磨きが掛かったと言えますね。 沢尻エリカ「お直し」はしているのか?整形疑惑の真相は? 「なりたい顔No. 1」(2007年)に選ばれたこともあるほど、誰もが羨む美しい顔立ちの沢尻エリカですが、整形疑惑が取り沙汰されることも、しばしばありました。 芸能界で活躍する美女にとって、避けて通れない話題が「整形疑惑」でしょう。 沢尻エリカ、「歯列矯正」は行っていることです。 デビュー当時の写真を見ると、八重歯が覗くキュートな笑顔が印象的ですが、現在は八重歯もなく歯並びも整えられています。 歯列矯正以外では、「目」と「鼻」について「整形疑惑」が上がっていますが、当然ながらどれも決定的と言える証拠はありません。 少女から大人の女性へと成長する過程での変化もありますし、女性はメイクで驚くほど変貌することからも、「整形」したとは言い切れないのが実際のところ。 しかも沢尻エリカの場合は、かつてヘアメイクアーティストになることを夢見たほどですから、メイクへのこだわりは相当のものだと思われます。 そのため、「整形」ではなく、あくまでメイクアップのなせる技と言えるかも知れません。 沢尻エリカ主演ドラマ「母になる」に注目!「エリカ様」と電話できるCMも5日で着信5万件越と大人気に! 何かとお騒がせの女優、沢尻エリカも30歳。 「別に」発言騒動、電撃結婚と離婚と、波瀾万丈の女優人生ですが、最近はバラエティ番組でナチュラルな飾らない言動を見せるなど、一時の尖った印象もなく、大人の女性になりました。 サントリーチューハイ「ほろよい」のCMで見せた、スッキリとしたショートカットのヘアスタイルと爽やかな笑顔も話題となりました。 このCMにはちょっと変った企画があったことで、さらに注目されました。 CM中で沢尻エリカが持っているスマホ画面に映し出されている番号に電話すると、「エリカ様」から折り返し電話がかかってくるという企画です。 CM中に一瞬見える「erika:05 7000 4641」に電話すると、「エリカ様」の留守電アナウンスが流れ、自分のスッキリさせたいことをメッセージに残せます。 メニューに沿って、「ちょっと自信がない」「背中を押して欲しい」「何だか疲れている」「最近失敗しちゃった」という4パターンのどれかを選択して電話を切ると、そのパターンに合わせて、「エリカ様」から折り返し電話がかかってくるという手の込みようです。 なんと5日で着信5万件越え、なかなか折り返し電話が掛かってこないという大人気でした。 CMも話題の沢尻エリカ主演ドラマ「母になる」(日本テレビ)が、4月12日水曜夜10時より放送が開始されました。 幼い子供を誘拐されてしまった母親役を沢尻エリカが演じる、ドラマ「母になる」は今期注目ドラマのひとつです。 誘拐事件が原因で離婚した元旦那役には藤木直人、他にも小池栄子、板谷由夏がキャスティングされ、早くも話題となっています。 ささやかな幸せを手にした平凡な主婦が、誘拐事件によって愛する我が子と離れ、9年後に再会するという難しい役どころを演じる沢尻エリカ。 スッキリと凜とした大人の魅力で、新生「エリカ様」がどのような演技を見せてくれるのか期待大です。

次の