米 なす の 食べ 方。 ベイナス/米茄子/べいなす<ナスの品種:旬の野菜百科

米ナスを使ったレシピ・作り方一覧(19件)

米 なす の 食べ 方

野菜図鑑• 米なすの特徴 米なすはアメリカの大型品種をもとに国内で改良されたなすです。 サイズが大きいのが特徴で、一般的ななすが120~150g程度なのに対し、米なすは300~400gくらいあります。 また、普通のなすはヘタの色が濃い紫色ですが、米なすはヘタが緑色なのも特徴です。 ちなみに、米なすと普通のなすは栽培途中でも見分けることができます。 普通のなすは茎や葉脈が紫色をしていますが、米なすは茎も葉脈も緑色。 果皮が黒に近い濃い紫色なので、ヘタの明るい緑色が対照的で目立ちます。 米なすは皮がしっかりとしていて、果肉もかたいので煮崩れを起こしにくく、煮物や焼きなす、ステーキなどに最適。 火を通すことで油やダシをよく吸収し、味わいが豊かになります。 品種としては「くろわし」や「太郎早生」などがありますが、品種名で売られていることはほとんどありません。 米なすの選び方(見分け方) 米なすは果皮がつややかで張りがあるものが新鮮な証拠です。 手に持ったときに少し重みを感じるものがよいでしょう。 反対に避けたほうがよいのは、傷やへこみがあるものや表皮がかたくなったものです。 また、ヘタの先端が乾燥して縮れているものも収穫から時間が経っています。 米なすの食べ方 米なすは煮物にしてもおいしいですが、油との相性のよさを生かした料理がおすすめです。 厚めに輪切りにしてソテーにすると、とろりとした食感が楽しめます。 シンプルにフライパンでソテーするだけでもよいですし、油をオリーブオイルやごま油に変えると異なる風味を楽しめます。 皮のかたさが気になる場合はピーラーで皮を縞状にむいておくとよいでしょう。 また加熱する際は、格子状に切り込みを入れておくと火の通りがよくなります。 米なすはピザ用のチーズや田楽味噌、ミートソースなどとも好相性。 こってりとした味付けとやわらかい果肉の味わいは、米なすならではのものです。 なお、米なすは縦に切って使う場合と横に輪切りにする場合で歯ごたえに違いが出ます。 調理法や好みで、工夫してみてください。 米なすの旬(出回り時期) 米なすは5月から9月頃に多く出荷されます。

次の

海外版 お米の食べ方はこんなにあった。白米に飽きたら試してみよう

米 なす の 食べ 方

なすの煮びたしのなすの切り方 なすの煮びたしは、 味の染み込みをよくし、箸や口で皮を割きやすくするために、皮に切り込みを入れるとよいです。 ヘタを切り落として縦半分に切り、皮に2〜3mm間隔で浅く切り込みを入れます。 次にフライパンの底面に皮が当たりやすくするために、なすをさらに縦半分にします。 あとは水にさっとつけてアクを抜きます(炒める直前にざる上げして、キッチンペーパーなどで水気をふき取るとよいです)。 なすの煮びたしには生姜の風味がぴったりなので、生姜は 皮ごと包丁の腹の部分で軽くつぶして使います。 生姜を入れて弱めの中火にかけ、生姜がフツフツとなってくれば一度火を止め、 なすの皮を下にしてきれいに並べてから、再び火をつけます(中火程度)。 ここでなすの皮側を油で炒めます。 なすの皮側に火が通って全体的にきれいな紫色になれば、なすを返して残りの2面を軽く焼きます。 Aを加え、煮汁が沸いたら そのまま3~4分煮ます。 はじめにしっかり炒めているので煮る時間は短めでOKです。 なすに火が通れば、保存容器や器に煮汁ごと移します。 熱々でも美味しいですが、2〜3時間以上味をなじませてから食べるのもおすすめです。 冷蔵庫に移して、翌日に食べてもとても美味しいおかずです。 仕上げに刻みねぎやみょうがなどの薬味を合わせても。

次の

奥久慈なす農家・梶山肇司さんに聞く!なすの栽培、おいしい食べ方

米 なす の 食べ 方

なすの煮びたしのなすの切り方 なすの煮びたしは、 味の染み込みをよくし、箸や口で皮を割きやすくするために、皮に切り込みを入れるとよいです。 ヘタを切り落として縦半分に切り、皮に2〜3mm間隔で浅く切り込みを入れます。 次にフライパンの底面に皮が当たりやすくするために、なすをさらに縦半分にします。 あとは水にさっとつけてアクを抜きます(炒める直前にざる上げして、キッチンペーパーなどで水気をふき取るとよいです)。 なすの煮びたしには生姜の風味がぴったりなので、生姜は 皮ごと包丁の腹の部分で軽くつぶして使います。 生姜を入れて弱めの中火にかけ、生姜がフツフツとなってくれば一度火を止め、 なすの皮を下にしてきれいに並べてから、再び火をつけます(中火程度)。 ここでなすの皮側を油で炒めます。 なすの皮側に火が通って全体的にきれいな紫色になれば、なすを返して残りの2面を軽く焼きます。 Aを加え、煮汁が沸いたら そのまま3~4分煮ます。 はじめにしっかり炒めているので煮る時間は短めでOKです。 なすに火が通れば、保存容器や器に煮汁ごと移します。 熱々でも美味しいですが、2〜3時間以上味をなじませてから食べるのもおすすめです。 冷蔵庫に移して、翌日に食べてもとても美味しいおかずです。 仕上げに刻みねぎやみょうがなどの薬味を合わせても。

次の