混合育児 仕事復帰。 【体験談】母乳とミルクの混合育児。授乳方法のポイントやミルク量の考え方|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

出産後すぐの職場復帰で母乳育児は可能ですか?

混合育児 仕事復帰

職場復帰で母乳育児は続ける?やめる?復職時にママが直面する問題 最近は保育園入園事情の関係で0歳児で復帰するママが増えてきました。 0才児といってもあんよしている11か月児もいれば、まだ首の座るか座らない2~3か月児もいます。 中には産後休暇8週目で復帰する人もいます。 ママ達が直面するのが、「今出ている母乳をどうするか?」または「ミルク(哺乳瓶)を飲まないけれどどうしよう?」という問題です。 ママの希望と保育園の方針も違ったりします。 ケースバイケースでの対応を考えてみたい思います。 <目次>• 復帰前に断乳したいママ向けの対策 通勤に時間がかかる、もう高月齢で離乳食も食べているので授乳に時間を取られたくない、夜泣きもあるので復帰の際に断乳して夜はぐっすり休みたいという希望のママは復帰までに断乳したいと思うでしょう。 母乳の分泌には個人差がありますが、分泌がよい人は復帰に向けてあまり吸わせない様にして、一種の「うつ乳」の状態を作ります。 最初は張って苦しいのですがおっぱいにもうこのおっぱいは吸わないから作るのをやめてね、というサインを送るのです。 冷やしたり、圧抜きをしたりして乗り切りましょう。 断乳のやり方はこちら「」を参考にしてください。 今は卒乳に向けて日中のおっぱいの張りを軽減するハーブティーもありますので利用してみるのもよいでしょう。 仕事に復帰しても母乳育児を続けたいママ向けの対策 ピジョン 搾乳器 手動と電動がある 保育園に行っている時はミルク、でもお迎え~翌日の朝や休日は出来るだけおっぱいを上げたいというママもいるでしょう。 離乳食が始まっている子もいますし、まだミルクやおっぱいだけという赤ちゃんもいます。 母乳を続けたい場合は出し続けないといけませんので、職場でも出来たら2~3回は搾乳できるといいですね。 搾乳の仕方はを参考にしてください。 分泌のよい人は3回搾乳できると夕方カンカンに硬くならずに帰宅できます。 帰宅したらすぐ授乳をしましょう。 夜も寝る前やお風呂あがりにはしっかり吸わせます。 1回目の搾乳は午前10時代を目安に、もちろん休憩の時間ではないのでトイレに行った時に圧抜き程度にすると良いでしょう。 2回目はお昼休憩時に、昼食を食べたらがっつり搾乳します。 3回目は午後3時頃、これも10時の時と同じ圧抜き程度 に搾乳しましょう。

次の

【体験談】母乳とミルクの混合育児。授乳方法のポイントやミルク量の考え方|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

混合育児 仕事復帰

完全母乳での育児では、頻繁に授乳をしなければならないため、ママの身体が休まらないことがあります。 母乳が出づらい場合や赤ちゃんに乳首を吸わせづらい場合には、授乳自体がママのストレスになってしまうこともあるでしょう。 ママが病気で薬を飲まなければならないときにも、赤ちゃんへの薬の影響が気になるかもしれません。 母乳育児にミルクを取り入れると、パパやほかの家族がママに替わって赤ちゃんに授乳をすることができます。 ママの負担を軽くすることができるだけでなく、ママに用事があるときには、赤ちゃんを預けて出かけやすくなるというメリットもあります。 いったんママの乳首に慣れると哺乳瓶を嫌がる赤ちゃんも多いため、比較的早期に仕事復帰したいママが混合栄養を選択する、というケースが多いようです。 また、ミルクは母乳に比べて腹持ちが良いため、夜だけミルクを取り入れることで赤ちゃんがよく寝てくれるという場合もあるでしょう。 ミルクであれば人前でもすぐに赤ちゃんに授乳できるため、おでかけのときにミルクを取り入れるのもひとつの方法です。 混合育児から完全母乳育児(完母)に移行したい場合は、頻回の授乳によって母乳の分泌量を増やし、赤ちゃんが上手におっぱいを飲めるようにしましょう。 1~3時間ごとに1日8回以上、頻繁に赤ちゃんに母乳を与えます。 ミルクを与える間隔を徐々に広げていきましょう。 体重が順調に増えていて、おしっこが1日6~7回しっかりと出ていれば、母乳だけで栄養が足りています。 不安な場合には、赤ちゃん用のスケールをレンタルするなどして、授乳前と授乳後の赤ちゃんの体重を測るのも良いでしょう。 赤ちゃんがおっぱいから上手に母乳を飲めないときは、慣れるまで搾乳した母乳を哺乳瓶で与えるのも良い方法ですが、あまりにも哺乳瓶からの授乳が続くと直接母乳を吸わなくなってしまう可能性があります。 心配なときは助産師に相談しましょう。

次の

【出産後の仕事復帰】母乳の問題を解決して社会復帰する3つの方法

混合育児 仕事復帰

完全母乳での育児では、頻繁に授乳をしなければならないため、ママの身体が休まらないことがあります。 母乳が出づらい場合や赤ちゃんに乳首を吸わせづらい場合には、授乳自体がママのストレスになってしまうこともあるでしょう。 ママが病気で薬を飲まなければならないときにも、赤ちゃんへの薬の影響が気になるかもしれません。 母乳育児にミルクを取り入れると、パパやほかの家族がママに替わって赤ちゃんに授乳をすることができます。 ママの負担を軽くすることができるだけでなく、ママに用事があるときには、赤ちゃんを預けて出かけやすくなるというメリットもあります。 いったんママの乳首に慣れると哺乳瓶を嫌がる赤ちゃんも多いため、比較的早期に仕事復帰したいママが混合栄養を選択する、というケースが多いようです。 また、ミルクは母乳に比べて腹持ちが良いため、夜だけミルクを取り入れることで赤ちゃんがよく寝てくれるという場合もあるでしょう。 ミルクであれば人前でもすぐに赤ちゃんに授乳できるため、おでかけのときにミルクを取り入れるのもひとつの方法です。 混合育児から完全母乳育児(完母)に移行したい場合は、頻回の授乳によって母乳の分泌量を増やし、赤ちゃんが上手におっぱいを飲めるようにしましょう。 1~3時間ごとに1日8回以上、頻繁に赤ちゃんに母乳を与えます。 ミルクを与える間隔を徐々に広げていきましょう。 体重が順調に増えていて、おしっこが1日6~7回しっかりと出ていれば、母乳だけで栄養が足りています。 不安な場合には、赤ちゃん用のスケールをレンタルするなどして、授乳前と授乳後の赤ちゃんの体重を測るのも良いでしょう。 赤ちゃんがおっぱいから上手に母乳を飲めないときは、慣れるまで搾乳した母乳を哺乳瓶で与えるのも良い方法ですが、あまりにも哺乳瓶からの授乳が続くと直接母乳を吸わなくなってしまう可能性があります。 心配なときは助産師に相談しましょう。

次の