日本医学放射線学会。 日本放射線技術学会雑誌

認定医,専門医,指導医および研修機関の申請について

日本医学放射線学会

紹介 本会は日本医学放射線学会の地方会として、関東地方における放射線医学およびこれに関連ある研究の連絡提携および促進をはかり、もって学術の発展に寄与することを目的とします。 関東地方とは、東京都および栃木、茨城、群馬、千葉、埼玉、神奈川、山梨、長野の1都8県の広い範囲の地域を含み、会員数は平成27年3月現在で2,876人を数えます。 本会の事業として、定期大会を年2回(6月および12月)開催し、当番会長の企画で口演、展示、特別講演、ランチョンセミナーと多彩で充実したプログラムが組まれ、質の高い発表と活発な議論が展開されています。 また、通年企画として若手放射線科医を対象とした「地方会定例講座」があり、部位別のカテゴリカルコースの性格を有する教育講演を設けています。 テーマの設定は当番会長と世話役会の合議により決定されます。 関東地方会セミナーは、地方会主催の大きな教育的事業で、定期大会とは別に年1回(2月)開催されます。 プランナーによって毎回時機を得たテーマが設定され、2日間にわたり教育的な講演が行われます。 このセミナーは若手の先生方の教育あるいはすでに経験豊富な先生方への系統的なリフレッシャーコースとして好評を博しています。 また、会員への情報提供として、地方会ニュースを定期大会の開催に合わせて発行しています。 これには、世話人会の議事録を掲載するとともに、担当世話役により時機にあったトピックが取り上げられ、会員への情報提供と意見交換が行われています。

次の

医学物理士になったら日本放射線技術学会(JSRT)は退会しても大丈夫?

日本医学放射線学会

大会長 奥田 保男、実行委員長 梁川 範幸 2020年4月9日~12日にパシフィコ横浜で開催予定の第76回日本放射線技術学会総会学術大会は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響により,Webを利用したオンライン上での開催となりましたので,現在決定していることについて急ぎご案内します. なお,できるだけ多くの会員の皆様にご参加いただけるように,「正会員」区分でWeb開催に参加登録いただいた方に関しては,2021年度の本学会の年会費を減額する措置を設けましたので,ぜひ,多くの皆様のご参加をお願いします. 1.開催期日 2020年5月15日(金)18時 ~ 6月 5日(金) 14日(日)17時(参加登録は正午まで) 2.開催方法 Web等を活用した学会,展示会• 音声が付いている演題や講演があります.• 参加登録費のお支払い方法はクレジットカードのみとなります。 参加登録費のお支払いは参加登録時の決済となります。 不明点はお問い合わせください。 5.新企画 以下についてWebならではの表彰を予定しています.• 従来のCyPos賞• 多くのアクセス数を獲得した演題• 多くのアクセス数を獲得したシンポジウムなどの演者• 良い質問をされた方• 良いとりまとめをした座長• MRI 装置のハードウエア 山本 徹(北海道大学) 2. 生物学的影響 山口さち子(労働安全衛生総合研究所) 3. 高磁場 MRI の現状と課題 ~7T MRI の使用経験から~ 福永 雅喜 (生理学研究所) 4. ASTM 及び ISO 基準に基づく体内植込み型医療機器の MRI 安全性評価 黒田 輝(東海大学) 5. Step2.各発表資料CYPOSに1桁か2桁、もしくは5桁の視聴確認用コードが挿入されておりますので メモをご準備ください。 1セッション計12桁のコードになります。 Step3.閲覧後に12桁の視聴確認用コードを、専用の受講証明書申請画面よりご入力ください。 ご入力いただいたコードが正しければ、6月下旬に受講証明書を発行 郵送 いたします。 この証明書のご提出をもとにポイントの付与を行います。 Step1.以下2つのセッションのCYPOSを閲覧してください。 ・教育講演9 放射線治療部会 ・第80回放射線治療部会 Step2.各発表資料CYPOSに2桁または4桁の視聴確認用コードが挿入されておりますので メモをご準備ください。 「教育講演9 放射線治療部会」セッションのコード と 「第80回放射線治療部会」セッションのコードを繋げて、計12桁のコードになります。 Step3.閲覧後に12桁の視聴確認用コードを専用の「受講証明書申請画面」よりご入力ください。 ご入力いただいたコードが正しければ、6月下旬に受講証明書を発行 郵送 いたします。 ——————————————- 参考1:放射線治療部会ワークショップの「受講証明書申請画面」の場所 1. Web参加登録後に表示されるページの中間部にある「JRST」ロゴボタンをクリック。 「JSRT」ページが表示され、下部に「受講証明書申請画面を開く」リンクがあります。 参考2:放射線治療部会ワークショップの2つのセッションの場所 1. Web参加登録後に表示されるページの「Search for Scientific Programs(科学プログラムを検索)」ボタンをクリック。 上部のTime Tableで「JSRT」を選択し、4月12日(日)ページへ。 プログラム表の1段目左上に該当の下記タイトルが表示されますのでクリック。 8.Web参加登録の出席証明書の発行について JRC2020webでは以下条件を満たした参加者に参加証明を発行いたします。 【参加証明発行条件】 ・第76回日本放射線技術学会総会学術大会web登録者向けコンテンツサイトへのログイン なお、参加証明発行時期は、JRC2020web会期終了後を予定しております。 JRC2020web運営事務局から6月下旬に郵送されます。 詳細は下記ページの「参加証明・単位取得について」をご参照ください。

次の

[お知らせ]第76回日本放射線技術学会総会学術大会のWeb開催(通称:JRC2020web)について

日本医学放射線学会

紹介 本会は日本医学放射線学会の地方会として、関東地方における放射線医学およびこれに関連ある研究の連絡提携および促進をはかり、もって学術の発展に寄与することを目的とします。 関東地方とは、東京都および栃木、茨城、群馬、千葉、埼玉、神奈川、山梨、長野の1都8県の広い範囲の地域を含み、会員数は平成27年3月現在で2,876人を数えます。 本会の事業として、定期大会を年2回(6月および12月)開催し、当番会長の企画で口演、展示、特別講演、ランチョンセミナーと多彩で充実したプログラムが組まれ、質の高い発表と活発な議論が展開されています。 また、通年企画として若手放射線科医を対象とした「地方会定例講座」があり、部位別のカテゴリカルコースの性格を有する教育講演を設けています。 テーマの設定は当番会長と世話役会の合議により決定されます。 関東地方会セミナーは、地方会主催の大きな教育的事業で、定期大会とは別に年1回(2月)開催されます。 プランナーによって毎回時機を得たテーマが設定され、2日間にわたり教育的な講演が行われます。 このセミナーは若手の先生方の教育あるいはすでに経験豊富な先生方への系統的なリフレッシャーコースとして好評を博しています。 また、会員への情報提供として、地方会ニュースを定期大会の開催に合わせて発行しています。 これには、世話人会の議事録を掲載するとともに、担当世話役により時機にあったトピックが取り上げられ、会員への情報提供と意見交換が行われています。

次の