ウルグアイ 国歌 少年。 [U20W杯]輝く太陽と魂の叫び。『ウルグアイ国歌』の壮大なドラマ

[U20W杯]輝く太陽と魂の叫び。『ウルグアイ国歌』の壮大なドラマ

ウルグアイ 国歌 少年

W杯の公式ツイッターは「素晴らしい瞬間」として、ウルグアイの選手が青木くんと肩を組んで国歌を歌い、斉唱後に青木くんの頭をなでて敬意を表する姿を紹介した。 川崎市ラグビースクールに通う青木くんは「友達は野球やサッカーと比べてラグビーをあまり知らない。 だから、僕がラグビーやW杯の面白さを伝えたい」と、大会公式スポンサーのランドローバーが募った、選手と一緒に入場するマスコットキッズに応募。 8月下旬にウルグアイとの入場が決まると、元日本代表主将の廣瀬俊朗さんらが立ち上げた参加チームの国歌を覚えるプロジェクト「スクラムユニゾン」が公開している動画を見て、スペイン語の歌詞を覚えたという。 試合は格下のウルグアイが、懸命の防御と仕事量でフィジーを破る番狂わせを演じた。 試合後、フアンマヌエル・ガミナラ主将は報道陣に対して自ら「とても驚いたことがあった」と切り出した。 「僕と一緒に入場した子どもが国歌を一緒に歌ってくれたんだ。 自分の国にいるように感じた。 日本の皆さんに感謝したい」と述べ、「ありがとう」と日本語でお礼した。 ウルグアイのW杯での勝利は2003年大会のジョージア戦以来。 青木くんの頑張りが、ウルグアイの16年ぶりの白星に力になったかもしれない。 (野村周平).

次の

ラグビーW杯ウルグアイ番狂わせ国歌全力斉唱の8歳は誰、なぜ一緒に歌う?

ウルグアイ 国歌 少年

文=いとうやまね ウルグアイの太陽はアルゼンチン生まれ 諸説あるが、日の丸は聖徳太子が遣隋使に託した文書で、自国を「日出ずる国」と書したことに由来するとされる。 赤い正円は静かなる朝の太陽だ。 対するウルグアイ国旗のそれは、ギラギラと輝く真昼の太陽である。 ウルグアイの太陽は、アルゼンチン国旗の太陽と出自を同じくする。 ウルグアイの首都モンテビデオは、一時期ブラジルに併合された歴史を持つ。 そこからの分離独立の際に、隣国アルゼンチンが援軍をよこし、その協力の元、町を奪還したという経緯があるのだ。 その謝意を示すために、ウルグアイ国旗はアルゼンチン国旗に倣って作られたのである。 アルゼンチン国旗の太陽は、スペイン副王軍を破った「五月革命」時に降りそそいだ「五月の太陽」を意味する。 空色(セレステ)と白は革命軍の帽章の色だった。 太陽というモチーフのオリジナルは、古代インカ帝国の太陽神「インティ」に遡る。 インカ帝国は太陽信仰を国の礎とし、皇帝は太陽神インティが現世に現れたものとされた。 暦をはじめとして、太陽信仰は日常生活のさまざまな場面に影響を及ぼしていたという。 アルゼンチンの太陽の意匠は、独立当時に流通していた貨幣にあったものを流用したようだ。 両国のデザインを少し見てみよう。 ウルグアイの太陽は、人面の描かれた正円に8つの直進波と8つの曲波を交互に繰り返す16の光線で構成されている。 一方、アルゼンチンの太陽は16の直進波と16の曲波の32光線でできている。 長い付き合いのあるウルグアイとアルゼンチン。 なんとなくウルグアイの方がラフなデザインに見えなくもない。 古のインカの太陽神がどちらに微笑むのかはわからない。 本当は4〜50分! 南米特有の長い国歌 日本代表が相対するウルグアイ国歌は、かなり長い。 どのくらいかというと、君が代を2回歌えて、さらに深呼吸が数回できるほどの長さだ。 これでも短縮バージョンというから驚きである。 ちゃんとした式典では4分半のものが使われることもあるとか。 実はそれも短縮バージョンで、本当は4~50分の超大作だという。 これはもうオペラと言っても過言ではない。 起立して聞くには根気と体力が必要だ。 サッカー試合の国歌斉唱では、「前奏+歌」合わせて2分ものを使うことが多い。 さらに短いバージョンもあるのだが、後述する歌詞は2分ものである。 ちなみに、前奏が1分近く続く。 イタリア歌劇のような軽快な曲が始まると、なかなか終わらないことを覚えておこう。 このあたりのつくりも、アルゼンチンに影響を受けていると思われる。 南米の国歌は一般的にとても長いのだ。 『ウルグアイ国歌』 オリエンタレスよ、祖国か墓場か 自由か栄光ある死か それは魂の誓い 我らは英雄のごとく この誓いを果たし得よう 自由、自由、オリエンタレス! 叫びは祖国を救った 激烈なる戦いにおいても 勇敢な者たちを救った 叫びは崇高なる熱狂でたかぶり 神からの聖なる賜物、 栄光を手に入れたのだ 暴君どもよ、うち震えよ 我らは戦いのさなかにも自由! 死に臨んでも自由を叫ぶのだ! 自由か死か 歌詞の「オリエンタレス」とは、「ラ・プラタ川の東方(オリエント)に住む人々」を指す。 それはまさにウルグアイ人の事だ。 オリエンタレスの都モンテビデオは、スペインに統治されていた時代から、アルゼンチンのブエノスアイレス、パラグアイのアスンシオンと並ぶ、重要な町であった。 アルゼンチンの5月革命が口火を切ると、元副王領の国々は次々と独立の道を歩み始める。 こうして、晴れてスペインからの独立は果たしたものの、今度はブラジルから侵攻してきたポルトガル軍によって、あっけなく首都モンテビデオを奪われてしまう。 その後、戦争は当初のポルトガル軍から、ポルトガルから独立したブラジル軍に移っていく。 ウルグアイは必死の抵抗を試みるも、戦力には限界があった。 そこに現れたのが前述したアルゼンチンからの援軍だった。 ウルグアイとブラジルの戦争は、1828年にイギリスの調停により一応の決着がつき、その2年後にウルグアイは独立共和国となる。 その時の事を歌ったのがこの「ウルグアイの国歌」だ。 南米の元スペイン植民地の中で、唯一敵がスペインではない国歌である。 この戦争で「自由か死か(LIBERTAD O MUERTE)」と記された旗を掲げて戦ったことから、その旗は、今でもウルグアイの正式な国旗の一つになっている。 そしてその心意気は、国歌の歌詞にも反映されている。 才能の宝庫ウルグアイ 平和な時代に生まれた選手たちは、ピッチ上で大いに戦い、自由を叫んでいる。 U-20ワールドカップの面白いところは、選手たちが少年期から青年期に移り変わる時期にあたるところだ。 ニキビ面で歯に矯正器具を付けている選手がいると思えば、ゴール後におしゃぶりパフォーマンスをする選手もいる。 ウルグアイFWのロドリゴ・アマラルは、2年前に18歳でU-20ワールドカップ・ニュージーランド大会に出場していた。 ブラジルとのPK戦で自ら蹴ったボールが大きくゴールマウスを外れ、それがチームの敗退に繋がった。 あの日、泣きじゃくっていた若者が、今大会後には父親になるという。 頼もしいではないか。 この大会後にヨーロッパに渡る選手も多いという。 どの選手もみな本気だ。 日本代表の選手たちも、各国からのスカウトの目に入っているはずだ。 奮起を期待したい。 大会の先に新しい道は開かれている。

次の

[U20W杯]輝く太陽と魂の叫び。『ウルグアイ国歌』の壮大なドラマ

ウルグアイ 国歌 少年

Contents• 【動画】ラグビー・ウルグアイの勝利を導いた?日本人の少年が国歌斉唱! ウルグアイの奇跡の勝利は、東日本大震災の被災地、釜石の方々にも大きな光を与えてくれたようです。 世界のラグビー関係者とファンに強烈な印象を残しました。 釜石の地で、ウルグアイ代表が歴史的勝利をあげました! — ラグビーワールドカップ rugbyworldcupjp この勝利の瞬間の数時間前に、すでに感動的な場面がありました。 それは、選手たちの国歌斉唱です。 【MATCH 10 】 🇫🇯 vs. ウルグアイの国歌をきちんとマスターしてきた様子で、アンセム「Himno Nacional de Uruguay」を力強く歌いきりました。 隣にいるガミナラ主将が「よくやった」と頭をポンポンと叩き、少年と笑顔を交わしています。 頭を撫でられている様子がとても微笑ましいですね。 奇跡の勝利を導いたラッキーボーイです。 【動画】ウルグアイ国歌斉唱のマスコットキッズは誰?男の子の歌に感動! では、この少年は何者なんでしょう? 少年は、 東京都に住む 青木創太くん。 年齢は8歳です。 川崎市のラグビースクールに通っているラグビー少年。 「友達は野球やサッカーと比べてラグビーをあまり知らない。 だから、 僕がラグビーやW杯の面白さを伝えたい」と、大会公式スポンサーのランドローバーが募った、選手と一緒に入場するマスコットキッズに応募。 8月下旬にウルグアイとの入場が決まると、 スペイン語の歌詞を特訓。 元日本代表主将の廣瀬俊朗さんらが立ち上げた参加チームの国歌を覚えるプロジェクト「スクラムユニゾン」が公開している動画を見ながら練習したそうです。 これには、ウルグアイのガミナラ主将も感動。 試合後、フアンマヌエル・ガミナラ主将は報道陣に対して自ら「とても驚いたことがあった」と切り出した。 「僕と一緒に入場した子どもが国歌を一緒に歌ってくれたんだ。 自分の国にいるように感じた。 日本の皆さんに感謝したい」と述べ、 「ありがとう」と日本語でお礼した。 なんだか同じ日本人として嬉しいです。 青木くんはウルグアイの勝利を導いただけでなく、日本とウルグアイの懸け橋にもなってくれたようですね。

次の