当てずっぽう 語源。 日本語・語源辞典

ロートルの意味と語源と正しい使い方を解説します

当てずっぽう 語源

北海道の方言(北海道弁)は、海岸地方と内陸部で、様相が異なります。 海岸地方の北海道弁は、東北地方や北陸地方の漁民や、近江商人をはじめとする関西系商人らの言葉が混じり合って生まれました。 内陸部の北海道弁は、開拓のため本州各地から入植した人々の言葉と、海岸地方の北海道弁が混じり合って生まれました。 「はんかくさい」は、いつどこで生まれた言葉か定かではありませんが、北海道に伝わった「はんかくさい」のルーツは近江商人の言葉で、はじめ北海道の海岸地方に伝わり、内陸部に広まった言葉です。 「はんかくさい」は現在、北海道と東北地方の方言のように捉えられていますが、かつては近畿地方で多く使われていた言葉で、辞書にも載っている語です。 はんかくさいの意味と使い方 北海道の人は「はんかくさい」という言葉を【 おろかである・ばからしい・おかしな(変な)】という意味で使います。 語源となっているのは「半可臭い(はんかくさい)」です。 「半可臭い」は辞書にも載っている語です。 「半可臭い」の意味は、【おろかである・ばからしい】で、北海道弁の「はんかくさい」と同じです。 オヤジの会話にみる「はんかくさい」の使い方 A:「いやー、 わやだ」(いやー、むちゃくちゃだ) B:「 なした?」(どうしたの?) A:「正月に帰省したんだけど、 水おとしするの忘れてさ」(正月に帰省したんだけど、水道管の水抜きするのわすれてさ) B:「正月 なまらしばれたから、水道 しばれたべ」(正月すごく冷え込んだから、水道管が凍結したんじゃない) A:「水道管とかすのに2万円もとられたさ」(水道管の解凍修理に2万円もとられた) B:「 はんかくせー」(ばかだねぇー) 親子の会話にみる「はんかくさい」の使い方 親:「どこ ちょしてるの?」(どこさわってるの?) 子:「ちんちんが、 もちょこいんだもん」(ちんちんが、くすぐったいんだもん) 親:「 はんかくさいことしないで!」(変なことしないで!) 「はんかくさい」は相手をバカにしたり、罵ったりするときに使います。 「はんかくさい」はどこから北海道に伝わったか? はんかくさいは、北前船によって北海道によって伝わったという説(北前船説)が有力です。 とは、大阪と北海道を日本海まわりで往復していた帆船です。 江戸時代は大阪と北海道を1往復すると、千両もの利益を得ることができました。 北前船が誕生する前、北海道との取引は近江商人が独占していました。 近江商人に雇われていた北陸の船頭たちは「同じことをやれば自分たちも大儲けできる」と思い立ち、自前の船を持ち、近江商人以外の江差や函館の商人と取引し、大阪の問屋と直接取引します。 これが北前船です。 「はんかくさい」は、石川県の一部(能登・小松・加賀の一部)で【おろかだ・ばからしい】の意味で現在も使われています。 かつて近畿地方で生まれた「はんかくさい」が、近江商人によって北陸地方に伝わり、北前船によって東北地方・北海道に伝わったというのが北前船説です。 「はんかくさい」が本当に近畿地方で生まれた言葉なら、北前船誕生前から北海道(松前)と取引していた近江商人によって、「はんかくさい」は北海道に伝わっていたと考えらるのですが・・・。 「はんかくさい」という言葉が、北前船誕生後に生まれたのなら、北前船説が正しいことになりますが、「はんかくさい」がいつどこで生まれた言葉なのかは定かでありません。 いずれにしても北海道に伝わった「はんかくさい」は、近江商人が使っていた言葉です。 どこの誰が北海道に伝えたかは定かではありませんが、「はんかくさい」は最初に北海道南部の海岸地域に伝わり、その後北海道の内陸部、北海道全体に広まった北海道弁です。 北海道弁の歴史 北海道弁は、海岸地方と内陸部で、様相が異なります。 北海道は元来、アイヌの島でした。 和人といわれる人が北海道に定住するようになり、北海道の言語は大きく変化します。 700年ほど前から、青森、岩手、秋田、山形の人々が北海道南部の海岸地域で漁業を営み生活を始めます。 その後、北海道の豊かな海の幸をもとめて東北地方をはじめ北陸地方から多くの人々が渡道し、北海道南部の海岸地域で漁業を営み生活をするようになります。 北海道の漁業が盛んになると、漁民に必要な食糧や衣類を売り、北海道の海産物を大阪で売る近江商人が、北海道の海岸地域を訪れるようになります。 東北地方の人々、北陸地方の人々、近畿地方の人々の交流により、それぞれの地方の方言が接触し、北海道南部の海岸地域の北海道弁は生まれます。 北海道南部の海岸地域で生まれた北海道弁は、新しい漁場をもとめた漁民によって、北海道の多くの海岸地域に伝わり普及します。 北海道の海岸地方で使われる北海道弁は、東北地方、北陸地方、近畿地方の方言がルーツです。 北海道内陸部の開発は100年前ほど前、明治政府発足後にはじまります。 廃藩置県、藩籍奉還によって禄を失った士族など、日本各地から多くの人が入植し、内陸部の開拓は行われます。 入植者のほとんどは、単独で渡道せずに、一族同志誘い合って数十戸の集団で渡道しました。 同郷の移植者の団結力は非常に強く、それぞれ山口団体、越中団体、広島部落、香川部落と自称して、それぞれ郷里の習俗を守り、郷里の方言を使っていました。 明治中期になり鉄道が敷設されると、ほかの団体や海岸地方との交流がはじまり、方言が接触し、北海道の内陸部の北海道弁は生まれます。 北海道内陸部で使われる北海道弁は、山口県、新潟県、広島県、香川県の方言と海岸地方の北海道弁がルーツです。 北海道弁が生まれた一方で、本州との交流が盛んになると、東京語を基準とした共通語が北海道に伝わります。 共通語は、内陸部の札幌、旭川、帯広、北見に浸透し、徐々にその周辺の地域に浸透します。 その後共通語は、学校における標準語教育によって、海岸地方を含む北海道全体に浸透します。 現在の北海道で話される言葉は、標準語に非常に近いと言われ、北海道弁を使う人の数は減っています。 道民がよく使う北海道弁 北海道の人は標準語に近い言葉を話すと言われていますが、けっこうな頻度で北海道弁を使っています、方言だと気づかずに・・・。 北海道で生活していて、よく耳にする北海道弁、道民がよく使う北海道弁です。 ・あずましい : 意味「居心地が良い・落ち着く」 北海道のほか、青森県で使われています。 ・あめる : 意味「腐る」 北海道のほか、三重県の一部や青森県・岩手県など東北地方で使われています。 ・おんちゃん : 意味「弟」 四国地方や、東北地方の一部では「おじさん」の意味で使われています。 ・かっちゃく : 意味「ひっかく・かきむしる」 北海道以外では、宮城県で使われています。 青森県・茨城県では「かっちゃぐ」。 ・げっぱ : 意味「最下位・ビリ」 北海道のほか、秋田県や青森県の一部で使われています。 ・こわい : 意味「疲れた・体が辛い・息苦しい」 北海道のほか茨城県や北陸地方の一部で同じ意味で使われています。 ・しゃっこい : 意味「冷たい」 北海道のほか、青森県や東北地方の一部で使われています。 ・ちょす : 意味「いじる・触る・からかう」 北海道のほか、青森県など東北地方の一部で使われています。 ・とうきび : 意味「とうもろこし」 北海道のほか、東北・四国・九州の一部で使われています。 ・なげる : 意味「捨てる」 北海道では、ゴミをなげると言います。 北海道のほか、東北南部の一部の地域で同じ使い方をします。 ・ばくる : 意味「交換する」 北海道のほか、東北六県の一部で使われています。 ・もちょこい : 意味「くすぐったい」 北海道のほか、青森県など東北地方の一部で使われています。 ・ゆるくない : 意味「容易でない・楽でない」 北海道のほか、青森県など東北地方の一部で使われています。 ・わや : 意味「むちゃくちゃ」 北海道のほか、大阪など関西の一部地域で使われています。 北海道弁は、日本各地の方言の影響を受けています。 多くは東北地方の方言の影響を受けていますが、「こわい」のように北陸地方・西関東の影響を受けた言葉や、「わや」のように関西地方の影響を受けた言葉もあります。 まとめ 道産子の私は、「こわい」「なげる」「ばくる」を標準語だと思って使っていました。 関東で働くようになり、会社のあるビルの階段を駆け上がり、何気なく「あぁー、こわい」って言って、同僚達をドン引きさせました。 同僚達は「なにかいるのか?」とか「お前、霊感つよいのか?」とか、聞いてくるしまつ。 北海道弁の解説をし、みんなに納得してもらいましたが、「こわい」が通用しなかったことはショックでした。 珍しい海外のタバコを吸っている同僚がいたので、「一本ばくるべ」と言ったら、ポカーンとして「ばくるって何?なんか盗む気?」って聞かれ、これまたショック。 北海道弁の解説をし、「ばくる」と「パクる」の違いを説明するのに一苦労しました。 自分のデスクまわりのゴミを捨てる場所がわからず先輩に「ゴミ、どこになげればいいんですか?」って聞くと、事務所中から「ゴミは投げちゃダメ!」とか「お前は、アホか?」みたいな罵声をあびせられるしまつ。 北海道弁の「なげる」の解説をし、理解してもらいました。 それからしばらくの間、私のいた事務所の中では、みんな「なげる」を気に入ったみたいでみんなが多用し、「なげる」がちょっとしたブームになった時は、ちょっと嬉しかったです。 ひとつの地域に暮らしていると、使っている言葉が、方言なのか標準語なのかなんて意識しません。 それで良いんだと思います。 標準語を知ることは大切ですが、自分の生まれ育った地域の言葉(方言)を、意識せずに使い続けることは、もっと大切なことのように思います。 最近は、おかしな北海道弁を使う道外の人もいます。 北海道弁を使うなら一度北海道に住んでみて、ちゃんとした北海道弁を体感してから使って欲しいですね。 北海道は「なまら、あずましい」私のふるさとです。

次の

英語でなんて言う? 日常生活編を翻訳家さんが解説

当てずっぽう 語源

ロートルの意味と語源 ロートルとは中国語の老頭児(ロートル)を語源とする日本語です。 中国語の老頭児は「年寄り、老人」という意味です。 日本語としてのロートルは、本来の「老人」という意味で使われることは少なく、日常ほとんどの場合は「旬をすぎた人や物、役にたたない人や物」を示す俗語・隠語として用いられます。 ロートルを英語に訳すと「the aged」「old person」という【老人】を意味する語になりますが、日常使われるロートルを英語に訳すなら「not Useful people」「not useful」という【役にたたない人、役にたたない】という意味の語になります。 ベテランとは、「老練者、ふるつわもの」を意味する語で、こちらは良い意味で使われます。 ベテランを英語に訳すと「expert」という熟練者を意味する語となります。 アメリカでveteran ベテラン)というと退役軍人を意味します。 尊敬できる先輩には、ベテランを、そうでない先輩には、ロートルを、使いましょう。 誤って使うと、恥をかくばかりか、今後の人生に悪影響を及ぼす可能性もあるので要注意です。 ロートルの正しい使い方 日本語でロートルを使う時は、「ロートル」とカタカナで表記します。 次に揚げるのは、新聞の記事、有名人の発言などから引用した、ロートルの正しい使い方です。 1・やっぱり全敗濃厚?ロートル日本代表は目下「長友の金髪にすがるだけ」 2・働き方改革として始めた野菜作り。 (中略)畝(うね)立てが重労働で、ロートル記者(41)の身にはこたえた。 3・日本のロートルも頑張った!「龍三と七人の子分たち」 4・ベテランとはロートルではなく、「老獪(ろうかい)」の同義語であることを荻野は自らのバレーで証明するはずだ。 5・「僕たちロートル世代のガキ時代はほとんど全員が貧しく・・・」 6・「こんなん、もうロートルですから。 自分の行きたいようなクラブが手を挙げてくれるか・・・」 7・「なんの、あたしのようなロートルは素直なだけが取り柄と自覚しております」 8・「世間では俺をロートルと見てるかもしれないけど、ロートルで結構」 1、2は、ロートル政治家、ロートル作家、ロートルババア、ロートル機と同じように名詞の前にロートルをつけて一つの語とした使い方です。 名詞の前にロートルをつけることで、旬をすぎた名詞(政治家・作家・・・)を意味し、名詞を揶揄(やゆ)したイメージの語に変えます。 3、4は、個人やチーム(もの)を揶揄(やゆ)するロートルの使い方です。 3の「ロートルも頑張った!」のように使うと、ポンコツだって頑張ると役に立つというようなイメージになります。 5、6、7、8は、自虐的なロートルの使い方です。 5、7、は、老人という意味で使われていて、6、8、は、旬をすぎた(役にたたない)人という意味で使われています。 ロートルを自虐的に使うと、誰も傷つけることはありませんが、ロートルを誤って使うと、人を傷つける可能性があります。 ロートルを使うときは、そこのところに十分注意しましょう。 まとめ ロートルに年齢は関係ありません。 老人という意味でロートルを使うにしても、60才で自分は老人だと言う人がいる一方で、80才を過ぎてもまだまだ現役ですという人もいます。 旬をすぎた人という意味でロートルを使うにしても、政治家、スポーツ選手など置かれている環境や立場によって、ロートルと呼ばれる年齢はさまざまです。 自分でロートルが近づいてきてるなぁと感じることの多い今日このごろ。 昨年までは簡単に出来ていた何気ない日常の作業が、今年はやけに辛く感じます。 押し入れの高い棚からキャンプ用品をおろす、床にこぼしたビールを拭く、愛車にワックスをかける・・・。 「お前は、すでにロートルだ!」と言われているかも知れませんが、もう少し抗ってみようと思います。 食生活を見直す、からだを鍛える、ボケないように頭を使う、世間に興味をもつ・・・やっぱり私はロートルかも.

次の

はんかくさいの意味とは?北海道弁の歴史と道民がよく使う北海道弁

当てずっぽう 語源

答えにならないかもしれませんが、最近読んだ本に記述がありましたので雑談的に書きますね。 日本語の「地球」 1549年に来日したフランシスコザビエルが西洋の地理学などを日本に持ち込んだときの大地球体説という言葉がありますが、これが語源かどうかはわかりません。 (なんか日本の語源説の一つである「大日・本国」説と似てますね)信長は地球儀を持っていたそうなので、明治ということはないと思います。 しかし庶民の間では江戸時代までは、地球という概念はなかったようです。 (古典落語の中にそのようなテーマを扱ったものがあったかと) 詳しくは に書いてありますが、厳密にははっきりしません。 英語の「earth」 手元にあるアイザックアシモフの科学エッセー「時間と宇宙について」(ハヤカワ文庫)によると、SunやMoonと同じく古代チュートン語に源を発するそうです。 ではチュートン語とは何かというと、 に短い説明があります。 なぜ英語に使われるようになったかというと、私の想像ですが、英語自体が文法的にはドイツ語との関係が深いせいかなと考えています。 (語彙についてはフランス語からの輸入も多いのでさだかではありません) 地球が丸いことを人類がどのような経緯で知ったかのくだりについては、私のおかしな質問に寄せられた、とてもいい答えがありますので、よかったら参考になさってください。 ありがとうございました。 お礼が遅くなってしまい、申し訳ありません。 地球はきっと、福沢諭吉とかが持ち込んだのではないかと勝手に想像していましたが、思い込みでした。 中国語でも地球は地球なので、羅針盤とか開発されていた時代、唐代などに既に大地球体論とかあって、それが当てられたのかもしれませんね。 earth は神様の名前とか。 アース、テラ、ガイア、これは全て大地母神のことなんですね。 北欧でしたっけ、アース神族もいましたし。 きっと、英国が強い時代に、英語での聖書が伝えられ、その時にアースという言葉も広まったのではないかと思いました。 地球が丸いことを認識する経緯も興味深く読ませていただきました。 本当にありがとうございました。 A ベストアンサー ametsuchiさんの回答に対して 確かに、地球が球体であることはアリストテレスからプトレマイオスに至るギリシャ・ローマ世界では知られていました。 しかし、その後のローマ帝国の崩壊により、中世のキリスト教絶対の思想の下、地球球体説は否定され、マッパ・ムンディなどの聖書に基づいた世界像が描かれました。 (「マッパ・ムンディ」の本来の語義は単にラテン語で「世界地図」) そして、15世紀ルネッサンス期に、トスカネリなどが地球球体説を再発見するのです。 日本においては、織田信長が宣教師と地球が球体であることについて問答し納得したという逸話もあり、知識自体は南蛮貿易により16世紀には伝わっていたと考えられます。 もっとも、ここでの「発見された時代」は上層知識人に限ったことです。 ヨーロッパにおいても地球球体説が庶民の常識となったのはもっと後でしょうし、日本においても然りです。 ただ、江戸時代の江戸の庶民は、地球が丸いことを知っていた、という記述を呼んだ憶えがあります。 (杉本苑子だったかな).

次の