プロ ボクシング 階級。 プロボクシングの階級表・世界王者・体重の差は命に関わる

ボクシング階級表

プロ ボクシング 階級

ボクシング階級表|体重と各階級のチャンピオン一覧 誰しも「強くなりたい!」と思ったことがあると思います。 しかし、プロレスなどは大きな体がなければなかなかできるものではありません。 持って生まれた体格によって制限されるスポーツは少なくないのです。 では、ボクシングの場合はどうでしょう。 ボクシングは体重によってプロが17階級、アマチュアが11階級に分かれており、体格的に同等レベルの人と戦える階級制スポーツです。 厳密な平等主義が貫かれていて、これで誰しも練習に身が入るというものです。 これもボクシングの魅力、そして人気の1つではないでしょうか。 下表は、プロとアマチュアの階級表です。 ぜひ、あなたの体重がどこに位置するか確認してみて下さい。 階級別に主な現役世界チャンピオンと元チャンピオンも紹介していますので、ボクシングの今と歴史をお楽しみください。 赤文字の選手は日本ジム所属現役世界王者 階級名と体重 47. 627Kg超~48. 988Kg超~50. 802Kg超~52.

次の

ボクシング階級一覧!プロ・アマ・五輪を体重別に比較

プロ ボクシング 階級

ボクシングの階級を掲載しています。 プロボクシングの階級表 階級 体重 ミニマム級 47. 62kg 以下 105ポンド 以下 ライトフライ級 47. 77kg ~ 48. 97kg 108ポンド ~ 109ポンド フライ級 49. 05kg ~ 50. 80kg 109ポンド ~ 112ポンド スーパフライ級 50. 92kg ~ 52. 16kg 113ポンド ~ 115ポンド バンダム級 52. 28kg ~ 53. 52kg 116ポンド ~ 118ポンド以下 スーパーバンダム級 53. 64kg ~ 55. 34kg 119ポンド ~ 122ポンド フェザー級 55. 45kg ~ 57. 15kg 123ポンド ~ 126ポンド スーパーフェザー級 57. 27kg ~ 58. 97kg 127ポンド ~ 130ポンド ライト級 59. 08kg ~ 61. 23kg 131ポンド ~ 135ポンド スーパーライト級 61. 53kg ~ 63. 50kg 136ポンド ~ 140ポンド ウェルター級 63. 62kg ~ 66. 68kg 141ポンド ~ 147ポンド スーパーウェルター級 66. 79kg ~ 69. 85kg 148ポンド ~ 154ポンド ミドル級 69. 97kg ~ 72. 57kg 155ポンド ~ 160ポンド スーパーミドル級 72. 69kg ~ 76. 20kg 160ポンド ~ 168ポンド ライトヘビー級 76. 32kg ~ 79. 38kg 169ポンド ~ 175ポンド クルーザー級 79. 49kg ~ 86. 18kg 176ポンド ~ 190ポンド ヘビー級 86. 03kg 以上 191ポンド 以上.

次の

ボクシング階級

プロ ボクシング 階級

ボクシングの階級別体重一覧 ボクシングの階級は男子と女子で違いますし、アマチュアとプロでも違うようですので、それぞれ一覧で紹介しますね! プロ男子 階級 体重制限 ミニマム級 ~105ポンド (~47. 63kg) ライトフライ級 105~108ポンド (47. 62~48. 99kg) フライ級 108~112ポンド (48. 99~50. 80kg) スーパーフライ級 112~115ポンド (50. 80~52. 16kg) バンタム級 115~118ポンド (52. 16~53. 52kg) スーパーバンタム級 118~122ポンド (53. 52kg~55. 34kg) フェザー級 122~126ポンド (55. 34~57. 15kg) スーパーフェザー級 126~130ポンド (57. 15~58. 97kg) ライト級 130~135ポンド (58. 97~61. 23kg) スーパーライト級 135~140ポンド (61. 23~63. 50kg) ウェルター級 140~147ポンド (63. 50~66. 68kg) スーパーウェルター級 147~154ポンド (66. 68~69. 85kg) ミドル級 154~160ポンド (69. 85~72. 57kg) スーパーミドル級 160~168ポンド (72. 57~76. 20kg) ライトヘビー級 168~175ポンド (76. 20~79. 38kg) クルーザー級 175~200ポンド (79. 38~90. 72kg) ヘビー級 200ポンド~ (90. 72kg~) 17階級もあったんですね。 日本人だとミニマム級~ミドル級しか聞きませんね。 プロ男子はポンド表記になっており、非常に細かい体重制限があります。 同じ名前の階級であっても、プロとアマチュアでは違いますね。 (ややこしい!) プロ女子 階級 体重制限 ミニフライ級 ~102ポンド (~46. 26kg) ライトフライ級 102~105ポンド (46. 26~47. 62kg) フライ級 105~108ポンド (47. 62~48. 99kg) スーパーフライ級 108~112ポンド (50. 80~52. 16kg) バンタム級 115~118ポンド (52. 16~53. 52kg) スーパーバンタム級 118~122ポンド (53. 52kg~55. 34kg) フェザー級 122~126ポンド (55. 34~57. 15kg) スーパーフェザー級 126~130ポンド (57. 15~58. 97kg) ライト級 130~135ポンド (58. 97~61. 23kg) スーパーライト級 135~140ポンド (61. 23~63. 50kg) ウェルター級 140~147ポンド (63. 50~66. 68kg) スーパーウェルター級 147~154ポンド (66. 68~69. 85kg) ミドル級 154~160ポンド (69. 85~72. 57kg) スーパーミドル級 160~168ポンド (72. 57~76. 20kg) ライトヘビー級 168~175ポンド (76. 20~79. 38kg) ヘビー級 175ポンド~ (79. 38kg~) 階級の名前は違いますが、プロ男子と同じく17階級に分かれています。 アマチュア女子 階級 体重制限 ピン級 ~46kg ライトフライ級 46~48kg フライ級 50~52kg バンタム級 54~57kg フェザー級 57~60kg ライト級 60~63kg ライトウェルター級 63~66kg ウェルター級 66~70kg ライトミドル級 70~75kg ミドル級 75~80kg ヘビー級 80~86kg スーパーヘビー級 91kg~ アマチュア女子はアマチュア男子と比べて、階級が1つ多いですようですね。 計量はいつ? 世界タイトルマッチの場合、いずれの団体も前日計量があります。 ここで計量をパスすれば、WBC、WBO、WBAはOK。 当日、どれだけ体重が増えていてもOKです。 IBFの場合は、前日計量に加え、当日計量もあり、当日4. 5キロ(10ポンド)以上増えてはいけないというルールがあります。 スポンサーリンク 階級の名前の意味は? フライ級だとかバンタム級だとかヘンテコな名前ですが、この意味は何なのでしょうか?一覧にまとめました。 階級 意味 モスキート 蚊 ミニマム 小さい フライ ハエ バンタム チャボ フェザー 羽 ライト 軽い ウェルター 波、うねり ミドル 真ん中 クルーザー 巡洋艦 ヘビー 重い なんとなくはイメージ付きますが、何でこんな分かりにくい階級名にしたのかねぇ?(笑) 最後に 階級の名前で、何でこんな名前なんだろう?と思ったのは、バンタムとフェザーとウェルターですね。 モスキートとかフライは何となくイメージ付きますが・・・。 バンタムは「チャボ」ということですが、ボクシングと闘鶏は賭け事として人気があったので、「バンタム」が使われるようになったんだってさ! しかし、フェザーは羽で軽そうなのにバンタムより階級が上というのはよくわかりません(笑)ウェルターは「波」ということですが、ミドルとライトの間で彷徨っているという意味らしいです。 面白い名前ではあるけど、もっと分かりやすい名前にしたほうがよかったのでは?と思った私です(笑).

次の