ワード プレス プライバシー ポリシー。 WordpressテーマCocoonで『プライバシーポリシー』を簡単設置【図解】

WordpressテーマCocoonで『プライバシーポリシー』を簡単設置【図解】

ワード プレス プライバシー ポリシー

ブログを作ったら必ず作成しておきたいの『プライバシーポリシー』です。 プライバシーポリシーというのは、自分のブログでの個人情報の取り扱いを記載しておくページのこと。 アドセンス広告を貼ったり、googleアナリテイクスなどのアクセス解析を入れてあるブログやサイトには必ず『プライバシーポリシー」が必要になります。 今回はプライバシポリシーの作り方を解説するとともに、コピペで使える雛形も一緒に紹介します。 これからブログを始める方はこのページを参考にプライバシーポリシーを作成してみてください。 プライバシポリシーページについて簡単に解説 最初にもお伝えしたように、「プライバシーポリシー」は個人情報の取り扱いに関して記載したページのことです。 プライバシーポリシーは、GoogleアドセンスやGoogleアナリティクスを利用する際にも明記するように規約で定めれられているので、個人のブログといえどしっかりと明記しておく必要があります。 プライバシーポリシーに記載しなければいけないのは下記のような項目。 このブログでは個人情報を入力してもらうことがあります。 入力してもらった個人情報はこのように取り扱います。 アクセス解析にはこんなツールを使用しています。 こんなアフィリエイトプログラムに参加しています。 当ブログの利用に関してこんなことに注意してください 免責事項。 ざっくり言うと、ブログに訪れた人に対して、個人情報の取得方法やアクセス解析、広告の使用などを説明するページだと思ってください。 それに加えて、「情報が古くなってることがあるから注意してね」「このサイトの情報が元で損害が発生しても責任は持ちませんよ」といった免責事項を一緒に表記しておきます。 なぜプライバシーポリシーが必要なの? ブログを運営していると、個人情報やアクセス場所のデータなどが集まってきます。 そのため、こういったデーターをどのように取得して管理しているかをしっかりと明記しておかないといけません。 「個人でブログを運営するだけだから個人情報やデータなんか取得しないよ」と思うかもしれませんが、実はそんなことはありません。 例えば問合わせフォームやセミナー参加フォームへの入力。 名前やメールアドレスを入力することがほとんどなので、これが一番わかりやすい例ですよね。 それ以外にも• コメント欄に入力された名前やメールアドレス• コメントに表示されるIPアドレス インターネット上の住所 googleアナリティクス アクセス解析 では• アクセスした人の年齢や住んでいる都道府県• アクセスし端末の情報 スマホorパソコン などを見ることができます。 さらにcookie クッキー と呼ばれる機能を利用してブログに訪れた履歴も記憶しているので、ブログを運営していると 、思っている以上データを取り扱うことになります。 なので「勝手にデーターを取られた」と言われないためにも、「こんな仕組みでこのブログを運営しています」と明言しておかないといけない訳です。 プライバシポリシーに書かないといけないことは? ブログを運営する際に必ずといっていいほど利用するのが「googleアドセンス」と「googleアナリティクス」の2つ。 そこで2つのサービスではどのようにプライバシーポリシーを記載するように定めているのかをチェックしておきましょう。 まず、googleアドセンスの規約ではプライバシポリシーは下記のように定められています。 プライバシー ポリシーには次の情報を記載する必要があります。 Google などの第三者配信事業者が Cookie を使用して、ユーザーがそのウェブサイトや他のウェブサイトに過去にアクセスした際の情報に基づいて広告を配信すること。 Google が広告 Cookie を使用することにより、ユーザーがそのサイトや他のサイトにアクセスした際の情報に基づいて、Google やそのパートナーが適切な広告をユーザーに表示できること。 ユーザーは、広告設定でパーソナライズ広告を無効にできること(または、www. aboutads. info にアクセスすれば、パーソナライズ広告に使われる第三者配信事業者の Cookie を無効にできること)。 第三者配信による広告掲載を無効にしていない場合、広告の配信時に第三者配信事業者や広告ネットワークの Cookie が使用される可能性があります。 その点についても、次の方法でサイトのプライバシー ポリシーに明示してください。 第三者配信事業者や広告ネットワークの配信する広告がサイトに掲載されることを明記します。 対象となる第三者配信事業者や広告ネットワークの適切なウェブサイトへのリンクを掲載します。 これらのウェブサイトにアクセスすれば、パーソナライズド広告の掲載で使用される Cookie を無効にできることをユーザーに明示します(配信事業者や広告ネットワークがこの機能を提供している場合)。 または、www. aboutads. info にアクセスすれば、第三者配信事業者がパーソナライズド広告の掲載で使用する Cookie を無効にできることを知らせます。 引用: そしてgoogleアナリティクスのプライアシーポリシーに関する規約はこんな感じです。 お客様はプライバシー ポリシーを公開し、そのプライバシー ポリシーで、お客様がデータ収集のために Cookie を使用していることを必ず通知するものとします。 また、Google アナリティクスを使用していること、および Google アナリティクスでデータが収集、処理される仕組みについても必ず開示するものとします。 引用: つまりアドセンスとアナリテイクスを利用する場合は、この条件を満たすプライバシーポリシーを作らないといけません。 コピペOK!プライバシポリシーの雛形 テンプレート ということで、先程の条件を含めて作った「プライバシーポリシー」の雛形が下記になります。 プライバシーポリシーの雛形 【個人情報の取得、利用について】 当サイトでは、一部のコンテンツについて、ユーザー名やメールアドレスなどをご登録いただく場合があります。 一部のコンテンツでご登録いただいた情報はユーザー本人の許可なく第三者に個人情報を開示いたしません。 【クッキー(Cookie)】 当サイトでは、一部のコンテンツについて、情報の収集にクッキーを使用しています。 クッキーは、ユーザーがサイトを訪れた際に、そのユーザーのコンピュータ内に記録されます。 ただし、記録される情報には、ユーザー名やメールアドレスなど、個人を特定するものは一切含まれません。 また、当サイトではユーザーの方々がどのようなサービスに興味をお持ちなのかを分析したり、ウェブ上での効果的な広告の配信のためにこれらを利用させていただく場合があります。 【当サイトが利用・提携しているサービス】 ・広告配信 当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メールアドレス、電話番号は含まれません)を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、をクリックしてください。 ・アクセス解析ツール 当サイトではアクセス解析ツールにGoogleアナリティクスを使用しています。 Googleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 この規約に関して、詳しくはをクリックしてください。 【免責事項】 当ブログのすべてのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。 最善の注意を払って情報を提供していますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 本免責事項、および、当ブログに掲載しているコンテンツ・情報は予告なしに変更・削除されることがあります。 このままコピペしてもらって大丈夫ですが、今回の雛形は必要最低限の内容でシンプルにしてあるので、足りない部分は付け足して使うようにしてください。 必要があれば悪質なコメントに対する対応やブログ内の画像の無断利用の禁止などについて書いておくとベストです。 例文としては「当ブログ内の画像の無断転載を禁止します」「誹謗中傷など悪質なコメントは削除させていただきます」という感じで記載しておけばOKです。 プライバシーポリシーの作り方 最後になりますが、プライバシーポリシーはどのように作って設置しておけばいいのでしょうか? WordPressを使用している場合は固定ページに雛形をコピペで貼り付けて、フッターメニューに設置しておくのが一般的です。 そこまで頻繁に見られるページではないので、トップページのメニューやサイドバーなどの目立つ場所に表示する必要はありません。 フッターメニューの設定方法は使っているWordPressのテーマによって異なるので、テーマの説明書を参考にしてください。

次の

JINでプライバシーポリシーの設定方法

ワード プレス プライバシー ポリシー

JINでプライバシーポリシーの設定方法 グーグルアドセンスの審査で、アドセンス合格にはプライバシーポリシーが必要だというのは、最近よく言われるようになってきました。 プライバシーポリシーとは、ブログでグーグアドセンスやアフィリエイトを利用するために、サイト訪問者の一定の情報は収集し、このように利用しています、といったことの断りを入れるものです。 プライバシーポリシーをどれくらい細かく書き込むか、というのは、その業種にも寄ります(個人情報を多く扱う企業や仕事ではそのぶん詳細に書き込む必要があるでしょう)が、ブログで収益を得る場合、最低限、 アドセンスやアフィリエイトに関することと、アクセス解析ツールに関することがあればよいでしょう。 プライバシーポリシーについては、他のワードプレスのテーマだと、最初から入っていないことも多いので、その場合は、自分でプライバシーポリシーのテンプレートを検索し、紹介されているサイトの文章をコピペ(コピペしても大丈夫と言ってくれているサイトがほとんどだと思います)し、自分のブログの固定ページに貼り付けます。 あわせて読みたい そして、フッター(サイト下)やウィジェット(サイト右や記事下)に、「プライバシーポリシー」と書き、その固定ページのリンクを貼りましょう。 JINでは 一方、 JINを使っている場合は、あらかじめプライバシーポリシーのページがあり、カスタマイズから、簡単にフッターに表示することができます。 以下は、JINでプライバシーポリシーを設定する方法です。 固定ページ一覧には、最初から「プライバシーポリシー」や「免責事項」などがあり、文言もほとんど出来上がっています。 この文章から、自分で必要だと思う部分を残し、またアドセンスやアフィリエイトのASPの名前(もしもアフィリエイトやA8. netなど)を記入しましょう。 このサイトで言えば、パソコンなら左下に、スマホなら一番下に「プライバシーポリシー」と「免責事項」があるので、よかったら参考にしてみて下さい。 固定ページから、プライバシーポリシーや免責事項が書き終わったら、「更新」を押して、次のステップに移ります。 次は、サイトのトップページの上にある「カスタマイズ」を押します。 カスタマイズを押したら、左側にずらっと色々と設定項目が表示されるので、そこからフッター設定を選びます。 このフッター設定の「フッターの表示項目の選択」と「全て表示」にします。 「全て表示」にすることで、画面下に、プライバシーポリシーや免責事項が表示されます。 そして、「フッターの項目【左】のリンクを変更」と、「フッターの項目【右】のリンクを変更」があるので、それぞれに、先ほどの固定ページ一覧で作成したプライバシーポリシーと免責事項のページのURLをコピペして貼り付けます。 固定ページ一覧から、「プライバシーポリシー」の「表示」を押せば、ページが開けるので、URLをコピーします。 コピーしたURLを、先ほどの「フッターの項目【左】のリンクを変更」に貼り付けます。 免責事項も同様に、固定ページから開き、URLをコピーして今度は右側に貼り付けましょう。 あとは、カスタマイズの設定項目の上にある「公開」を押せば完成です。 免責事項はそれほど絶対というわけではありませんが、念の為。 プライバシーポリシーはアドセンス合格のためにも必要なので設定するようにしましょう。 以上、JINでプライバシーポリシーを設定する方法でした。 アフィリエイトにおすすめのASP ASPとは、アフィリエイト広告とアフィリエイターを繋ぐ仲介業者のことです。 アフィリエイト広告を貼る場合、まずはASPに登録します。 ここでは、アフィリエイトにおすすめのASPを紹介したいと思います。 どのサイトも無料登録なので、とりあえず最初に一通り登録しておくとよいでしょう。 おすすめ1、A8. net 言わずと知れたASPの大手。 満足度ランキング7年連続1位。 とにかく提携企業(広告)が多いことがメリットです。 ひとまず「ここ」というASP。 健康や美容関連にも強いです。 おすすめ2、もしもアフィリエイト もしもアフィリエイトは、Amazonも通りやすいので、Amazon関連のアフィリエイトを使うならもしもアフィリエイトは登録しておくとよいでしょう。 おすすめ3、バリューコマース バリューコマースのメリットは、スマホのオーバーレイ広告があることと、メルカリなど意外とバリューコマースにしかない案件がある点です。 基本的には、この三つのASPを活用しています。 アフィリエイトは、この三社と、Amazonアソシエイト(Amazonは上記のASP三社でも提携が可能です)、グーグルアドセンスがメインとなっています。 どれも 登録無料なので、複数あればリスクヘッジにもなりますし、各社で扱っている案件も違うので、ASPは登録だけでも行っておくとよいでしょう。 その他、 も有名どころで評価の高いASPです。 その他サービス クラウドワークス 在宅ワークで家にいながら記事のライティングなどの仕事を受けることができます。 手続きも簡単で、お金をもらいながらブログ記事執筆の基本を学ぶことができます。 ココナラ 自分ではちょっと不安なワードプレスやサーバーの設定、アイコンのデザインから翻訳まで、それぞれ得意なひとが格安で代行してくれる「スキルのフリマ」です。 無料登録後、必要なスキルを検索しましょう。 取引は匿名で、自分で「出品」も可能です。

次の

WordPressでのプライバシーポリシーの設置方法【テンプレート有り】

ワード プレス プライバシー ポリシー

この意味を簡単に説明すると『 ブログに集まった個人情報を大切に扱います。 読者さまには迷惑をおかけしませんので、ご安心ください。 』ということを示しています。 いやいや、ブログを運営しているだけだから個人情報は取得していないんじゃないのか?と思うかもしれませんね。 しかし、あなたがグーグルアナリティクスを使用しているのであれば、アクセスしている読者さんの住んでいる場所がわかります。 また、グーグルアドセンスを利用しているのであれば、読者さんがこれまで検索していた情報を使って、表示する広告を自動で設定しています。 そのため、ほぼ全てのブログで プライバシーポリシーが必要になるので、まだ設置していない方は 必ず設置をしておきましょう。 ワードプレスでプライバシーポリシーの設置方法を確認しよう それでは、ここから WordPressでプライバシーポリシーを設定する方法を確認していきましょう! 設置方法に関しては2つあります。 ワードプレスの機能を使って作成する方法• 自分でプライバシーポリシーを作成する方法 ちなみに1番の方法に関しては、EU加盟国向けに作成されている文章となり、かなりの量の情報を入力する必要があります。 そのため、今回は2番の方法で プライバシーポリシーを作成して、ブログに設置していきましょう! プライバシーポリシーを作ろう! まずは、 ワードプレスの ダッシュボードを開いてください。 そしてタイトルに 『プライバシーポリシー』と入力して、 本文にコピペした文章を張り付けましょう。 コピペ文章を紹介! さて、それでは プライバシーポリシーに入れる文章を紹介していきます。 個人情報の取得 当サイトでは、Googleが提供している分析ツール「Google Analytics」を利用して、訪問者の行動を分析しています。 (Google Analytics のデータのプライバシーとセキュリティについては) このGoogle Analyticsはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。 この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 個人情報の利用 当サイトでは、メールでのお問い合わせの際に、名前(ハンドルネーム)、メールアドレス等の個人情報をご登録いただく場合がございます。 これらの個人情報は、質問に対する回答や必要な情報を電子メール等でご連絡する場合に利用させていただくものです。 個人情報をご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。 個人情報の保管 お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。 個人情報の第三者への開示 次の場合を除いて、お客様からいただいた個人情報を、第三者に開示することはありません。 提供者の同意がある場合• 法令に基づく場合• 不正行為やその他の違法行為を防ぐために個人情報の開示が必要となった場合 個人情報のお客様への開示 お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。 広告の配信について 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。 広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するためにCookie(クッキー)を使用することがあります。 Cookie(クッキー)を無効にする設定およびGoogleアドセンスに関する詳細は「」をご覧ください。 第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザにCookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。 免責事項 当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 権利を侵害する目的ではございません。 記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。 確認後、対応させて頂きます。 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 著作権について 当サイトに掲載されている情報についての著作権は放棄しておりません。 当サイト記事からの引用に関しましては「引用元の明示」によって無償で引用頂けます。 ただし、全文転載はお断りいたしております。 引用許可範囲についても、事前予告なくこれを変更する事があります。 また、当サイトのRSSを利用し、コンテンツをそのまま盗用することも禁止しています。 プライバシーポリシーの変更について 当サイトは、個人情報に関して適用される日本の法令を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直しその改善に努めます。 修正された最新のプライバシーポリシーは常に本ページにて開示されます。 お問い合せ 当サイトの個人情報の取扱に関するお問い合せはコチラまでご連絡ください。 また、[サイト名]は、Amazon. jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。 プライバシーポリシーのページが完成したら、ブログに設置しよう! さて、 プライバシーポリシーのページが完成したら、あなたのブログに設置をしていきましょう! プライバシーポリシーのページは次の2つの内の1つを選んで設置をすれば良いかと思います。 ブログのグローバルメニューに入れる• ブログのフッターに入れる それでは、それぞれについて確認をしていきましょう。 まずは ワードプレスのダッシュボードを開きましょう。 そしたら、プライバシーポリシーの項目が出てくるので、チェックを入れて、 メニューに追加をクリック。 そしたら、メニューを保存すればグローバルメニューに プライバシーポリシーが追加されます。 最後に 今回の記事では ブログにプライバシーポリシーを設置する方法と例文を紹介していきました。 プライバシーポリシーは個人情報を扱っていますし、 アドセンス審査に必要な項目になっていきますので、 絶対に設置をしておきましょう。 コピペで直ぐに設置できますし、既に設定している方ももう一度ご確認をしてみることをオススメします!.

次の