ヤクルト スワローズ ジュニア。 ヤクルトジュニアビデオ

スワローズキッズアカデミー

ヤクルト スワローズ ジュニア

チームを牽引する本島敬大(ヤクルトジュニア) 12月28日、NPB12球団ジュニアトーナメント2019 supported by日能研の2日目が札幌ドームで行われた。 2回戦第3試合は東京ヤクルトスワローズジュニアが8対3の読売ジャイアンツジュニアを下して、2年連続の準決勝進出を決めた。 「物静かそうに見えるのですが、大きな声でチームをまとめてくれて、気遣いもできる」と度会博文監督から主将を託されている本島敬大(城北クラブ)が、この日は攻守でも大きな存在感を放った。 まずは1回裏。 1番打者として打席に入ると読売ジュニアの先発・津島悠翔(山野レッドイーグルス)の初球を見事に弾き返し、打球はセンターフェンスを越える先頭打者本塁打。 貴重な先制点を挙げて勢いづいたヤクルトジュニアは、この回さらにもう1点を追加して試合の主導権を握った。 さらに直後の2回の守りでも本島が魅せる。 レフト線への打球はバウンドしながらフェンスに当たったが、冷静にクッション処理すると中継の遊撃手・阿部駿大(洋光台球友イーグルス)に好返球し、その後二塁手・松永士武(ニュー武里ジャンボーズ)へと繋いで打者走者はタッチアウト。 相手の反撃の芽を摘み、その後の佐藤南雄大(戸二小ジャガーズ)の本塁打などへ守備からリズムを作った。 さらに最終7回には投手としてマウンドに上がり、三者凡退で試合を締めた。 試合後、度会監督は「本島は期待通りの先制パンチでした」と先頭打者本塁打を称え、さらに好守備についても「あまりレフトは守らせたこと無かったのですが、よく守ってくれました」と目を細めた。 本島は「絶対に勝たないといけないという緊張はありましたけど、それは当たり前。 声を出すことで慣れることができました」と、しっかりとした口調で振り返った。 そして、「優勝して度会監督を胴上げしたいです」と準決勝以降へ意気込んだ。 今年も本島主将を先頭に元気いっぱいなヤクルトジュニア。 昨日と今日で全16選手を起用することもでき、最高の形で第1回大会以来14年ぶりの優勝を虎視眈々と狙う。

次の

ヤクルトスワローズジュニアに合格

ヤクルト スワローズ ジュニア

野球とサッカーどちらも好きなのですが どちらかにした方がいいですか? まずは好きなことをやるのが大事で いろんなスポーツをやってみよう Q. キャッチボールを意識してやった 1球1球無駄にしないように 1球投げるごとにフォームを意識してやった 杉山晃基投手 Q,一番やった練習メニューは? A. ウェイトトレーニング ベンチプレス 下半身はスクワットをたくさん その結果 MAX154キロまで速球はあがった 大西広樹投手 Q,一番やった練習メニューは? A. MAX158キロの武器にドラフト1位で入団した奥川投手が どもの頃に大切にしていた練習は? A. 必ず毎日走っていた 長岡秀樹選手 Q,一番やった練習メニューは? A. いつもバッターボックスで何を考えている? A. とにかく自分のスイングをすること 日頃の練習で自分の理想としているスイング こういうスイングをしたいともって練習していると思うが そのスイングが一番理想のスイングだと思うので そのスイングを追求して練習してほしい 青木宣親選手 Q. 練習では捕れるフライが試合になると捕れない A. バッティング練習中に打った打球を捕るといいかも。 ステージでは選手たちが 今年、大ヒットしたDA PUMPのU. ダンスや 人気芸人・ひょっこりはんの仮装に挑戦しました。 また ファンと選手が真剣勝負を繰り広げる「夢の対決」では 今シーズン自身3度目のトリプル3を達成した山田選手が まさかの空振りとなるシーンも見られました イベントの最後には西浦選手が自慢の美声 ? で 「東京音頭」を披露し今年のファン感謝DAYも 大盛況のうちに幕を閉じました。 生徒たちは基本動作とボールの握り方を教わると 2人1組でキャッチボールを行いました。 投げる時の顔の方向やボールを持っていない方の手の使い方など 講師の2人から細かなアドバイスが送られ キャッチボールをした事がない女子生徒も 短時間で遠くまでボールを投げられる様になりました。

次の

ヤクルトスワローズジュニア、14年ぶりの日本一

ヤクルト スワローズ ジュニア

野球とサッカーどちらも好きなのですが どちらかにした方がいいですか? まずは好きなことをやるのが大事で いろんなスポーツをやってみよう Q. キャッチボールを意識してやった 1球1球無駄にしないように 1球投げるごとにフォームを意識してやった 杉山晃基投手 Q,一番やった練習メニューは? A. ウェイトトレーニング ベンチプレス 下半身はスクワットをたくさん その結果 MAX154キロまで速球はあがった 大西広樹投手 Q,一番やった練習メニューは? A. MAX158キロの武器にドラフト1位で入団した奥川投手が どもの頃に大切にしていた練習は? A. 必ず毎日走っていた 長岡秀樹選手 Q,一番やった練習メニューは? A. いつもバッターボックスで何を考えている? A. とにかく自分のスイングをすること 日頃の練習で自分の理想としているスイング こういうスイングをしたいともって練習していると思うが そのスイングが一番理想のスイングだと思うので そのスイングを追求して練習してほしい 青木宣親選手 Q. 練習では捕れるフライが試合になると捕れない A. バッティング練習中に打った打球を捕るといいかも。 ステージでは選手たちが 今年、大ヒットしたDA PUMPのU. ダンスや 人気芸人・ひょっこりはんの仮装に挑戦しました。 また ファンと選手が真剣勝負を繰り広げる「夢の対決」では 今シーズン自身3度目のトリプル3を達成した山田選手が まさかの空振りとなるシーンも見られました イベントの最後には西浦選手が自慢の美声 ? で 「東京音頭」を披露し今年のファン感謝DAYも 大盛況のうちに幕を閉じました。 生徒たちは基本動作とボールの握り方を教わると 2人1組でキャッチボールを行いました。 投げる時の顔の方向やボールを持っていない方の手の使い方など 講師の2人から細かなアドバイスが送られ キャッチボールをした事がない女子生徒も 短時間で遠くまでボールを投げられる様になりました。

次の