神戸 山口組 幹部。 神戸山口組幹部が初めて明かす「分裂騒動の深層」(伊藤 博敏)

犯行の自動小銃、米軍用と酷似 神戸山口組幹部射殺事件(1/2ページ)

神戸 山口組 幹部

現在、使用制限がかけられている神戸山口組事務所 特定抗争指定暴力団に指定されたことで、現在は使用禁止制限がかけられている 六代目山口組総本部(神戸市灘区)。 その六代目山口組が分裂する以前、二次団体である 雄成会(本部・京都市)の高橋久雄会長は、当番責任者という重責を務めていた。 現役時代の筆者がガレージ当番で総本部に泊まり込みに行くと、夜中に総本部の駐車場内を黙々と見回る高橋会長の姿をよく目にしていたことを覚えている。 その後の六代目山口組の分裂に伴い、 神戸山口組傘下となった雄成会だが、その高橋会長が、ゴールデンウィークの明けた5月7日夕刻に京都府警を訪れて、引退を表明したのである。 突然の出来事ではあったが、業界内では数日前から、高橋会長が引退するのではないかという噂が各所で飛び交っていたのは確かだった。 実話誌記者が解説する。 「その後、尾ヒレがついたように、高橋会長だけでなく、どこどこの親分も引退するようだ、いや、あの幹部も一緒に辞めるようだ、といったようなさまざまな噂が流れていました。 それらは信憑性が高いものばかりではないのですが、最初に引退の噂が流れたのが、高橋会長だったのは確かです。 こうした情報が入った場合、我々のような記者も、以前であれば、すぐに雄成会の本部事務所前へと行き、組員の出入りや事務所の様子をうかがったり内部関係者に話を聞いたりすることで、そうした噂が事実であるか、ある程度裏取りすることもできたんです。 しかし、今は事務所に使用制限がかけられているなどするため、そうした取材もできない。 そうこうしているうちに、7日に雄成会の本拠地のある京都府警を高橋会長が訪れ、組織の解散届を提出し、自身の引退を申し入れたことがわかりました」 昨今、特定抗争指定暴力団への指定と新型コロナウイルスの影響で、小康状態が続いていた山口組分裂騒動。 そんななかでの神戸山口組幹部の引退は唐突感が拭えないものだったが、ある捜査関係者はこう分析する。 「去年、神戸山口組の幹部が立て続けに襲撃される事件が起きた。 最初は熊本で、その次が北海道。 そして兵庫県尼崎市では、神戸山口組幹部がマシンガンによって殺害された。 それらは明らかに、六代目山口組サイドが意図的に幹部を狙い撃ちにしているという動きだった。 そして、マシンガンで組幹部を殺害した容疑者は、事件後、現場から逃走を図り、京都府内で逮捕されているのだが、逮捕後にはっきりと『高橋会長を殺害しようとしていた』と供述しており、実際に容疑者が使用していた自動車内には、ライフル銃や拳銃のほか、実弾も見つかっていた。 つまり、身柄が確保されていなければ、高橋会長を襲撃していた可能性は極めて高かった。 その後、六代目山口組サイドが高橋会長の周辺を探っているという噂まであった。 高橋会長の心中を察すると、そうしたことも、今回の引退に関係しているのではないか」 もちろん、これは捜査関係者の推測であり、引退の真相がどこにあるのかはわからない。 だが、高橋会長の引退が、今後、神戸山口組内部になにかしらの影響を及ぼすことは間違いないのではないか。 さらに、表面上は沈静化している山口組分裂問題も、水面下では大きな動きが起こり始めていると見るほうが自然なのかもしれない。 以降、テレビ、雑誌などで、山口組関連や反社会的勢力が関係したニュースなどのコメンテーターとして解説することも多い。 著書に『生野が生んだスーパースター 文政』『2年目の再分裂 「任侠団体山口組」の野望』(共にサイゾー)など。 最新小説『』が発売中。

次の

神戸山口組幹部が立て続けに引退、某独立組織は六代目山口組に接近の噂…何を意味する?

神戸 山口組 幹部

兵庫県尼崎市の路上で指定暴力団神戸山口組の古川恵一幹部(59)が射殺された事件で、銃を所持していたとして京都府警に現行犯逮捕された男が調べに対し、「別の神戸山口組系組織を狙い京都に向かった」などと供述していることが28日、捜査関係者への取材で分かった。 京都市内が拠点の神戸山口組2次団体が次のターゲットだったとみられる。 兵庫県警は週内にも、京都府警から男の身柄の移送を受けて殺人容疑で再逮捕する方針で、一連の目的を捜査する。 逮捕された男は愛知県江南市の無職、朝比奈久徳容疑者(52)。 事件は27日午後5時5分ごろ、尼崎市内の路上で発生した。 両府県警の調べでは、古川幹部は至近距離から自動小銃で頭や腹などを狙い撃ちにされ、即死状態だったとみられる。 現場の路上からは実弾の空薬莢(やっきょう)15個程度が押収された。 朝比奈容疑者とみられる犯人は、銃撃後に現場から車で逃走。 約1時間後に約40キロ離れた京都市内で京都府警の警察官が、逃走車両とナンバーの下4桁が一致した軽乗用車を発見した。 1人でいた朝比奈容疑者が拳銃や自動小銃、実弾を所持し、警察官に拳銃を向けたため銃刀法違反などの疑いで現行犯逮捕した。 PR 捜査関係者によると、警察の調べに対し朝比奈容疑者は「全部1人でやった。 古川に30発ぐらい撃った」などと供述。 さらに「別の神戸山口組系組織を狙い京都に向かった」などと話しているという。 神戸山口組は平成27年8月に5代目組長(故人)の出身母体である山口組2次団体の山健組組長ら直系組長13人が離脱し結成。 警察庁は28年3月、両組織が対立抗争状態にあると認定した。 今年4月以降、対立抗争が激化。 10月までの間に両組織の本部がある神戸市内で銃撃や刺傷事件が3件発生し組員2人が死亡、2人が重傷を負った。 事件を受け、全国4府県にある両組織の組拠点計19カ所の使用が制限されている。 朝比奈容疑者はもともと山口組傘下組織幹部だったが、山口組で取り扱いが禁じられている覚醒剤に手を染めたとして、平成30年12月に「破門処分」を受けたとされる。 警察当局は今回の事件も両組織間の対立抗争の一環だった可能性もあるとみて調べている。

次の

コロナ解除宣言が抗争開始宣言なのか!岡山で神戸山口組幹部銃撃される【山口組対神戸山口組抗争】

神戸 山口組 幹部

来歴 [ ] によると、2015年8月にのの直系組長13名が六代目山口組を離脱し、組長・を組長として結成された。 分裂の背景には、六代目山口組が(司忍)以下の出身者を中心としていることに対して、以前の主流派であった他の関西系組織の不満があったものとされている。 六代目側で毎月65万円とされる上納金が神戸側では10万円まで減額されていると言われ、一部の幹部に対しては1,000万円単位の支度金まで用意されるケースもあるとされる。 結成以後、六代目山口組との抗争状態が続き、発砲や車両突入などの関係が2016年まで20都道府県で49件発生した。 その後、同年に警察がと認定してから2019年末までに72件発生している。 、によりに指定された(指定番号6316-1)。 また、読売新聞は警察当局が六代目山口組と共にへの指定を検討していると報じられた。 、傘下の一部団体が組の運営方針に異議を唱え神戸山口組を離脱。 反旗を翻す形で新組織「任侠団体山口組」(現・)を結成した。 、が本部事務所の使用差し止めを求めるをに申し立てた。 これを受け、神戸山口組側は地裁が判断する前の同月25日、淡路市内にあった本部事務所を閉鎖した。 2019年12月に兵庫県公安委員会など6府県のにより、六代目山口組と共に特定抗争暴力団に指定され、の官報告示をもって発効した。 綱領 [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2016年1月)• 内を固むるに和親合一を最も尊ぶ• 外に接するに愛念を持し信義を重んず• 長幼の序を弁え礼に依って終始す• 世に処するに己の節を守り譏を招かず• 先人の経験を聞き人格の向上を図る 指針 [ ]• 平成28年度 - 継往開来(先人の事業を受け継ぎ発展させながら未来を切り開くこと)• 平成29年度 - 風霜尽瘁(きびしくはげしい苦難の中でも一所懸命に力を尽くして労苦すること)• 平成30年度 - 一燈照隅(一人ひとりが一隅を照らすことになれば、人の和が成り立つこと) 構成 [ ] 役職 氏名 二次団体 本部 組長 兵庫県神戸市 副組長 二代目 大阪府大阪市 若頭 寺岡修 兵庫県淡路市 最高顧問 池田孝志(金孝志) 岡山県岡山市 総本部長 正木年男(朴年男) 福井県敦賀市 本部長 毛利善長 大阪府吹田市 舎弟頭補佐 藤原健治 三代目 岡山県玉野市 舎弟頭補佐 太田守正 大阪府大阪市 若頭補佐 剣 政和(笹 昭) 二代目 大阪府大阪市 若頭補佐 山本彰彦 二代目 愛媛県松山市 若頭補佐 中田広志 五代目 兵庫県神戸市 顧問 奥浦清司(金哲清) 大阪府東大阪市 舎弟 岡本久男 二代目 兵庫県神戸市 舎弟 宮下和美 二代目 兵庫県神戸市 舎弟 須ノ内祥吾 二代目 大阪府大阪市 舎弟 安岡俊蔵 大阪府大阪市 舎弟 竹森竜治 四代目 大阪府大阪市 舎弟 大澤忠興 三代目 茨城県石岡市 幹部 高橋久雄 京都府京都市 幹部 清崎達也 四代目 熊本県熊本市 幹部 古川恵一 三代目総裁 兵庫県尼崎市 若中 藤田恭道(藤田恭右) 二代目 大阪府大阪市 若中 小嶋恵介 二代目 大阪府堺市 若中 青木和重 北海道札幌市 若中 仲村石松 三代目古川組 兵庫県尼崎市 出典 [ ] []• Report. 1-40. 2020年4月4日閲覧。. 官報 平成30年12月7日 本紙 第7405号• 2015年8月27日• NHK. 2016年4月7日. の2020年4月30日時点におけるアーカイブ。 2016年4月11日閲覧。 本紙 p. 8)2016年4月15日、2016年4月16日閲覧• 読売新聞 2016年4月15日. 2016年4月16日閲覧。 - 、2017年5月1日配信・閲覧• 朝日新聞 2017年10月2日. 2018年3月31日閲覧。 産経新聞 2018年10月30日. 2018年3月31日閲覧。 2015年12月15日. 2016年4月3日閲覧。 2016年12月13日. 2018年1月10日閲覧。 2017年12月14日. 2018年1月10日閲覧。 2017年12月18日. 2018年1月10日閲覧。

次の