カタログ ギフト 消費 税。 飲食料品を含む商品が載る「カタログギフト」の販売の適用税率は?

No.6229 商品券やプリペイドカードなど |消費税 |国税庁

カタログ ギフト 消費 税

商品券の課税・非課税まとめ商品券を 買った時に、 会社側で 消費税が掛かるのか、掛からないのか? 課税仕入になるのか否か 商品券を 使った時に、 会社側で 消費税が掛かるのか、掛からないのか? 課税仕入になるのか否か 商品券を あげた時に、 会社側で 消費税が掛かるのか、掛からないのか? 課税仕入になるのか否か 商品券を あげた時に、 従業員に 所得税が掛かるのか、掛からないのか? 商品券の勘定科目は? 一般的には、 自社が発行した商品券は、 商品券 他社が発行した商品券は、 他社商品券 商品券を従業員に支給し、所得税が課税される時は 給与 商品券を従業員に支給し、所得税が非課税となる場合は、 福利厚生費 となります。 今回は、自社が発行した商品券の話は割愛しますので、資産計上する場合は他社商品券となります。 貯蔵品としている会社もあります 勘定科目は? これじゃなきゃダメというのはないので、流動資産に計上されていれば、科目名はわかりやすい科目で良いと思います。 商品券を買った時は? 商品券を購入した時は、下記の仕訳を切ります。 なお、商品券を購入した時は 消費税は非課税となります。 商品券、ギフト券、旅行券のほかテレホンカードなどのいわゆるプリペイドカードの譲渡は、物品切手等の譲渡として 非課税とされています。 国税庁 タックスアンサー No. 6229 商品券やプリペイドカードなど 商品券を使った時は? 商品券を使った時は、下記の仕訳を切ります。 なお、商品券を使った時は 消費税は課税となります。 税抜経理をしている場合は、仮払消費税を計上します。 商品券など物品切手等を用いる取引では、物品切手等の購入は非課税とされ、 後日、物品切手等を使って商品の購入をしたり、サービスの提供を受けた時が課税の時期となります。 すなわち、仕入れに含まれる消費税額の控除は、商品券などを購入した時ではなく、後日その商品券などを使って実際に商品の購入又はサービスの提供を受けた者が、その時に行うことになります。 国税庁 タックスアンサー No. 6229 商品券やプリペイドカードなど 商品券を贈答用として、購入した時は? 商品券を贈答用として購入し得意先に渡した時は、下記の仕訳を切ります。 なお、商品券を渡した時は 消費税は非課税となります。 こちらは、間違いやすいのでご注意ください。 交際費については、その支出がお中元やお歳暮のように得意先への贈答品としての物品の購入代金や、得意先の接待のための飲食代の支払である場合には、原則として課税仕入れとなります。 ただし、得意先へ 商品券の交付をする場合や、祝金、餞別、弔慰金などを支出した場合には、 課税仕入れとなりません。 国税庁タックスアンサー No. 6463 寄附金や交際費の取扱い 商品券を使わずに決算を迎えた時は? 商品券を未使用のまま決算を迎えた時は、下記の仕訳を切ります。 なお、下記のような会計処理はできません。 税金対策として、ドカッと商品券を購入し、損金算入はできません。 従業員へのお祝いとして、商品券を贈った時は? 従業員へのお祝いとして、商品券を贈った時の仕訳は下記の仕訳を切ります。 (雇用契約等に基づいて支給される結婚祝金品等) 28-5 使用者から役員又は使用人に対し雇用契約等に基づいて支給される結婚、出産等の祝金品は、給与等とする。 ただし、その金額が支給を受ける者の地位等に照らし、 社会通念上相当と認められるものについては、課税しなくて差し支えない。 所得税 基本通達 法第28条《給与所得》関係 ここでは従業員の「所得税」が課税か非課税が論点となります。 社会通念上相当とは? 何をもって社会通念上相当と認められるかについては、議論が分かれます。 一般的には、• 就業規則等に規定されていること• 対象者全てに分け隔てなく支払われること• 不相当に高額ではないこと こちらを満たせば、慶弔見舞金として、会社が支給しても、貰う従業員側では所得税上非課税になります。 こんな判決も・・・ 誕生日祝い金について、 本件誕生日祝金は、使用人のすべてを対象としているものの、使用人の誕生日に祝金品を支給することは、広く一般に社会的な慣習として行われているとは認められない。 (平15. 25裁決、裁決事例集No. 66 212頁) このように、誕生日祝い金が「課税」と判定された判決もございます。 創業記念品や永年勤続表彰記念品として商品券を贈った時は? 従業員へ設立〇周年や永年勤続表彰として、商品券を贈った時の仕訳は下記の仕訳を切ります。 創業記念で支給する記念品や永年にわたって勤務している人の表彰に当たって支給する記念品などは、次に掲げる要件をすべて満たしていれば、給与として課税しなくてもよいことになっています。 なお、記念品の支給や旅行や観劇への招待費用の負担に代えて現金、 商品券などを支給する場合には、その全額(商品券の場合は券面額)が 給与として課税されます。 国税庁タックスアンサー No. 2591 創業記念品や永年勤続表彰記念品の支給をしたとき 注意!! 創業記念品や勤続表彰については、高価でない モノなら非課税ですが、商品券の支給は、換金性が高いので、現金と同じと判断され、 従業員側で所得税が課されます。 参考までに、記念品等のモノで非課税となる基準は下記のとおりです。 (課税しない経済的利益……永年勤続者の記念品等) 36-21 使用者が永年勤続した役員又は使用人の表彰に当たり、その記念として旅行、観劇等に招待し、又は記念品(現物に代えて支給する金銭は含まない。 )を支給することにより当該役員又は使用人が受ける利益で、次に掲げる要件のいずれにも該当するものについては、課税しなくて差し支えない。 (昭46直審(所)19改正) 1 当該利益の額が、当該役員又は使用人の勤続期間等に照らし、社会通念上相当と認められること。 2 当該表彰が、おおむね10年以上の勤続年数の者を対象とし、かつ、2回以上表彰を受ける者については、おおむね5年以上の間隔をおいて行われるものであること。 (課税しない経済的利益……創業記念品等) 36-22 使用者が役員又は使用人に対し創業記念、増資記念、工事完成記念又は合併記念等に際し、その記念として支給する記念品(現物に代えて支給する金銭は含まない。 )で、次に掲げる要件のいずれにも該当するものについては、課税しなくて差し支えない。 ただし、建築業者、造船業者等が請負工事又は造船の完成等に際し支給するものについては、この限りでない。 (昭60直法6-5、直所3-6改正) 1 その支給する記念品が社会通念上記念品としてふさわしいものであり、かつ、そのものの価額(処分見込価額により評価した価額)が1万円以下のものであること。 2 創業記念のように一定期間ごとに到来する記念に際し支給する記念品については、創業後相当な期間(おおむね5年以上の期間)ごとに支給するものであること。 所得税基本通達 〔給与等に係る経済的利益〕 永年勤続者に対する旅行券の支給 不思議で仕方がないのですが、 旅行券ならOKという規定があります・・・ 当社では勤続20年に達した使用人に対し、一人当たり10万円の旅行券を支給しています。 永年勤続者の表彰に当たり旅行に招待する場合には課税の対象とされないそうですが、旅行券を支給した場合も同様に取り扱ってよいでしょうか。 一般的に、旅行券は有効期限もなく、換金性もあり、実質的に金銭を支給したことと同様になりますので、原則として給与等として課税されます。 ただし、次の要件を満たしている場合には、課税しなくて差し支えありません。 旅行の実施は、旅行券の支給後1年以内であること。 旅行の範囲は、支給した旅行券の額からみて相当なもの(海外旅行を含みます。 )であること。 旅行券の支給を受けた者が当該旅行券を使用して旅行を実施した場合には、所定の報告書に必要事項(旅行実施者の所属・氏名・旅行日・旅行先・旅行社等への支払額等)を記載し、これに旅行先等を確認できる資料を添付して貴社に提出すること。 旅行券の支給を受けた者が当該旅行券の支給後1年以内に旅行券の全部又は一部を使用しなかった場合には、当該使用しなかった旅行券は貴社に返還すること。 国税庁タックスアンサー No. 2591 創業記念品や永年勤続表彰記念品の支給をしたとき 報酬として支払った時 報酬の支払いとして、商品券を贈った時の仕訳は下記の仕訳を切ります。 報酬として、商品券を支払った時は、源泉徴収する必要がございます。 源泉の計算は下記の国税庁HPをご覧ください。 金銭ではなく、 物品で支払う場合も報酬・料金等に含まれます。 報酬・料金等の額の中に消費税及び地方消費税の額(以下、「消費税等の額」といいます。 )が含まれている場合は、原則として、消費税等の額を含めた金額が源泉徴収の対象となります。 ただし、請求書等において、報酬・料金等の額と消費税等の額が明確に区分されている場合には、その報酬・料金等の額のみを源泉徴収の対象とする金額として差し支えありません。 まとめ 商品券に関する会計処理は、 買った時、使った時、渡した時の3場面。 また、渡す相手が得意先か従業員か報酬の支払先の3者でそれぞれ会計処理が異なります。 消費税・所得税のどちらが課税なのか非課税なのかも注意して、会計処理するようにしてください。

次の

カタログギフト売買の課税区分は?┃税金調べもの┃とある税理士のほーむぺーじ

カタログ ギフト 消費 税

勘定科目について キャンペーンでお客様にカタログギフトを差し上げます。 カタログギフトを購入した時の勘定科目は 広告宣伝費/現金 消費税あり で伝票に記入しました。 カタログギフトを購入した時の勘定科目は 商品券/現金 消費税あり で伝票に記入してありました。 お客様にカタログギフトを差し上げるときは 広告宣伝費/商品券 消費税あり でした。 また、商品券は50,000円分一括で購入して、 その都度、500円ずつ当選で当たった方に渡しています。 -補足への回答- 先の回答で不正確な記載をしてしまいましたので訂正します。 >商品券を購入したときは、【商品券】勘定は使いません。 正確には、「今回の場合は、」でした。 さて、50,000円分の商品券を500円分ずつ小出しする場合は、 質問者様の仕訳で合っています。 ただし、期末に残っている商品券は【貯蔵品】で資産計上する必要が生じます。 カタログギフトの処理に関してですが・・・ カタログギフトは商品券と同じ。 という認識で良いと思いますが、 贈答目的で購入した場合の商品券は【交際費】又は【交際接待費】で処理します。 ただ、今回の場合には不特定多数のお客様への進呈である点から、 【広告宣伝費】での処理でも良いと思います。 したがって、購入時に費用計上する方法で差し支えないでしょう。 進呈時の仕訳は不要です。 キャンペーン期間中に進呈し切れずに残ってしまった分があれば、 期末の時点で資産計上しなくてはならないでしょう。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ お客さんにカタログを進呈した際の仕訳が、 【広告宣伝費】/【〇〇〇】となるのはなぜですか? 購入時に、【広告宣伝費】/【現金】と仕訳されてますが、 この仕訳が理解できていらっしゃらないとしか思えません。 ご質問者様が理解できていらっしゃるなら、 【広告宣伝費】/【〇〇〇】などという仕訳はしないからです。 商品券を購入したときは、【商品券】勘定は使いません。 商品券の購入目的によっても異なりますが、 初めからお客さんへの進呈目的での購入であれば【広告宣伝費】/【現金】。 お客さんに進呈した際の仕訳は不要です。 お肉引換券も同じ処理になります。 仕訳に関して、基本的な部分のご理解が不足している感じです。 ご自身の頭の中で仕訳ができるようにならないと、 いつもいつも他力本願で記帳する事になり、作業が進まないでしょう。 勘定科目については、意味と使い分けを覚えてください。 両方とも、棚卸資産にする必要がないものならば、購入時の仕訳のみです。 商品券勘定を使うと、それを販売しているようになります。 当然、棚卸資産です。 補足後 もう、最初の仕訳自体が誤りです。 まず、不課税です。 そして、カタログギフトを購入したのではなく、商品券を購入されています。 それを渡したときに、経費計上されてますが、その方法だと商品券は売買目的としての棚卸資産になります。 商品券とカタログギフトの因果関係がありません。 カタログギフトを購入した時に、一旦仮払金か全てを宣伝費で計上し、仮払金で処理した場合はその都度宣伝費に振り替え、一旦宣伝費にあげたものが一部余った場合は費用に戻し入れたら済む話です。 また、カタログギフトを購入した場合は、カタログ自体が課税商品なので、課税仕入れで構いません。 商品券を使うとそうではなくなり、メチャクチャなことになります。 なんの当選かわかりませんが、そのために購入した商品券ならば、購入時に不課税として雑費、交際費、宣伝費のどれかで処理すればいいはずです。

次の

ギフト券の消費税は?

カタログ ギフト 消費 税

なお、 食品のみを掲載するカタログギフトの販売であっても、同様の理由から「役務の提供」を行うものであり、「飲食料品の譲渡」には該当しないため、軽減税率の適用対象となりません。 出所: 附則〔平成二八年三月三一日法律第一三号抄〕より抜粋 改正法附則34 (三十一年軽減対象資産の譲渡等に係る税率等に関する経過措置) 第三十四条 事業者が、平成三十一年十月一日(以下附則第四十条までにおいて「三十一年適用日」という。 )から三十五年施行日の前日までの間に国内において行う課税資産の譲渡等(消費税法第二条第一項第九号に規定する課税資産の譲渡等をいい、同項第八号の二に規定する特定資産の譲渡等に該当するものを除く。 以下附則第五十二条までにおいて同じ。 )のうち次に掲げるもの(以下附則第三十九条までにおいて「三十一年軽減対象資産の譲渡等」という。 )及び保税地域(同項第二号に規定する保税地域をいう。 以下附則第四十六条までにおいて同じ。 )から引き取られる課税貨物(同項第十一号に規定する課税貨物をいう。 以下同条までにおいて同じ。 )のうち第一号に規定する飲食料品に該当するものに係る消費税の税率は、同法第二十九条の規定にかかわらず、百分の六・二四とする。 一 飲食料品(食品表示法(平成二十五年法律第七十号)第二条第一項に規定する食品(酒税法(昭和二十八年法律第六号)第二条第一項に規定する酒類を除く。 以下この号において単に「食品」という。 )をいい、食品と食品以外の資産が一の資産を形成し、又は構成しているもののうち政令で定める資産を含む。 以下この号において同じ。 )の譲渡(次に掲げる課税資産の譲渡等は、含まないものとする。 ) イ 飲食店業その他の政令で定める事業を営む者が行う食事の提供(テーブル、椅子、カウンターその他の飲食に用いられる設備のある場所において飲食料品を飲食させる役務の提供をいい、当該飲食料品を持帰りのための容器に入れ、又は包装を施して行う譲渡は、含まないものとする。 ) ロ 課税資産の譲渡等の相手方が指定した場所において行う加熱、調理又は給仕等の役務を伴う飲食料品の提供(老人福祉法(昭和三十八年法律第百三十三号)第二十九条第一項に規定する有料老人ホームその他の人が生活を営む場所として政令で定める施設において行う政令で定める飲食料品の提供を除く。 ) 二 一定の題号を用い、政治、経済、社会、文化等に関する一般社会的事実を掲載する新聞(一週に二回以上発行する新聞に限る。 )の定期購読契約(当該新聞を購読しようとする者に対して、当該新聞を定期的に継続して供給することを約する契約をいう。 )に基づく譲渡 2 三十一年適用日から三十五年施行日の前日までの間における消費税法第三十条、第三十二条、第三十六条、第三十八条、第三十九条、第四十三条、第四十五条及び第四十七条の規定の適用については、次の表の上欄に掲げる同法の規定中同表の中欄に掲げる字句は、それぞれ同表の下欄に掲げる字句とする。 この場合において、読み替えられたこれらの規定は、この附則に別段の定めがあるものを除き、三十一年適用日以後に国内において事業者が行う資産の譲渡等(同法第二条第一項第八号に規定する資産の譲渡等をいう。 以下附則第五十条までにおいて同じ。 )及び三十一年適用日以後に国内において事業者が行う課税仕入れ(同項第十二号に規定する課税仕入れをいう。 以下附則第五十三条までにおいて同じ。 )並びに三十一年適用日以後に保税地域から引き取られる課税貨物に係る消費税について適用し、三十一年適用日前に国内において事業者が行った資産の譲渡等及び三十一年適用日前に国内において事業者が行った課税仕入れ並びに三十一年適用日前に保税地域から引き取った課税貨物に係る消費税については、なお従前の例による。 第三十条第一項 百十分の七・八 百十分の七・八(当該課税仕入れが他の者から受けた三十一年軽減対象資産の譲渡等(所得税法等の一部を改正する法律(平成二十八年法律第十五号)附則第三十四条第一項に規定する三十一年軽減対象資産の譲渡等をいう。 以下この章において同じ。 )に係るものである場合には、百八分の六・二四) 第三十条第八項第一号ハ 内容 内容(当該課税仕入れが他の者から受けた三十一年軽減対象資産の譲渡等に係るものである場合には、資産の内容及び三十一年軽減対象資産の譲渡等に係るものである旨) 第三十条第九項第一号ハ 内容 内容(当該課税資産の譲渡等が三十一年軽減対象資産の譲渡等である場合には、資産の内容及び三十一年軽減対象資産の譲渡等である旨) 第三十条第九項第一号ニ 課税資産の譲渡等の 税率の異なるごとに区分して合計した課税資産の譲渡等の 第三十条第九項第二号ニ 内容 内容(当該課税仕入れが他の者から受けた三十一年軽減対象資産の譲渡等に係るものである場合には、資産の内容及び三十一年軽減対象資産の譲渡等に係るものである旨) 第三十条第九項第二号ホ 第一項 税率の異なるごとに区分して合計した第一項 第三十二条第一項第一号 百十分の七・八 百十分の七・八(当該仕入れに係る対価の返還等が他の者から受けた三十一年軽減対象資産の譲渡等に係るものである場合には、百八分の六・二四) 第三十六条第一項 百十分の七・八 百十分の七・八(当該課税仕入れに係る棚卸資産が他の者から受けた三十一年軽減対象資産の譲渡等に係るものである場合又は当該課税貨物が所得税法等の一部を改正する法律(平成二十八年法律第十五号)附則第三十四条第一項第一号に規定する飲食料品に該当するものである場合には、百八分の六・二四) 第三十八条第一項 百分の十 百分の十(当該課税資産の譲渡等が三十一年軽減対象資産の譲渡等である場合には、百分の八) 百十分の七・八 百十分の七・八(当該売上げに係る対価の返還等が三十一年軽減対象資産の譲渡等に係るものである場合には、百八分の六・二四) 第三十九条第一項 百十分の七・八 百十分の七・八(当該税込価額が三十一年軽減対象資産の譲渡等に係るものである場合には、百八分の六・二四) 第四十三条第一項第一号 課税資産の譲渡等に係る 課税資産の譲渡等に係る税率の異なるごとに区分した 第四十三条第一項第二号 課税標準額 税率の異なるごとに区分した課税標準額 第四十五条第一項第一号 )に係る )に係る税率の異なるごとに区分した 第四十五条第一項第二号 課税標準額 税率の異なるごとに区分した課税標準額 第四十七条第一項第一号 数量及び 数量、 いう。 ) いう。 )及び税率 3 前項前段の規定の適用がある場合における消費税法第三十条第七項の規定の適用については、前項前段の規定による読替え前の同法第三十条第九項第一号に掲げる書類の交付を受けた事業者が、当該書類に係る課税資産の譲渡等の事実に基づき次に掲げる記載事項に係る追記をした当該書類を保存するときは、消費税法第三十条第七項に規定する請求書等の保存があるものとみなして、同項の規定を適用する。 一 消費税法第三十条第九項第一号ハに掲げる記載事項(当該記載事項のうち、課税資産の譲渡等が三十一年軽減対象資産の譲渡等である旨に限る。 ) 二 消費税法第三十条第九項第一号ニに掲げる記載事項 4 第一項の規定の適用を受ける三十一年軽減対象資産の譲渡等に係る課税仕入れ等の税額(消費税法第三十条第二項に規定する課税仕入れ等の税額をいう。 )の計算方法その他前三項の規定の適用に関し必要な事項は、政令で定める。

次の