可愛い 神戸弁。 大阪弁の告白|男女別!関西弁萌えな可愛い&かっこいいセリフ集

神戸市民なら絶対共感する神戸あるある

可愛い 神戸弁

一般的に、関西弁はいわゆる標準語と比べて言葉の高低差が大きく、イントネーションも独特だと言われています。 例えば、標準語では「そうだよねえ?」と言うところを関西弁では「せやんなあ?」と言います。 この場合、「せ」の部分と「なあ?」の部分が強調して発話され、独特のイントネーションが生まれます。 関西弁は、例えば「その仕事をばあって終わらしてん。 」など何かの様子を表す言葉が沢山存在するとされています。 これは、いわゆる擬態語とされるもので、物事の様子をより臨場感を持って表現することが可能となります。 このような擬態語が関西弁で使いこなせるようになったらかなり上級者ということになりそうです。 関西弁には語尾が特徴的なものが多々あります。 例えば、「やねん」や「やねんかあ」などが有名です。 これらを標準語に置き換えると「なんだよ」「なんだよねえ」という言葉になります。 伝えている事実は同じでも、語尾が違うだけで少し相手に与える印象が異なってくるところがおもしろいところです。 大阪弁と関西弁の違いは? 大阪弁は大阪で使用される方言のこと まず、大阪弁は大阪で使用される方言のことを主に指します。 それに対して、関西弁とは主に関西・近畿圏で話されるより広い範囲の方言を指します。 これには京都弁や兵庫弁といった方言も含まれます。 大阪弁と関西弁の特徴は似ている 当然、地理的に隣り同士や近くにあったりという理由から、大阪弁と関西弁の特徴は似ているとされています。 先ほどお伝えした語尾は大阪弁のみならず関西弁でも良く用いられます。 これは、標準語で言うところの「疲れた」という状態を表す形容詞として使用されます。 具体的には、「今日は仕事が忙しすぎてほんまにしんどいねん。 」などの形で使用されます。 老若男女問わず幅広く使用できる関西弁だと言えるでしょう。 これは、「整理する、戻す、修理する」という意味があります。 具体的には、「ちょっとこれ、いつもの場所になおしといてくれるかなあ?」などがあります。 また、「彼は自分で時計をなおした。 」などの形で使用することも可能です。 これは、「新しい」という意味を表す言葉です。 例えば、「今日はさらの洋服を着てみた。 」などの形で使用でき、意味は「今日は新しい洋服を着てみた」という意味です。 この言葉は東京など関東圏ではあまり耳にすることがないので初めて聞く方も多いかもしれません。 これは、関西弁独特の言い回しの一つで、「ちゃんとしている、かっこよく見える」という意味を表します。 具体的には、「彼はいつもシュッとした格好をしている。 」などの形で使用できます。 響きが非常におもしろい表現ですよね。 これは、「早く」という意味の関西弁です。 具体的には、「彼には今日ははよ来るように伝えておいた。 」などがあります。 この例文の意味は、「彼には今日は早く来るように言っておいた」となります。 短い響きで使いやすそうな方言でもありますね。 これは、「本当」という意味の言葉で、例えば「ほんまに?」「ほんま?」などの形で使用できます。 これは、「本当に?」という意味の言葉になります。 特に若者を中心として用いられ、驚きを込めたような場面で使用することが多いものです。 これは、「おもしろい」という意味を表します。 例えば、「この新しいゲームはおもろいわあ。 」などの形で使用します。 基本的に、大阪を始め関西の人は「おもろい」ことが大好きです。 ちょっとした遊び心がある人達が多い地域と言えるのかもしれません。 これは、「ダメ」という意味を表します。 例えば、「それはあかんやろ。 」「それはさすがにあかんと思う。 」などと使用します。 誰かに対して何かを諭したい場合などに自然に使用できるとベストでしょう。 響きもかわいい関西弁ならではの方言です。 これは、「違う」という意味を表す言葉です。 例えば、「それはちゃうやろ。 」などの形で使います。 この意味は、「それは違うだろう」です。 誰かや何かをやんわり否定したり、何かを指摘する際に使用できるとより効果的です。 これは、「じゃあ」「さて」などの意味を持つ言葉です。 例えば、「ほなまた明日。 」と言うと、「じゃあまた明日」という意味になります。 誰かと別れを告げる際に挨拶代わりの言葉として使用されることが多々あります。 これは、「すごく」「とても」という意味を表す言葉です。 具体的には、「あのお店、めっちゃ良かったでえ。 」などの形で使用します。 例文のように、自分が感動したお店やスポットなどについて相手に伝える際にどんどん活用できそうですね。 これは、「そうでなんです」という意味を表します。 具体的には、例えば「せやねん、うち、もうすぐ結婚するねん。 」などがあります。 これは、「そうなんです。 私、もうすぐ結婚するんです」という意味となります。 これは、「しょうがない」「仕方がない」という意味になります。 例を挙げると、例えば「それはしゃあないなあ。 」などがあります。 これは、「それはしょうがないなあ」という意味になります。 これは、「構わないよ」という意味です。 使用例としては、例えば「かめへんかめへん。 全然気にしてないから。 」などがあります。 例文のように、この言葉を重ねて使用することも多くあります。 これは、「できない」という意味です。 具体的な例を挙げると、例えば「そんなんあでけへんに決まってるわあ。 」などがあります。 これは、「そんなことできないに決まっている」という意味になります。 これは、「そうだよね?」という意味になり、相手に何かについての同意を求めたい場合などに使用します。 例えば、「そうやんな?」という形で「そうだよね?」という使い方をします。 短いので使い勝手が良く、かわいい響きにもなります。 これは、「それはどうなの」という意味で使用されます。 例えば、「それってどないなん?」という形で、「それってどうなの?」という意味になります。 相手に対して少し言っておきたいことがあるなどの場合に使用すると効果的でしょう。 これは、「そうは言っても」という意味を表します。 具体的には、「そやかて私だって精一杯やってるんやから。 」などがあります。 これは、「そうは言っても私だって頑張ってやっているんだから」という意味となります。 大阪の人は、「ばか」の代わりに「あほ」を使用することが良くあります。 例えば、「お前、あほやなあ。 」などの形で使用します。 これは、「私」という意味の言葉です。 例文を挙げると、例えば「うちは優しい人が好きやわあ。 」などがあります。 この自分のことを「うち」と呼ぶのは関西弁の特徴で、特にかわいさが漂う言葉だと言えます。 これは、「捨てる」という意味で使用されます。 具体的には、「これ、ほかしといてくれん?」などの形で使用できます。 この言葉はまず東京など関東では聞かない言葉ですよね。 これは、「意地悪」という意味の言葉で、例文を挙げると例えば「あの人は本当にいけずやわあ。 」などになります。 この言葉は特に女子が言うとかわいさもプラスされるので覚えておくと良いでしょう。 これは、「鳥肌」という意味です。 主に何かに驚いたり、恐ろしい気持ちになった際に使用します。 具体的には、「びっくりしすぎてさぶいぼが立った。 」などがあります。 これは、「とりあえず」「とにかく」という意味です。 この言葉は全く耳にしたことがない方も多いかもしれません。 例えば、「なんしかこのカフェには良く足を運んでしまう。 」などがあります。 これは、関西弁独特の言い回しです。 標準語なら、「蚊に刺される」と言いますが、それをあえて「かまれる」と表現しているところがおもしろいですね。 これは、「無理、勝てる余地はない」という意味で、具体的には「これはかなんわあ。 」などの形で使用します。 自分の力が及ばないような状況で使用できるとい良いでしょう。 これは、トッピングなどが非常にシンプルなうどんを指す言葉です。 良く「酢うどん」と勘違いされますが、感じで書くなら「素うどん」とするのが適当でしょう。 これは、「それじゃ、これ捨てておいてくれますか?」という意味を表します。 先述した通り、この例文は「ほかす」という方言の意味が分かっていないと、何を相手に言われたか混乱してしまいそうですよね。 特に「ほかす」は大阪独特の言葉です。 また、例文内「ほな」や「くれるか?」などの語尾の表現も方言となっています。 ご自身が関西圏以外の出身である方は、自分の出身地との違いを確認しながら少しずつこの例文のような自然な方言を身に着けていきましょう。 」です。 これは、「それは大変なことですねえ」と相手の気持ちに寄り添う表現となります。 「えらいこっちゃ」という部分がおもしろい響きになっていますよね。 この部分が、「大変なことだ」という意味を表しています。 この「~こっちゃ」という方言も、大阪をはじめ関西圏で話される特徴的なものだと言えます。 このような耳に残りやすい方言は覚えやすいとも言えますので、この例文ごと暗記してしまいましょう。 これは、「最悪なことですね」という意味です。 「けったい」とは、主に関西弁で「良くないこと」「最悪なこと」という意味で用いられます。 この「けったい」という言葉も非常にユニークなものですよね。 響きもおもしろいです。 この「けったいなことですなあ」というフレーズは、例えば何か悪いことが起きて落ち込んでいる相手に寄り添う言葉として活用できます。 ぜひ覚えておきましょう。 大阪の方言である関西弁をマスターして大阪の文化を楽しもう! 当記事では、大阪の方言である関西弁について数多くの表現を取り上げてその意味や使い方を詳しくご紹介してきました。 中にはかわいい関西弁、難しい関西弁など様々な種類のものがありましたね。 ちょっと標準語の感覚では想像がつかないものもいくつか登場しました。 言葉は、その地域の文化や慣習を表しています。 この観点から見てみると、各地の方言を学ぶというのはその土地の文化を学ぶということにも繫がります。 あなたも、この記事の内容を参考にして関西弁をしっかりマスターし、大阪の文化について学んでみましょう。 そしてそれを率先して使用し、色んな地域出身の方と積極的にコミュニケーションを取るきっかけにしてください。 当記事内容を読んで、関東と関西の違いについて改めて関心を持ったという方も多いかもしれません。 そこで、下記関連記事内では、その文化や言葉などを例に挙げながら、東京にあって大阪にないものについて分かりやすくまとめています。 同じ日本国内にありながら異なる特徴を持った関東・関西について再発見してみましょう。

次の

大阪弁の告白|男女別!関西弁萌えな可愛い&かっこいいセリフ集

可愛い 神戸弁

一般的に、関西弁はいわゆる標準語と比べて言葉の高低差が大きく、イントネーションも独特だと言われています。 例えば、標準語では「そうだよねえ?」と言うところを関西弁では「せやんなあ?」と言います。 この場合、「せ」の部分と「なあ?」の部分が強調して発話され、独特のイントネーションが生まれます。 関西弁は、例えば「その仕事をばあって終わらしてん。 」など何かの様子を表す言葉が沢山存在するとされています。 これは、いわゆる擬態語とされるもので、物事の様子をより臨場感を持って表現することが可能となります。 このような擬態語が関西弁で使いこなせるようになったらかなり上級者ということになりそうです。 関西弁には語尾が特徴的なものが多々あります。 例えば、「やねん」や「やねんかあ」などが有名です。 これらを標準語に置き換えると「なんだよ」「なんだよねえ」という言葉になります。 伝えている事実は同じでも、語尾が違うだけで少し相手に与える印象が異なってくるところがおもしろいところです。 大阪弁と関西弁の違いは? 大阪弁は大阪で使用される方言のこと まず、大阪弁は大阪で使用される方言のことを主に指します。 それに対して、関西弁とは主に関西・近畿圏で話されるより広い範囲の方言を指します。 これには京都弁や兵庫弁といった方言も含まれます。 大阪弁と関西弁の特徴は似ている 当然、地理的に隣り同士や近くにあったりという理由から、大阪弁と関西弁の特徴は似ているとされています。 先ほどお伝えした語尾は大阪弁のみならず関西弁でも良く用いられます。 これは、標準語で言うところの「疲れた」という状態を表す形容詞として使用されます。 具体的には、「今日は仕事が忙しすぎてほんまにしんどいねん。 」などの形で使用されます。 老若男女問わず幅広く使用できる関西弁だと言えるでしょう。 これは、「整理する、戻す、修理する」という意味があります。 具体的には、「ちょっとこれ、いつもの場所になおしといてくれるかなあ?」などがあります。 また、「彼は自分で時計をなおした。 」などの形で使用することも可能です。 これは、「新しい」という意味を表す言葉です。 例えば、「今日はさらの洋服を着てみた。 」などの形で使用でき、意味は「今日は新しい洋服を着てみた」という意味です。 この言葉は東京など関東圏ではあまり耳にすることがないので初めて聞く方も多いかもしれません。 これは、関西弁独特の言い回しの一つで、「ちゃんとしている、かっこよく見える」という意味を表します。 具体的には、「彼はいつもシュッとした格好をしている。 」などの形で使用できます。 響きが非常におもしろい表現ですよね。 これは、「早く」という意味の関西弁です。 具体的には、「彼には今日ははよ来るように伝えておいた。 」などがあります。 この例文の意味は、「彼には今日は早く来るように言っておいた」となります。 短い響きで使いやすそうな方言でもありますね。 これは、「本当」という意味の言葉で、例えば「ほんまに?」「ほんま?」などの形で使用できます。 これは、「本当に?」という意味の言葉になります。 特に若者を中心として用いられ、驚きを込めたような場面で使用することが多いものです。 これは、「おもしろい」という意味を表します。 例えば、「この新しいゲームはおもろいわあ。 」などの形で使用します。 基本的に、大阪を始め関西の人は「おもろい」ことが大好きです。 ちょっとした遊び心がある人達が多い地域と言えるのかもしれません。 これは、「ダメ」という意味を表します。 例えば、「それはあかんやろ。 」「それはさすがにあかんと思う。 」などと使用します。 誰かに対して何かを諭したい場合などに自然に使用できるとベストでしょう。 響きもかわいい関西弁ならではの方言です。 これは、「違う」という意味を表す言葉です。 例えば、「それはちゃうやろ。 」などの形で使います。 この意味は、「それは違うだろう」です。 誰かや何かをやんわり否定したり、何かを指摘する際に使用できるとより効果的です。 これは、「じゃあ」「さて」などの意味を持つ言葉です。 例えば、「ほなまた明日。 」と言うと、「じゃあまた明日」という意味になります。 誰かと別れを告げる際に挨拶代わりの言葉として使用されることが多々あります。 これは、「すごく」「とても」という意味を表す言葉です。 具体的には、「あのお店、めっちゃ良かったでえ。 」などの形で使用します。 例文のように、自分が感動したお店やスポットなどについて相手に伝える際にどんどん活用できそうですね。 これは、「そうでなんです」という意味を表します。 具体的には、例えば「せやねん、うち、もうすぐ結婚するねん。 」などがあります。 これは、「そうなんです。 私、もうすぐ結婚するんです」という意味となります。 これは、「しょうがない」「仕方がない」という意味になります。 例を挙げると、例えば「それはしゃあないなあ。 」などがあります。 これは、「それはしょうがないなあ」という意味になります。 これは、「構わないよ」という意味です。 使用例としては、例えば「かめへんかめへん。 全然気にしてないから。 」などがあります。 例文のように、この言葉を重ねて使用することも多くあります。 これは、「できない」という意味です。 具体的な例を挙げると、例えば「そんなんあでけへんに決まってるわあ。 」などがあります。 これは、「そんなことできないに決まっている」という意味になります。 これは、「そうだよね?」という意味になり、相手に何かについての同意を求めたい場合などに使用します。 例えば、「そうやんな?」という形で「そうだよね?」という使い方をします。 短いので使い勝手が良く、かわいい響きにもなります。 これは、「それはどうなの」という意味で使用されます。 例えば、「それってどないなん?」という形で、「それってどうなの?」という意味になります。 相手に対して少し言っておきたいことがあるなどの場合に使用すると効果的でしょう。 これは、「そうは言っても」という意味を表します。 具体的には、「そやかて私だって精一杯やってるんやから。 」などがあります。 これは、「そうは言っても私だって頑張ってやっているんだから」という意味となります。 大阪の人は、「ばか」の代わりに「あほ」を使用することが良くあります。 例えば、「お前、あほやなあ。 」などの形で使用します。 これは、「私」という意味の言葉です。 例文を挙げると、例えば「うちは優しい人が好きやわあ。 」などがあります。 この自分のことを「うち」と呼ぶのは関西弁の特徴で、特にかわいさが漂う言葉だと言えます。 これは、「捨てる」という意味で使用されます。 具体的には、「これ、ほかしといてくれん?」などの形で使用できます。 この言葉はまず東京など関東では聞かない言葉ですよね。 これは、「意地悪」という意味の言葉で、例文を挙げると例えば「あの人は本当にいけずやわあ。 」などになります。 この言葉は特に女子が言うとかわいさもプラスされるので覚えておくと良いでしょう。 これは、「鳥肌」という意味です。 主に何かに驚いたり、恐ろしい気持ちになった際に使用します。 具体的には、「びっくりしすぎてさぶいぼが立った。 」などがあります。 これは、「とりあえず」「とにかく」という意味です。 この言葉は全く耳にしたことがない方も多いかもしれません。 例えば、「なんしかこのカフェには良く足を運んでしまう。 」などがあります。 これは、関西弁独特の言い回しです。 標準語なら、「蚊に刺される」と言いますが、それをあえて「かまれる」と表現しているところがおもしろいですね。 これは、「無理、勝てる余地はない」という意味で、具体的には「これはかなんわあ。 」などの形で使用します。 自分の力が及ばないような状況で使用できるとい良いでしょう。 これは、トッピングなどが非常にシンプルなうどんを指す言葉です。 良く「酢うどん」と勘違いされますが、感じで書くなら「素うどん」とするのが適当でしょう。 これは、「それじゃ、これ捨てておいてくれますか?」という意味を表します。 先述した通り、この例文は「ほかす」という方言の意味が分かっていないと、何を相手に言われたか混乱してしまいそうですよね。 特に「ほかす」は大阪独特の言葉です。 また、例文内「ほな」や「くれるか?」などの語尾の表現も方言となっています。 ご自身が関西圏以外の出身である方は、自分の出身地との違いを確認しながら少しずつこの例文のような自然な方言を身に着けていきましょう。 」です。 これは、「それは大変なことですねえ」と相手の気持ちに寄り添う表現となります。 「えらいこっちゃ」という部分がおもしろい響きになっていますよね。 この部分が、「大変なことだ」という意味を表しています。 この「~こっちゃ」という方言も、大阪をはじめ関西圏で話される特徴的なものだと言えます。 このような耳に残りやすい方言は覚えやすいとも言えますので、この例文ごと暗記してしまいましょう。 これは、「最悪なことですね」という意味です。 「けったい」とは、主に関西弁で「良くないこと」「最悪なこと」という意味で用いられます。 この「けったい」という言葉も非常にユニークなものですよね。 響きもおもしろいです。 この「けったいなことですなあ」というフレーズは、例えば何か悪いことが起きて落ち込んでいる相手に寄り添う言葉として活用できます。 ぜひ覚えておきましょう。 大阪の方言である関西弁をマスターして大阪の文化を楽しもう! 当記事では、大阪の方言である関西弁について数多くの表現を取り上げてその意味や使い方を詳しくご紹介してきました。 中にはかわいい関西弁、難しい関西弁など様々な種類のものがありましたね。 ちょっと標準語の感覚では想像がつかないものもいくつか登場しました。 言葉は、その地域の文化や慣習を表しています。 この観点から見てみると、各地の方言を学ぶというのはその土地の文化を学ぶということにも繫がります。 あなたも、この記事の内容を参考にして関西弁をしっかりマスターし、大阪の文化について学んでみましょう。 そしてそれを率先して使用し、色んな地域出身の方と積極的にコミュニケーションを取るきっかけにしてください。 当記事内容を読んで、関東と関西の違いについて改めて関心を持ったという方も多いかもしれません。 そこで、下記関連記事内では、その文化や言葉などを例に挙げながら、東京にあって大阪にないものについて分かりやすくまとめています。 同じ日本国内にありながら異なる特徴を持った関東・関西について再発見してみましょう。

次の

【女子必見】兵庫の方言(兵庫弁・神戸弁)を一覧でご紹介!かわいい方言も

可愛い 神戸弁

東京から関西の大学にやってきたのですが、同じ関西のはずなのに友達が話している関西弁が微妙に違っていて戸惑ってます…。 大学1年生・男性 人気の方言といえば関西弁ですよね。 あこがれがあるかたも多くいらっしゃると思います。 ですが、ただの関西弁とひとくくりにすることなかれ、実は県や地域にによって使い方や言葉の選び方はいろいろあるんです。 それをマスターして初めて、関西弁の奥深さや魅力がよりわかると言えるでしょう。 今回はその辺りを少しお伝えしたいと思います。 もちろん同じ県でも個人や世代によって差はあるので、皆が皆このように話しているわけではないので注意してくださいね。 「なにしているの?」 標準語では「なにしているの?」という文章、関西弁だとどうなるでしょう。 関西の代表、大阪弁だと「なにしてんねん?」です。 "ねん"というのがまさに関西弁っぽい!いわゆる関西弁の代表格が「なにしてんねん」ですね。 この「なにしてんねん」が京都に行くと「なにしてはりますの?」「なにしてはるの?」になります。 後述しますが、京都弁はこの「〜してはる」というのがひとつのポイントになります。 やや柔らかみがあり、上品な感じがしますね。 これが神戸弁になると「なにしとぉ?」となります。 神戸弁はこの「〜しとぉ」が特徴的です。 「ダメだよ」 標準語では「ダメだよ」というのも、関西弁ではいろいろ言い方があります。 大阪弁では、「あかんやろ」で、関西で一番スタンダードなものです。 これが京都弁だと「あかんし」となって、少しやわらかい言い方になります。 神戸弁では「あかんで」です。 こう言うと大阪人の人からバッシングがきそうですが。。 大阪弁よりも少し上品な感じなのが神戸弁です。 「来ない」「来ない」の言い方も地域によって差があります。 「けーへん」というのが大阪弁、「きーひん」というのが京都弁、「こーへん」というのが神戸弁だと言われています。 ただしこの辺りはかなり混ざり合っていて、京都の人が「けーへん」といったり、神戸の人が「きーひん」といったりすることはよくあるようです。 関西とは少し外れますが、三重の方では「こやへん」と言ったりします。 同じ「来ない」でも微妙に違うのが面白いですね。 「捨てる」 関西弁だけでなく、日本全国の方言で差がでるもののひとつが「捨てる」です。 一般的な関西弁は「ほかす」ですね。 「この書類ほかしといて」っていきなり聞いたら「???」ってなってしまうかもしれません。 一部の関西弁では「ほる」や「ほぉる」とも言います。 どちらかというと京都では「ほる」を使う人が多く、それ以外の地域や滋賀などでは「ほかす」を使う人が多いようです。 「ほっといて〜」って言われても「放っておく」のではなく「捨てておく」という意味の可能性もあるので注意です! 5. 「してはる」「しとぉ」などの語尾 関西弁で有名な語尾は「〜ねん」ですね。 先ほども書きましたが、「なにしてんねん」「なんでやねん」は全国的にもかなり有名です。 一方京都弁といえば「〜してはる」の「はる」が有名です。 敬語の表現とされていますが、京都の「はる」はその意味合いが薄れてきている感じもあります。 かなり広いもの、本来尊敬するものでないもにまで「〜してはる」とつけるのが京都弁の特徴です。 例えば「犬が散歩してはるわぁ」などです。 ちょっと不思議な感じがしますね。 大阪でも「〜してはる」は使われますが、こちらは本来の尊敬の意味にしか使わないことが多いようです。 神戸、兵庫の特徴的な語尾は「〜しとぉ」です。 「なにしとぉ?」「〜っていっとぉ」など難にでもつけます。 よくある関西弁のイメージとは違うので、えせ関西弁?と思ってしまうかもしれませんが、れっきとした神戸弁です。 「しよった」 「〜しよった」も関西弁で、自分以外の人が何かをした、という感じの意味合いで使われる言葉です。 「あいつこけよったで」と言えば「あいつはこけた」もしくは「あいつはこけやがった」というような雰囲気の意味になります。 目上の方に向かって言うことは少なく、腹が立った時や、ややネガティブな感情を持って言うことが多いです。 ただし神戸以西は少し違います。 「(自分が)〜しそうになる」ことを「しよった」と表現するのです。 「わたしこけよった」が「わたしこけそうだった」という感じになるのです。 いかがでしたか? このように、関西弁といっても細かい違いがあるのです。 神戸・大阪・京都…。 それぞれの地域でそれぞれの歴史の元に発展して今日に至っています。 これを理解すれば関西弁マスターになれますね!ただし、関西人は関西の人以外が関西弁を使用するのを嫌う場合もあるので、そのあたりは空気をよんで使用するようにしてくださいね。

次の