アドセンス審査 2020。 Googleアドセンス審査のリアル【2020年最新】

グーグルアドセンス審査を突破する「プライバシーポリシー」の内容を紹介【コピペOK!】

アドセンス審査 2020

グーグルアドセンスの審査をしたいんだけど、正しいプライバシーポリシーの書き方がわからない... この記事ではこんな悩みを解消します。 グーグルアドセンスの審査にはプライバシーポリシーページが必要だという意見も多くありますよね。 しかし、自分で考えてプライバシーポリシーページを作るなんてできないし、調べてもいまいちわからない方も多いと思います。 (私もかつてはそうでした... プライバシーポリシー 英語: privacy policy は、 インターネットのウェブサイトにおいて、収集した個人情報をどう扱うのか(保護するのか、それとも一定条件の元に利用するのか)などを、サイトの管理者が定めた規範のこと。 個人情報保護方針などともいう。 日本語では「免責事項」や「個人情報保護方針」とも言われますね! ブログでは 画像や文章などの情報を提供するため、これらについての「信頼性」や「著作権」などの決まりを定めることができます。 また、「お問い合わせフォーム」がある場合は個人情報を扱うことになるため、その扱いについても明記して定めることができます。 このように、トラブルになりそうなことについて、どう対応するかをまとめた規範が「プライバシーポリシー」です。 「プライバシーポリシー」はアドセンス審査に必要? アドセンス審査にプライバシーポリシーページが必要かどうかということについてですが、結論から言うと「 なくても大丈夫なときもあるが、あったほうが良い」です。 なぜこのような回答になったかご説明します。 まず、審査時にプライバシーポリシーを明記しなくても審査を通過した事例はあるようでした。 「アラサー女子のブログ」ではありませんがもう一つのブログで Googleアドセンス合格できました💮 10記事も無い記事数で、プライバシーポリシーもノー設置。 入念に対策していたわけではありませんでした。 独自のコンテンツが重要なんだと思います。 当時、記事は3つでした。 あと、プライバシーポリシーを作ったら、すぐに合格しました。 プライバシーポリシーが意外と重要かも? — やまこし Yamakolog ということで、必須ではないということがわかったが、「プライバシーポリシー」を追加することで審査通過した方もいるのであったほうが良いという結論に達したわけです。 当ブログにおける個人情報の取扱いについて、以下のとおりにプライバシーポリシーを定めます。 1 個人情報の管理 個人情報を取り扱うにあたっては、「個人情報の保護に関する法律」をはじめとする個人情報の保護に関する法令、ガイドラインおよび本プライバシーポリシーを遵守いたします。 2 個人情報の利用目的 当ブログでは、訪問者様からのお問い合わせ時に、お名前、e-mailアドレス、電話番号等の個人情報をご登録いただく場合がございますが、これらの個人情報はご提供いただく際の目的以外では利用いたしません。 3 個人情報の第三者への開示 当ブログでは、個人情報は適切に管理し、以下に該当する場合を除いて第三者に開示することはありません。 ・本人のご了解がある場合 ・法令に基き、開示が必要となる場合 4 当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて 当ブログでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。 このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。 このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではございません。 Cookieを無効にし、収集を拒否することも出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。 詳しくはこちらをご参照ください。 5 著作権について 当ブログに掲載されている情報についての著作権は放棄しておりません。 著作権法により認められている引用の範囲である場合を除き「内容、テキスト、画像等」の無断転載・使用を固く禁じます。 6 免責事項 当ブログに掲載されている情報に関しては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 また、当ブログには外部サイトへのリンクが含まれています。 これらの外部サイトのコンテンツに対して一切責任を負いません。 掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承頂けますようお願い申しあげます。 コピペOKな「プライバシーポリシー」の内容解説 自分のサイトに盛り込む内容については、どんなものなのか自分で知っておいたほうがいいですよね! そこで、簡単ではありますが内容を解説します。 【個人情報の管理】の意味 個人情報を取り扱うときは、やこれからこのページで書く内容にするよ!といった意味です。 【個人情報の利用目的】の意味 メールや名前などの個人情報は、本人確認とか返事のときなどの目的以外では勝手に使わないよ!といった意味です。 【個人情報の第三者への開示】の意味 本人の許可や、警察からの調査など法律系で仕方ないときは情報を公開するよ!といった意味です。 【当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて】の意味 このブログは、訪問したときに自動的にGoogleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」でアクセスなど情報を収集してます!といった意味です。 【著作権について】の意味 ブログ内の画像や文字、内容には著作権があるから無断転載や使用をしないで!といった意味です。 【免責事項】の意味 ブログの内容はできるだけ正確な情報を掲載するようにしているけど、誤情報や古く間違った情報が乗ってることもあるよ! でもそれに対して責任は持たないよ!リンク先の当ブログの内容にも責任を持たないよ!といった意味です。 プライバシーポリシーをコピペしたくない・するのが不安な人へ.

次の

2020年版【YouTube】アドセンス申請の設定方法|審査の基準は?|ZUMIBASE

アドセンス審査 2020

またそのうちゲーム実況 を新しいチャンネルで再開する予定です。 2020年1月現在、審査基準なども変わってますのでサクッと書いていきますね。 結論から言うと• チャンネル登録者 1,000人以上• 過去12ヶ月間の総再生時間が 4,000時間以上 この2つの条件を満たしてないと審査すらしてもらえません笑。 なので、YouTubeでチャンネルを作ったばかりの方は、まず 動画投稿を続けて チャンネル登録者を増やしていきましょう。 収益化はそのあと考えればいいと思います。 ですが、おそらくほとんどの人がこの条件を満たす前にやめていくと思います。 一生続けられるくらい好きなジャンルでやらないとキツイと思います。 一応、僕自身もでゲーム実況やっているのでしてくれたら嬉しいです。 てな感じでここで記事は終わりでもいいですが、もうちょい書きますね笑。 YouTubeパートナープログラム申請の流れ スマホでもできますが、審査基準を満たしているあなたはPC持っているはずなので、 PC画面で説明していきますね。 どうしてもスマホでやりたい場合はプラウザで開いてPC表示でやってくださいね。 それとアプリではできませんのでご注意ください。 ブログでアドセンス審査に通過している方は、リスク回避のためにもアドセンスで使っているアカウントとは別のアカウントで申請しましょう。 以上で終了です。 2020年版【YouTube】アドセンス申請の設定方法|審査の基準は?【まとめ】 まぁ、あれですね、初心者には審査基準が結構厳しいですね笑。 チャンネル登録者1,000人って結構大変だと思うので、最初は収益化の部分はあまり気にせずに『 楽しんでやり続けること』が大切かもしれません。 それにいまからYouTubeに参入する場合、ある程度の 戦略も必要だと思います。 自分の強み(武器になる部分)• 専門的な分野のもの(特に教育系は強い)• サムネイル、タイトルの工夫• TwitterなどのSNSでの流入 などですかね。 僕は気にせずにゲーム実況やってますが笑。

次の

2020年アドセンス審査に通らない!落ちた時にした対策と合格時の生データ!

アドセンス審査 2020

これからブログを始めてGoogleアドセンス申請に挑戦する方、既にGoogleアドセンス申請中で、なかなか合格しない方の少しでも勇気を持てるきっかけに成ればと思います。 申請から合格までの日程• 5月6日 初不合格。 10記事申請。 まーそんなもんか程度に思う。 5月10日 不合格2回目。 ここで難易度が高い事に抵抗感。 5月13日 不合格3回目。 ちょっと逆切れ状態に!• 5月27日 不合格4回目。 YouTubeでアドセンス申請紹介を勉強。 5月31日 不合格5回目。 ブログ記事を20記事以上に増量。 6月3日 不合格7回目。 Amazon、楽天アソシエイトへ移行開始。 6月6日 不合格8回目。 ひたすら記事増量25記事。 専門性重点。 6月25日 (祝)合格通知(おめどとう)メールが届く! blog運用の基本環境とコスト• blogソフトウエア:ワードプレス(無料利用)• 独自ドメイン:エックスサーバー独自ドメイン(永久無料ドメイン)• サーバー:エックスサーバー(年間15,000円) 申請時不利な状況@武漢肺炎Google業務停滞 よって、2020年4月から6月現在の最新経験談を記載しますので、今現在知りたい人は、気休めの内容として参考にしていただければ幸いです。 アドセンス申請用のblog注意点 有名ブロガーや経験者の共通して言っていた事が下記です。 10記事以上• 1記事1000文字以上• 外部リンクは付けない• 他人の画像は使わない• 著作権に関わる写真広告を貼り付けない• なるべき写真は付けない方が良い• 専門性のあるブログ記事が良い 上記に私も従いましたが、それでも何回もNG 自分の申請ブログの環境 私は、下記の環境内容でした• 1記事自分で撮影した写真2~4枚貼り付け• 場所の紹介でグーグル地図貼り付け• 記事は専門性のあるシリーズ記事と雑記事の混在型• 1記事の文字数は1000~2500文字。 やはり、有名ブロガーが紹介している内容は、参考には出来ますが、必ずマッチするわけではない様です。 Google内の判定もその時々で刻々と変化し、匙加減が異なると直接グーグルアドセンスヘルプからのアドバイザーからもコメントが有りました。 なんとも困ったものだと感じる次第です。 よって、最新の経験談記事が、一番役に立つと思います。 皆さんも参考にする場合は、 一番新しい現在の記事を参考にする事をお勧めします。 古い記事は、意味が無いと思います。 Googleアドセンス申請から不合格の繰り返し 申請からの不合格のブログ記事を2記事ご紹介していました。 今回は、その最終編です。 古い記事から読んでいただければ、私の申請から合格までの苦労が分かっていただけると思います。 下記にリンク貼ってるので、読んでみてください。 私のblogスキル紹介• 文章作成に無縁の普通のおっさんです。 ブログ完全初心者。 LINEやフェイスブックの利用は、過去から適当に使えていました。 写真や動画編集は全く知りません。

次の