旦那 の お 小遣い 平均。 【2020年版】年収別 サラリーマンのお小遣いの目安

サラリーマン・会社員のお小遣いはいくら?20代〜50代の平均金額

旦那 の お 小遣い 平均

この記事の目次• 夫のお小遣いの平均金額は? 新生銀行が行った「2016年サラリーマンのお小遣い調査」を見てみると、夫のお小遣いの平均金額は「37,873円」だそうです。 37,873円という金額は全体の平均値なので、もちろん1万円の方もいれば10万円という方もいらっしゃいます。 サラリーマンのお小遣い事情は年代別や子どもの有無によって大きく異なります。 それぞれの平均金額をまとめると次のようになります。 【年代別平均金額】 20代 40,879円 30代 36,846円 40代 35,670円 50代 38,113円 【世帯別平均金額】 未婚 45,097円 既婚・子どもなし・共働き 42,116円 既婚・子どもなし・専業主婦 31,977円 既婚・子どもあり・共働き 30,083円 既婚・子どもあり・専業主婦 32,254円 サラリーマンのお小遣いの平均は年代別に見ると20代が最も多く、30代や40代になると減少していくようです。 これは30代を過ぎると結婚し子どもが生まれるご家庭が多いので、その分生活費が増えるためではないかと考えられます。 世帯別に見てみると子どものいるご家庭や妻が専業主婦という場合に、夫のお小遣いが少なくなる傾向にあります。 全体的に見ると夫だけの給与では生活が難しいと考えられる、子どもありの共働き夫婦のご家庭が30,083円と最も金額が少なくなっています。 お金の管理は妻側が多い お金の管理は妻がしているご家庭が多く、約6割の家が夫の生活費として「お小遣い制度」を取り入れているようです。 夫側から考えると自分が稼いだお金を妻に管理され、お小遣いとして渡されることに納得ができないという方はたくさんいらっしゃいます。 しかし、妻側から考えると毎月の家計を限られたお金でやりくりしなければいけないので、夫にムダ遣いをしてもらいたくないという思いが本音のようです。 家計のやりくり事情を見てみると1カ月の生活費には、 ・家賃や家のローン ・水道光熱費 ・携帯代 ・インターネット代 ・食費 ・交通費 ・日用品費 ・子ども費 など、支払わなければいけない費用がたくさんあります。 これらの生活費を管理している妻からすると、夫の生活費はお小遣い制にして予定外の出費を防ぎたいと考えている方が多いようですね。 お小遣い制のメリット・デメリット お小遣い制にはメリットとデメリットがあります。 【メリット】 ・決まった金額を渡せるので家計が管理しやすい ・大きなムダ遣いを防げる 【デメリット】 ・夫の仕事に対するモチベーションが上がりにくい ・妻に管理されるため不満がたまりやすい 夫にお小遣いを渡すことで妻は家計の管理が楽になります。 また、夫も決まったお金で自分の生活費をやりくりするため、衝動買いなどをしにくくなります。 ただ、毎月いくら稼いでも決まった金額のお小遣いしかない場合、仕事に対するモチベーションが上がりにくくなります。 さらに、妻に自分の給与を管理されることで、自由にできない分だけ不満がたまりやすくもなります。 サラリーマンのお金の使い道 では、一般的なサラリーマンはどんなことにお金を使っているのでしょうか。 主な内訳は次のようになります。 ・昼食代 ・飲み代 ・コーヒー代 ・雑誌代 サラリーマンのお小遣いの使い道は昼食代や飲み代が主になるようです。 1日あたりの昼食代は587円が平均金額と言われており、1回の飲み代には5,102円かかるそうです。 1カ月あたり22日の勤務日数だと考えると昼食代に12,914円ほどかかります。 サラリーマンの1カ月あたりの飲み回数は平均2回と言われているので合計10,204円が必要になります。 昼食代と飲み代を合わせると23,118円なので、コンビニで飲み物を買ったりするとあっという間に3万円くらいはなくなってしまいます。 それならば節約して飲みに行かなければ良いのでは?と妻側は思ってしまいますが、「お小遣いが少ないと夫は出世しない」という一説もあるようで、夫の飲み会は職場関係を築いたり、上司や部下と信頼を深める場でもあります。 そのため、仕事を円滑に進め将来の出世につなげるためには、飲み会への参加も少なからず必要になっていきます。 ただ、だからと言ってどんどん飲み会に参加してしまうと、夫はお小遣い内でやりくりできず家計に影響が出てしまいます。 そのため、夫のお小遣いを決めるときは家計の状態と仕事環境を考えて、バランスよく金額を決める必要があります。 夫のお小遣いの決め方 夫に渡すお小遣いの決め方は、手取りの10%くらいを目安にしているご家庭が多いようです。 つまり、手取りが30万円ならば夫のお小遣いは3万円ということになります。 ただ、金額を決めるときは、家計の状況と夫が必要と考える費用の両方を見て決めなければいけません。 生活費のやりくりが難しいからとお小遣いを少なくしてしまうと、夫に不満がたまります。 反対に、会社の付き合いが多いからとお小遣いを多くしてしまうと、赤字家計になってしまいます。 夫のお小遣いを決めるときは、まずはベースの金額を夫婦で考えてみましょう。 毎月必ず必要になる生活費と収入を照らし合わせて、夫に渡せる基本金額を決めていきます。 基本金額が決まったらそれをベースに、月ごとにお小遣いの詳細金額を考えます。 出費が多い月は夫婦で相談してお小遣いを減らす、余裕が出そうな月は増やすなど、収入や支出によって柔軟に対応するとお互い不満がたまりにくいですよ。 また、夫のお小遣いを下げたいというときは、子どもの教育資金を貯めるため、数年後に車の買い替えをしたいからなどの具体的な理由を伝えて相談をしてみましょう。 お小遣いをアップさせる2つの方法 さて、サラリーマンのお小遣い平均相場や金額の決め方などを見ていきましたが、「毎月の自分のお小遣いをアップさせたい!」という方は多いのではないでしょうか。 しかし節約しながら家計を管理する妻に頼んでも、なかなかお小遣いを上げてくれないというのが現状です。 というわけで、効果的に自分のお小遣いを増やすためには、次の2つを試してみてください。 ・家事や育児に参加する ・手取り額を増やす 「お小遣いが増えない」理由として1番に考えられることは、家計に余裕がないためです。 さらに、生活費のやりくりが困難なときには、管理している妻の負担も増えているということです。 つまり、家計と妻の負担を減らせると、いくらでもお小遣いをアップすることができます。 家事や育児に参加する 日本の男性は家事や育児に参加する時間が短いと言われています。 仕事内容や家庭環境によって男性が関われる時間はさまざまですが、家事や育児、家計の管理を相手に任せっきりにしてしまうと妻の負担が増えていってしまいます。 妻に不満がたまると、いくらお小遣いをアップして欲しいと頼んでも聞き入れてはもらえませんよね。 お小遣いをアップさせたいときは家事や育児に積極的に参加して、妻の仕事を減らす必要があります。 子どもをお風呂に入れたり、休日の掃除や洗濯などの家事を引き受けるだけでもグッと妻は楽になりますよ。 夫が家事や育児に参加することで妻は仕事と家庭を両立させて頑張ってくれるからと、お小遣いアップの相談を聞き入れやすくなります。 手取り額を増やすには副業がおすすめ お小遣いを上げて欲しいと言っても、家計に余裕がないときは対応ができません。 1番効果的に希望の金額までお小遣いをアップさせたいときは、妻に頼むよりも収入を増やす方が近道だと言えます。 家計のやりくりが難しい状況で収入は変わらないのにお小遣いを増やしてしまった場合、普段の生活に影響が出てしまいます。 収入を上げることで実際の手取りが増えれば、その分家計に余裕が生まれます。 そうすると、自然とお小遣いも上がります。 ただ、現実的に給与を上げると考えると、1万円昇給するのも難しいのが現状ですよね。 収入を増やすおすすめの方法は「副業」です。 最近では、会社の仕事とは別に副業を始めている方がとてもたくさんいらっしゃいます。 副業にはネットビジネスや投資などがありますが、初心者の方だと投資は避けた方が安心です。 投資は出資金を全て失うリスクがあるため、専門的な知識や売買のノウハウを勉強してから挑戦すると良いですね。 誰でも手軽に始めやすい副業は、アフェリエイトを使った方法です。 インターネットで個人ブログを開設して商品を紹介すると、商品リンクのクリックや購入によって仲介手数料をもらえます。 ブログ訪問者を増やすことで月に5万~10万円、さらに100万円以上と収入を増やしている方もいらっしゃいますよ。 ブログは1度作ると半永久的にインターネット上に存在するので、不労所得を作りたいという方にも人気の副業です。 ご家庭で決めているお小遣いと比べると、その差はいかがでしたでしょうか。 実際の金額の決め方は家計事情や夫の仕事の都合によってさまざまなので、平均値を目安にするよりもご家庭によって必要な費用を考えながら夫婦で相談して決めるのが1番です。 また、家計に余裕を持たせたい妻とお小遣いを増やしたい夫の両方の希望を叶えたい場合は、収入自体を増やすと良いですね。 本業だけでは収入を増やしにくいというときは、ぜひアフェリエイトブログなどの副業を始めてみてください。

次の

サラリーマンのお小遣いって平均いくら?年収別にご紹介!!

旦那 の お 小遣い 平均

パターン別!旦那のお小遣いの平均相場額 年代別 年代別に旦那のお小遣い事情は、どうなっているのでしょうか? 調べてみると、 50代と20代が、旦那に渡すお小遣いが、最も多い年代になっていました。 30代、40代になるとほぼ同じ割合で旦那のお小遣いが少なくなるという結果になっていました。 これは、20代や50代では、子供にお金が掛かっていないことが挙げられるでしょう。 30代40代は、ちょうど結婚して、子供を育てている時代ですので、子供の教育費であったり、マイホーム購入に伴い住宅ローンを組むことで、旦那のお小遣い事情を冷え込ませている要因になっています。 では、具体的に年代別に見ていきましょう。 20代 20代の平均の旦那にお小遣い額は、42,018円でした。 20代は、まだ結婚し間がない時期であったり、夫婦2人だけの生活のため、自由に使えるお金が多い結果になりました。 独身時代のお互いのお金の管理のまま、ただなんとなく決まった方法でやっている方が多いため旦那のお小遣いも多くなっています。 独身時代の生活スタイルを変えることなく、生活しているので、1度夫婦でお金について話し合う必要があるでしょう。 30代 30代の旦那のお小遣いの平均は、36,146円です。 20代の頃と比べると、6,000円程減っていることになります。 これは、子供が生まれて、子育てにお金が掛かってきたことと、子供が生まれたことにより、住宅購入による住宅ローンが大きな要因になってきます。 旦那も、子育て中は制限されることが多くなり、住宅ローンの重みがのしかかる時期になります。 今は、晩婚化が進んで、結婚する時期も遅いので、給料もそれなりにもらってから結婚になるので、家計の管理もしっかりと行う奥様が多いことが伺えます。 40代 40代になると、旦那のお小遣いの平均は、37,073円になり、30代に比べると少し回復します。 しかし、40代は、子供の教育費に多額の費用がかかる時期です。 子供の受験であったり、大学進学になってくると、かなり家計が圧迫されて、旦那のお小遣いへ影響もかなりでてくる時期でもあります。 加えて、会社でもそれなりの責任を任される世代でもあり、働き盛りになります。 そのため、お小遣いを使う暇がないという方も、いるようです。 50代 50代の平均的な旦那のお小遣いは、44,017円です。 子育てが、そろそろ終わりを迎えそうである時期で、子供の教育費も落ち着いてくるため、旦那のお小遣いも増えています。 住宅ローンも、終わりを迎えて、その分をお小遣いに回ってきているのか、20代より多くのお小遣い額になっています。 しかし、まだまだ住宅ローンや子供の教育資金がいる方も多くいて、「思う存分もらえているわけではない。 」というのが本音のようでした。 一方 妻が、専業主婦をしている方が、旦那のお小遣いが多いという結果が出ていましたよ! それでは、より詳しくみていきましょう。 子供がいるため、子育てにお金がかかるので、旦那のお小遣いは、子供がいない家庭と比べると3,000円ほどの違いが出てきました。 旦那のお小遣いは、子供の有無でもかなり違ってくるのです。 子供がいると、何かとお金はかかります。 今は、小さいうちから習い事を何個もさせたり、塾にも通わせている家庭も多いです。 そうなってくると、子供にかかるお金は、かなりかかってきてしまうため、旦那のお小遣いは、減らされてしまうのでしょう。 なんと、子供がいて妻が専業主婦のご家庭が最もお小遣いが多いという結果です。 これは、妻が働いていないことによって、貯蓄をする意識が高いことがうかがえるのではないでしょうか? 節約をして、家計のやりくりを上手にして、旦那のお小遣いもそれなりに渡せるなんて、素敵な奥さんですね。 また、敢えて仕事をしないことによって、無駄な出費を抑えているということも考えられます。 仕事をしていると、子供の保育料であったり、食費であったりが、かかってきます。 そういった意味で、妻が専業主婦であることは、旦那のお小遣いへの影響にもつながっているのです。 子供ありの場合と比べると、3,000円ほど高い結果になりました。 子供の子育てにかかる費用のため、旦那のお小遣いが減らされてしまうのは、明らかのようです。 子供のいない共働き家庭であれば、子供にかけるお金が必要ありません。 また、お小遣い制を取らずに、夫婦で共通の財布でやりくりするという家庭も多かったです。 子供がいなくて、妻が専業主婦の場合が、最も旦那のお小遣いが少ない結果になっています。 これは、子供が生まれるまでに、しっかりと貯めておこうという考えからなのか、不妊治療費としてかかるためなのか、衝撃の結果でした。 不妊治療の場合、治療に専念するために、仕事を辞めざるを得ない方もいます。 不妊治療は、仕事と両立することが、大変難しいとも言われています。 そのため、専業主婦になり、治療に専念するのです。 しかし、不妊治療の治療費は、大変高額なため、旦那のお小遣いを減らして、なんとか頑張っている場合もあるようでした。 また、妻が、なかなか働いてくれないという家庭もあるようです。 世帯年収別 世帯年収別でも、旦那のお小遣いについて調べてみました。 世帯年収が高ければ、高いほど旦那のお小遣いは増えると思いきや、 世帯年収は旦那のお小遣いに影響は出ないという結果でした。 それでは、詳しくみていきましょう。 世帯年収300万円以下 世帯収入が300万円以下の場合は、旦那のお小遣いは、5000円~3万円でした。 これは、収入が少ない分お小遣いとして渡すのではなく、必要な時に渡すというシステムを導入している家庭が多いためこの結果になりました。 世帯年収300~500万円 世帯年収が300~500万円の場合は、30,000円以上50,000円以下が多いようです。 余裕がある世帯とはいえませんが、毎月ギリギリというわけではないので、旦那にお小遣いとしてそれないりに渡すことができます。 世帯年収500~1,000万円 世帯年収500~1,000万円の場合は、かなり余裕がでてくるのか、旦那のお小遣いも、3万円~10万円という高額のお小遣いを渡している家庭もあるようです。 500万円と1,000万円では、かなり違ってくるので、幅の広いお小遣い設定になっていました。 世帯年収1,000万円以上 世帯年収1,000万円以上の場合は、「それなりに貰っているのだろう。 」と思うところなのですが、なんと5万円という結果でした。 これは、あまり渡してしまうと、「何をするかわからない。 」という奥さんの配慮であったり、「そもそもお金を使わない。 」という方もいました。 旦那のお小遣いの内訳 では、旦那はお小遣いをどのように使っているのでしょうか? 旦那のお小遣いの内訳についてご紹介していきましょう。 この昼食代を浮かせたいために、お弁当を持参したり、自ら作るという旦那さんもいるくらいでした。 また、昼食代に「そこまでかけれない。 」という旦那さんは、ワンコイン弁当であったり、カップラーメンであったりと工夫しながら昼食をとっているようでした。 タバコが大幅に値上がりしたことから、禁煙にチャレンジして、結局止めてしまった方もいたくらい、タバコの値上がりは、旦那のお小遣い事情を左右していました。 健康になって、「よかった。 」と家族からは好評のようです。 お小遣いが、ピンチの時は、缶コーヒーにしたり、激安のスーパーでまとめて買っておいて持参したりという工夫をしている人も! 少しでもお小遣いを減らさないようにしている旦那もいました。 誕生日はもちろん、普段の何もないときにでも、「うまそうだったから。 」と妻にプレゼントを買う旦那さんもいるそうですよ。 趣味は、ジムであったり、釣りであったり、楽器であったりが人気でした。 お小遣い全額を趣味に費やす方もいて、お小遣いの内訳は、人それぞれのようでした。 旦那のお小遣いの管理方法 では、旦那のお小遣いの管理方法はどのようにしているのでしょうか? 以下3つの方法をご紹介しましょう。 毎月決まった額を渡す• その都度必要分を渡す• この方法であれば、家計に対して、旦那のお小遣いが、一定であるので計画が建てやすいというメリットがあります。 しかし、毎月一定であるが故に「渡しすぎ?」「足りない?」「貯金に回せないかな?」など、なかなか最適なお小遣い設定金額が決まらない家庭も多くあります。 例えば、「会社の忘年会の会費が必要」であったり、「友達と釣りに行く」であったり、「趣味の雑誌が発売されている」であったりと申告があれば、その都度渡す方法です。 この方法は、毎月どれだけ渡せばいいのか、把握が難しい場合があります。 その一方で、「言うのが面倒だし、交渉するのも煩わしい。 」と考える旦那には、あまりお小遣いを要求しないので、毎月お小遣いがそれほどかからない場合もあるようです。 通帳に毎月、振り込む手間がありますが、旦那の方も、下ろしに行く手間を考えると、無駄使いを防ぐ効果があったそうです。 知らず知らずのうちに、旦那のお小遣いが貯まっていて、それなりの額になったら、家族で旅行に行ったという方もいて、なかなかおすすめの方法です。 旦那のお小遣いを増減させるタイミング では、旦那のお小遣いの増減をするタイミングについて、どうしているのでしょうか? 以下5つのタイミングについてご紹介していきましょう。 何回も、浮気をする旦那のお小遣いをグンと減らした、奥さんがいました。 お小遣いが少ないので、浮気することができずに、返って「家計に余裕ができて貯金できるようになった。 」と喜んでいる家庭もありました。 旦那への、お仕置きには、お小遣いを減らすのは大変効果的なようですよ。 理由を聞くと、「旦那の頑張りに対するご褒美。 」であったり、「仕事へのモチベーションアップ。 」であったりとなかなかいい効果があるようです。 旦那も、このアップしたお小遣いで奥さんに、プレゼントを買ってあげたりと、お互い嬉しいお金の使い道になっています。 新年度の準備金であったり、税金の振込みであったりが、一気にくるので、旦那のお小遣い減額処置をする家庭もありました。 一方で、旦那も転勤であったり、引越しであったりとお金がかかることもあるので、「この時期は、お金に余裕がない。 」という家庭も多かったです。 子供のためのお金であるため、旦那も「仕方ない」と諦めているようです。 何とか頑張って返したい妻は、 旦那のお小遣いをダウンさせて、その分をローン返済の為に使うという家庭もありました。 旦那も、しぶしぶ承諾といった感じでしょう。 昼食代を減らしたり、飲み会を減らしたりして工夫しながらしのいでいるようですよ。 旦那のお小遣い制は古い?今どきの共働き夫婦のお小遣い制事情 では、今どきの共働き夫婦のお小遣い制事情について調べてみました。 どうやら旦那のお小遣い制は、もう古くなっているのです。 貯金は、将来への備えであったり、子供の教育費にあてているようで、お互いの収入は、知らずにそれぞれでやっていくというなんとも、今時な夫婦のお金事情を見ることができました。 お互いが、どういったお金の使い方をしているのか、全くノータッチの家庭も多く、お小遣い制にする魅力を感じないことから、この形になったそうです。 お互いに出し合って、残りの分は、それぞれのお小遣いとなります。 どちらか一方が、全て家計を管理するのではなく、家族間で話し合いの場をもって、そのお財布の使い道を話し合う家庭もありました。 子供たちのお金の教育にもなり、夫婦のお金への不安もなくすのが目的ということでした。

次の

旦那のお小遣い平均は?20代の場合のお小遣いはいくら?

旦那 の お 小遣い 平均

ボーナスを稼いできたのは旦那。 しかし、夫が安心して会社で働けるのは妻や家族のおかげでもあります。 つまり、旦那のボーナスは家庭みんなのもの……なハズ。 しかし、なんとなく納得いかない旦那様もいるでしょう。 ボーナス時のお小遣いはいくら渡している? 大企業はともかく、中小企業にお勤めの旦那さんであれば、ボーナスがもらえる会社もあるものの、多くの会社でボーナス支給ゼロ!な現実もあります。 いくらであれ、僅かなボーナスを家庭に入れたくない、たまには自分のためだけに使いたい…なんてホンネも見えてきそうです。 そんなボーナス事情ですから、ボーナス時のお小遣いで家庭の金銭感覚が見えてきてしまいます。 そこで、各家庭におけるボーナスの旦那取り分はいくらくらいか、適切な金額とはいくらくらいなのか、さまざまな巷の意見を集めてみました。 旦那のお小遣いはボーナス支給額の10%という意見 カットされたり、そもそもなかったりする場合も多いボーナスですが、いくらであれ支給されるとなると嬉しいものです。 さて、そんなボーナスの中から旦那にお小遣いで渡されている金額、適切な金額とは一般的にはいくらなのでしょうか。 まずは支給額の10%という意見を見てみましょう。 ボーナスはローン返済などにあて、少しだけお小遣いにしてあげる 旦那のお小遣いはボーナス支給額の10%とする家庭のボーナスの使いみちは、家や車などの高額なものの購入やローン返済にあてたり、学費や教育費にあてているそうです。 各家庭において様々な支出がありますが、ボーナスを全て返済などにあてるのではなく、夫の労をねぎらったり、モチベーションを維持させるためのお小遣いで渡せる適切な金額を10%に収めているといったことのようです。 元々は旦那の稼いだボーナスとはいえ、家族のために一定金額は持っていかれた後、実際にお小遣いとしていくらかでも渡されると、しっかり家族を支えたうえで自分で使えるお金があると嬉く感じるようです。 ボーナス時のお小遣いは……ゼロ!という意見 このご時世、たとえボーナスがもらえた場合、懐が潤うくらい頂けるのは大企業に勤めるわずか一握りのビジネスマンばかり。 中小企業に努める90%以上のビジネスマンにとってはいくらであれボーナスがもらえるだけ恵まれた環境ともいえます。 そんなボーナスの現状からか、なんと、適切なボーナスがいくらかとの話以前に、ボーナスが出ても旦那のお小遣いはゼロ、といった回答がもっとも多いようです。 ボーナス時の旦那のお小遣いゼロとは打って変わって、こちらはボーナス全額をお小遣いにするといった意見です。 ボーナスを旦那にいくら渡すかで悩んでいる方に取っては羨ましいかぎりです。 サラリーマンのボーナスの平均額が大企業で約80万円、中小企業で約25万円ほどであることを考えると、相当太っ腹な奥さんですね。 会社からのボーナスは旦那へのボーナスであるという考え ボーナス全額を適切な金額とし、お小遣いとして使ってもらいたい奥様の意見で多かったのが、元々お小遣い制にしていないといった声や会社からのボーナスは旦那へのボーナスでもあるという考えであるといった声の数々。 ボーナス払いについてはそちらに金額をあててもらいますが、貯金するなり趣味にあてるなり、基本的にボーナスは旦那に好きなように使ってもらいたいと考えているようです。 ボーナス時のお小遣い、最も多いのは2~5万円 ボーナスもお小遣い制となっている場合、旦那にいくら渡すが適切であり、実際いくらくらいもらっているものなのでしょうか。 ここで、Garbage NEWS. comによると、夫のボーナス時の適切なお小遣いの金額平均は、2~5万円が18. 9%と一番多いことがわかったそうです。 お小遣いゼロの夫が50%以上を占めるのが現実… ですが、一方で全くお小遣いがもらえてない方は51. 9%と半数を占めており、ボーナスをもらえている場合の金額の平均をとると、平均支給額は18,075円となるそうで、一般的なサラリーマンの月のお小遣いとさほど変わらないのが現状なようです。 ボーナスが出ても旦那のお小遣いとしていくらかも出せない、もしくはゼロになってしまうのが悲しいかな、それが現実なのです。 ボーナス時にお小遣いを旦那にいくら渡すか悩んだら平均金額の2万円前後がオススメ いかがでしたか?それぞれの家庭の考え方によって、ボーナス時の適切な旦那のお小遣いの額はゼロからボーナス全額まで、大きく変わるようです。 支給額にもよりますが、ボーナス時に旦那にいくら渡すかで悩んだら、平均額から2万円前後にしてみてはいかがでしょか。 ボーナスが出てもお小遣いゼロという家庭が多い中、ボーナス時のお小遣いがもらえる場合は、たとえ額がいくらであろうと夫は素直に喜んでおくといいのかも知れません。 ただ、お互いが納得した状態までしっかりと話しておかないと後でトラブルになってしまう可能性も十分にありますのでその点は気をつけておきたいですね。 ボーナスの関連記事はコチラ!.

次の