好きになるのが遅い。 返信が遅い

好きな人のLineが遅い時に【脈無しと判断できるポイント 】7カ条

好きになるのが遅い

ラインの返信が遅くて不安になってしまう原因 付き合い始めの頃はたくさんラインのやり取りをしますよね。 これは彼氏の気持ちが一番盛り上がっていて、あなたの気を引きたい状態だからです。 男性は恋愛のスタート時期に一番盛り上がり、緩やかに下がっていきます。 といっても嫌いになるわけではありませんよ。 熱に浮かされている状態から覚めて、普通に好きの状態になるだけ。 逆に女性は最初の気持ちは低く、関係を重ねる中で緩やかに盛り上がっていきます。 体の関係になると特に好きになるんだそうです。 心当たりありませんか? でも女性の方がすごく好き!となった頃には男性は少し落ち着いているので、前より好きじゃなくなったの…?と不安になってしまうんです。 ラインの返信が遅くて不安な時は、彼氏を気づかってみる いつまでも風邪をひいていては日常生活がままならないのと同じで、いつまでも恋の熱に浮かされていては日常に支障をきたしてしまいますよね? ラインの返信が遅いのは彼女のことも日常のひとつになったということ。 嫌われたのではなくて、むしろ前より近くなったからだと考えてみます。 無理をしなくても一緒にいられるんだな、と安心してくれているとも言えます。 いつまでも彼氏に無理をさせる彼女と、一緒にいて安心できる彼女。 どちらが長く続くでしょうか? 返信が遅いときに催促をして彼氏にストレスを与えるより、「忙しいの?無理はしないでね」と気遣いのできる彼女の方が、「早く会いたい」と思えそうですよね。 でも、ラインの返信が遅くてあまり我慢するのもよくない あなたが彼氏を気づかって彼氏が楽になったとします。 でも、それでどうしても寂しい、つらい、と思うのであれば、今度はあなたが無理をしている状態です。 お互いに無理するのはよくありませんよね。 そんなときは、とりあえず彼氏に電話してみてはどうでしょう? 声を聞くと落ち着きませんか?感情的にならずに、「返信来なくて寂しかった」と気持ちを伝えてみましょう! ラインの返信が遅いのが不安な時は、理由を聞くのが早い あんまり好きじゃなくなったのかな…と不安になっている暇があるなら、「返ってこない」「忙しい?」などと聞いたほうが早いです。 だいたい何かしら理由があって返せないことのほうが多いと思います。 ちゃんと彼女のことを気づかってくれるのであれば、できるだけ返すようにしてくれるはず。 何も言わないままだと、別に今の感じで大丈夫なんだな、と思われている可能性もありますよ…。 ラインの返信が遅いことへの対策は、二人でルールを決めてしまう 寂しいと言った時は「なるべく早く返すようにするね」と言ってくれるけど、また遅くて不安になる…なんてことありませんか? そのたびに寂しくなっていたら自分もつらいし、寂しいと言ってばかりでは、彼氏もうんざりしてしまうかも…。 そんなときは、ルールを決めてしまうのはどうでしょう! たとえば、試験の結果がわからない…なんてとき、結果が出るまですごく不安ですよね。 同じように、 いつ返ってくるかわからないという状態が、無駄に気になるし不安になってしまう原因だと思うのです。 返ってきたら「ただいま」を言い合う• 「おやすみ」には返信してから寝る• 何日かに1回は電話をする• 長い時間返信ができないときは連絡する などのルールを二人で決めて、それがだいたい守られていればあとは気にしないことにするのです。 ルールを守ってくれる=ちゃんと自分のことを考えてくれている=愛されているとわかるので不安も和らぎます。 また返ってこない…とやきもきする時間も減り、自分のことに有意義に時間を使うことができますよ! ラインの返信が遅くても、催促はしない もし自分だったら… 忙しくて返信できないとき、ラインの通知ばかり鳴っていたらどうでしょう? 好きだったら返せなくてごめんと思うかな…。 でも、そのうち鬱陶しくなってしまうかも…? 催促をするくらいなら、話し合いをしたほうがいいと思います。 まとめ 彼氏のラインの返信が遅いときは• 彼氏を気づかってみる• 電話をしてみる• 不安にならずに理由を聞いてみる• 返信のルールを決める ラインが返ってこない…と不安になることは多いですが、彼氏にも自分の生活があるもの。 会った時や電話でそっけない、というのでなければ、あまり不安になってしまうのは二人の関係に悪影響です。 あまり気にせず、返信が来ない時間は自分のしたいことに使ってあげると、二人のためにも自分のためにもなりますよ!.

次の

女性の恋愛感情はどうすれば盛り上がるの?女性は好きになるスピードが遅い!?

好きになるのが遅い

男性が恋愛感情を自覚する瞬間1 近くにいるとホッとする(ウキウキする) 男性が 『オレ、この子のこと好きかも…』と思う瞬間の1つ目は、 『(好きな子が)近くにくるとホッとする。 ウキウキする』 というものです。 かわいいとは思っていたけど、自分では恋をしているつもりはなかったときに、ふと彼女が自分の近くに来たり、話しかけてきたりした。 そのときに男は、なんだか自分がすごくホッとしたり、ウキウキしているいることに気づきます。 まるで、付き合いたての恋人と一緒にいるときのような高揚感です。 安心しているような、ウキウキしているような、それでいてソワソワしているような何とも言えない不思議な感覚になっている自分に気づいて、ようやく男性は、 『そうか、オレ、この子のことが好きだったんだ』 と、自分が彼女に恋愛感情を抱いていることに気づきます。 男性が恋愛感情を自覚する瞬間2 気づくと彼女のことを考えてる 学校の授業中、もしくは会社の通勤途中などついついぼーっとしてしまいがちな時間。 普段なら昨日のテレビのこととか、朝食のこととか、どうでもいいことをぼんやりと考えているだけですよね? だけど、ここ最近、 気が付くと彼女のことばかり考えている自分に気づきます。 『あの子、昨日こんなこと言ってたな』 『今ごろ何してんのかな?』 『彼氏とかいるのかな?』 などなど、自分では意識していないのに、気づくと頭のなかは彼女のことでいっぱい。 そんな自分に気づいて、ようやく男性は自分の恋愛感情を自覚します。 『ああ、こんなにもあの子のことを考えるってことは…好きなんだな』 頭のなかにぼんやりと描いていた 『なんとなく気になるあの子』が、 『片思い中の相手』へと変わる瞬間です。 男性が恋愛感情を自覚する瞬間3 無意識に目で追っている 職場や学校などで、 気づくといつも特定の女の子のことを目で追ってしまうということがあります。 別に声をかけるわけでも、用事があるわけでもないけど、ついつい無意識に彼女を目で追ってしまう。 さすがに彼女にも視線がバレて、 『?』と不思議そうに見つめ返されると慌てて顔を背ける。 そんなときに、 男性は自分が彼女に恋をしていることに気づきます。 彼女のことを目で追ってしまうということはつまり、それだけ彼女のことが気になって仕方ないということです。 好きな人が視界に入ると、ついつい目で追ってしまうのは女性も同じだと思います。 しかし男の場合、目で追っていてもまだ自分の恋愛感情に気づいていないという場合が少なくありません。 理性というより、本能や無意識のレベルで恋をしているからなのかもしれませんね。 男性が恋愛感情を自覚する瞬間4 他の男と仲良く話していると嫉妬する 男性が自分の恋愛感情を自覚する瞬間の4つ目は、 『他の男と仲良く話していると嫉妬する』 というものです。 これは女性でも共感できますよね? 好きな男性が違う自分以外の女性と楽しそうに話している姿を見たりすると、 まだ彼氏でもないのにヤキモチを焼いてしまったり不安になったりしてしまいませんか? でも、男性の場合は女性と違って、嫉妬した瞬間に、その女性のことが好きなんだと気づくのです。 好きだから嫉妬するのではなくて、他の男と楽しそうに話している姿を見て嫉妬している自分に気づいて、はじめて彼女が好きなんだと気づくことがあるのです。 遅いですね 笑 ちなみに男性の場合、本当に好きな女性ができると 『絶対に他の男に取られたくない!』と思いますので、嫉妬も強いです。 本能的に競争したがる生き物なので、自分の気持ちに気づいた瞬間から猛アタックをすることもあります。 男性が恋愛感情を自覚する瞬間5 別れたあとに寂しくなる たとえば飲み会などに言って、女性を含む数人で楽しく盛り上がったとします。 別に恋愛感情なんてないと思っていたので、友達としてみんなでひたすらワイワイ盛り上がっただけでその日は解散。 ちなみにひどい場合は、学生時代、卒業して女の子と離れ離れになってから彼女のことが好きだったことに気づいた…なんて話もあるみたいです 笑 男性が恋愛感情を自覚する瞬間6 笑顔を見てドキッとしたとき 突然ですが、男性は女性のどんな部分に一番魅力を感じると思いますか? 顔のかわいさ? スタイル? 性格? いいえ、違います。 『笑顔』 です。 男性は女性の笑顔にもっとも魅力を感じるのです。 恋愛関係のアンケートを取るとほとんどが一位に 『笑顔』が入るのがその証拠です。 実際、私も男ですが笑顔のかわいい女性は魅力的だと思います。 それぐらい、男性は女性の明るい笑顔が好きなのです。 ですので、女性の笑顔を見た途端に、 『ドキッ』 としてしまい、その瞬間に彼女への恋愛感情に気づくということも多いです。 関連記事『』 男性が恋愛感情を自覚する瞬間7 この子が彼女だったら良いのに…と考えていた時 男性が恋愛感情を自覚する瞬間の最後は、 『この子が彼女だったら良いのに…』 と、ふと思っている時です。 たとえば、彼女と楽しく話したあとにふと、 『楽しかった。 あんな子が彼女だったら幸せだろうな…』 とか考えてしまい、そんな自分に気づいて、 『オレ、あの子に彼女になって欲しいんだ…』 と気づくというわけです。 普通に考えてみれば 、『彼女になってくれたら…』なんて、好きじゃなきゃ考えませんよね? 気が付くと彼女と付き合えている未来を想像してしまうというのは、その時点で好きである証拠です。 男性は『気づくと好きになっていた』が多い 以上が、 『男性が自分の恋愛感情を自覚する瞬間』の代表的なものです。 ここまで読まれた女性の方々は、 『自分の恋愛感情に気づくのが遅すぎない?』と思われたかもしれませんね。 確かに遅いです 笑 しかしそれは、自分の恋愛感情を自覚するのが遅いだけであって、実は恋愛感情自体はとっくに芽生えています。 ですので、 無意識にたくさん話しかけていたり、目で追ったり、彼女がいる飲み会にすすんで参加してしまったりするのです。 なぜ男性がこんなにも恋愛感情の鈍感なのかというと、やはり、女性に比べて恋愛への関心が低いからです。 日頃から恋愛というものにアンテナを張っていないので、自分が恋をし始めていることにもなかなか気づけないのです。 それがあるとき、何かのきっかけで 『あっ!』と気づくわけです。 恋愛感情を自覚した男の心理と反応 最後に、 恋愛感情を自覚した男の心理をちょっとだけご紹介します。 自分のなかに 『好き』という感情があることに気づいてしまったのですから、当然、今までのようにはいきません。 当然、彼女と付き合いたいと思います。 男は狩猟本能を持っていますので、好きな子ができると 『絶対に他の男に渡さない!』という気持ちが沸いてきます。 ですので、たいていの男は恋愛感情を自覚した瞬間から行動を開始します。 食事に誘ったり、趣味を聞いてきたりなど、 今までとは明らかに違う一歩踏み込んだコミュニケーションを取ってきます。 しかし、なかには恋愛経験が浅くなかなか行動に移せない男性もいます。 その場合は、なまじ自分の恋愛感情に気づいてしまったために、今までのような自然なコミュニケーションができなくなってしまったりします。 どちらにせよ 、自分の恋愛感情を自覚してしまった男性は、それまで通りには振舞えなくなってしまうことが多いです。 まとめ いかがでしたか? 『男性が恋愛感情を自覚する瞬間!』 という話をしてみました。 本文でも触れましたが、男性は自分の恋愛感情に気づくのが遅いです。 でも、だからといってある日突然、相手のことが好きになるわけではなく、 実はずっと前から好きになり始めているわけです。 ですので、もしもアプローチしている男性が、 『仲は良いはずなのに、ちっとも私に恋愛感情を持ってくれない』 と思っても、 『きっかけ』がまだないだけなのかもしれないので、不安になる必要はありません。 ある日突然、積もっていた感情が爆発して、良い意味で態度が変わるときが来るかもしれませんよ! ぜひ参考にしてみてください。

次の

彼氏のラインの返信が遅い…不安になった時の対処法

好きになるのが遅い

好きな人の返信が遅い理由 好きな人の返信が遅い理由をお伝えします。 恋愛関係になる前の男性と、メールやLINEな度でやり取りをして親交を深めていく必要があります。 ですが、好きな人によっては返信が遅くてやきもきしてしまうような状況になるかもしれません。 そんな時に、あわてて何度もメールやLINEを送るのは逆効果ですし、そのまま待っていると忘れられてしまうのでは?と不安です。 連絡のやり取りがスムーズにいかないと、デートの約束もとりにくいですよね。 会えないのだから、せめて連絡のやり取りくらいはしたい!と思うかもしれません。 ただ、返信が遅いのは理由が必ずあるので、自分の好きな人はどんな理由が当てはまりそうか考えてみるようにしましょう。 1人で悩まず、まずは理由を考えて、前を向くことが大事です! 落ち込む前に、参考にしてください! 仕事が忙しい 好きな人の返信が遅い理由は、仕事が忙しいからという理由があります。 男性の多くが仕事モードに入ってしまうと、どうしてもそれ以外のことを考えられなくなります。 連絡をくれている相手が、例え好きな人だったとしても恋愛モードになっていなければ、返信が遅い状況が続きます。 ただ、それは決して女性のことが好きじゃないとか返信するのがめんどくさいから遅いというようなことではなく、単純に仕事に追われていて余裕がないという状況です。 この場合は、女性も男性を責めるような行動は慎みましょう。 「どうして返信くれないの?」とか「忙しいの?」などのメールやLINEはプレッシャーを与えるようなものなので、絶対に避けてください。 数日待ってみるか、負担にならないような内容を送ると優しい女性だと思ってもらえます。 元々LINEの頻度が多い人ではない 好きな人の返信が遅い理由は、元々LINEの頻度が多い人ではないことも理由にあります。 一般的なイメージで言えば、最近の人達はみんなスマホをいじってばかりと思われているかもしれませんが、実はそういうわけではありません。 男性の中には、仕事や必要連絡以外はスマホを見ないという人も多く、そういったタイプの人だとどうしてもLINEが来ていてもすぐに返信しようと思えないのです。 好きな人の性格によっても、返信が遅い早いは決まってくるのでよく理解してください。 元々LINEがマメじゃない人に返信を早くして欲しいと求めてもプレッシャーになってしまうので、1日数回でもいいのでレスポンスがあるかないかで脈ありか脈なしかを判断してみてもいいと思います。 最初に無理してLINEをたくさんするような場合は、後々恋愛関係になった時にボロが出やすく、付き合う前は違ってたのに!なんていうギャップが生まれてしまう可能性もあります。 最初からそういう人だと理解していたら、ストレスも感じませんよ。 スポンサーリンク 駆け引きをしている 好きな人の返信が遅い理由は、駆け引きをしている可能性もあります。 男性の中には、恋愛の駆け引きを楽しみたいという人もいて、女性が自分からの返信を待ち望んでくれることを計算している人もいるんです。 女性としては、好きな人からの返信が遅いと理由を知りたくなりますし、どうしてくれないんだろう?と不安になります。 そういった女性の反応を楽しんでいるんです。 もっと、自分のことを考えて欲しい、もっと自分を好きになって欲しい、といった気持ちから返信したいのに我慢している状態です。 こういったタイプの男性は、愛されたい気持ちが強いので女性から積極的に好意を表現して欲しいと思っています。 結局のところ、男性も好きという気持ちがあるからこそ駆け引きをしているので、深く悩みすぎず、駆け引きを楽しむか好意をどんどん表現して、返信したくなるような状況を作るか考えてみてくださいね。 距離を置きたいと思っているから 好きな人の返信が遅い理由は、距離を置きたいと思っている場合もあります。 メールやLINEが好きな人から来たとき、男性も女性も嬉しくてついついすぐに返信をします。 なのに、その返信が遅いという場合は、本当は脈なしで女性と距離を置きたいと思っているという可能性もあるんです。 距離を置きたいという理由であれば、残念ですがその男性は諦めた方がいいかもしれません。 メールやLINEですら連絡をしたくないと思われているということなので、今後どのように接点を持とうとしても避けられる可能性があるからです。 しつこくするだけ無駄ですし、返信してもらえそうな内容を送ったとしても「また来たよ……」と相手にうんざりされる可能性もあるので、きっぱり諦める潔さも時には必要になります。 スポンサーリンク 興味がない 好きな人の返信が遅い理由は、興味がない場合もあります。 好きな人の返信が遅い理由として、かなり悲しい理由ですが、男性はもともとメールやLINEを連絡ツールとしか認識しておらず、女性のように日常会話を楽しむツールとしては考えていません。 レスポンスをするのは、気になっている人や恋人の場合だけで、あとの人に対してはそこまで早い返信はしませんし、する必要がないと判断すれば、気軽に無視します。 興味がない場合は、もう諦めるしかないのかな?と思うかもしれませんが、そういうわけではありません。 何度もしつこく連絡することは、一層返信を遅くさせるだけなので避けて、何か相手の興味惹かれるような内容のメールやLINEを送りましょう。 少しずつでもいいので、距離感を縮めていき、デートに繋げられるようにしてくださいね。 好きな人が1つのことに集中する性格 好きな人の返信が遅い理由は、好きな人が1つのことに集中する性格という可能性もあります。 返信が遅い理由で、多いのが仕事が忙しいということと性格的な問題という場合です。 男性側が1つのことしかできないような性格であれば、自分のタイミングで返信をしてきます。 ですが、その忙しさやタイミングというのは相手にしかわからないことです。 女性としては、とっても不安になってしまいますよね。 その場合は、不安な思いをそのまま相手に伝えるのではなくて、時々連絡がくるタイミングで、近況を聞いてみてください。 「最近ハマッていることがある」とか「最近どう?」というようなイメージで聞いてみましょう。 そういった質問をすると、きっと相手もいろいろ話してくれるので、相手の状況がわかれば不安も払拭されますし、連絡を待とうという気持ちになりますよ。 スポンサーリンク 生活のリズムが合わない 好きな人の返信が遅い理由は、お互いの生活リズムが合わない場合も多いです。 夜型の男性や朝早くから仕事をしている男性など、人の生活はそれぞれあります。 同じような生活スタイルを女性もしていたらいいですが、そういうわけではない場合、好きな人からの返信が遅いと感じる理由になるんです。 自分が寝ているときに連絡が来て、自分が起きているときには連絡が来ないとか、その逆も考えられます。 このように、もともと生活リズムがお互い合わないと、やはり自然と連絡のやり取りが遅くなるので、ちょっと工夫が必要です。 例えば、自分が休みの日は相手の生活スタイルに合わせてみるとか、週に1回くらいは濃密にやり取りをする時間を取ってみましょう。 今まで話せなかったことを話せる機会にもなりますし、深い話をするきっかけになるかもしれません。 常日頃やり取りができる状態であれば、会話の感覚がラフになりがちですが、なかなかやり取りができなかった人とだとしっかり話そう!と男性も思います。 リズムが合わない場合は、お互いの努力が不可欠ですよ。 自分のプライドを保とうとしている 好きな人の返信が遅い理由は、自分のプライドを保とうとしているからという理由もあります。 男性も女性も、好きな人からの返信が早いと嬉しいですし、遅いと寂しいです。 でも、それは好きな人だという確定的なものがあるからであって、相手の気持ちはわかりません。 自分の好意が相手にバレてしまうことに抵抗感があるときやできたら相手に好かれたいと思っている人は、すぐに返信せずに相手を待たせたいと思います。 恋愛の駆け引きに似ていますが、自分から積極的になれないプライドの高い人は駆け引きをしているつもりがなくても返信が遅くなる傾向にあります。 このタイプの場合は、相手も自分が好きなんだと知った途端にレスポンスが早くなるので、わかりやすく好意を伝えてあげるようにしてください。 スポンサーリンク 返信の内容を考えているから 好きな人の返信が遅い理由は、返信の内容を考えているからという理由もあります。 何度も往復してメールやLINEのやりとりをしていると、どうしても内容に浮き沈みが生じます。 そうなると、男性も「どうしようかな?」というような気持ちになって返信がすぐに思いつかない事も多いんです。 好きな人の返信が遅いとき、女性として考えてあげて欲しいのはずっと一定の早さで返信があったことに慣れてはいなかったか?ということです。 お互い、すぐに返信することが日常になってくるとどうでもいいような内容を送ってしまうことがあります。 そうなると、次に返信するのはどんな内容がいいんだろう?と一歩止まって考えることもあるんです。 その時に、どうして連絡が来ないんだろう?と悩む前にまず自分がどんな内容を送って返信しにくい内容じゃなかっただろうか?ということを考えてください。 長文を送られると返信がしづらいから 好きな人の返信が遅い理由は、長文を送られて返信がしにくいこともあります。 女性の中には、とにかく自分の好意や考えを一気に伝えたいと思う人もいるので、長文になりがちです。 メールやLINEというのは、比較的短めにまるで会話をしているようなテンポでのやり取りが魅力なので、長文で送られると男性は困惑してしまいます。 好きな人だからこそ自分を知って欲しいと思うものですが、一気に送ってしまうと内容を考えてしまったり、どう答えていいのかわからずに返信が遅くなってしまいます。 遅い理由を考えて悩む以前に、まず自分がどんな内容を送ったのかを見返してください。 もしも長文を送ってしまったのであれば、そのままじっと返信を待つことも大事ですし、一向に返信が来なければ何も関係ない話題を男性にふることも大事です。 スポンサーリンク 長い期間LINEをしていて話すことがなくなった 好きな人の返信が遅い理由は、長い期間LINEをしていて話すことがなくなったという理由です。 1人の女性と延々LINEをしていると、どうしても会話の内容が意味のあるものからそこまででもないような内容に変化していきます。 それは、2人の関係性が縮まったという意味もありますが、男性としては意味のないLINEを続けること自体がストレスになります。 女性と男性の大きな違いは、LINEのような連絡ツールに対しての意識なのでこの点を間違ってしまうと、徐々に好きな人の返信は遅い状況になります。 例えば「おはよう」とかであれば返信のしようがありますが、独り言のようなLINEは「どう返信したらいいの?」と男性は困ってしまいます。 そうなると、「あとで返信しよう」という気持ちになり、忙しくて知らぬ間に1日が経ち、1日経つと返信しにくくなって……というような流れでどんどん連絡が疎遠になってしまうのです。 そうならないためにも、相手が返信しやすい内容を考えることが大切ですよ。 好きな人のLINEが遅いときの脈なし診断 好きな人のLINEが遅いときの脈なし診断をご紹介します! 好きな人のLINEの返信が遅いとき、不安ですよね。 でも、男性は好意がある女性だとしても返信が遅い場合があります。 その見極め判断というのは、そこまで難しいものではありませんが、本当に脈ありなのか自分で判断できないなぁと悩む女性も多いんです。 そのため、逆に脈なしの場合はどのように見極めるかを知っておくことによって、自分に脈ありかどうかも判断できるので、理解しておきましょう! 意外に、男性は好きな人に対してのLINEの内容とそうじゃない人のLINEの内容は顕著に違う場合があります。 女性もどちらの理由で返信が遅いのかを見極められることによって、恋愛になりそうかどうか判断できると効率よく恋愛ができますよね! あなたに対する質問があるかどうか 好きな人のLINEが遅いときの脈なし診断は、あなたに対する質問があるかどうかです。 男性は、好きな人に対して質問するようなLINEが多いです。 この理由は、返信が欲しいという気持ちもそうですが相手のことを知って、もっと好きになりたいという気持ちは相手を知った上で、自分のことも知って欲しいという気持ちの表れです。 そのため、返信が遅いだけではなく、あなたに対しての質問すらしないような場合は、脈がありません。 あたりさわりないような内容のLINEを自分の都合の良いときだけ送ってくるような男性はあまり好感をもてませんよね。 逆にあなたが質問したとき、男性からあまり情報を得ることができなかったときも脈なしと判断してください。 スポンサーリンク 好きな人が自分のことを打ち明けてくれるかどうか 好きな人のLINEが遅いときの脈なし診断は、好きな人が自分のことを打ち明けてくれるかどうかです。 理由としては、恋愛に発展する前の2人というのはお互いのことを知りたいと思う以上に、自分のことを知って欲しいからです。 軽い自分の趣味嗜好であれば脈なしの女性にも伝えることはしますが、自分の過去の話や悩みなどは絶対に男性は話しません。 好きな人の返信が遅い上に、何も自分の話をしてくれないというような場合は、脈なしと考えても良いと言えます。 女性側も返信も遅いし、自分の話をせずに他愛もない会話しかしてくれない男性は魅力がないですよね。 次の相手を探す方がいいかもしれません。 デートの誘いがあるかどうか 好きな人のLINEが遅いときの脈なし診断は、デートの誘いがあるかどうかです。 好きな人からの返信が遅いとしても、少し間を空けた返信でも「いついつどこに行こう!」といった誘いがあれば脈ありだと言えます。 男性も女性も、LINEのやり取りは楽しいですが、結局のところ会えないと恋愛に発展することができません。 恋人になるためには、LINEのやり取りよりもしっかりと会った上で関係を深める必要があるので、まずは会わなくてはいけないのです。 しかし、デートの誘いが男性からなかったとしたら、恋愛に発展はないという理由にもなります。 そのため、脈なしとして判断していいですよ。 遊び・デートを誘って返信が遅いかどうか 好きな人のLINEが遅いときの脈なし診断は、遊び・デートを誘って返信が遅いかどうかでも判断できます。 理由としては、好きな人から遊び・デートの誘いがあれば、通常であればすぐに返信が来るものです。 ですが、男性から全く連絡がない、もしくは連絡が来てもそっけない対応しかされないというときは、脈なしと判断しましょう。 そこから、何度も遊び・デートに誘うようなことは避けてください。 はっきりと断られなかったとしても、OKが出ないのであればそれはNGの裏返しなので、場所や日にちを変えて誘う、というようなことはやめましょう。 逆にストーカー呼ばわりされてしまうかもしれませんよ。 LINEを何とかして続かせようとしているかどうか 好きな人のLINEが遅いときの脈なし診断は、LINEを何とかして続かせようとしているかどうかです。 理由としては、好きな人とのやりとりは返信が知らぬ間に早くなるものですし、遅いとしても返信は必ずして、質問などを繰り返してLINEをゆっくりペースでも続けようとします。 なぜなら、好きな人と連絡のやり取りを続けることによって、相手との距離感を縮められるからです。 距離感がどんどん縮まっていくと、恋愛モードになりますし、デートにも誘いやすくなります。 しかし、そういったこともせずにすぐLINEが終わってしまったり、既読無視のような状態が多ければ、脈なしと言ってもいいかもしれません。 無視されると、好きな人だからこそ不安に感じて何度も連絡してしまうと思いますが、逆効果なのでやめましょう。 好きな人の返信が遅いときの待ち方 好きな人の返信が遅いときの待ち方をお伝えします。 好きな人の返信が遅いと理由が気になっちゃいますし、待てない!とストレスに感じるかもしれません。 そこで、男性へ負担もかけず、自分の印象も悪くしないような待ち方をお伝えします。 こうした連絡の待ち方1つで相手の性格は強く出てくるので、気の強い女性だと思われたり、しつこい女性だと思われることがないようにしましょう。 男性は、基本的に癒し系で穏やかな女性が好きなので、連絡を待っているときもやきもきしてしまいますが、その点は十分に意識してください。 待ち方さえわかっておけば、自分の時間も大事にできるようになりますよ。 恋愛に発展する前も発展した後も連絡の早い遅いは、気になると思うので、待つことも恋愛をスムーズにさせるポイントです。 催促せずに気長に待つ 好きな人の返信が遅いときの待ち方は、催促せずに気長に待つことです。 好きな人からの返信が遅いのは、何か理由があるかもしれませんし、忙しくて大変な状況かもしれません。 何も知らない状態で「どうして連絡くれないの?」とか「待ってる」というような催促のメールやLINEを追加で何度も送ると、男性としてはかなり負担に感じます。 結果的に、どんどん連絡しなくなくなる理由にもなってしまうので、本当に好きなのであれば焦らず相手の返信を待つようにしてください。 もしも、かなり期間が空いていて心配な場合は、何事もなくメールやLINEを送ってみるか、心配していることだけを伝えてみましょう。 連絡がこなかった頃の事情を教えてくれるかもしれませんよ。 とにかく1人で思い詰めることが最もよくないことなので、意識的に前向きになるといいです。 好きな人の返信のペースに合わせる 好きな人の返信が遅いときの待ち方は、好きな人の返信ペースに合わせてみることも1つの手です。 好きな人の返信が遅いと、やっと返信が来た時にはすぐに返信をしてしまいがちですが、そうなると男性は「あ、もう連絡がきた」と返信を急かされているような気分になってしまいます。 なので、相手が1日おきくらいのペースで返信をしてくるのであれば、同じような感覚で連絡をしてください。 間違っても「どうして1日も空くの?」というような理由を聞くことはやめましょう。 恋人だとしても、こうした質問は相手を責めてしまうことになりますし、自分の状況も知らずに攻めてくる異性というのはあまり魅力的に感じません。 自分のストレスにならない程度に相手のペースに合わせるか、自分は早く返信したとしても相手も同じことを求めないというような心の余裕が必要になってきます。 スポンサーリンク 仕事や趣味に一生懸命になる 好きな人の返信が遅いときの待ち方は、仕事や趣味に一生懸命になることです。 好きな人の返信が遅いときは、理由もわからずに不安ばかりが押し寄せて、普段の自分ではしないようなこともしてしまいがちです。 なので、そんな時は自分の時間を一生懸命に過ごすことが大事になります。 仕事や趣味など、日頃は恋愛ばかりであまり力を入れてこなかったことに対して、ちょっと頑張ってみてください。 男性は、自立心のある女性が大好きです。 自分と連絡をしていない時に、しっかりと自分の時間を大事にして自分磨きをしている女性は魅力的に感じますよ。 恋愛でいっぱいいっぱいになったな、と自分で思ったときは仕事や趣味に集中してみてください。 気遣いのあるLINEをする 好きな人の返信が遅いときの待ち方は、気遣いのあるLINEをしてみましょう。 かと言って、好きな人の返信が遅いなと思ったときにすぐ送るのではなくて、だいたい1週間程度連絡がないときに試してみてください。 「体調でも悪いの?」とか「しばらく連絡ないけど、元気?」といったような連絡がこない理由を聞くのではなく、心配しているよということをしっかりと伝えます。 気遣いができる女性は、男性としても交際したいタイプの人だと思えるので、相手のことを尊重したないようのLINEが望ましいです。 不安を表に出さないことがポイントですよ。 ネガティブな内容のLINEを送らない 好きな人の返信が遅いときの待ち方は、ネガティブな内容のLINEを送らないことです。 好きな人の返信が遅いとどうしても不安が先に立ってしまって、落ち着かないと思います。 そんなとき、男性に「私のことどうでもいいのかな?」とか「つまんなかった?」というようなネガティブな内容のLINEは送ってはいけません。 男性にも連絡ができない理由があるので、そこを知らないまま追い詰めるようなLINEを送ると、精神的に不安定な人だと思われてどんどん遠ざけられてしまいます。 そうならないためにも、連絡がこないときは自分なりの時間の使い方を意識してください。 まとめ 好きな人から返信が遅いときの理由や脈なし診断、待ち方をご紹介しました! 男性の性格によっても、メールやLINEの返信の早い遅いは決まってくるので、好きな人の負担にならないように、のんびりとした気持ちで連絡を待ってみてください。 くれぐれも、連絡がこないことを責めたり、追い詰めるようなメールやLINEを連投するようなことだけはやめましょう。 【関連記事】.

次の