アイフォン イヤフォン。 【iPhone】Apple純正イヤホンの値段はいくら?購入方法!

iPhone向けイヤホンのおすすめ25選。最新モデルもご紹介

アイフォン イヤフォン

電話を切る 電話を終了する 電話を終了したい場合は、会話中に「センターボタン」を押すことで、電話を切る 終了する ことができます。 着信中の電話を拒否する 着信中の電話を拒否したい場合は、着信中に「センターボタン」を 数秒 長押しします。 「プープー」と音が鳴り、着信中の電話を拒否することができます。 発信元には、電話に出られない旨のアナウンスが案内されます。 iPhone付属イヤフォンで曲・音楽を再生する iPhone付属のイヤフィンのコントローラで、音楽の再生を操作することができます。 音楽を再生・停止する iPhoneに付属イヤフォンを接続している際に、イヤフォンの「センターボタン」を1回押すことで、音楽の再生を開始することができます。 音楽を停止する場合は、再度イヤフォンの「センターボタン」を1回押すことで、停止できます。 「Siri」を起動中、再度「センターボタン」を押すと「Siri」を終了することができます。 iPhone 4S以降のiPhoneで音声コントロールが起動する場合は、「Siri」が無効となっている可能性があります。 iPhoneで「Siri」を有効にする方法は、「」をご覧ください。

次の

iPhoneでブルートゥースイヤフォンを検討する時のポイント

アイフォン イヤフォン

騒音: ノイズキャンセリング• 携帯可能:持ち運びしやすいか• バッテリー(連続再生時間・充電期間)• 音質:コーデック• 形状がカナル型• 耐水性:お湯、雨、水に強い• ブルートゥースのバージョン4. メーカー:レビューを参考に• 価格:セールを狙う とにかく、Bluetoothイヤホンをさがしている人は、何を重視するかという視点があると思います。 とりわけ「 安さ?、アップル製品主義かどうか?、使い勝手がいいか、音質の良さ」この4POINTだと思われます。 >> ノイズキャンセリング やっぱりiPhoneで音楽を全身で楽しむためには、音質の良さでイヤフォンを選びたいですよね。 音楽をイヤフォンで楽しむための技術というのが実は存在していて、これがないのとあるのとではだいぶ変わってきます。 「 ノイズキャンセリング」というのを聞いたことがありますか? ノイズキャンセリングは周囲の音と逆位相の音波を発生させて、耳に聞こえてくるノイズを軽減する機能のことです。 雑踏や騒音、車の音、そういった「すべての音」は空気中をやってくる音波が耳に伝わって聞こえてきますよね。 理科でやりませんでしたか? 逆位相はその音波と真逆の波をぶつけてほぼ相殺するようにして音を消しているんです。 (わかりやすく説明したためはしょっている部分はご愛嬌) ざっくりいうと、周りの雑音と音楽を聞きたいか、周りの雑音を消して音楽に浸かりたいか、ということですね。 もちろんノイズキャンセリングイヤフォンを選んでも何万円も高くなるわけではありません。 イヤフォンを購入を考えている人は確実に「 ノイズキャンセリング」対応にしましょう。 iPhoneの音質コーデック もうひとつ、音質で見逃せないのが、「 コーデック」。 CMなんかで音楽を楽しもう!みたいに宣伝しているiPhoneですが、実は「apt-xコーデック」に非対応なんですよね。 ここでいうコーデックというのは「音質の良いままイヤフォンに音を飛ばすレベル」のような意味で、音質の良い順に「apt-x」「AAC(Advanced Audio Coding)」「SBC」の3タイプがあります。 まあSBCはワイヤレス(無線)だと遅延がひどくて問題外なので除外します。 前述の通りiPhoneは「apt-x」に非対応なので、AACに対応したイヤフォンじゃないとダメなんですよね。 iPhoneで再生した音がイヤフォンに届いて再生されるまでのタイムラグもほとんどありませんので、問題はありません。 型落ち品:新しいバージョンの製品のこと。 そんなに性能が変わらないので値段の下がる前のバージョンの製品の購入でも十分活用できるはず• 大型セール:Amazonの夏の大セールである「 」や年末のセールなどのタイミングで行われる在庫処分や割引セール• ポイントサイト:普段買い物をよくするサイトで溜まっているポイントを使えるサイトで割引して購入する ポイントサイトといえば、普段ヨドバシカメラで買い物をするならヨドバシポイントが溜まっているはずですし、楽天カードや楽天市場を利用しているのなら、楽天ポイントが溜まっていますよね。 ヤフーショッピング、TSUTAYA系のTポイントも溜まりやすいポイントです。 せっかく貯めてきたものは失効前にうまく使いましょう。 Apple製品重視ならAirPods もし、Apple製品が好きで、iPhoneを使っているのなら他のイヤフォンに浮気せず、AirPodsを選択しましょう。 バッテリー ワイヤレスイヤフォンは基本的に、バッテリーは充電式です。 ミニUSBでパソコンとかコンセントに接続して、充電します。 バッテリーは、 連続再生時間・ 充電期間の両方を見ておくと良いですね。 どのくらいの時間、音楽が聴けるのか。 どれくらいの時間、充電すれば使えるのか。 特にお出かけなどで外出する直前に充電しても、使えない!なんてことになるとせっかくのBluetoothイヤホンもただの邪魔でしかありません。 充電切れには注意しましょう。 有線でつながっている場合はなくしにくくなる代わりに、断線して壊れてしまう可能性ができます。 また単独のものについては、片方だけ持ち運び使用するという使い方ができますが、より紛失はしやすくなります。 また、専用の充電機に格納する必要もあるものがあるので、注意しましょう。 他にも、外出時に使っているとき雨に濡れても大丈夫かどうか、など、水に強いとより使い勝手がよくなりますよね。 Bluetoothヘッドフォン iPhoneで使うことを前提にしたBluetoothヘッドフォンも、購入のためのポイントがたくさんあります。 別記事で解説しますのでお楽しみに。 Bluetoothスピーカー iPhoneで使うことを前提にしたBluetoothスピーカーも、購入のためのポイントがたくさんあります。 別記事で解説しますのでお楽しみに。 まとめ.

次の

イヤフォンジャックのないiPhoneに有線・無線イヤフォンを接続する方法

アイフォン イヤフォン

「 いつでも好きな音楽が聴ける」ことは、iPhoneを使ううえで大きな楽しみの1つですよね。 YouTubeやAbema TVなど、動画配信サービスを電車の中で視聴している人も増えてきました。 そんなときはイヤフォン(ヘッドフォン)が必要になるわけですが、みなさんはどんな製品を使っていますか? もし、特にこだわりもなく有線のイヤフォンを使い続けているなら、そろそろ Bluetoothイヤフォンに乗り換える時期かもしれません。 ここでは、Bluetoothイヤフォンの魅力を紹介するとともに、実際にiPhoneに接続して音楽や動画を楽しむ方法を解説しましょう! そもそもBluetoothイヤフォンってどんなもの? Bluetooth(ブルートゥース)とは、近くにある機器同士を無線で通信できるようにする規格の名前です。 消費電力が少ないため、大きなバッテリーを搭載できないモバイル機器に適しています。 そのBluetoothを採用したイヤフォンの特徴は、何といっても「無線」であること。 そのため「ワイヤレスイヤフォン」とも呼ばれ、現在主流の製品には以下の2つのタイプがあります。 左右一体型 オーディオテクニカの「ATH-CKR35BT」(実勢価格 6,000円程度)。 左右のイヤフォンがコードで結ばれているタイプです。 この製品では、コードの途中にマイク内蔵のリモコンとバッテリーボックスがあります。 完全分離型 アップルの「AirPods」(実勢価格 18,000円程度)。 コードがなく、左右のイヤフォンが独立しています。 最近増えてきたのがこのタイプで、アップル以外の製品も多数あります。 Bluetoothイヤフォンをおすすめする3つの理由 では、従来のような有線のイヤフォンではなく、BluetoothイヤフォンをiPhoneで使うべき理由として、どんなものがあるのでしょうか? ここでは、主な理由を3つにまとめてみました。 イヤフォンジャックのLightningコネクタが不要 iPhone 7以降ではイヤフォンジャックが廃止され、Lightningコネクタを使わないと従来のイヤフォンを接続できなくなりました。 これが1つ目の理由です。 iPhone 6sやiPhone SEから最新のiPhoneに乗り換えると、今まで使っていた有線のイヤフォンは、そのままでは使えなくなります。 かといって、Lightningコネクタを持ち歩くのはイヤですよね。 無線で接続でき、コネクタが不要なBluetoothイヤフォンのほうが断然便利、というわけです。 有線のイヤフォンをコネクタで接続したところ。 iPhoneの付属イヤフォンのようなストレート型ならまだしも、こうしたL字型のプラグでは見栄えが非常に悪くなります......。 iPhoneをカバンやポケットに入れたままでも操作できる 2つ目の理由は、いちいちiPhoneを取り出さなくても簡単な操作ができること。 Bluetoothイヤフォンで音楽を聴くとき、iPhoneの本体はカバンやポケットに入れたままでOKです。 でも、曲の移動や音量の調整をするために、結局iPhoneを取り出すことになるのでは、あまりスマートではありませんよね。 左右一体型のBluetoothイヤフォンの多くは、コードの途中にリモコンが付いており、これを使ってiPhoneを操作できます。 マイクが内蔵されている製品では、リモコンで電話に応答し、そのまま通話することも可能です。 「ATH-CKR35BT」のコードの途中にあるリモコン。 中央にあるボタンが電源のオン/オフ、再生・停止のボタンです。 左右のボタンを押すと音量を調整でき、長押しすると前後の曲に移動できます。 完全分離型では、イヤフォン自体に付いているボタンで操作する製品が中心です。 「AirPods」はちょっと特殊で、センサーによって耳に付けたときに音楽を再生、外したら停止したり、Siriを起動して音量を調整したりできます。 選べる製品が豊富で、しかも安くなった 3つ目は、Bluetoothイヤフォンという製品が、かなりメジャーになってきたことです。 家電量販店のイヤフォン/ヘッドフォンコーナーに行くと、有線の製品以上にBluetoothイヤフォンが豊富に陳列されていたりします。 価格帯としても5,000円程度の製品が多くなり、中には3,000円以下で購入できるものもあります。 一昔前は「Bluetoothイヤフォンは便利だけど、ちょっと高い」という印象でしたが、それはもうなくなったと言えるでしょう。 AmazonでBluetoothイヤフォンを調べてみると、3,000円程度の安価な製品に人気があることがわかります。 ただ、音質にこだわりがあるなら、やはり有線のイヤフォンに軍配が上がります。 また、Bluetoothイヤフォンは 充電が必要で、通信状態によっては音飛びしたり、再生が途切れたりすることもあり、ちょっとしたストレスになります。 もちろん高価な製品ほど品質は高くなりますが、最初は安価な製品で、Bluetoothイヤフォンの使い勝手を試してみるといいでしょう。 BluetoothイヤフォンをiPhoneに接続するには? Bluetoothイヤフォンをはじめて使うときは、iPhoneとの「 ペアリング」が必要になります。 以下の手順を参考に進めてください。 Bluetoothイヤフォン側での操作は製品によって異なりますが、多くの場合、「電源ボタンの長押し」でペアリングが開始されます。 一度ペアリングが完了すれば、Bluetoothイヤフォンの電源をオンにしたとき、自動的にiPhoneと接続されるようになります。 「接続済み」と表示されました。 これでペアリングは完了です。 [ミュージック]で音楽を再生すると、Bluetoothイヤフォンから聴こえます。 画面の中央下に製品名が表示されていますね。 これをタップすると...... 何で音楽を再生するかを選択できます。 [iPhone]をタップすると、iPhoneのスピーカーで再生されます。 いかがでしたか? 便利で、身近で、安価になったBluetoothイヤフォン。 iPhone 7、8、Xを使っているなら、ぜひ使ってみることをおすすめします。

次の