たけ も ね 小説。 不如帰 (小説)

たけ

たけ も ね 小説

ここは前世でド嵌りした乙女ゲームの世界。 そして私は可愛い可愛い、もひとつ可愛いヒロインの姉に生まれ変わりました。 妹は私の嫁。 妹が可愛すぎて生きるのがつらい。 うそ、楽しい。 そんな姉妹水入らずの青春を過ごすため、攻略キャラのフラグを折ることにしました。 ヒロイン至上主義の主人公が攻略キャラの邪魔をしたり、姉バカ全開になったり逆に攻略されそうになったりするお話の予定です。 投稿はかなり不定期になると思いますがよろしくお願いします。 2017年5月1日:角川ビーズログ文庫アリス様より書籍化していただけることになりました。 7月刊行予定です。 詳しくは公式サイトをご覧ください。 WEBの方は変わらずマイペースに続けていきたいなと思っております。 愛犬を溺愛している家族が、『聖女召喚』に巻き込まれた。 『聖女』と認定された華憐はさんざん私達家族に迷惑をかけてきた、バツニ。 一緒に召喚された華憐の家族は、若作り命の母親はバツ三の『大魔導師』。 自堕落なニートの弟は『聖騎士』。 男を常に何人もキープするために大学に通う妹は『大賢者』。 で、巻き込まれた私達家族は、『ベテラン技術者』の父、『ベテラン主婦』の母、『真面目な社蓄』の弟、そして私は『行きおくれ』と認定された。 召喚した国の重鎮達は、私達を、あ、こいつらいらないけど、どうする、みたいな感じだ。 こんな国、長居してもろくなことはない。 私が持つスキルは今まで誰も持ったことはないらしいが、これにかけて生き抜こう。 家族の為に、愛犬の為に。 異世界転生者にして今は普通の高校生である平野庸一のクラスに転入してきたのは、前世の頃から兄への『愛』を公言して憚らない実妹の生まれ変わりだった。 現世では血縁関係もなくなったため、今度こそ愛しい人と結ばれんと元妹はグイグイと積極的に迫ってくる。 だが庸一は、それを『家族愛』だと信じて疑わず全力スルー。 同じクラスには既に勇者と魔王の生まれ変わりもいるのだが、前世でも現世でも(自称)一般人の庸一はその全員から惚れられているハーレム状態であることにまだ気付いていない。 「兄様! 今のお言葉、もう血縁関係ではないのだから結婚しようという意味だと捉えてよいですわねっ!?」 欲望全開でアタックしてくるけど、割とチョロい元妹。 「な、なぁ庸一、ちょっと、いや嫌というわけでは決してなく、単純な疑問なんだけど……少しだけ、距離が近くないかな……?」 凛とした雰囲気を前世に置き忘れてきた、恋愛脳なのに奥手な元勇者。 「ヨーイチの心が最終的に辿り着くのは妾の元であると決まっておるのじゃからな。 最後に妾の隣におれば、それで良い」 尊大な口調だけど地味に一番の常識人、この状況を割と楽しんでいる元魔王。 前世でも現世でもフラグを立てまくる男VS絶対自分が彼の恋人になりたいガールズの、ドタバタコメディ的な日常は今日も続く。 日々の生活に疲れ果てた若干カスな小学校教師が突然事故で死亡。 転生手続きを経て、生まれ変わった場所はローランド王国の辺境の街。 剣と魔法を中心に発展しつつある異世界だった。 働きたくない一心で金貸し向きの魔法を手に入れた主人公。 「夢はのんびり利子生活」 だが、そんなものは当然許される筈はなく、楽をしようと思えば思う程、ありがちなトラブルに巻き込まれることも。 そんな中、今まで無縁と思っていた家族の愛情や友情に恵まれる日々。 そして努力、新しい人生設計。 これは、優秀な家系に生まれた凡人が成長することをテーマとした物語。 「成り上がり」「無双」そして「ハーレム」その日が来るまで。 ハーレムを作るのは主人公とは限りません。 日間総合ランキング238位(2019. 23) ありがとうございます。 タイトル詐欺とよく言われます。 ごめんなさい。 まだ、かろうじて幸せだったころでした。 私フライアは二十五歳の時に死んだ。 旦那である国王陛下やその寵妃、さらには王宮の大臣や貴族たちに虐げられてきた私のことを周りは「お飾り王妃」と呼んでいた。 心労と過労。 それが私を殺したのだ。 そして、次に私が目覚めると十年前に時が巻き戻っていた。 それを知った時、私は決心する。 私は元旦那と婚約解消に動き出す。 すると……何故かたくさんの事件に巻き込まれて。 隣国からの留学生、裏表の激しい侯爵令息、幼馴染の辺境伯の令息に私の心の支えだった「彼」。 さらには魔界の魔王様。 裏社会や騎士団の人たちと関わっていく内に……私は、自分の幸せを見つけ出す。 愛されなかったお飾り王妃が、二度目の人生で幸せになるまでのお話。 40歳独身サラリーマン平本 浩は夢の中で古代中華戦国シュミレーションのスキル選択を行った。 「闘神」と「仙術」。 この2つのチートスキルがあれば、どんな戦場も無双できると思っていたが、飛ばされたのは銃と人類と敵対するロボが徘徊する終末世界であった。 若返った状態で転移したものの、ステータス表示無し、スキル表示無し、マニュアルもヘルプもお供も無し。 はたして「闘神」と「仙術」スキルは銃とロボに対抗できるのか。 このアポカリプス世界を生き抜くことができるのだろうか。 作品タイトルを変更しました。 (2020年1月4日) 主人公はチートスキルをもっていますが、最初は使い方が分からない為、苦戦します。 当面はスラム暮らしが続き、スラムでの争いのも巻き込まれる予定です。 敵は主に人類に敵対するロボット=機械種です。 機械種はある手段をもって配下にすることができます。 第一の目標は機械種を配下にすることでしょう。 また、女の子は出てきますが、ヒロインではありません。 主人公の性格は俗物です。 あまり魅力的でない性格で、且つ、色々拗らせており、スラムでの人間関係でも色々苦労します。 他にも、登場人物やイベント等をネット小説やゲームに見立てて表現する悪癖があります。 これらをご不快に思われる方はご注意ください。 初めての小説になりますので、文法・表現等におかしい部分があるとは思いますが、よろしくお願いします。 また、ご感想をいただければ励みになります。 *カクヨム様にも投稿しております 本作程様々なジャンルを網羅している小説も珍しいと思われます。 あくまで主軸は異世界恋愛ではあるものの、ダークメルヘンの要素もあり、ヒューマンドラマでもあり、極上のコメディーでもあります。 結果として、『実験』は成功。 死ぬはずだった運命の主人公は、100年後の未来で目覚めました。 しかし、童話の浦島太郎状態。 もう家族や知人は寿命を迎えて死んでおり、主人公が生きてきた世界とはまるで違う世界です。 そんな中、主人公は突然、人類の脅威となる未知の敵と戦うように告げられます。 浦島太郎状態となってしまった悲しみに浸る間も無く、そして拒否権もなく、強引に戦場へ送られる主人公。 その理不尽な境遇と主人公の葛藤は、某汎用人型決戦兵器アニメの主人公を思い出す程残酷なモノです。 そして、理不尽に残酷な運命を突きつけられた主人公は葛藤しながらも敵と戦い、戦いの中で成長していきます。 これは、某汎用人型決戦兵器アニメように、戦いの中でヒトが成長していくヒューマンドラマ。 もういつ死んでもいいと思っていましたが、今は「狼は眠らない」が完結するまでは生きていたいと思っています。 毎日更新の頃は0時が来るのが本当に待ち遠しかったです。 しばらくお休みするようになってからは、その度に読み返し、書籍版と読み比べして過ごしていました。 新たに漫画もスタートし、並行して楽しませていただいています。 最近になって感想欄の存在を知り、皆さんの感想と支援bisさんの返答を読む楽しみが増えて、遅まきながら感想を書かせていただくようになりましたが、全ての感想に返答されていて驚いています。 ファンタジーが大好きで過去の名作を読んできましたが、リアルタイムでドキドキワクワクしながら読むのは初めての経験です。 少しでも長くこの幸せな日々が続くよう、支援bisさんには長生きしていただきたいです。 これからも楽しみにしています。 全然レビューになっていない事に今気がつきましたw.

次の

徳冨蘆花 不如帰 樋口一葉 たけくらべ 時代背景がわかる小説

たけ も ね 小説

たけくらべの主要登場人物 美登利 みどり 表町の大黒屋の寮の留守番。 正太郎 しょうたろう 表町の田中屋の息子。 三五郎 さんごろう 正太郎の友人。横町の人力車夫の息子。 長吉 ちょうきち 横町の少年グループのボス。 藤本信如 ふじもとしんにょ 横町のお寺の息子。 たけくらべ の簡単なあらすじ 和歌山県の田舎町で暮らしていた美登利とその家族は、遊女として成功した姉を頼って東京の下町に移り住み新しい生活をスタートします。 近所の少年少女たちとの友情や喧嘩、同級生への仄かな恋心、遊廓に生きる女性たちの美しくも儚げな姿。 思春期特有の様々な経験を通して、美登利は少女から大人の女性へと成長していくのでした。 最初のうちは彼女の人気を妬んだ町内の娘たちから心ない言葉を浴びせられてしまい、三日三晩泣き続けたこともあります。元来が勝ち気な性格のためか少々の事では動じなくなり、今では彼女に露骨な憎まれ口を叩く子はいません。 一方で横町と呼ばれる地域の住人は生活も苦しく、自然と両者の溝は深まっていました。横町組と名乗って少年たちを束ねているのは、近所でもガキ大将として有名な長吉です。 表町の正太郎には何かと対抗意識を燃やしていて、8月20日の千束神社のお祭りでは一泡吹かせてやろうと目論んでいます。 祭りの当日になると表町の子供たちは文房具屋の前で待ち合わせをしていましたが、正太郎の姿だけ見当たりません。 取り巻きを連れて襲撃にきた長吉でしたが、正太郎がいない腹立ち紛れに彼の弟分である三五郎を痛めつけます。男まさりの美登利は長吉に対しても恐れを知らずに立ち向かって止めようとしましたが、泥のついた草履を額に投げつけられてしまいました。 4月の終わりに学校で開催された春の大運動会では、綱引きから鞠投げに縄跳びまでと八面六臂の活躍を披露しています。 美登利が初めて信如と言葉を交わしたのは、競技の途中で羽織の袂に泥が付いていることに気がついて赤い絹のハンカチを差し出した時です。それ以来美登利は彼に心惹かれていき積極的にアプローチをしていきますが、ゆくゆくは僧侶の身となる信如としては女子生徒と親しくする訳にはいきません。 11月になると大鳥神社で行われる酉の市にせっかく誘いに来てくれた正太郎に対しても愛想なく、冷たい言葉を放って追い返してしまいます。つられて気落ちした正太郎もすっかり大人しくなってしまい、表町は急に火の消えたような寂しさです。 冬の訪れを感じるようになったある日の朝、美登利は家の前の格子門に誰かが水仙の造花を外から差し込んでいったことに気がつきました。 相手に心当たりはありませんでしたが何となく懐かしい気持ちが涌いてきたために、床の間の脇に設けた棚の一輪挿しにさして眺めてみます。聞くともなしに伝え聞いたところによると、この造花が届けられたのは信如が僧侶の学校に入学することが決まった当日であったとのことです。 たけくらべ を読んだ読書感想 遊廓と隣り合わせの東京の下町で、子供から大人への階段を駆け上がっていく少年少女たちの日常が情感溢れていました。 表町と横町に分かれて繰り広げられていく抗争には、時代と国は違えど「ウェストサイド物語」のシャーク団とジェット団を彷彿させるものがあります。 いつまでも続くかに思えていたヒロイン・美登利の少女時代が、突如として終わりを告げることになるシーンが哀愁たっぷりです。 2度と戻ることのない純真無垢な姿を、切り取ったかのような描写には胸を締め付けられます。 24歳の短くも実り多い生涯を全うした、著者自身にも思いを巡らせてしまいました。

次の

宮本武蔵 (小説)

たけ も ね 小説

日清戦争を時代背景とした小説 まずは、日清戦争期(1894-95)、またはその後間もない当時に、その時代を背景にして書かれた小説です。 徳冨蘆花 『不如帰』 岩波文庫 初出 1898(明治31)〜99(明治32)年 日清戦争の講和から3年後に発表された小説です。 文体は古いので、最初は読みにくさを感じるかもしれませんが、独特のリズムがあり、すぐに慣れて引き込まれます。 日清開戦時の陸軍大臣で第二軍司令官となった大山巌の長女の実話を題材にして、肺結核になったがために、無理やり離縁させられた「浪子」と「武雄」の物語として描かれています。 ただし、「実話」ではなく「小説」として書かれており、大山家の事実とはいろいろ相違があったことが、児島襄 『大山巌』第4巻や、久野明子 『鹿鳴館の貴婦人 大山捨松』に指摘されています。 日清戦争の前から後にかけて、という時代設定であり、ストーリーの展開上から、日清戦争の旅順攻略戦の状況描写も出てきます。 それだけでなく、その時代を示す描写が作品の各所に散りばめられています。 例えば、登場人物の一人で、「陸軍その他官省の請負を業とする」「山木」は、新聞の号外を見て、「うう朝鮮か…東学党ますます猖獗…なに清国が出兵したと…。 さあ大分おもしろくなって来たぞ。 日清戦争を研究する立場からも、本書は読む価値が十分にあると思います。 樋口一葉の一連の作品、『たけくらべ』 など 1895(明治28)〜96(明治29)年発表 (写真は河出文庫版) 樋口一葉は、1892(明治25)〜96(28)年に作品を次々に発表しました。 まさしく日清戦争の直前〜戦中〜直後の期間です。 『不如帰』と大差のない時期に書かれたていますが、一葉の文体は蘆花とは大きく異なり擬古文で読みにくいため、筆者は河出文庫の現代語訳に頼りました。 一葉の作品の中では、日清戦争が取り上げられてはいないようですが、この当時、明治20年代の後半を物語るさまざまな事物が、描写の中に出て来ます。 例えば、代表作の『たけくらべ』では、吉原への客の往き帰りで「人力車」が忙しかったり、花魁の上客が「銀行家」や「兜町」の人であったり、金持ちの子供の遊びに「幻燈」があったり。 小説の読み方としては邪道かもしれませんが、社会経済学史的な観点から読んでみると、いろいろ発見できると思います。 次は、日清戦争を主題として、後の時代に書かれた小説です。

次の