プロテイン ホエイ ソイ。 【ホエイ・ソイ・カゼイン】プロテインの効果と違い・飲むタイミングについてわかりやすく解説

プロテインにはどんな種類がある?種類によって異なる目的と飲み方を徹底解説

プロテイン ホエイ ソイ

最新記事 by レブロン鈴木• - 2019年5月6日• - 2019年3月11日• - 2019年2月22日 プロテインを買おうと、Amazonや楽天などの通販サイトで見てみると、「ホエイプロテイン」「ソイプロテイン」「カゼインプロテイン」といろいろなプロテインがありますよね。 ホエイってなに? ソイってなに? カゼインてなに? さぁ困った。 一体どの種類のプロテインを選べばいいのか?選ぶべきなのか? 僕は、プロテインを飲み始めた時、有名な筋肉系の某YouTuberが「ホエイプロテイン」を飲め!と言っていたので、どんなものか知らずに飲んでいました。 今、思うと、どんな特徴や効果があるか知らずに飲んでいたなんてバカですね(笑) プロテインの効果を最大限に引き出すために、以下の3つのことを知りましょう!• どんな種類のプロテインがあるのか• 種類ごとの特徴と効果• 自分の目的に合うプロテインの選び方 まずは、タンパク質の分類について、簡単に解説していきます。 動物性タンパク質と植物性タンパク質とは? プロテインとはタンパク質のかたまり そもそもの話しですが、プロテインとは、タンパク質を凝縮した粉末やタブレットです。 かんたんに言うと、 プロテインとは、「タンパク質のかたまり」なのです。 タンパク質は、いくつかの分類に分けることができ、それぞれに特徴があります。 ここでは、タンパク質の分類とその特徴について、簡単に説明します。 タンパク質の分類表 大分類 小分類 特徴 動物性タンパク質 ホエイ ヨーグルトの上澄みにできる液体、水溶性だから吸収が早い カゼイン 不溶性で固まりやすいので吸収がゆっくり 卵白 たまごの透明な部分 減量の食事で、黄身を除いて卵白のみだけを食べる人が多いです 植物性タンパク質 大豆 納豆やきな粉、味噌の原料 小麦 小麦粉の原料 小麦粉で、ラーメン、うどん、パン、お好み焼きなどを作るんですよね タンパク質は、大きく分けると 「動物性タンパク質」と「植物性タンパク質」の2つに分類されます。 名前だけなら聞いたことがある方は多いと思います。 この2つのタンパク質には、それぞれ特徴があります。 その特徴を知ることによって、プロテインを選ぶときだけでなく、普段の食生活においても役に立ちます! つぎは、「動物性タンパク質」と「植物性タンパク質」についてかんたんに説明します。 動物性タンパク質とは? 「動物性タンパク質」とは、肉や魚などの動物から、摂取することができるタンパク質です。 肉類や魚介類、卵、乳製品などの食品に含まれています。 「動物性タンパク質」の良い点は、カラダの中ではつくることができない「必須アミノ酸」をすべてバランスよく含んでいるところです。 ただし、「動物性タンパク質」が含まれているからといって、食べ過ぎはNGです! たとえば、肉には「動物性タンパク質」以外に、脂質も含まれているので、脂質の摂りすぎになる恐れがあります。 食品から「動物性タンパク質」を摂ろうとすると、脂肪などのお呼びでないものまで含まれています。 できるかぎり「動物性タンパク質」だけをピンポイントで摂りたい! そこでプロテインが登場するのです!! 「ホエイプロテイン・カゼインプロテイン」は、高たんぱく質でありながら脂質や糖質などを可能な限りカットしています。 効率良くタンパク質を摂取することができます。 もちろん、大前提は「栄養を摂ることの基本は食事から」です! プロテインが優秀だからといって、プロテインばかり飲んではダメですよ。 必須アミノ酸とは、カラダの中ではつくることができないアミノ酸です。 ちなみに、必須アミノ酸は、9種類あります。 カラダの中ではつくることができないので、食事やサプリから必須アミノ酸を摂取する必要があります。 植物性タンパク質とは? 「植物性タンパク質」とは、米、麦、大豆などの植物に含まれるタンパク質です。 「植物性タンパク質」の良い点は、脂肪が少ないことです。 低脂肪・低カロリーを求めるときに理想的なタンパク質です! しかし、「植物性タンパク質」にはデメリットもあります。 「植物性タンパク質」の多くは、「必須アミノ酸」をすべて含んでいるわけではないのです。 なので、足りない必須アミノ酸は、他で補ってあげる必要があります。 それなら、すべての必須アミノ酸を含んでいる「動物性タンパク質」のほうがいいじゃん!って思いますよね? 安心してください。 「植物性タンパク質」の中にも、すべての必須アミノ酸を含んでいるものがあるんです! それが、「大豆」です。 「大豆」は、植物性タンパク質の中でも、豊富なアミノ酸を含んでいるのです。 大豆は、脂肪が少なく、必須アミノ酸をバランスよく含んでいる、とても栄養価が高いのです!• ホエイプロテイン• ソイプロテイン• カゼインプロテイン 一般的に市販されているプロテインは、「ホエイ・ソイ・カゼイン」の3種類です。 どのプロテインを選べばいいの? 「3種類のプロテインがあるのは分かったけど、俺は、私は、どれを選べばいいの?」と思いますよね? 自分の目的に合わせてプロテインを選びましょう! そのためには、「ホエイ・ソイ・カゼイン」3種類のプロテインそれぞれの 「特徴・効果」と「飲む目的」を知る必要があります。 目的によっては、3種類のプロテインを、単独で飲むより、組み合わせて飲むほうがより吸収率がよくなります。 それでは、「ホエイ・ソイ・カゼイン」の特徴をわかりやすく解説していきます。 「ホエイ・ソイ・カゼイン」の違いは? 「ホエイ・ソイ・カゼイン」の大きな違いは、原料です! 「ホエイ」と「カゼイン」の違いは何なの?と疑問に思う方もいるので、簡単にざっくりと説明します。 牛乳にお酢を入れると、分離します。 固まらない部分が「ホエイ」、固まる部分が「カゼイン」です。 市販のヨーグルトを開けたときに、水のようなものが浮いてますよね。 それがホエイなのです! ホエイは、ヨーグルトやチーズを作ったときの副産物です。 また、カゼインはヨーグルトやチーズの原料になります。 「ソイ」の原料は 大豆 「ソイプロテイン」は大豆が原料です。 大豆は、英語で「ソイ」といいますよね。 そのまんまなのです(笑) 植物性タンパク質の多くは、動物性タンパク質よりも栄養価(アミノ酸など)が優秀ではありません。 しかし、大豆を原料としたソイプロテインは、 植物性タンパク質でありながら、栄養価において動物性タンパク質に負けていないのです! さすが「畑のお肉」と呼ばれるだけあって、タンパク質量は豊富です。 つぎに、3種類のプロテインの効果と特徴を簡単に説明します。 ホエイプロテインの効果と特徴 ホエイプロテイン の性質 原料:牛乳 分類:動物性タンパク質 消化吸収時間:早い 約2時間 効果的な飲むタイミング:運動・筋トレ前後 ホエイプロテインを飲む「メリット」と「デメリット」 ホエイプロテインの「メリット」と「デメリット」を簡単に紹介します。 カラダへの吸収がスムーズなので、「 運動や筋トレ前後」に摂取するのにおすすめです。 まさに筋肉をつけたい人には、おすすめのプロテインとえいます。 「運動や筋トレ前後」 以外で摂取する場合は、吸収スピードがゆっくりなプロテインと混ぜて摂取しましょう! たとえば、僕は、毎朝、ホエイとカゼインを混ぜたプロテインを飲んでいます。 朝、栄養が空っぽのカラダに早く吸収させるために「ホエイ」、午前中のあいだ効果が続くようにするために「カゼイン」という感じです。 もちろん、他のプロテインも同様に、脂肪に変わる可能性はあります。 しかし、ホエイプロテインは、吸収スピードが早いので、他のプロテインに比べて、脂肪に変わる可能性が高いです。 あくまで飲みすぎたの話です。 しっかりと適切な量を飲んでいれば心配しなくても大丈夫です。 くれぐれも飲み過ぎないように注意しましょう! ソイプロテインの効果と特徴 ソイプロテインの特徴 原料:大豆 分類:植物性タンパク質 消化吸収時間:ゆっくり 約5~6時間 効果的な飲むタイミング:朝、寝る前、間食 *大豆イソフラボンが含まれている ソイプロテインを飲む「メリット」と「デメリット」 ソイプロテインの「メリット」と「デメリット」を簡単に紹介します。 なぜなら、イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きをするからです。 ダイエット中におすすめです。 デメリット 即効性がない ソイプロテインは、吸収がゆっくりなため持続力はありますが、瞬発力がありません。 なので、運動や筋トレ前後には向きません。 ソイプロテインは、健康や美容のために飲むことをおすすめします! カゼインプロテインの効果と特徴 カゼインプロテインの特徴 原料:牛乳 分類:動物性タンパク質 消化吸収時間:ゆっくり 約7~8時間 効果的な飲むタイミング:朝、寝る前、間食 カゼインプロテインを飲む「メリット」と「デメリット」 カゼインプロテインの「メリット」と「デメリット」を簡単に紹介します。 吸収するまでにかかる時間は、だいたい7~8時間くらいです。 なんとホエイプロテインの吸収時間の3~4倍もあります。 吸収がゆったりとしてるということは、長時間タンパク質がカラダの中に留まるので、効果が長く続きます。 長い時間カラダの中にタンパク質があることで、筋肉の分解を抑えてくれます。 ダイエット中におすすめです。 特に運動・筋トレ後は、カラダが早くタンパク質を欲しているので、吸収スピードの早いホエイプロテインをおすすめします。 吸収スピードの遅いカゼインプロテインは、運動・筋トレ前後に向いていません。 先に水や牛乳を入れたり、混ざりやすいシェイカーを使うなど工夫が必要です。 あなたの目的に合わせてプロテインを選ぼう! あなたの目的に合わせて「ホエイ・ソイ・カゼイン」をチョイスしましょう! 1. 「自分の目的に合わせてプロテインを選ぶ」そして、2. 「正しい飲み方をする」 ことがとても大切です。 この2つのことを行うことで、プロテインの効果をぐぐっと高めることができます。 「プロテインの正しい飲み方」を知りたい方は、以下を参考にしてみてください。 筋肉を修復するのに、カラダはタンパク質を欲しがっているのです。 そこで、吸収スピードの早い「ホエイプロテイン」を飲みましょう! さらに、フィッシュオイルと一緒に飲むと、タンパク質の吸収率が高くなるのでおすすめです。 実は、筋トレの翌日もとても重要ですよ。 筋トレ後に、24〜48時間カラダを休ませることで「超回復」が起こっているのです。 「超回復」には、十分な休息とタンパク質が必要です。 超回復している間、カラダの中に、タンパク質がある状態を保つために、吸収スピードのゆっくりな「カゼインプロテイン」を飲みましょう! 「イソフラボン」の主な2つの機能 ・女性ホルモンに似た作用 ・病気や老化の原因となる物質を除去する作用(抗酸化作用) ボディメイクしたい 〜カッコいいカラダを目指すあなた〜 ボディメイクしてカッコいいカラダを目指すあなたには、「カゼイプロテイン」をおすすめします! カッコいいカラダになるために重要なことは、タンパク質をしっかりと摂取することです。 カゼインプロテインは、筋トレ直後などの、早くカラダにタンパク質を吸収させたい場合には向きません。 しかし、寝る前や休息日に飲むプロテインとしてはベストです! 吸収がゆっくりなので、効果が長続きします。 さらに、カゼインは、胃の中で固まる性質があるので、満腹感が続きます。 また、カゼインには、グルタミンという物質が豊富に含まれているので、筋肉の分解を防いでくれて、筋肉を維持しやすくなります。 「カゼイプロテイン」を飲んで、筋肉を維持しつつ、脂肪を落として、カッコいいカラダを手に入れましょう! ホエイ・ソイ・カゼインの違いを比較してみた 「ホエイプロテイン」・「ソイプロテイン」・「カゼインプロテイン」を比較したまとめ表です。 以下のことは、ばっちりわかったでしょうか?.

次の

ソイプロテインかホエイプロテインか。併用はやめておいた方がいい!

プロテイン ホエイ ソイ

プロテインって、ムキムキな筋肉をつけたい人だけが摂るもの? 違います! 1日のたんぱく質の必要量である 「体重1kgに対し1g」をなかなか摂取できてない人や、 筋肉量を増やす以外のメリット( 食欲減少や アンチエイジング効果)を狙ってプロテインを摂る人が増えています。 そういった方の中には、 プロテインってホエイとソイがあるけど・・・どっちがいいの? と疑問に思う方もいるのではないでしょうか。 ということで、 今回は、20代OL(運動不足)が、 代表的な プロテイン2種類(ホエイプロテインとソイプロテイン)を摂って、どんな変化があったか? を、ありのままお伝えしようと思います! 体重はどう変わった? ホエイプロテインとソイプロテインをそれぞれ 各2週間ずつ毎日飲み、どう変化があったのか検証してみました。 その前に、私の元の体重をお伝えしておきます・・・! Before:53. 7kg まぁ、痩せ型ではないです。 笑 この体重をベースとして、プロテインを摂ることでどう変化があったのでしょうか? 1.ホエイプロテインを摂った場合 こちらの ホエイプロテインを2週間、軽い運動(1日30分程度)の後に飲んで生活しました。 2週間後の体重はということ・・・ どん!! After:52. 7kg なんと! 1キロ減っていました・・・!! 運動だけでは、なかなか減らないので、ホエイプロテインのおかげ?? 食生活が何か良かったのかな・・・ ただ、変えたのはホエイプロテインを摂ることくらなので、ホエイすげぇ・・・ ゜o゜ 2.ソイプロテインを摂った場合 ホエイと同様、こちらの ソイプロテインを2週間、軽い運動(1日30分程度)の後に飲んで生活しました。 2週間後の体重はということ・・・ After:53. 4kg ソイプロテインを摂る前と比べると、 -0. 3kg 誤差の範囲・・・?笑 ただ減少しているのは嬉しいですね。 まとめ 今回は体重しか比較していませんが、体重だけでいうと ホエイプロテインの方が体重が減少しました! 以前、「」の記事でも取り上げた通り、 ホエイプロテインには 食欲減少の効果もあるので、その点が効いたのかもしれません。 体重以外の面で言うと、心なしかお肌がきれいになったような気もします。

次の

今更聞けない!ホエイプロテインとソイプロテインの違い【使い分け】

プロテイン ホエイ ソイ

「ソイ」とつくものは大豆が原料のプロテイン• 「ホエイ」や「カゼイン」とつくものは牛乳が原料のプロテイン ひとくちにプロテインといっても原材料の違いで3種類あることがわかりました。 原料が違えば口にした時に得られる効果や吸収の速度が違います。 ここから3種類のプロテインの違いを解説していきます。 ご自分にあったプロテインを探してくださいね。 ソイプロテインの効果と特徴 ソイプロテインは「ソイ」と名のつく通り、大豆が原料のプロテインです。 ソイプロテインは消化吸収が緩やかに行われるため、 満腹感が持続しやすい(腹持ちがいい)という特徴があります。 そのため一般的にはダイエットに向いているプロテインとして認識されています。 大豆由来ということでイソフラボンを多量に含んでいるのも特徴のひとつです。 イソフラボンはエストロゲンという 女性ホルモンを同じような働きをするため、女性の美容や健康にも効果があるといわれています。 他にも骨を強くしたり、育毛効果もあるといわれていますよ。 しかしデメリットもあります。 元々が大豆ということで、どうしても 水に溶けにい、 独特の味があります。 専用のプロテインシェイカーを使ってシェイクしてもダマになってしまうことも結構な頻度であります。 こんな方におすすめ• プロテインでダイエットしたい• 健康、美肌になりたい• とにかく安いプロテインがいい• プロテインの味は気にしない ホエイプロテインの効果と特徴 ホエイプロテインは牛乳を原料としたプロテインです。 ヨーグルトを数日間冷蔵庫で放置しておくとヨーグルトの上に水分が出てきますよね?その液体のことをホエイといいます。 そのホエイの中に含まれるタンパク質を抽出したものがホエイプロテインになります。 他にもホエイにはビタミンやミネラルが含まれます。 もともとが液体のため、 身体への吸収もスムーズに行われます。 そのため 胃もたれや腹痛が起こりにくいと言われています。 「トレーニングをしたらすぐにプロテインでタンパク質を補給する」という情報は筋トレをする皆さんなら既に知っていることかと思いますが、ホエイプロテインは吸収が早いため 筋トレ直後に飲むのがおすすめです。 タンパク質を短時間で補給しつつ筋肉の回復効果も見込めるため、愛用者がおおいことも有名ですね。 他にもホエイにはアミノ酸が含まれています。 アミノ酸には筋トレで傷ついた筋肉を修復する効果が期待できるため筋トレにはもってこいです。 筋肉痛をすばやく回復してくれるため筋トレによって筋肉を大きくしたい人におすすめですよ。 こんな方におすすめ• 筋肉を増やしたい、ムキムキになりたい• コンタクトスポーツをプレイしている• プロテインで胃もたれを気にしたくない• 運動直後にプロテインをのみたい カゼインプロテインの効果と特徴 カゼインプロテインは牛乳を原料としたプロテインです。 同じ牛乳が原料のホエイプロテインとの違いは、カゼインプロテインは 水に溶けにくいという性質を持っているところです。 身近なところでいうと、カゼインはヨーグルトやチーズを固める働きをする成分です。 カゼインプロテインは飲んだ後に 身体に吸収されるスピードが緩やかなことが特徴です。 筋トレ後はすぐにタンパク質を補給できるホエイプロテインがいいのですが、カゼインプロテインは 運動をしない日に飲むことがよいと言われています。 タンパク質が緩やかに吸収されることで、長時間にわたって身体にタンパク質を補給できます。 さらに腹持ちがいいことでも知られています。 ついつい食べ過ぎてしまう人はカゼインプロテインで腹持ちをよくしましょう。 そう言った理由から 就寝前に飲むプロテインとしても人気のようです。 こんな方におすすめ• 運動しない日に飲むプロテインがほしい• 食べ過ぎを防止したい• 「ほうがいい」とぼかしているのには理由があります。 混ぜて飲んでも問題はありません。 しかし既に本記事で説明したとおり、「ソイ」「ホエイ」「カゼイン」のそれぞれのプロテインは違う役割を持っていますよね?ソイとホエイを混ぜることは「ダイエットをしたいのにムキムキになりたい」という逆のことを同時に実現しようとしています。 各プロテインには特性にあった飲み方があり、一緒に飲むことでその効力が弱まってしまいます。 筋トレをしてムキムキになりたい人が、ソイとホエイを10gずつ飲むよりも、ホエイを20g飲んだ方が効率がいいということを覚えておきましょう。 ソイを飲んでも無駄にはなりませんが、ムキムキを目指すのならホエイだけを飲んでいる方が良い結果に繋がります。 どうしても両方飲みたいという人は日をわけることをおすすめします。 筋トレをした日はホエイプロテイン• 筋トレをしない日はソイプロテイン を飲むのがおすすめの飲み方です。 おすすめのプロテイン ソイプロテインのおすすめ カゼインプロテインのおすすめは、バルクスポーツのビッグカゼインです。 カゼインプロテインはホエイプロテインと混ぜてあるものが多いのですが、このビッグカゼインは カゼインのみのプロテインです。 他にも必須アミノ酸やBCAAが含まれているのでトレーニングに最適です。 ビッグカゼインの最大の魅力は国内工場で製造されている安心感!プロテインは外国産が多いのでどうしても品質に目がいってしまいがちです。 国内工場で徹底した品質管理のもとで製造されているため安心して飲むことができます! まとめ:自分にあったプロテインを! 今回はプロテインの種類についてお伝えしました。 既に皆さんにはわかっていただいているとおり、自分にあったプロテインを見つけるのが一番大事です。 自分の目的にあったプロテインを選んで理想の体を手に入れましょう。

次の