糖尿病 お 見舞い。 糖尿病の人のお見舞い何がいいでしょうか?

糖尿病におすすめの飲み物&お茶一覧!【まとめ】

糖尿病 お 見舞い

知っておきたい社会保障制度 糖尿病に関連した障害により、一定の条件を満たす患者さんには各都道府県および市区町村などから、医療費の助成を受けることができます。 糖尿病をもつ18歳未満のお子さんが対象となります。 1型糖尿病である場合、2級に該当することが多いそうです。 その障害の程度により支給額は違い、本人や保護者の所得制限、毎年の資格見直しがあります。 手続きなどの問い合わせは市区町村の福祉課へ。 基本的に所得制限はありませんが、障害の認定日、年齢、障害の原因となった疾病の初診日、年金加入状況などで異なります。 手続きなどの問い合わせは市区町村の年金担当課へ。 その疾患の障害程度により等級が決められ、受給額が変わります。 所得制限などの資格条件がありますので、お近くの市区町村の福祉課へお問い合せください。 平成18年4月より施行される障害者自立支援法により支給額などが改正されました。 例えば、東京都では、指定された疾病 人工透析を必要とする腎不全の方など について医療費助成を行っています。 年齢、収入等により負担額が変わる場合がありますので、かかりつけの医療機関やお近くの市区町村へご相談を。

次の

糖尿病の友人におみやげ、何が良いですか?

糖尿病 お 見舞い

摂取の際は病院に相談が必要になるかもしれませんが、 「五味子茶」(オミジャチャ)という韓国のお茶は血糖値を下げるため糖尿病に効くといわれています。 大きいティーショップかネットで手に入ると思います。 病院に聞くのが無理そうならば、退院してから飲んでくださいという意味でとりあえず持参しても良いかと思います。 夜中にノドが乾いた時のために、ミネラルウォーターも考えましたが。 糖尿病の程度によって水分制限があるとマズイです。 入院経験からしますと本は暇つぶしになりましたが、好みもあるでしょうし、いただきものだと読み終わった後の処分に困ります。 花もお見舞いの人が多いのであれば、既にたくさん飾ってある可能性もあります。 売店でプリカのようなものが使えるのであれば、そういった物やテレビカードは無難かと思います。 入院暦19回現在出所中のつわもの?です。 病気も本当になって入ってみないとその健康のありがたさ 、普段当たり前にできている事のすばらしさを痛感してしまいます。 私も合併症で糖尿病も併発をしております。 となると基本的に食べるものはやめておいたほうがいいと思いますし、 同室の方の目にもさわります。 人が食ってるのはうまいんです) お茶やミネラルはありがたいですね。 私は0カロリーってのをよく飲みましたがこれはナトリウムなんかの制限がある人は注意が必要。 意外と雑誌系の本は院内にたくさんあり、もったいない、お花は 休まるんですけど呼吸器系の病棟を中心に持ち込み禁止のところも。 けっこう水を毎日変えるのも大変な人もいます。 私は鉢植えが本当は楽だなあと思ってますが・・・・。 ) 自分は缶に入ってて入ってて水をくれるだけの物をやってましたが命の 強さを感じましたよ。 本もあまり難しいものは駄目です。 いろいろ勉強しようと思ってもなかなか頭に入っていかないんですね(私が馬鹿だからかも) パズル系の本ももらいましたがちょっとにがてでした。 モノ雑誌や好きな事の本、そんなのはうれしいですね。 初夏にむけてウォーキングシューズなどはいかがでしょう。 予断ですが私入院すると手当たりしだい抽選に応募します。 先月は前回の入院の時のあたりが1万円が2つ図書券、他いろいろ あたってます。 それで運を使い果たしてしまうんでしょうね。 先述の図書カード、病院によってはTVカードも便利です。 糖尿病だと食べ物に関して制限があるので悩みますよね。 しかし私の場合は入院のお見舞いに関しては、相手から特定のリクエストが無い限りいつも決まって図書カードを贈ることにしています。 それは以下の理由です ・たしかに食べ物も、他の見舞い客に出せるというメリットもあります。 しかし食べ物は一般に食事が病院でしっかり栄養管理されている病院食が出ているので、余計なものを贈るのが迷惑にもなりかねないので控えます ・花束はアレルギーの方や、その香りに敏感な状態になっている可能性もあるので控える。 それに見舞い客の多い方だと、花ばかり沢山で困ってる可能性もある ・入院中の苦しみって、まずは病気自体の苦痛です。 そしてその次が、退屈さや社会から取り残されておくという焦りではないでしょうか。 それを紛らすのに本や雑誌が適している。 また図書カードなら自分の好きな本が買えるし、不要でも家族が使える。 ・人間贈られて一番嬉しいのは現金って話があります。 それに代わるものとして商品券がありますが、図書カードだと商品券程には生臭さが無い 私の父も糖尿病で入院しましたが、やはり食事制限もありますので 食べ物以外の方がいいでしょうね。 ちなみに父は入院中の姿を見られたくなかったのとまず心配させたくなかったので、 母以外の私たち子供たちのお見舞い者が来られるのを恐縮していましたが・・・。 無難な所でお花はどうですか?(無難なお見舞い品じゃない方が良かったでしょうか?) 私も先日にお見舞いに行ったばかりで、お花(花瓶が無い事を想定して カゴのアレンジメントにして貰った)と風水の健康を願う置物を持っていきました。 しかし残念ながら、そこの入院棟では生花は飾れないという規定があったので家族の方に持って帰っていただきました。 置物(和雑貨のふくろう)は大変喜んでくれました。 ですので、病棟の規定があるかないかは分からないので、お花といっても 生花ではなく造花がもっと無難なのかもしれません。 造花では味気ないのなら、「プリザーブドフラワー」という生花を加工したお花が あるのでそちらの方が素敵かもしれませんね。 後は私自身も入院経験があるので分かるのですが、なんせ暇ですのでパズル雑誌とか嬉しかったです。 A ベストアンサー こんばんは。 我が家の、今は完治寸前の糖尿病患者(連れ合い)に聞いたところ、男性なら入院中は沢山必要なものだから、タオルやシャツなんかをもらえると嬉しいね・・・との事でした。 後は、コーヒー紅茶の類なら飲めるので、ちょっと良い紅茶やインスタントコーヒーなんかでも嬉しいそうです糖尿の人は水が飲みたくなるそうなので、入院中は結構よく缶コーヒなんかを買ってる人が多いそうなんですが、高くつくので、美味しくてちょっと上等なインスタントコーヒーなんて喜ばれるのでは? あと、好き好きですが、退屈しのぎに落語のCDや本の朗読CDなんかも良いかもしれませんね。 主人のお隣に入院していた方(同じく目の手術の方)は、古今亭志ん生の落語のCDを沢山持っていて、時々聞かせてもらっていたようです。 喜んでもらえるのが見つかると良いですね。 ご参考になれば幸いです。 Q こんにちわ、よろしくお願い致します。 去年結婚しました。 主人の祖母が老人ホームで倒れ、先週末から入院中です。 両腕に力が入らないそうですが、お茶碗を持って食事等はできる状態です。 元気だそうです しかし食べ物の差し入れは 現状何を食べていいのか判らないので やめておいたほうがいいね、とお義母さんから聞き お見舞いの品をどうすれば良いか悩んでいます。 年齢的には80歳前後です。 今まで2回ほどお会いしていますが少々呆けが出ています。 今まで幸いか、お見舞いに行く機会がなく お見舞いの品選びについてアドバイスいただければ幸いです。 ・現金、商品券は贈ってもよいのか。 (物の方が良いのか?) ・また上記がOKの場合、お年寄りに商品券は失礼ではないのか? ・手紙は添えたほうが良いか。 ・無難にお花+テレホンカード位が良いのか。 こんにちわ、よろしくお願い致します。 去年結婚しました。 主人の祖母が老人ホームで倒れ、先週末から入院中です。 両腕に力が入らないそうですが、お茶碗を持って食事等はできる状態です。 元気だそうです しかし食べ物の差し入れは 現状何を食べていいのか判らないので やめておいたほうがいいね、とお義母さんから聞き お見舞いの品をどうすれば良いか悩んでいます。 年齢的には80歳前後です。 今まで2回ほどお会いしていますが少々呆けが出ています。 今まで幸いか、お見舞いに行く機会が... A ベストアンサー ご主人様は、お孫さんに当たるのですよね? でしたら、現金・商品券などではない方がよろしいのではないでしょうか? 経済的に援助が必要な方でしたら、話は別ですが。 直接に会ってお渡しするのでしたら、手紙もいらないと思います。 お花が良いかと思います。 お花は、お年寄りの目にキレイに映る「赤」などはっきりとした色調の小花の花が良いと思います。 以前、mmudyさんと同じ立場の時に贈って「きれいきれい!」と喜ばれました。 あと、寝巻きや下着類もあれば便利な品なので、喜ばれます。 テレビカードやテレホンカードは、使うようであれば数枚、「こちらも使ってください。 」と、手渡されると良いかと思います。 義母と嫁の関係ではないのですから、あれもこれもと持って行かなくても次回からは、可愛い孫(ご主人様)の顔を見るだけでも励みになり喜ばれると思うので、お見舞いに行って顔を出してあげることが一番の贈り物かと思います。 嫁の立場でも、「おばあさま」とか「おばあちゃん」とか周りの方と同じく呼べばよいと思います。 A ベストアンサー 私のおじは、ちょっとだけならいいんだと言って おいしいお菓子をちょびっとだけ食べるのを楽しみにしています。 糖尿病などで食事制限しているからといっても全然だめというわけでもないんでしょうが おじの家に贈り物をするときはお菓子は絶対避けています。 だって、おいしいお菓子を目の前にして「食べるな」はかわいそうですからね。 そして、わかっていてもついつい食べて病院でしかられる患者さんの多いこと。 本人は気にしなくても周りでそれを見ることになるあちらのお母様などから よくて「物知らずの女の子」悪いと「非常識な女」のレッテルを貼られかねません。 お菓子を手土産に持ってくる将来の嫁というのは避けた方がいいと思います。 もう皆さんからおすすめが上がっていますが お菓子ではなく、お菓子と一緒に飲むお茶を持って行くというのはいかがですか。 お客様に出すお菓子はあちらで用意しているはずです。 「あら、いいお茶を下さったのね。 じゃいれましょうか」という展開になると 難しいお菓子を持って行くよりもポイントが高いと思います。 当たりはずれのないのは日本茶、 あちらがお好きなようなら紅茶、 ティーバッグが手軽でいいですが 本格的に紅茶を入れるおうちならリーフでどうぞ。 どういうものが好きなのか、十分リサーチしてから…… とここで気づいたんですが どうして彼氏に何を手土産にするか相談しないのですか? 甘いものはダメでもおせんべいはOKということもありますし ご家族に直接確認するのが一番いいと思いませんか。 「手土産なんていらないよ」と言われたとしても 最低限の知識(何が嫌いかとか)は得ておかなければ。 わざわざご訪問するくらいですから単なるBF以上の関係ですよね? ここで優しい彼氏の言葉を真に受けて、将来嫌な関係になるよりも ここはいろいろ事前に調査しておくべきだと思います。 私のおじは、ちょっとだけならいいんだと言って おいしいお菓子をちょびっとだけ食べるのを楽しみにしています。 糖尿病などで食事制限しているからといっても全然だめというわけでもないんでしょうが おじの家に贈り物をするときはお菓子は絶対避けています。 だって、おいしいお菓子を目の前にして「食べるな」はかわいそうですからね。 そして、わかっていてもついつい食べて病院でしかられる患者さんの多いこと。 本人は気にしなくても周りでそれを見ることになるあちらのお母様などから よくて「物...

次の

月刊糖尿病(DIABETES)

糖尿病 お 見舞い

果物は一般的には「体にいい」イメージがありますが、一方で糖尿病の方には果物はダメ!ということも聞いたことが あるかと思います。 では糖尿病の患者さんは、果物とどうやって付き合っていけばよいのでしょうか。 【果物に含まれる栄養素の真実】 果物は食物繊維、ビタミン、ミネラル、ビタミンCなどを栄養素として含んでいます。 「体にいい」イメージがあるので、50代ぐらいになり健康意識が高まってくると果物を積極的に食べ人が増えてきます。 しかしここに落とし穴があります。 実は糖尿病、あるいは糖尿病予備軍が増えてくるのも50代の方々なので、健康によさそうだからとい ってやみくもに果物を取りすぎると、糖尿病の悪化に繋がるのです。 文追加そして、糖尿病の悪化に繋がるのは、果物に含まれる 糖質です。 【果物に含まれる糖質とは?】 果物に含まれる糖類には 単糖類(ブドウ糖、果糖、ガラクトース)と二糖類(砂糖、乳糖、麦芽糖)があります。 単糖類の果糖が実は最も甘みが強くこれはハチミツなどにも含まれています。 果糖は血糖値を上げにくいのですが、 、、、脂肪になりやすいという性質があります。 研究によって果糖をたくさん摂取すると糖尿病になったり、肥満になりやすいこともわかっています(Schulze MB,et al. :JAMA. 292:927-934,2004) 果糖が肝臓で脂肪の合成を促進させてしまう結果中性脂肪が増え、インスリン抵抗性が上昇してしまいます。 インスリン抵抗性が上昇するということは簡潔に 説明すると「 糖尿病の治療がしづらくなる、、、=糖尿病が悪化しやすい」ということです。 研究では果糖飲料のほうがブドウ糖飲料より糖尿病が悪化しやすいという結果も出ています。 では、具合例をみていきましょう。 【果物に含まれる糖質の種類】 果物に含まれる糖質には果糖、砂糖、ブドウ糖があります。 代表的な果物に含まれる糖質は以下のとおりです。 この中で 一番炭水化物が含まれているのはバナナです。 このように果物は糖質がたくさん含まれています。 では基本食べないほうがいいのか?、というとそうではありません。 浜松大学と農研機構果樹研究所の共同研究では 毎日温州みかんを3個ほど食べる人は糖尿病のリスクが57%低下するといった研究報告もなされています。 なぜ果物が糖尿病を悪化すると言う報告がある中、全く逆の糖尿病が良くなるという報告もあるのでしょうか? それは、「果物の食べ方に違いがある」と言われています。 【果物の正しい食べ方とは?】 WHO 世界保健機関 、FAO 国際連合食糧農業機関 では生の果物や野菜を一日に400g以上を摂取することを推奨しています。 日本人の成人の果物の摂取量は一日平均100グラム。 一日200グラムを目安に果物を食べると、糖尿病の発症リスクも軽減されることが期待できます。 ただしこれは糖尿病でない方です。 糖尿病の方は果物は空腹状態で食べると血糖値が上がりにくいので、 果物は食事の最初に食べるのがおすすめです。 摂取量としては 一日100gが最善であると考えます。 食後に果物を食べると血糖値が著しく上昇してしまいます。 食後血糖値の上昇を抑えるに食べる順番が重要で、果物は食事の最初に食べることです。 最後に果物100gって?という方のために目安をお示ししておきます。 ミカン:1個、リンゴ・洋ナシ:2分の1個、ブドウ:2分の1房、カキ、モモ:1個 です。 果物はおいしいですが、食べ過ぎは要注意です、果物を上手に食べて、食べ過ぎず、かつ無理に我慢せずに、付き合うようにしましょう。 あなたにとって、よい糖尿病ライフを!.

次の