パパ が もう一度 恋 を した ドラマ。 パパがも一度恋をした最終回8話動画とあらすじネタバレ【ドラマ】パパ恋の動画を無料視聴!

パパがも一度恋をしたのあらすじとキャスト・主題歌【ドラマ】

パパ が もう一度 恋 を した ドラマ

3年前に最愛の妻・多恵子(本上まなみ)を亡くした山下吾郎(小澤征悦)。 ショックをひきずり自分の部屋に引きこもり続けている吾郎を一人娘のトモ(福本莉子)は心配していた。 ンな訳あるか!と認めない吾郎とトモだったが、吾郎の父・タロスケ(麿赤兒)まで「多恵子さんが生き返ったんじゃ!」と騒ぎ出す始末に。 そんな中、多恵子の父・十郎(山田明郷)が吾郎の家にやってくる。 この3年、ろくに働きもせず、家事もトモ任せの吾郎に堪忍袋の緒が切れたのだった。 「あと一週間以内に再就職して見せろ。 さもなければトモはうちで引き取る!」元プロレスラーの十郎。 言ったからには強引にでもトモと吾郎を引き離してしまう!トモまで失うわけにはいかない、と従兄弟のトカレフ(塚本高史)を巻き込んで就職活動を始める吾郎だったが、そんな吾郎をおっさんが付け回していて...... 人は大切なものを失ったとき、どうやって立ち上がるのか。 現場に入る前は期待と不安も入り混じりましたが、良い意味での高揚感みたいなものはあり、今、吾郎をやっていてとても楽しいです。 実際に動いてみると足りないところが見えてきて、それを現場で、どんどん肉付けしていっています。 本当に現場での想像力と爆発力というのが求められる作品だと感じていますし、そういう意味ではカロリーとしては結構高いかもしれないです(笑)。 原作も読ませていただきまして、先日、現場に先生がいらっしゃったときにどうしてこの作品が生まれたのかというお話をさせていただいたんです。 大好きな妻がそのお父さん(義父)と入れ替わったら、自分はどういうリアクションをとるんだろうという想像がきっかけでこの作品が生まれたらしく、面白いなあと思いました。 参考 塚地武雄のコメント お話をいただいたときは「僕がヒロイン役?!何かの間違いでしょ?」と、ただただビックリしました。 ですが、内容を聞いて納得しました。 おっさんに生まれ変わったヒロインなんだなと。 美女と野獣ではなく美女が野獣といった感じだなと。 (まぁ僕は野獣ほどカッコよくもないですが…)面白いお話なのでぜひやりたいと思いました。 今回僕が演じるのは、小澤征悦さん演じる夫・山下吾郎を心配するあまりよみがえった妻・多恵子。 おっさんになった姿の女性とはいえ、まさか自分がヒロイン役に選ばれる日がくるなんて想像したことも、「いつかはヒロイン役をやりたい」なんて思ったこともありませんでした。 コントやYouTubeで女性キャラを演じることはありますが、今回のドラマではこのままの姿で、扮装もメイクもせず、女性に見えないといけない。 難しい役であるのは間違いないのですが、その反面やり甲斐も感じます。 面白そうだし、楽しみの割合の方が大きいです。 主演の小澤征悦さんとは初共演です。 バラエティーで拝見していると、サービス精神もあってポーカーフェイスでひょうひょうとボケるイメージがあります。 お芝居ではシリアスな演技からどんなクセのある役も演じる幅の広さも感じますので、とても頼もしいなと思っています。 ドラマを通じて、人は見た目じゃないんだと…。 心が大事だということが伝われば。 …ん?失礼だなっ!僕の役は「薄汚いおっさんが!」とかボロクソ言われるのですが、自分でも笑ってしまうぐらい面白いです。 それでいて切ないラブストーリーの要素もあり、とても楽しめる作品です。 この見た目のまま、ちゃんと多恵子に見えるよう、全力で演じてみせます。 究極の愛の形を、ぜひ見届けてください。 参考 本上まなみのコメント 声を掛けていただいてとても嬉しかったです。 原作コミックを読んで、なんて愛おしい家族なんだろうと感動しました。 おっさんの姿になって戻ってきた亡き妻を戸惑いながらも受け入れる吾郎はもちろんですが、理解できずに苦しむ娘のトモも、意外とあっさり受け入れる吾郎の父のタロスケも、みんな心にぽっかりと大きな穴が空いたまま、埋められずにいた人たち。 周りからはヘンテコで奇妙な家族に映るかもしれないけれど、不器用ながらも一生懸命おっさんの姿になった多恵子に向き合っていく姿は、この一家にとって彼女の存在がどれほど大きかったかということを示していると思うのです。 多恵子役は責任重大。 身が引き締まる思いで台本を読みました。 今回、塚地武雅さんと「二人一役」を演じるのですが、2008年の映画『ハンサムスーツ』以来の共演です。 塚地さんとひとりの人を演じる体験ができるなんて、思ってもみなかったので、本当に嬉しいです。 塚地さん、きっととびきり可愛い多恵子になるんだろうなあ…。 私は素の状態は気質がかなりおっさん寄りなので、可愛さが霞まないようにがんばらないと!と思っています。 主演の小澤征悦さんとは18年ぶりの共演なのですが、大らかさを持ちつつも好奇心が旺盛で、なにか面白いことはないかな、もうちょっと面白くできないかなというようなことを常に考えている人、という印象があります。 いつもドアは開けっ放し、という雰囲気でいてくださるので、ご一緒していて非常に居心地がよいです。 長い長い冬の夜、このドラマでくくく、と笑って少しでも温かい気持ちになっていただければ、と思っています。 とにかく登場人物が個性的な面々ですので画面が暑苦し... いえ、観るだけで、良い具合にぽかぽかしてくるはずです。 参考 映画• 豚の報い• ざわざわ下北沢• 東京マリーゴールド• ホタル• 釣りバカ日誌13 ハマちゃん危機一髪! ほたるの星• 隠し剣 鬼の爪• 雪に願うこと• 犯人に告ぐ• クライマーズ・ハイ• 劔岳 点の記• BALLAD 名もなき恋のうた• わたし出すわ• ワカラナイ WHERE ARE YOU? 相棒 -劇場版II- 警視庁占拠! 特命係の一番長い夜• はやぶさ 遥かなる帰還• 許されざる者• るろうに剣心 伝説の最期編• ホットロード• ジョーカー・ゲーム• エイプリルフールズ• 海難1890• 探検隊の栄光• JUKAI -樹海-• 海よりもまだ深く• グリーングラス 日智国際共同制作映画• 引っ越し大名! 弥生、三月-君を愛した30年- ドラマ• 徳川慶喜• いだてん 〜東京オリムピック噺〜• 最後のサムライ河井継之助• 乳房 THE BREAST• サスペンス喜劇 瓜二つ• フレンズ• 連続テレビ小説 さくら• 人情届けます 江戸・娘飛脚• ひまわりさん• シェエラザード〜海底に眠る永遠の愛〜• HTBスペシャルドラマ うみのほたる• 女の一代記• 里見八犬伝• おいしいプロポーズ• ちいさこべ• 堀部安兵衛• 天国と地獄• 6時間後に君は死ぬ• 横山秀夫サスペンス「誤報」• なぜ君は絶望と闘えたのか• 死刑基準• パンドラIII 革命前夜• 向田邦子 イノセント 三角波• パナソニックドラマスペシャル あるがままの君でいて• 坂の上の雲• テレビ朝日50周年ドラマスペシャル 警官の血• 金曜プレステージ 木枯し紋次郎• わたしが子どもだったころスペシャル 「指揮者 小澤征爾」• アンタッチャブル〜事件記者・鳴海遼子〜• シスター• 福岡発ドラマスペシャル 母 かか さんへ• 必殺仕事人2010• 蒼穹の昴• 忠臣蔵〜その男、大石内蔵助• LADY〜最後の犯罪プロファイル〜• 遺恨あり 明治十三年 最後の仇討• ヤング ブラック・ジャック• 鬼平外伝 熊五郎の顔• ドラマ10 タイトロープの女• 向田邦子ドラマスペシャル 蛇蝎のごとく• ハンチョウ〜警視庁安積班〜シリーズ• 東野圭吾ミステリーズ 最終話「再生魔術の女」• 親父がくれた秘密〜下荒井5兄弟の帰郷〜• レジデント〜5人の研修医• プレミアムよるドラマ POWER GAME〜パワーゲーム〜• ハニー・トラップ• テレビ朝日開局55周年記念番組 オリンピックの身代金• 30分だけの愛• 金曜プレステージ HAMU-公安警察の男-• TEAM -警視庁特別犯罪捜査本部-• フジテレビ開局55周年記念スペシャルドラマ 東京にオリンピックを呼んだ男• すべてがFになる• 金曜ロードSHOW! 特別ドラマ Dr. ナースエイド• 松本清張 二夜連続ドラマスペシャル・第一夜 松本清張〜坂道の家• 怪奇恋愛作戦• 硝子の葦 〜garasu no ashi〜• 水曜ミステリー9春の特選サスペンス 事故調• クリミナル・マインド 国際捜査班• ヒトヤノトゲ〜獄の棘〜• 花実のない森• マッサージ探偵ジョー• 女の勲章• トットちゃん! 都庁爆破! もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜• もみ消して冬 2019夏 〜夏でも寒くて死にそうです〜• 炎上弁護人• 釣りバカ日誌〜新米社員 浜崎伝助〜瀬戸内海で大漁! 結婚式大パニック編• ハケン占い師アタル• 離婚なふたり• アフロ田中 塚地武雄の代表作 2日連続 ももクロの ももクリ参戦しましたー! 今日も良かったー! 素的なクリスマスでした! 初のスーパーアリーナの時を 思い出したなぁ〜 限定の白い風を買って その場で携帯用のCDプレイヤー でイヤホン繋いで 皆んなで貸し合いながら聞いた 思い出が蘇りました。 — ドランクドラゴン塚地武雅 tsukajimuga 映画• ファインディング・ニモ• 劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼• 間宮兄弟• 甲虫王者ムシキング スーパーバトルムービー 〜闇の改造甲虫〜• キサラギ• 交渉人 THE MOVIE タイムリミット高度10,000mの頭脳戦• 高校デビュー• ひみつのアッコちゃん• くろねこルーシー• グッモーエビアン! げんげ• MIRACLE デビクロくんの恋と魔法• ソロモンの偽証• 劇場版 仮面ライダードライブ サプライズ・フューチャー• TOKYO CITY GIRL• の・ようなもの のようなもの• アイアムアヒーロー• 高台家の人々• 嘘八百• 屍人荘の殺人 ドラマ• 整形美人。 薔薇の十字架• いつもふたりで• 夏の恐怖ミステリー ほんとにあった怖い話3• フジテレビヤングシナリオ大賞受賞作品 琉球偉人伝説• マンハッタンラブストーリー• 仔犬のワルツ• あいくるしい• 電車男• 東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜• 即興ドラマ つかじの無我〜12人の証言者〜• 裸の大将 21世紀版• おいしいごはん 鎌倉・春日井米店• ガリレオ• 即興ドラマ 囚われつかじ〜13人の容疑者〜• シバトラ〜童顔刑事・柴田竹虎〜シリーズ• 超人ウタダ• キイナ〜不可能犯罪捜査官〜• 交渉人〜THE NEGOTIATOR〜2• 笑う女優• ハンチョウ〜神南署安積班〜シリーズ• 世にも奇妙な物語• わが家の歴史 第3夜• 崖っぷちのエリー〜この世でいちばん大事な「カネ」の話• 豆腐姉妹• ナサケの女〜国税局査察官〜• 霊能力者 小田霧響子の嘘• 美咲ナンバーワン!! LADY〜最後の犯罪プロファイル〜• 名探偵コナン 工藤新一への挑戦状• 謎解きはディナーのあとで• とんび• くろねこルーシー• 平清盛• 西郷どん• ゴーストママ捜査線〜僕とママの不思議な100日〜• 花のズボラ飯• イロドリヒムラ• おとりよせ王子 飯田好実• リーガルハイ• 黒猫、ときどき花屋• マチカドラマ「男のケジメ」• 花咲舞が黙ってない• 花咲舞が黙ってない 第2シリーズ• なぜ少女は記憶を失わなければならなかったのか? 〜心の科学者・成海朔の挑戦〜• 連続テレビ小説 まれ• 月曜ゴールデン 伝説の監察医 オニグマの事件簿2• ボクの妻と結婚してください。 癒し屋キリコの約束• 孤独のグルメ Season5• 怪盗 山猫• 金の殿 〜バック・トゥ・ザ・NAGOYA〜• 怪獣倶楽部〜空想特撮青春記〜• ウチの夫は仕事ができない• オリガミの魔女と博士の四角い時間• 日曜劇場 99. 9 -刑事専門弁護士- SEASON II• 正義のセ• LIFE! スペシャル 忍べ! 右左エ門• LIFE! presents 忍べ!右左ヱ門 THE SKY ATTACK• 緊急取調室• 死亡フラグが立ちました! まとめ 「パパがも一度恋をした」は2020年2月1日から全8話で放送されます! ビッグコミックスピリッツで連載され人気があった原作なので、かなり面白いドラマになりそうです。 では、また!.

次の

パパがも一度恋をした|山下トモ役(娘役)の女優は誰?名前は福本莉子|DRAMARC

パパ が もう一度 恋 を した ドラマ

・月額料金『888円 税抜 』!! 一部(レンタル対象商品など)課金作品があり ・現在放送中のフジテレビドラマをお好きなタイミングで見れる ・最大40,000本! 最新の配信状況はFODサイトにてご確認ください。 多恵子 本上まなみさん が体を借りている川上辰夫 塚地武雅さん は、オレオレ詐欺で指名手配されている人物だった。 警察から逃げきり2人が帰宅すると突然、川上の人格が現れる。 川上は騙された人達を可哀想に思い、組の金を持って逃亡していた。 川上には、男手一つで育てた娘のユカリ 阿部純子さん がいたが、父親を嫌って家を出ていた。 翌朝、トモ 福本莉子さん が起きていくと吾郎は就職活動をする為、すでに出掛けていた。 多恵子が天国に帰るまで後2日となり、トモは母親との時間を楽しく過ごすが、どんな姿でも良いからずっと一緒にいて欲しいと本音が出てしまう。 おっさん多恵子は涙を流し、泣くトモにごめんねと謝って抱きしめる。 その夜、家族3人で川の字となって眠る。 吾郎の提案で川上と娘のユカリ 阿部純子さん を仲直りさせようとするが、ユカリからは拒否をされる。 ユカリは人の役に立つ為、看護師になっていた。 そんな話を喫茶店で話していると、胡椒を吸い込みくしゃみをする事で、川上から多恵子へ人格が切り替わる事が判明する。 吾郎達は再度ユカリに会いに行き、父親が娘の幸せの為に願掛けして書いた絵馬を見せる。 川上は娘に対する想いを伝え、その気持ちはユカリに伝わり、2人は無事に仲直りする。 多恵子が天国に帰る前日、今までの記憶が全部消されると知った吾郎は、絶望して家を飛び出す。 現実逃避しようとする吾郎を父親が叱り、吾郎は多恵子の待つ自宅へと帰って行く。 多恵子の両親も交えて、最後の晩餐ならぬ朝食を食べる。 食後、皆んなで集合写真を撮っているとパトカーの音が鳴り響く。 いつの間にか自宅周辺を警察に囲まれていた。 皆んなと神様 鈴木拓さん の協力で警察から逃げきり、家族3人の時間を過ごす。 今までの出来事を振り返り、別れの時が訪れる。 吾郎は別れたくない気持ちを必死に抑え、ありがとうと感謝の気持ちを伝える。 多恵子は今まで言いそうになりながら必死に我慢していた、記憶を消す魔法の言葉を口にする。 愛してます、吾郎さんと言った瞬間、今までの記憶が遡る。 多恵子はありがとうと呟き、消えていく。 吾郎は涙を流して、知らないおっさんの手を握っている事に困惑をする。 それから1年後、トモは大学生となり、吾郎は建設会社で働いていた。 街で川上の姿を見かけた吾郎は、何かに惹きつけられるかのように川上に抱きつき、懐かしさと愛おしさを感じていた。 吾郎は多恵子の墓参りに行き、多恵子に話しかけた後、トモと腕を組んで歩き出す。 山下家には3人で撮った家族写真の他に、おっさん多恵子を囲んで、 皆んなで撮った写真が飾られていた。 パパがも一度恋をした 最後まで ご視聴ありがとうございました! いかがでしたか? おっさんおっさん言われ 裸で走ったりいろいろありましたが 初ヒロイン…どうにかこうにか 演じきりました! 助演女優賞狙えるかなと!笑 また会える日を夢見て! おっさんフォーエバー — ドランクドラゴン塚地武雅 tsukajimuga パパ恋最終話8話の感想 死人が姿を変えて生き返るという奇跡の物語。 そんな奇跡の体験をした、山下家の家族。 亡き妻の死から立ち直れずにいた吾郎が、おっさん多恵子の出現により、仕事出来るまでに成長する事が出来ました。 多恵子に対する想いが、吾郎を動かしました。 吾郎にあんなに愛されて、多恵子はとても幸せだったろうなと思います。 共に過ごした49日の記憶が消されてしまうというのは、多恵子は寂しくなかったのだろうか。 そんな多恵子の気持ちを察したのか、惹かれるように川上に近づく吾郎。 消えた記憶のはずなのに不思議なものです。 多恵子と過ごした時間は決して忘れない、そんな吾郎の想いが感じられました。

次の

パパがも一度恋をしたのあらすじとキャスト・主題歌【ドラマ】

パパ が もう一度 恋 を した ドラマ

ドラマ「パパがも一度恋をした」が2月からスタートします。 主演を務めるのは小澤征悦です。 約6年ぶりの連続ドラマの主演です。 塚地武雅さんが亡き妻が生まれ変わった中年男役で登場します。 主人公とこの中年男との間に恋愛感情は生まれるのでしょうか? 笑って泣けるヒューマンコメディードラマに仕上がっています。 それでは、ドラマのキャストやあらすじなどをみていきましょう。 スポンサーリンク パパがも一度恋をしたの放送日 放送時間:土曜日午後11時40分~ 放送局:フジテレビ系 放送開始日:2020年2月1日(土) スポンサーリンク パパがも一度恋をしたのあらすじ 主人公は、 最愛の妻を亡くし、ショックあまり丸3年間立ち直れないでいます。 娘が1人いますが、娘をもってしても父親には手を焼きっぱなしの状態です。 そんなある日、主人公のもとに不審な中年男がやって来ます。 実は、この中年男は主人公が心配で おっさんの姿になって生まれ変わってきた妻だったのです。 ここから究極の純愛物語が始まっていきます。 パパがも一度恋をしたのキャスト 小澤征悦(山下吾郎) 元商社マンで家族思いのよい父親でした。 しかし、3年前に妻を亡くしてから 引きこもっています。 現実を受け入れられず、墓参りもまだできていません。 娘が1人います。 オファーをいただいた時は「自分で大丈夫なのか?」という不安もありましたが、正直嬉しく、また高揚したのを覚えています。 原作漫画も読み、涙が出るほど爆笑し、そして大きな家族愛を感じて、また涙しました。 これは間違いなく面白いものになると確信しました。 台本にも原作の面白さや疾走感が表現されていて、読んでいて楽しかったです。 台本を読んだ後、原作との相違点や「ここはもっと膨らませよう」など意見交換を、監督や制作チームとさせていただいたことで、よりパワーアップした台本へと進化させることが出来たと自負しております。 我々の仕事は、「始めに本ありき」と言われています。 台本が良ければ良いほど、現場での撮影に深みが出て、またそこから良いアイデアも生まれていきます。 ですので、はじめに話し合えたことによって、チームの一体感も深まり、「良い台本」が「より良い台本」へとグレードアップしたのは大きな喜びです。 それは逆に言えば、現場での芝居の難易度も上がったということで、俳優部は大変になると言うことですが(笑) 自分は芝居する時いつも、映像作品を一つの「絵」として見る、ということを心がけています。 映像作品がキャンバス、監督が絵描き、そして俳優は様々な色の絵具、です。 俳優一人一人に、その作品で与えられる「色」があって、監督が「筆」で、キャンバスに「絵」を描いていく。 今回は主演ということで、大きな絵の主題になるとは思いますが、でもどんな色も、例えば赤い点一つでも、それが欠けたら絵は完成しません。 なので自分は、どんな色も、どんな役も、大事に演じていきたいと思っています。 「人は見た目を愛するのか、それともその人の中身を愛するのか」というとても大きな、そして大切なメッセージを、笑いと涙と共に、この作品を通じて伝えていけたらと思っております。 素晴らしい原作や台本のもと、現場スタッフキャスト一丸となって、笑って泣けてまた笑える、そんな「パパ恋」を目指します。 愛する人が全く違う姿で戻ってきたら…。 そんな非日常が日常になっていく世界観を、真摯に、真面目に、一切の笑いを排除して 嘘です 演じていきたいと思っております! (公式HPより引用) 【悲報】 三島弥太郎、コトダマンになる — 羽ぴょん dahanekesuike 塚地武雅(おっさん・多恵子) 3年前に亡くなった 妻・山下多恵がの生まれ変わったおっさんです。 夫や娘のことが心配で堪りません。 優しくかわいらしい性格はそのままです。 料理が非常に上手です。 お話をいただいたときは「僕がヒロイン役?!何かの間違いでしょ?」と、ただただビックリしました。 ですが、内容を聞いて納得しました。 おっさんに生まれ変わったヒロインなんだなと。 美女と野獣ではなく美女が野獣といった感じだなと。 (まぁ僕は野獣ほどカッコよくもないですが... )面白いお話なのでぜひやりたいと思いました。 今回僕が演じるのは、小澤征悦さん演じる夫・山下吾郎を心配するあまりよみがえった妻・多恵子。 おっさんになった姿の女性とはいえ、まさか自分がヒロイン役に選ばれる日がくるなんて想像したことも、「いつかはヒロイン役をやりたい」なんて思ったこともありませんでした。 コントやYouTubeで女性キャラを演じることはありますが、今回のドラマではこのままの姿で、扮装もメイクもせず、女性に見えないといけない。 難しい役であるのは間違いないのですが、その反面やり甲斐も感じます。 面白そうだし、楽しみの割合の方が大きいです。 主演の小澤征悦さんとは初共演です。 バラエティーで拝見していると、サービス精神もあってポーカーフェイスでひょうひょうとボケるイメージがあります。 お芝居ではシリアスな演技からどんなクセのある役も演じる幅の広さも感じますので、とても頼もしいなと思っています。 ドラマを通じて、人は見た目じゃないんだと...。 心が大事だということが伝われば。... ん?失礼だなっ!僕の役は「薄汚いおっさんが!」とかボロクソ言われるのですが、自分でも笑ってしまうぐらい面白いです。 それでいて切ないラブストーリーの要素もあり、とても楽しめる作品です。 この見た目のまま、ちゃんと多恵子に見えるよう、全力で演じてみせます。 究極の愛の形を、ぜひ見届けてください。 (公式HPより引用) 声を掛けていただいてとても嬉しかったです。 原作コミックを読んで、なんて愛おしい家族なんだろうと感動しました。 おっさんの姿になって戻ってきた亡き妻を戸惑いながらも受け入れる吾郎はもちろんですが、理解できずに苦しむ娘のトモも、意外とあっさり受け入れる吾郎の父のタロスケも、みんな心にぽっかりと大きな穴が空いたまま、埋められずにいた人たち。 周りからはヘンテコで奇妙な家族に映るかもしれないけれど、不器用ながらも一生懸命おっさんの姿になった多恵子に向き合っていく姿は、この一家にとって彼女の存在がどれほど大きかったかということを示していると思うのです。 多恵子役は責任重大。 身が引き締まる思いで台本を読みました。 今回、塚地武雅さんと「二人一役」を演じるのですが、2008年の映画『ハンサムスーツ』以来の共演です。 塚地さんとひとりの人を演じる体験ができるなんて、思ってもみなかったので、本当に嬉しいです。 塚地さん、きっととびきり可愛い多恵子になるんだろうなあ...。 私は素の状態は気質がかなりおっさん寄りなので、可愛さが霞まないようにがんばらないと!と思っています。 主演の小澤征悦さんとは18年ぶりの共演なのですが、大らかさを持ちつつも好奇心が旺盛で、なにか面白いことはないかな、もうちょっと面白くできないかなというようなことを常に考えている人、という印象があります。 いつもドアは開けっ放し、という雰囲気でいてくださるので、ご一緒していて非常に居心地がよいです。 長い長い冬の夜、このドラマでくくく、と笑って少しでも温かい気持ちになっていただければ、と思っています。 とにかく登場人物が個性的な面々ですので画面が暑苦し... いえ、観るだけで、良い具合にぽかぽかしてくるはずです。 (公式HPより引用) 初めてあらすじを読んだ時に、これはヒューマンドラマなのか、純愛モノなのか混乱したのをよく覚えています。 ドラマでは、小澤征悦さん演じる山下吾郎の娘・山下トモ役ということで、素敵な物語のとても重要な役どころを任せていただけてとても光栄に思っています。 台本を読んでみて、「なんて奇想天外な設定のお話なんだ」と改めて衝撃を受けました(笑)ちょっと変わった奇跡から始まる、1つの家族のどこかおかしくて、あたたかくて、泣ける、今までにないホームドラマだと思いました。 塚地武雅さん演じるおっさん多恵子がどんな風になるのか、個人的にはとても楽しみにしています。 ちなみに、私がおっさん多恵子のように生まれ変わるとしたら...。 犬になって好きな時に食べて、寝て、遊びまわる生活をしてみたいです。 実家で買っていた犬がいつも幸せそうでうらやましかったので(笑) ドラマを通じて、姿かたちも、性別も関係ない、本当の愛の力強さを伝えたいと思います。 大切な誰かを想って楽しんでいただける究極のヒューマンコメディーです。 深夜だからこそお見せできるシュールな笑いも... ? 土曜の夜は一緒に夜更かししましょう!! (公式HPより引用) - 2019年 9月月18日午前5時44分PDT パパがも一度恋をしたのスタッフ 脚本:田中眞一、福島三郎、山下すばる 企画:市野直親(東海テレビ) プロデューサー:河角直樹(東海テレビ)、松本圭右(東海テレビ)、古林都子(ジ・アイコン)、髙石明彦(ジ・アイコン) 演出:後藤庸介、六車俊治、酒見顕守 制作著作:The icon 制作:東海テレビ パパがも一度恋をしたの原作・主題歌 原作: 阿部潤「パパがも一度恋をした」 2009年から2012年までビッグコミックスピリッツ(小学館)に連載されていました。 阿部潤先生の過去作『パパがも一度恋をした』も独特な作品だった。 サイコーに笑えて泣ける好きな作品のひとつ。 — ちぇりー CherryArt228.

次の