大三国志弓呂布。 呂布

大三国志第二シーズン武将メモ(仮)

大三国志弓呂布

武将名 ていふ とくぼう 不動如山 程普 徳謀 「慌てるな、ひよっこ共! 山の如くどっしり構えなァ!」 孫家三代に仕えた宿将。 孫堅の配下として黄巾の乱から共に戦う。 孫堅死後は孫策を支え、太守の任を与えられた。 孫権が跡を継ぐと諸将をよくまとめ、老身ながら戦場の前線に立つ気概を見せ、「程公」と呼び慕われた。 コスト 2. 0 兵種 弓兵 能力 武力7 知力8 征圧力1 官職 武官 特技 防柵 奇才将器 宿将の喝 味方の弓兵の射程距離が伸びる 計略 砕弓の大号令 呉の味方の武力が上がる。 さらに対象が弓兵の場合、弓攻撃で敵城門を攻撃できる 必要士気7 Illustration : タカヤマトシアキ Character Voice : 中井和哉 2枚目の程普も弓兵で参戦。 奇才将器「宿将の喝」は弓兵の射程距離を伸ばす、つまり味方の弓兵全員に「遠弓術」を付与するもの。 自身の計略の都合上弓盛りとなるので覚醒推奨だが、効果は遠弓術より緩め。 効果時間は9. 2c、知力依存0. 4c Ver. 戦国大戦をプレイしていた人なら「矢雨の采配」と言えば理解できるだろう。 弓盛りは殲滅力は高いものの攻城力は低かったが、この計略は攻城せずとも敵城にダメージを与えられるためその弱点を補っている。 さらに敵城ダメージは攻撃力によって上下するため、射撃ダメージが上がる剛弓の大攻勢と組み合わせれば敵城が音を立てて崩れていく。 攻城役を用意する必要すらなく、対戦相手は部隊を出して一網打尽に遭うか、城が削れるのをただ見ているしかない強烈な2択を強いられることとなる。 相手を倒すためのメイン計略は別途用意する必要があるだろう。 計略の性質上、デッキに弓兵が多くなるため、麻痺矢の大号令・剛弓の大号令・神弓の極意などが候補に挙がるだろう。 登場バージョン Ver. 0A 修正履歴 Ver. 0B 効果時間延長 8. 2c 奇才将器:射程延長.

次の

【#339 大三国志】星5武将ゼロの恐怖!群雄逐鹿報酬召募17連!

大三国志弓呂布

ステータス Cost3. さらに最初に攻撃を受けた敵軍は次ターンの物理系攻撃で与えるダメージが大幅に減少。 攻撃ごとに対象は個別に判定。 使用感 間違いなく超火力武将。 混乱に注意だ。 箭嵐が一番楽。 よく見かける。 混乱させられると大変。 本当に気を付けないと自身の大営を殴って敗北…という話をよく聞く。 S2からの加入。 そして大火力武将という事もありおすすめ戦法は火力が出る戦法を起用しているパターンが多いようだ。 ちなみに賈詡には要注意。 詳しくはコチラにて説明している。 大体は本営だが前衛に置いて使用する方法も。 中衛が制御技。 本営が火力と正に大三国志の理想形バランス編成。 こちらが制御技を先行して打てると有利に運べるが呂布に混乱技が当たると自軍が瓦解する可能性もあったりする。 群呂布は呂蒙やS3諸葛亮といった武将と組み合わせていくのがS3・征服季の最近のトレンド。 更に張奐の場の制御で霊帝と呂布の殴りを補佐。 征服季 引き続き火力武将の筆頭として君臨。 現在は盗賊型の火力位置、前衛において反撃型としての起用も可能。 夢編成として温候無双も出来る。 他の連携効果よりも実用的な実力を発揮する。 稀に馬岱型の戦必断金持ちのユーザーもいる。 前半ターンに自身の形に持ち込めることが可能。

次の

カードリスト/第3弾/呉/呂蒙(剛弓の大号令)

大三国志弓呂布

ステータス Cost3. さらに最初に攻撃を受けた敵軍は次ターンの物理系攻撃で与えるダメージが大幅に減少。 攻撃ごとに対象は個別に判定。 使用感 間違いなく超火力武将。 混乱に注意だ。 箭嵐が一番楽。 よく見かける。 混乱させられると大変。 本当に気を付けないと自身の大営を殴って敗北…という話をよく聞く。 S2からの加入。 そして大火力武将という事もありおすすめ戦法は火力が出る戦法を起用しているパターンが多いようだ。 ちなみに賈詡には要注意。 詳しくはコチラにて説明している。 大体は本営だが前衛に置いて使用する方法も。 中衛が制御技。 本営が火力と正に大三国志の理想形バランス編成。 こちらが制御技を先行して打てると有利に運べるが呂布に混乱技が当たると自軍が瓦解する可能性もあったりする。 群呂布は呂蒙やS3諸葛亮といった武将と組み合わせていくのがS3・征服季の最近のトレンド。 更に張奐の場の制御で霊帝と呂布の殴りを補佐。 征服季 引き続き火力武将の筆頭として君臨。 現在は盗賊型の火力位置、前衛において反撃型としての起用も可能。 夢編成として温候無双も出来る。 他の連携効果よりも実用的な実力を発揮する。 稀に馬岱型の戦必断金持ちのユーザーもいる。 前半ターンに自身の形に持ち込めることが可能。

次の