たけのこ 保存 仕方。 たけのこは冷凍保存できる! 失敗しない冷凍方法&アク抜き方法

たけのこは冷凍保存できる! 失敗しない冷凍方法&アク抜き方法

たけのこ 保存 仕方

たけのこの旬は春、夏、秋! たけのこの旬はいつかご存知ですか? 春は有名ですが、実は 夏や秋にも採れるたけのこがあるんです。 春に私たちが食べている 円すい形のたけのこは、日本に多い 「モウソウチク」と種類のものです。 夏には、 「カンザンチク」という鹿児島県などで採れるものがあり、エグミがなく、そのまま炒めて食べられるのが特徴です。 また、秋は10~11月中旬に採れる 「シホウチク」という切り口が四角で細長いものがあります。 ちなみに、竹は60~120年に1度、 花を咲かせるのですが、花を咲かせたら一斉に枯れてしまうそうです。 竹が花を咲かせるなんて聞いたこともありませんでしたが、見れる機会もほとんどく珍しいので、見れたら何かいいことが起こりそうですよね。 たけのこは鮮度が大事! たけのことは、地面に埋もれていて 姿を出していない、または かろうじて姿が見えている若い竹を差します。 そういったものが 苦みやえぐみが少ないと言われています。 収穫が遅れると筍の繊維が増えて、苦みやえぐみが増して おいしくなくなってしまいます。 たけのこは 鮮度が命で、賞味期限が短く 日持ちしないことでも知られています。 掘ってから時間がたつと 香りも抜けてしまい、固くなってしまいます。 ですので、たけのこは買ってきたり、もらったりしたら、エグミや苦味を取るためにも、 できるだけ早く調理、下茹でをしてアクを抜いておくのがおすすめです。 確かに採れたてのたけのこの煮物や天ぷらは柔らかくて風味もよく、ほんとにおいしいですよね。 ところで、新鮮な竹の子は 生でも食べることができるのをご存知ですか?まだ、私も食べたことはないのですが、 たけのこ掘りをして獲れたてのものに出会ったら、生食してみるのもいいですね。 ただ、販売されているたけのこは収穫してから時間が経過してることが多いので、 生食は無理です。 掘りたてのもの以外は、えぐみを少し残しながら 灰汁抜きをして 茹でる必要があります。 その エグミを取る方法があく抜きで、一般的なあくの抜き方は、米ぬかを使う方法です。 ぬか以外でぬかを使わない方法もあり、 重曹や お米、大根おろし、お米のとぎ汁を使ったあく取りの仕方もあるんですよ。 お鍋を使った生のたけのこの煮方、下処理の方法はこちらをご覧ください。 皮のむきかたや下処理の仕方、あくの取り方、ゆがき方やゆで時間、圧力鍋での下茹での方法もご紹介しています。 水が濁ってくる前に1日、2日に1回、水を こまめに変えると 約2週間、保存は可能です。 ちなみに水煮に 白い粉がついていることがありますが、これはカビではなくむしろ 効果効能のある「チロシン」という栄養成分です。 神経や脳の働きをサポートする効果があるんですよ。 たけのこの栄養はこちらをご覧ください。 保存法は乾いた 新聞紙でくるんで 冷蔵庫で保存します。 たけのこは冷凍できる?保存法は? たけのこは食物繊維を多く含むため、あまり適していませんが 冷凍保存も可能です。 冷凍の仕方は、あくとりをして下ごしらえしたたけのこは適当な大きさに切って、空気に触れないようにラップに包んで、密閉容器に入れて保存します。 少し大きめにカットした場合は、煮汁も一緒にフリーザーバックに入れて保存します。 このとき冷凍前に味付けをしておくのもおすすめです。 保存期間は約1ヶ月です。 解凍方法は、細かく切った場合は、 凍ったままたけのこご飯やお味噌汁、煮物や炒め物に使えます。 大きめのものは凍ったままでも解凍してからでも、煮汁と一緒に加熱して煮物などに使えます。 たけのこの塩漬けの方法は? たけのこをすぐに使わない場合や大量にある場合は、迷わず 塩漬けをしておきましょう。 長期保存が可能な塩漬けだと、保存期間は長いと 1年ほど保存が可能です。 たけのこがしっかりつかるように 塩をたっぷり使います。 最後は塩をかけて蓋をします。 調理に使うには、 塩抜きが必要です。 塩抜きしたたけのこは、炊き込みご飯や春巻き、煮物などに使えます。 一度にたくさん保存しておけば、その都度、たけのこを使えるので年中楽しめますね。 おいしい新鮮なたけのこの選び方、見分け方は? たけのこはどれも同じように見えますが、たけのこにもやはり 新鮮なものの選び方があります。 たけのこを買うときは次のようなことを確認してみてください。 皮の色が薄く、あまり伸びすぎていないもの、適度に湿り気があって、皮につやがあり大きさは太いものがいいようですね。 そうなると、 アクやえぐみが強く、固くなっています。 また、 穂先が黒くなっているものは、地上に出てしまってから収穫されたものなので味が落ちます。 穂先は黄色でしまっているものを選びましょう。 また、あく抜きをして保存しておいたものも、傷むのも早くて、あまり日持ちがしないです。 たけのこは腐りかけや腐ると酸っぱいと感じたり、臭いやぬめりが出てきますので、こういった状態になったら食べるのはやめて処分しましょう。 たけのこもいろんな効果が期待できますよ。 たけのこの栄養や効能はこちらをご覧ください。 煮たり、炒めたり、揚げたりといろんな調理法で使える春を感じる食材のたけのこ、ぜひ旬の季節には、おいしいたけのこを堪能してください。 スポンサーリンク•

次の

実は簡単!たけのこのアク抜き&保存のコツ

たけのこ 保存 仕方

「たけのこ堀りが始まったら、お湯も沸かし始めろ」と言われているほど、生のたけのこは鮮度が大事なのです。 ですから、収穫された皮付きのたけのこは、一刻も早く茹でてあく抜きをしましょう。 茹でることで熱が酵素の働きを止め、えぐみが増すのを抑えます。 茹でる時に米ぬかや米のとぎ汁を使うのは、そこにふくまれるカルシウムが、えぐみを感じにくくさせるからです。 つまり、皮付きの生のたけのこは保存することはせずに、 収穫されてから24時間以内を目安にあく抜きをしたいものです。 3日も経つと、かなりえぐみが強くなってしまうようです。 そして、 タッパーなどの密閉容器に水を入れ、たけのこを漬けて冷蔵庫で保管します。 たけのこは茹でてからもあくが出るので、 水は毎日取り替え、これで約1週間保存できます。 ただ、やはり風味はだんだん損なわれますので、できるだけ早めに頂きましょう。 調理の際に、再度加熱するのをお忘れなく。 あく抜きしたたけのこを、小さく切ります。 切り方は、薄切りや千切り、乱切りなど、調理を想定した切り方にします。 これは、使う際には解凍せずに凍ったまま調理するからです。 切ったたけのこは、キッチンペーパーなどに広げ、表面の水分を乾かします。 乾いていれば、冷凍保存用のポリ袋にある程度まとめて入れて冷凍しても、バラバラにして使いたい量だけ取り出せます。 この時、空気を抜き、 真空状態にするのがコツです。 冷凍ですので、半年から1年と保存は長くできますが、やはり家庭の冷凍庫は開け閉めの回数が多く、瞬間冷凍でもないため、風味は損なわれてしまいます。 ですから、 1ヶ月を目安に調理することをおすすめします。 冷凍保存していたたけのこを美味しくたべるには? あらかじめ、醤油や砂糖で薄味をつけて、だしで炊いたたけのこを冷凍保存することもできます。 味付けによっては、調理にそのまま使えて便利ですので、ご家庭に合う方法をいろいろ工夫してみてください。 冷凍された状態のたけのこは包丁で切れませんので、必ず切ってから冷凍することをお忘れなく。 そして、くれぐれも冷凍状態のまま、加熱調理してくださいね。 他にも、瓶詰めや、塩漬け、乾燥など、いろいろな保存方法がありますが、決して保存することにより美味しくなる訳ではありません。 できれば保存期間は極力短くし、あの繊細な春の味わいを最高の状態で堪能したいものです。

次の

たけのこは冷凍できる?方法や賞味期限・冷凍後の使い方は?

たけのこ 保存 仕方

漬け汁が上がってこない場合は、差し水として水を注いでみて下さい。 ここまでを下漬けとして、1~2ヶ月後に本漬けとしてもう一度漬け直す方法もあります。 塩蔵たけのこの戻し方と食べ方 塩蔵のたけのこを使う時は、薄い塩水に漬けて(呼び塩)おき、塩抜きをします。 何度か水を替え、丁度よい味になったら調理に使いましょう。 都内の一般の家庭などでは、なかなかホールで乾燥させるのは難しいと判断し、スライスして乾燥させています。 天日の場合は乾燥する前に腐るんじゃないか?という感じで全く乾かず、必殺の浴室乾燥6時間でもほとんど生乾き…。 浴室乾燥をもっともっと長時間かければいけるかもしれませんが、電気代がねぇ…(汗。 干し筍を作っている個人の方のブログなどを見てみると、ストーブの火でガンガンに乾燥させて作っているので、今時の冷暖房器具を使っている一般家庭では無理なのかなあという結果に至りました。 パッキン付きの瓶で、きちんと煮沸消毒と脱気をすれば常温で1年以上保ちます。 ちょっとオシャレな瓶に詰めれば、インテリアにもなりますし、ご近所さんや友達に配ったりするにも便利ですよ。 まずは瓶を用意する.

次の