鬼滅の刃188話。 鬼滅の刃【ネタバレ】第188話「悲痛な恋情」感想!

鬼滅の刃 188話 ネタバレ 感想 伊黒の壮絶な過去 甘露寺への想い

鬼滅の刃188話

以下のカットでは、いかにも柔らかそうな彼女の体が、無惨の攻撃によってえぐり取られてしまっている…痛そう…。 他の漫画だったら不思議な薬や魔法のパワーで、何事もなかったかのように怪我が完治する可能性もある。 しかしこの作品は鬼滅の刃。 もし生きながらえたとしても、甘露寺さんには強い後遺症が残るだろうね…。 鬼滅の刃188話より引用 もし生きながらえたとしても、甘露寺さんには強い後遺症が残るだろうね…。 またこれに追撃するようにヤバかったのは以下のシーン。 ここではこれだけのダメージを受けてなお、まだ戦おうとしている彼女の様子。 もともと健気な雰囲気のキャラではあったけど、これは健気を通り越して狂気。 ある意味でのトランス状態に入っているように思えたかな。 鬼滅の刃188話より引用 健気を通り越して狂気を感じるレベル! 上記では狂気という単語を用いたけど、これは必ずしも悪いものではない。 狂気というのはあらゆる感情の上位互換にあるもので、常人の平均値を大きく上振れたときに用いられる言葉だ。 たとえば作品は違うけど、ヒロアカのデクの自己犠牲の精神もまた狂気の一種だといえると思う。 さて、少し脱線したけど後半では伊黒さんサイドに触れていこう! 【スポンサーリンク】 井黒さんは自分を嫌っているようだね。 後半では井黒さんについて触れていこう。 何か影があるキャラだとは思っていたけど、彼は鬼によって財を成した家の子だったようだ。 そして鬼に殺される直前に脱走し、当時の炎柱に助けられた経緯を持つらしい。 しかし今になってなお、彼はまだ自分の人生を呪い続けているみたいだった。 彼がネチネチしているのもまた、こういう背景があるのかもしれないね! 鬼滅の刃188話より引用 井黒さんは自分を嫌っている様子…! そして今回のエピソードのラストを締めくくったのが以下のカット。 そう、井黒さんは人生をかけて自分の汚れと向き合っている。 それが浄化されるまではずっとネチネチし続けるし、きっとその日は死ぬまで訪れない。 少なくとも当人はそう信じている。 で、それでいてなお、清らかになりたいと願っているんだ。 これら一連の流れは感動で、最低でも3回は読み返したかな〜!面白かった!! 鬼滅の刃188話より引用 これら一連の流れは感動! 伊黒さんにとっての清らかさの象徴が甘露寺蜜璃。 満面の笑みで笑いかけてくれる彼女の姿は、伊黒さんにたくさんの癒やしを与えてきたことだろう…! さて、注目すべきは以降の展開。 伊黒と甘露寺の2人が結ばれるとするならば、それは現世なのか来世なのか。 黄泉の国へ渡る三途の川で手を繋いでいる姿は容易に想像できるものの、逆に現実で2人が生き延びて幸せに暮す展開はイメージしにくい。 でも、バトワンはだからこそゆえに、後者のルートに派生してほしいと強く願ってたりするかな!!.

次の

【鬼滅の刃】188話ネタバレ!伊黒の過去判明!やっぱり甘露寺が好きだった

鬼滅の刃188話

鬼滅の刃22巻188話のネタバレ 蜜璃の負傷 激しさを増す無惨の攻撃に、義勇たちは防戦一方になってしまう。 蜜璃に至っては勘でなんとか避けているといった状態。 このままでは役に立てないと蜜璃は捨て身で突っ込むことを決意する。 しかし次の瞬間、何かに引っ張られるような感覚に蜜璃の動きが止まってしまう。 そこに無惨の攻撃が直撃し、蜜璃は体の左側に大きな傷を負ってしまい倒れる。 それを見た小芭内は慌てて蜜璃のもとへ駆け寄る。 小芭内は蜜璃を抱え離れた場所に移動すると、近くの隊士に愈史郎を探して手当を頼むよう伝え、再び戦いへ戻る。 立ち去る小芭内に蜜璃は待って私も行く、死なないでと涙ながらに訴える。 小芭内は振り返らず走り去りながらこんな事を思う。 もし鬼がいなかったら一体どれだけの人が死なずに済んだのだろうか。 蜜璃と何気ない日常で出会うことができたらどんなに良かったかと。 だがそんな考えもすぐにかき消す。 そもそも自分は蜜璃の傍らにいることが許されないような汚れた血族の人間なのだと。 いつも小芭内の顔の下半分を覆っていた包帯が解けると、その口は大きく裂けていた。 小芭内の過去 小芭内は強奪した金品で贅沢をする、そんな一族に生まれた。 その一族は女ばかり生まれるという変わった家系で、男である小芭内が生まれたのは実に三百七十年ぶりだったという。 小芭内は生まれたときから座敷牢に入れられていたが、母や姉妹、叔母たちは皆異様なほど親切で、毎日食べきれないほどのごちそうを与えられるというちぐはぐな扱いを受けていた。 夜になると何か巨大なものが這い回るような音が聞こえ、粘りつくような視線を感じていた。 十二になると座敷牢から引きずり出され、きらびやかで豪華な広間へと連れて行かれる。 そこで待っていたのは、下半身が蛇のようになった女の鬼だった。 小芭内は夜中、自分を見に来ていたのはこの鬼だったのだとすぐに理解した。 小芭内の一族は、この鬼が人を殺して奪った金品で生計を立てていた。 その代わりに赤ん坊が好物のこの鬼に、自分たちが生んだ赤ん坊を生贄として捧げていたのだ。 小芭内は珍しく男であることと、風変わりした目をしていたことが気に入られ、成長して食える量が増えるまで生かされていたのだった。 鬼がもう少し大きくして食べることに決めた為、小芭内はもうしばらく生かされることになった。 だがその際鬼は、耳まだ大きく裂けた自らの口と形を揃えると言い、小芭内の口を切り裂かせた。 そしてその時溢れた血を盃にためて飲んだのだった。 そこからの小芭内は逃げることだけを考え、盗んだ簪で木の格子を削り続ける毎日だった。 この時迷い込んできた蛇に鏑丸と名付け、唯一の心支えにしていた。 そうして牢を抜け出し逃げることができた小芭内。 鬼に途中で追いつかれたが、当時の炎柱が駆けつけたことで救われる。 炎柱は生き残った従姉妹と引き合わせてくれたが、そこで吐かれた言葉は、黙って喰われてれば良かったのに、お前のせいでみんな殺されたという酷いものだった。 そんな身勝手な言い分も小芭内の心を抉るには十分だった。 小芭内自身、自分が逃げれば親族がどうなるか考えなかったわけではないのだ。 小芭内は一族が屑ならば、自分もまた屑だと自分を責め、やり場のない怒りを鬼にぶつけていった。 だがそれでも自分の汚れた過去からは逃れられない。 だからせめて無惨を倒して死にたい。 そしてもし鬼のいない世界で生まれ変わり、蜜璃と再び出会えたら今度こそは好きだと伝える。 そう小芭内は願うのであった。 鬼滅の刃22巻188話の扉絵とタイトル考察 今回の扉絵は座敷牢に囚われた小芭内が描かれたものです。 エピソードタイトルは「悲痛な恋情」。 小芭内が蜜璃に対して特別な感情を抱いているのは、今までも描かれていましたが、思いを伝えられずにいたのは、鬼殺隊という明日をも知れぬ身だからと言うことだけではなかったのですね。 鬼滅の刃22巻188話の名台詞 今回印象的だった台詞は小芭内の「もう一度人間に生まれ変われたら、今度は必ず君に好きだと伝える」です。 恋愛描写が殆ど無い作品だけあって、小芭内と蜜璃の関係はかなり際立ちます。 この台詞、逆に言えば生まれ変わりでもしない限り、思いを伝えることなどできないと言う意味でもあり、とても切ないものがあります。 小芭内には過去の自分を赦し、現世で思いを伝えられるように願わずにいられませんね。 鬼滅の刃22巻188話の感想・考察まとめ 小芭内の悲惨な過去が描かれた今回。 小芭内に関してはここまであまり語られることがなかったため、気になってはいたのですが、まさかこんな過去だったとは。 他の隊士たちは鬼に対する仇討ちが大きな動機になっているように思えますが、小芭内の場合は贖罪というか罪滅ぼしのような面が大きいのかも知れませんね。 次回から小芭内も戦いに戻り、無惨との戦いが描かれることでしょう。 189話の展開に注目しましょう。

次の

【鬼滅の刃】最新話「第188話」ネタバレと感想【悲痛な恋情】

鬼滅の刃188話

スポンサーリンク 鬼滅の刃ネタバレ最新188話「緑壱の失敗」 鬼滅の刃の鬼舞辻無惨 今のビジュアル良過ぎて書いてしまった。 ネタバレだったらごめんなさい。 呼吸を使う剣士に対しては、興味がないと言い、一瞬の隙から攻撃を仕掛けます。 これまでの鬼とは別格。 緑壱も圧倒的な力と、攻撃力を見て驚きを隠せないようです。 あの緑壱ですら、生まれて初めて背筋が冷える感覚になったよう。 しかも、無惨の体を緑壱が見たところ、なんと心臓が7つもあって、脳も5つあったのです。 縁壱はそれを見て、怯むことなく瞬間に無惨を倒すための剣技を繰り出します。 そして、一瞬の攻撃でしたが無惨を斬り刻み勝負を掛けます。 無惨は切り刻まれた自分の体が再生しないので焦っており、斬られた頸が落ちないように持っています。 現在、苦戦しているのに、緑壱は一瞬で最適な技を繰り出したというのは、やはり最強といえるでしょうね。 そして、この攻撃こそがまだ発表されていない「ヒノカミ神楽の13の型」なんでしょうね。 無惨を取り逃す? 切り刻まれた無惨の頸は、つながることはありませんでした。 縁壱の攻撃に関しては、鬼のボスである無惨に対しても互角以上の強さを持っていたようですね。 立てなくなった無惨に緑壱は、命をなんだと思っているのかと問いただします。 しかしながら、無惨は強烈な怒りをした目で縁壱を見るだけで、なにも答えようとはしません。 縁壱は無惨に何を言っても無駄だろうと判断して、横にいた娘の鬼(珠世)に目をやります。 珠世は、無惨を助けるわけでもなく、希望に満ちた目をしていました。 その目で、切り刻まれた無惨を見つめており、緑壱は敵意がないと考えます。 なので、珠世を殺すことはとりあえず後回しにするようです。 無惨の体は再生しないものの、無惨の肉体が勢い良くまだ生きようとしています。 そして、肉片は爆ぜて細かい肉片となり飛び散ります。 無惨の体は1,800もの肉片になりましたが、そのうち1,500個くらいの肉片は細かく切り刻んだものの、残りの肉片についてはそのままでした。 肉片を合わせると人間の脳と同じくらいの大きさがあり、もしかすると無惨がしばらくして復活する可能性も考えられます。 取り逃した緑壱は、呆然と立ち尽くしています。 その横では、悲鳴のような鳴き声をあげながら珠世が泣いています。 ただ、珠世は無惨が死ぬことを望んでいたという話もあり、真意は闇の中です・・・ 弱体化した無惨から珠世は、解放されてような感じでした。 というのも、これまで無惨の血による支配されていましたからね。 そんな珠世を緑壱は、協力者になるよう説得して見逃すことにします。 緑壱が欲しかった幸せ そこに到着した鬼狩りの仲間は、衝撃の事実を縁壱に伝えます。 それは、兄である巌勝がすでに鬼になってしまっていたのです・・・ 緑壱は無惨を取り逃して、仲間の珠世も見逃しました。 極めつけに、兄が鬼へと変身するというまさかの事態。 当然ながら緑壱は、責任を問われることになりました。 同僚の中には、自害するように言う人もいました。 しかし、当時のお館様がそれを止めてくれたのです。 過去の回想をしていた縁壱。 自分が無惨との戦いでしくじったことを今でも後悔していました。 そして一言「心苦しい」と。 何も言えない炭吉でしたが、そこにやって来たのは炭吉の子どもでした。 緑壱に対して抱っこをせがみ、高く持ち上げると、子どもは満面の笑みを浮かべています。 その笑みを見た縁壱は、涙が溢れ出します。 この涙は縁壱がずっとほしかった幸せを体現したものだったことでしょう。 その笑顔から、欲しかった幸せを垣間見たのかもしれないです。 炭治郎はそんな縁壱をみながら、その心が少しでも軽くなるように願っていました。 心が少しでも救われることを願わずにはいられないですね。 また、これまで謎に包まれていた「ヒノカミ神楽の13番目の型」のような攻撃も出ました! このヒノカミ神楽の13番目の型が使えるようになれば、この型がそのまま無惨に対する最大の武器になることは間違いないでしょう。 緑壱がなりたかったもの 縁壱はこの思いを誰かに話したくて、仕方なかったのでしょう。 そう考えたときに、最初に思いついたのが炭吉夫妻ということだったみたいです。 平和に暮らす炭吉たちに、憧れがあったのかもしれませんね。 そして、炭吉は炭治郎と同じように相手の話をしっかり受け入れてくれる人という点も大きなポイントだったことでしょう。 恐らく、縁壱にとっては目の前にいる炭吉は、まさに目指すべき存在であり、なりたかった自分という感じでしょうね。 運命に翻弄されながらも、個人的な感じでは縁壱は生まれた時から、鬼狩りとなる運命だったように思いますね。 そうだとしても、うたと自分の子どもと一緒に暮らす幸せを手にしてほしかったですね。 無惨が最強チートキャラに? 恐らく、ラスボスになるであろう無惨。 現在、鬼滅の刃の人気が急上昇しているので、先延ばしされる可能性もあります。 そうなると、無惨が禰豆子の太陽克服能力を獲得するようになるかもしれません。 そうなると、これまでの時間稼ぎも無駄で、無敵になってしまうでしょう。 最悪の展開ですが、炭治郎の猛毒を禰豆子が治しに来たところで、無残が禰豆子の細胞から太陽を克服する能力を取り入れるようなパターンも考えられます。 もしこの仮定が成立すると、禰豆子ごと吸収したことによって、ラスボスは無残+禰豆子というような感じになるかもしれません。 ただ、炭治郎自身も毒から復活するには、禰豆子が必要不可欠。 なので、禰豆子が参戦して炭治郎を毒から治した後で、今度は無残が禰豆子を吸収するような感じになるかもしれません。 一緒に戦うものの、無惨の集中攻撃で 禰豆子が取り入れられると、間違いなく今の力では倒すことはできないでしょうね。 やることが全て裏目に出てしまった緑壱は、本当についていなかったと思います。 この後、現在の無惨戦に戻ると思いますが、果たして炭治郎は助かるのか? 無惨がチートキャラになるのか?注目ですね。

次の