ダンまちova。 「ダンまちII OVA」ヘスティアたちが水着でバカンス! PV&場面カット公開

ヘスティア・ファミリアが無人島でバカンス! 『ダンまち』新作OVAのPVと最新場面カットが公開!

ダンまちova

1000年以上前の下界はとてもすさんでいて、モンスターたちが人間たちを襲う【暗黒期】と呼ばれた危険な場所でした。 しかし1000年前、神たちが刺激をもとめて下界に降り立ち、下界の住人達<子供達>に恩恵という形のモンスターと戦う力を与えます。 そして、1000年もの時を経て、ダンまちアニメ1期の時代に繋がり、主人公のベルが冒険者としてオラリオに来て、半年が経ったところからスタートします。 どのファミリアにも入れなかったベルは、神ヘスティアと出会いヘスティア・ファミリアの唯一の眷属となり、一人ダンジョンに向かったところ、ミノタウロスに襲われてしまい助けてくれたアイズに一目ぼれしてしまいます。 冒険をする中で急成長するベルに、ヘスティアはベル専用の剣与えますが、それに目を付けたソーマファミリアのリリルカに騙されて、盗まれてしまいます。 しかし、リリルカもソーマファミリアの一員に裏切られ殺されそうになり、そこにベルが助けに来たことで、リリルカは心を入れ替え、ベルを慕い好意を抱くようになります。 和解したリリルカと共に冒険中、再びミノタウロスに遭遇してしまい、今度は一人で倒したことで、 驚異的な早さでレベル2に成長し、周りからも注目されるようになっていきます。 その後、鍛冶師のヴェルフと出会い、ベル・リリルカ・ヴェルフの3人でダンジョンを冒険しているところに、タケミカヅチ・ファミリアの面子からモンスターたちを押し付けられてしまい、不慮の事故で15階層まで落ちてしまいます。 ボロボロになりながらも、18階層に存在するモンスターがでない安全地帯に到着することに成功し、倒れているところをアイズたちに助けられます。 その一方で、ヘスティアはまったく帰ってこないベル達を心配し、他のファミリアと共にダンジョンへ捜索に向かい、18階層にてベル達と再会を果たします。 しかし18階層で傷を癒している間、突如ゴライアスがベル達の前に現れ、死闘を繰り広げます。 そしてようやく、ベルの会心の一撃によって撃破することに成功し、無事地上に戻ったところでアニメ1期が終了となります。 時系列2:ソード・オラトリア ダンまち外伝 ストーリーは アニメ1期と同じ時間軸で、こちらでは主にロキ・ファミリアのアイズやアイズを慕うレフィーヤの視点で描かれた物語が描かれています。 ロキ・ファミリアはダンジョンでの遠征中、深層にて見慣れないモンスターに攻撃されてしまいます。 冒険を続けるのが困難になり地上に戻ろうとしていると、取り逃がしたミノタウロスがベルに襲い掛かっていてアイズがそれを倒します。 (これがアニメ1期で 最初にベルとアイズが出会ったシーンと同じ場面になります) そしてモンスターフィリアの際に、街中に逃げたモンスターを追っていると、レフィーヤは深層にいた新種のモンスターに遭遇します。 その後、戦いで壊れてしまったアイズの剣の資金稼ぎのため、ロキ・ファミリアの有志メンバーでダンジョンに冒険にいくことになり、そこで不可解な殺人事件が起こっている場面に遭遇します。 居合わせたヘルメスファミリアのルルネが持っていた謎の宝玉をめぐり、 アイズのことを【アリア】と呼ぶ謎の女性レヴィスと、レヴィスが操る花の怪物が攻撃を仕掛けてきます。 レヴィスに苦戦を強いられ、逃げられてしまったアイズは、さらなる強さを求めて階層主との戦いに一人で挑み、 念願のレベル6へとレベルアップすることになります。 ダンジョンで再びレヴィスに遭遇したアイズは、59階層に来れば自分の知りたいことが分かると意味深なことを言われます。 地上に戻ったアイズは、急成長するベルの強さの秘密を知るべくベルに剣術を教えることを提案します。 (ベルに関しては、アイズがベルの強さにしか興味がないとは露知らず、ドキドキしながら特訓してもらいます。 ) そんなアイズとベルの秘密の特訓にレフィーヤは嫉妬心むき出しで、ショックのあまり顔面が崩壊するほど。 そんなこともありながら、ロキ・ファミリアの一員は遠征へと向かいます。 ついに未知の領域59階層へ到着したロキ・ファミリアの一行は、再び新種と思われる花形の怪物と対峙し、全員で力を合わせ強敵に打ち勝ちます。 この騒動を通してオラリオの壊滅を目論む闇組織の存在が露呈しますが、謎を多く残したまま、ここでアニメは終わりとなります。 時系列3:ダンまちOVA アニメ1期でゴライアスを倒し18階層からの地上への帰り道で、温泉を見つけるベル達一行。 なぜかちゃっかり全員分の水着を用意していたヘルメスにつっこみつつも、みんなで温泉に入ることにします。 しかしその温泉でくつろいでいると、突如全員の水着が溶けてしまう事態に。 案の定、ヘルメスが疑われますが、実はこの温泉すべてモンスターのトラップだったことが分かりベルがモンスターを倒します。 ベルの裸が女性陣全員に見られてしまうハプニングもありましたが、OVAということでお色気多めのコメディーストーリーで幕を閉じます。 時系列4:劇場版映画「ダンまち オリオンの矢」 映画化された際、原作脚本家の大森さんがインタビューでも言っていたのですが、 この映画のストーリーの時系列はアニメ1期と2期の間のお話になっています。 なので、アニメ1期でベルたちがゴライアスを倒し18階層から戻ってきた後のお話ということになります。 物語の冒頭では、神月祭というお祭りが開催されていています。 ベル、リリルカ、ヴェルフ、ヘスティアの4人がそのお祭りを楽しんでいると、【伝説の槍を抜けたら世界観光ツアーが当たる】というなんとも胡散臭い催しをしているヘルメスに遭遇します。 そして、ベルがその伝説の槍を抜くと、そこにアルテミスというヘスティアの天界での親友だったという女神が現れます。 話を聞くと、ヘルメスの言っていた世界観光ツアーは案の定、訳ありげなオラリオの外に現れた アンタレスという凶悪なモンスター討伐のクエストだったことが判明し、敵の住まうエルソスの遺跡まで向かうことになります。 道中、突如空から謎の光が降り注ぎ、ベル達を攻撃します。 その光を見て何かを悟ったヘスティアはアルテミスに詰め寄り、アルテミスに作戦をやめるように嘆願します。 しかし、アルテミスの心は決まっていて、ヘスティアはアルテミスに関する事実を知ってしまったものの、それをベルに言えないまま、アンタレスがいるエルソスの遺跡へと足を踏み入れます。 やっとのことでアンタレスの元に辿り着いたベル達は、アルテミスがアンタレスに取り込まれている事実を突きつけられます。 ベルたちの前に現れた アルテミスは槍に残っていた思念体で、アンタレスを倒すことで消えてしまう存在でした。 倒さなければいけない相手が、アルテミスだということを知ったベルは事実に絶望し葛藤しますが、ヘスティアの涙ながらの訴えにアルテミスを解放する覚悟を決めます。 そしてアンタレスと共にアルテミスを解放し、ベルの精神世界でアルテミスとお別れをします。 アルテミスを討ってしまい悲しんでいるベルにヘスティアは寄り添い、再びベルが前を向き歩き出したところでエンディングとなります。 時系列5:ダンまち2期 アニメ2期では大きく分けて物語が2部構成に分かれています。 まず、物語前半では、食事の席でのいざこざでベル達がアポロン・ファミリアに目をつけられてしまい、アポロン・ファミリアと決闘遊戯(ウォーゲーム)を行うことになってしまいます。 しかし、眷属がベル1人だけの状態では勝ち目がないことを知った リリルカ、ヴェルフ、命の3人は、ベルのためにヘスティア・ファミリアに移籍し、共に戦うことを決めます。 苦戦を強いられながらも作戦勝ちをし、見事アポロンに勝利したベル達はアポロン・ファミリアの本拠地だった建物をもらい、アポロンたちはオラリオから追放されます。 2期後半では、千草や命から同郷の仲間で行方の分からなかった春姫が娼婦をしているという噂を聞き、歓楽街に調査に行くベル。 しかしそこでアイシャ達イシュタル・ファミリアに追いかけられ、捕まってしまいおもちゃにされそうになります。 逃げ出した先で、たまたま探していた春姫に遭遇しますが、その時は春姫だと知らずアイシャ達から身をかくまってもらいます。 その後、ベル達はイシュタル・ファミリアが春姫を殺生石に閉じ込め、自分たちのレベルアップを図ろうとしていることを知ります。 殺生石に閉じ込められた春姫は死ぬことを知ったベルはイシュタル・ファミリアと戦い、春姫を救出するため、奮闘します。 イシュタル・ファミリアのレベルアップの目的はフレイヤを倒すためでしたが、ベルにちょっかいをかけすぎたイシュタルは、フレイヤの逆鱗に触れてしまい、天界に強制送還されてしまいます。 そうしてイシュタル・ファミリアが解散してしまい、春姫がヘスティア・ファミリアに加わることになります。 その結果、ベルに対する恋矢印が増えてしまう形になり、春姫とデレデレなベルにヘスティアはかなり不満げな様子でした。 時系列6:ダンまちOVA2 ミアハがヘスティア・ファミリアの団員も増えたお祝いということで、ヘスティア達を無人島に招待することになります。 (実際は無人島で希少な薬草の採取という目的です。 ) 無人島につくと、頭にキノコを生やしたなぜかハイテンションのアイズが登場し、おかしなアイズを治すためにどんな病も治せる「ナンニデーモ菊」を探すことになります。 しかし、探しに行った者は一人ずつ罠にハメられ、アイズ同様、頭にキノコを生やしたおかしなテンションになってしまいます。 一人正常なベルがパニックになっていると、アニメ2期で出てきた登場人物たちがぞろぞろ登場し、ますます話がおかしくなってきたところで、ミアハ・ファミリアのカサンドラの夢だったことが判明します。 夢落ちだったと思いきや…クエストから帰ってきたベル達はすでにキノコの魔の手にやられていた。 という予知夢だったというところでお話が終わります。 ギャグなのか、カサンドラからしたらホラーかもしれないストーリーとなっていて、あまり他の作品との時間軸は気にしてはいけないストーリーとなっています。 どこまでが真実かは視聴者にゆだねられていそうですね。 時系列7:ダンまち3期 ダンまち3期では、公式サイト上でもすでに登場している 異端児 ゼノス と呼ばれる人の言葉をしゃべる竜と人のハーフのような少女との出会いの物語が描かれるようで、 原作9巻からのお話になりそうです。 まだアニメ公開前なので、さわりだけご説明しようと思いますが、ベルがダンジョンで出会った少女を助けてヘスティア・ファミリアに連れ帰り、少女に「ウィーネ」という名前を与え、ひとまず一緒に暮らすことにします。 しかし、ウィーネはモンスターとも言える存在で、ベル達とほかのファミリアたちの間で、 異端児に対する考え方の違いで対立してしまいます。 ウィーネとのストーリーは、人とモンスターの関係性を考えさせられるお話となっていて、アニメでどのように描かれていくか楽しみにしたいと思います。

次の

ヘスティア・ファミリアが無人島でバカンス! 『ダンまち』新作OVAのPVと最新場面カットが公開!

ダンまちova

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』は、大森藤ノによるライトノベル。 イラストはヤスダスズヒトが担当。 略称は『ダンまち』。 広大な地下迷宮、通称「ダンジョン」を中心に栄える迷宮都市オラリオ。 英雄譚にあるような「異性との運命の出会い」にあこがれ、駆け出しの冒険者となった少年ベル・クラネルは、ある日ダンジョンで場違いな強さを持つモンスター「ミノタウロス」に襲われる。 あまりのレベル差になすすべもなく追いつめられたベルは、間一髪のところでトップクラスの冒険者アイズ・ヴァレンシュタインに助けられる。 その瞬間、アイズに一目惚れしてしまったベルは、いつかアイズに釣り合う冒険者になろうと行動を開始する。 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-15• 2020-07-15• 2020-07-15• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-13• 2020-07-13• 2020-07-13• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-10• 2020-07-10• 2020-07-10• 2020-07-09• 2020-07-09• 2020-07-09• 2020-07-09• 2020-07-09.

次の

「ダンまち」3期が制作決定!放送は2020年夏、新作OVAの情報も解禁(動画あり)

ダンまちova

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』は、大森藤ノによるライトノベル。 イラストはヤスダスズヒトが担当。 略称は『ダンまち』。 広大な地下迷宮、通称「ダンジョン」を中心に栄える迷宮都市オラリオ。 英雄譚にあるような「異性との運命の出会い」にあこがれ、駆け出しの冒険者となった少年ベル・クラネルは、ある日ダンジョンで場違いな強さを持つモンスター「ミノタウロス」に襲われる。 あまりのレベル差になすすべもなく追いつめられたベルは、間一髪のところでトップクラスの冒険者アイズ・ヴァレンシュタインに助けられる。 その瞬間、アイズに一目惚れしてしまったベルは、いつかアイズに釣り合う冒険者になろうと行動を開始する。 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-15• 2020-07-15• 2020-07-15• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-13• 2020-07-13• 2020-07-13• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-10• 2020-07-10• 2020-07-10• 2020-07-09• 2020-07-09• 2020-07-09• 2020-07-09• 2020-07-09.

次の