ラインテレビ電話無料。 テレビ電話をするならLINE・Skype・ハングアウトどれを使う?

【すぐわかる!】『LINE(ライン)

ラインテレビ電話無料

タイムライン テキスト、画像、動画、スタンプで 自分の近況を仲の良い友だちだけに 共有したり、友だちの近況も確認 できます。 Keep お気に入りのメッセージや写真、 動画をKeepに保存できます。 友だちと共有したいファイルが 簡単に検索可能です。 友だち追加もカンタン スマートフォンを振って友だちを 追加する「ふるふる」、 QRコードによる友だち追加、 LINE IDで友だち検索など、 簡単に友だちを追加できます。 Live 子供が初めて歩いた瞬間や、友だち とのパーティーなど、特別な時間を トークルームからライブ中継で シェアできます。 顔エフェクト&フィルター 思い通りの姿に大変身! 可愛いフィルターとエフェクトでトークが もっと楽しくなります。 Face Play 顔ゲームで友だちと対決!ビデオ通話や トークから、顔の表情や動きでバトルする 無料の「Face Play」を友だちと楽しめます。 ゲーム中に撮ったスクリーンショットは、 トーク・タイムラインやいろんなSNSで シェアできます。 ニュース 主要ニュースからスポーツ、エンタメ、 天気に運行情報まで、最新の情報を チェックできます。 LINE NEWSや 有名メディアの公式アカウントも!• LINE OPENCHAT 「オープンチャット」 は、興味関心事や日常生活に密着した話題についてトークルームの中で会話や情報交換を楽しむサービスです。 幅広い場面で快適・便利にコミュニケーションをとることができます。

次の

LINEのビデオ通話方法!無料テレビ電話のやり方を解説!

ラインテレビ電話無料

家族や友人とテレビ電話をしたいけどどのアプリが使いやすいの?• テレビ電話に料金はかかるの? そんなあなたの悩みに答えます。 今回はテレビ電話(ビデオ通話)ができるアプリであるLINEとSkypeについてです。 離れた家族や友人と話をしたいとき、電話でも用件は伝えられますが、できればお互いの顔を見ながら会話したいですよね。 私も妻が出産のために里帰りしたときに重宝しましたし、今でも実家の両親とよくテレビ電話をします。 テレビ電話なら実家の両親も孫の姿が見られてすごく嬉しそうです。 今回はテレビ電話ができる代表的なSNSアプリであるLINEとSkypeについて、その特徴と私が利用してみて感じたメリットやデメリットについてまとめてみました。 2~3分でサッと読めるのでぜひ読んでみてください。 LINE(ライン)でのテレビ電話(ビデオ通話)のメリット・デメリット LINE(ライン)テレビ電話の特徴・メリット LINEのメリットは、 ほとんどの人が利用しているアプリであるということです。 スマホを持っている人であればほぼすべての人が利用しており、最近はメールではなくほとんどの人がLINEで連絡を取り合っていますね。 そのため、家族や友人の連絡先が既に入っているので、テレビ電話をかけようと思ったときに特に新しい設定なども必要なく簡単にかけることができます。 かけ方も簡単で、かけたい相手とのトーク画面で電話のマークを押すと「無料通話」か「ビデオ通話」を選ぶタブが出てくるのでビデオ通話を選択すればよいだけです。 接続も早く相手が電話を取ればすぐに通話を開始することができます。 LINE(ライン)テレビ電話のデメリット LINEでのテレビ電話を利用してみて私が感じたデメリットとしては、 通信環境が悪いと映像がカクカクとして滑らかに動かなくなってしまうといったことです。 環境によっては数秒間止まって少し動き、また数秒間止まるといったように結構カクカクします。 スマホでのテレビ電話はまだましなのですが、 パソコンで利用したときは映像の動きが重すぎてとても実用に耐えうるものではありませんでした。 パソコンでのLINEテレビ電話はおすすめしません。 スポンサーリンク Skype(スカイプ)でのテレビ電話(ビデオ通話)のメリット・デメリット Skype(スカイプ)テレビ電話の特徴・メリット SkypeのメリットはLINEに比べるとテレビ電話の映像が滑らかに動くことです。 カクカク感があまりないのでストレスなくテレビ電話をすることができます。 実際に私もLINEでカクカクしている通信環境でSkypeを使ってみたことがありますが、動画の動きがかなり改善されました。 音声通話ではなくわざわざテレビ電話をするので、映像の滑らかさは大事ですよね。 また、パソコンで利用する場合でも滑らかな映像でテレビ電話することができます。 他のウィンドウを開いても映像は右上に小さなウィンドウで開かれるので、 パソコンの作業をしながらテレビ電話することもできます。 Skypeテレビ電話のデメリット Skypeのデメリットとしては接続までに時間がかかるということです。 通信環境の問題もあるかもしれませんが、相手がとっても通信が始まるまでに時間がかかったり、接続が切れることがあります。 また、もう1つのデメリットとしては、LINEと比べると利用しているユーザーが少ないということです。 もし相手がSkypeのアカウントを持っていない場合はアプリをインストールしたり連絡先を登録するのが必要になります。 SNSでのテレビ電話(ビデオ通話)は無料?有料? LINEやSkypeは通話は無料ですが、テレビ電話には料金がかからないのか気になる人も多いと思います。 結論から言うと、テレビ電話を利用しても通話と同じく料金がかかることはありません。 料金が発生することはありませんが、1つ気を付ける必要があります。 パケット通信料がかかるのには注意が必要 LINEやSkypeの基本的な利用には料金はかかりませんが、 パケット通信料がかかるので注意が必要です。 通話のときもパケット通信料はかかっているのですが、これがテレビ電話になると通話のみのときと比べて何倍ものパケット通信料が発生します。 契約している通信料の上限が3GBや5GB程度だと長時間の利用ですぐに上限に到達してしまいます。 Wi-Fi環境下で利用すればパケット通信料は発生しないため、テレビ電話はできるだけWi-Fi環境のある場所だけで利用するようにしましょう。 また、LINEモバイルを契約すればSNS使い放題のプランもあるため、どこでもテレビ電話やSNSが使いたいという場合はLINEモバイルに乗り換えるのもおすすめです。 私のおすすめはスマホならLINE、パソコンならSkype 今回はLINEとSkypeでのテレビ電話について特徴やメリット・デメリットを紹介しました。 それぞれによいところ、悪いところがありますが、私はパソコンでのSkypeテレビ電話が気に入っています。 その理由としては、画面が大きいこととテレビ電話しながらパソコン作業もできるからです。 ただ、スマホからであればLINEでも動画がそれなりに動くので、誰とでも繋がりやすいLINEの方が便利だと思います。 スマホ操作が苦手なお年寄りには「まごチャンネル」がおすすめ まごチャンネルは厳密にはテレビ電話ではありませんが、子供がいる家庭におすすめの商品です。 実家のご両親に孫の成長を見せたいけれど、両親がスマホを持っていないもしくは操作が苦手でテレビ電話ができないというケースも少なくないと思います。 最初に少し紹介しましたが、そんなときに大活躍してくれるのがこの 「まごチャンネル」です。 仕組みとしてはあなたがスマホの専用アプリから送った動画をがまごチャンネルの本体(受信ボックス)に届き、テレビでその動画が見られるというものです。 まごチャンネルのメリット• 両親へのプレゼントに最適(出産祝いのお返しや父の日、母の日、誕生日、還暦祝いなどなんにでもマッチします)• 一度設置してしまえばあとは 簡単操作で見られる(不安な方には設置サービスもあり)• 撮影した動画をアプリで送るだけなので手間いらず• テレビの大画面で孫の動画が見られるのでおじいちゃん、おばあちゃんも大喜び• 動画を見たことがスマホに通知されるのでご両親が元気にしているかがわかる• 受診ボックスがインターネット回線を内蔵しているので実家に インターネット環境が無くても問題なし 実家になかなか帰れないあなたにこそおすすめ 他にも、 孫を見せに実家に帰る頻度が少なくてもよくなるということもメリットとして挙げられます。 私は今住んでいるところが義父母の実家から離れており、帰るのにもそれなりのお金と時間がかかるため、なかなか帰ることができません。 孫を見せに帰れないということもあって少し負い目を感じることもありましたが、 まごチャンネルを送ってからは孫の動画を見てすごく喜んでくれるようになったため気持ちも楽になりました。 自分の両親にも義父母にもプレゼントとして送りましたが、どちらも喜んでくれて 親孝行できてよかったという気持ちになりました。 また、以前はことあるごとに次はいつ帰ってくるのかというプレッシャーがすごかったですが、まごチャンネルを送ってからはそのプレッシャーも減ったように感じます(笑) 本体価格は19,800円とコスパがよい 価格は19,800円と若干高めですが、 親孝行にもなるし、実家にしょっちゅう帰らなくてよくなるということを考えるとコストパフォーマンスとしては非常に優れていると思います。 また、特別なプレゼントとして価格帯的にちょうどよいのもグッドです。 購入した後でもマイページから決済情報を変更で支払う人を変更することができるので、まずはサプライズでプレゼントしてその後支払い者を変更ということができます。 もし自分達で支払うという場合でも、ご両親にスマホをプレゼントする代わりにまごチャンネルをプレゼントしたと考えれば、スマホの料金よりはかなり安いため、負担としてはごくごくわずかと思います。 孫の成長をおじいちゃん、おばあちゃんに見せてあげたいという方にはおすすめですので、ぜひご検討ください。

次の

LINE「ビデオ通話」の使い方ガイド──通信量からエフェクト設定、映らない時の対処法まで

ラインテレビ電話無料

グループの作成をする まずは、テレビ電話を行いたい人を集めたグループを作成します。 もし既存のグループの中でテレビ電話をしたかったら、グループの作成をする必要はないのでこの項目はとばしましょう。 LINEを開いたら、以下のように作っていきましょう。 友達を追加する画面から「グループ作成」をタップします。 グループの画像と名前を決めたら、追加ボタンからグループに招待したい人を選択します。 招待したい人を選んだら「招待」をタップでグループに入れる事が可能です。 招待された人はそのグループに参加するために「参加」を押してグループに入りましょう。 複数人でテレビ電話を行う テレビ電話をしたい人を集めたグループを作成したので、準備は完了です。 あとはこのグループの人たちとテレビ電話をするだけです。 皆のテレビ電話をする準備ができたら「ビデオ通話」ボタンからビデオ通話を始めましょう。 他の人は「参加」ボタンをタップするとそのビデオ通話に参加する事ができます。 マイクを許可しないとできないので、許可しておきましょう。 参加したくない人は参加ボタンを押さなければいいだけです。 そのグループに入っていてもビデオ通話に参加したくなかったら、何もしなければ何も起きません。 ビデオ通話をすると、その人数分に画面が分割されます。 ビデオ通話を終了したい時には、画面をタップして赤い電話のマークをタップすれば、終了できます。 最大200人まで同時通話可能 なんとLINEのビデオ通話は最大200人まで同時に可能です。 流石に200人の通話画面を画面に表示できることはできないので、5人以上でビデオ通話する場合は、画面右に並ぶ小さい丸アイコンで表示されます。 表示される映像をその人に切り替えたい場合は、タップして切り替える事が可能です。 まあ200人って誰が何を話しているか分からなくなるので、そんな大人数では使わなそうですけど。。 画面エフェクトやスタンプも使用可能 ビデオ通話でも画面の色を変えたり、スタンプを使ったりする事ができます。 ちょっと面白みのあるビデオ通話にする事ができますね。 音が気になる場合も LINEのビデオ通話は無料で簡単にできるので便利ですが、実際にビデオ通話してみるとよくわからない音が入ったりします。 環境にもよると思いますが、そういったことがある場合も想定しておきましょう。 まとめ ビデオ通話まで無料でできるLINEは流石ですね。 あまり使っている人はそこまでいない印象ですが、使う人は使う機能でしょう。 しかも200人まで通過可能ってなぜそんなに通話可能にしてしまったんだ。 LINEを使ってそんな大人数でテレビ電話をするなんて事があるのだろうか。。 とはいっても複数人で顔を見て会話できるのは嬉しい。 話す人の顔を見たくなったらサクッとグループを作るか既存のグループの中でビデオ通話ボタンを押してみましょう。

次の