神社 お参り 作法。 正しい参拝の仕方》マナー/作法/方法/神社/神宮/寺院/お寺/寺/初詣/参拝料

神社の正しい参拝方法は?手洗い・手水のやり方、二拝二拍手一拝・二礼二拍手一礼の違いやマナー [暮らしの歳時記] All About

神社 お参り 作法

お参りの作法 鳥居を通る前に一礼 神社に入るときは、 鳥居や門の前で一礼してから入ります。 鳥居や門は、私たちの世界(俗世)と神様の世界(神域)を分けているとも言われます。 だから、神様の世界に「お邪魔します」というあいさつをして通ります。 また、帰るときも鳥居を出たら、社殿の方向へ礼をします。 これは、神様に「お邪魔しました。 」という意味のあいさつになります。 参道は、正中(真ん中)を避けて歩く 参道の真ん中は、正中(せいちゅう)といって、 神様の通り道になります。 そのため、 正中は避けて参道の端を歩きます。 正中を横切って通らなければいけない場合は、軽く頭を下げて通ります。 また、お参りをしたあとも、 正中を避けて帰ります。 手水舎で手・口を清める 手水舎(ちょうずや・てみずしゃ)で手と口を清めます。 手水舎は、神様の領域に入るときに、 からだについた穢(けが)れを落とす場所です。 本来は、川や海で禊(みそぎ)という儀式を行わなくてはいけないのですが、 神社に入るたび、毎回行うのはとても大変なので、簡易的に体を清めるために手水舎があります。 水は、はじめに多めにすくい、途中ですくい直さないようにしましょう。 また、柄杓には、口を直接つけないようにしましょう。 二礼二拍手一礼(二拝二拍手一拝) 通常、お参りする場所のことを 拝殿(はいでん)と言います。 お賽銭は勢いよく投げず、そっといれるのが好ましいです。 鈴は、お参りに来たことを神様に知らせるために鳴らすと言われています。 鈴の音は、悪い気をはらい、お参りにきた人を清める役割もあるそうです。 また、45度の礼のことを 「深揖(しんゆう)」、90度の礼のことを 「拝(はい)」と言います。 礼は、古代に書かれた『古事記(こじき)』や『日本書紀(にほんしょき)』などの歴史書に、深く頭を下げることが神様に敬意を示す方法として書かれています。 そして拍手は、 「柏手(かしわで)」と言います。 『魏志倭人伝(ぎしわじんでん)』という歴史書に、手を打つことが、神様への敬意を示す方法として書かれています。 拝殿前でのお参りでは、特にありません。 しかし、正式参拝の時はフォーマルな服装が望ましいです。 また、お参りする時はマフラーや帽子を外し、カバンを下ろして失礼のないようにお参りすると、より良いです。 さいごに いかがでしたか? 作法は、神社によって異なる場合がありますが、 今回は、神社でのお参りの作法の基本について紹介しました。 お参りの作法も大切ですが、 神様を尊敬し、感謝するという心持ちが重要です。

次の

神社にお参りできない時でも気分が晴れる5つの方法

神社 お参り 作法

神社のお参り方法、正しい参拝の仕方やマナーは?• まず、鳥居をくぐる前に衣服を整え、軽く会釈をしてから境内に入ります。 ……鳥居の向こう側は神の空間。 参拝はすでにここから始まっているのです。 参道は中央を避け、ゆっくりと歩きます。 ……中央は神が通るところなので避け、ゆったりとした気持ちになって拝礼するための心の準備をします。 手水舎で手水をとり、心身を清めてからご神前に進みます。 軽く会釈をしてから賽銭箱に賽銭を入れ、鈴を鳴らして「二拝二拍手一拝」の作法で拝礼し、軽く会釈をして退きます。 ……ひとつひとつの動作に深い意味があります(詳しくは次ページで)。 帰る際も、来たとき同様に中央を避けて参道を歩き、中に向かって軽く会釈をしてから鳥居を出ます。 神社で手の洗い方 ー手水のやり方・作法ー 神社の鳥居をくぐると参道のわきにある 「手水舎」(ちょうずや、てみずや、ちょうずしゃ、てみずしゃ、など幾つかの呼び方があります)。 参拝者が身を清めるために、手を洗い、口をすすぐ場所です。 手水舎の水盤にはたいてい「洗心」という文字が彫られていますが、これは「両手と口を洗い清めることによって心(魂)も清める」という意味。 参拝する前には、必ず手水に寄って身を清めましょう。 6:柄杓置き場に柄杓を伏せて戻します。 ……次の方へのマナーでもあります。 基本的には、最初に汲んだ水でこれら一連の動作を済ませます。 覚えるのが面倒くさいと思うかもしれませんが、「両手と口を清めるためのもの」ということを理解して、「左から右へ」順番に両手と口を清めていけばいいだけなので、次のように流れを覚えておけば大丈夫。 全く無駄のない動きに納得してしまうでしょう。 「二拝二拍手一拝」と「二礼二拍手一礼」の違いは? 新年の挨拶を交わしながら行く初詣。 「どうすればいいの?」という子供の問いにも堂々と答えてあげたいですね。 「二拝二拍手一拝」と 「 二礼二拍手一礼」はよく耳にすると思いますが、その違いは何でしょう?それは、「拝」と「礼」の違いです。 「拝」は約90度の深いおじぎ。 最拝礼。 「礼」は約30度~45度の浅いおじぎ。 「二拝二拍手一拝」の正しいやり方 一般的な参拝方法は 「二拝二拍手一拝」です。 実際にどうやればいいのか、拝殿に進んだ状態から解説します。 賽銭箱に賽銭を入れます ……白い紙に包んだ米を「おひねり」として供えていた名残り。 大事なものを捧げることは私欲があっては出来ないことなので、賽銭を入れることで心の靄を祓うという意味もあります。 鈴を鳴らします ……鈴の音によって祓い清め、神を呼びます。 二拝(2回頭を下げておじぎをする)……神への敬意を表します。 まずは胸の高さで掌を合わせ、右手を少し下にずらして 二拍手。 その後、指先をきちんと合わせて祈りを込めてから手を下ろします。 ……掌をずらすのは、神と人とがまだ一体になっていないという意味。 二度手を打つことで神を招き、その後掌を合わせることで神人が一体となり、祈願を込めて神の力を体得するからだといわれています。 最後に 一拝をして終了。 ……もう一度おじぎをすることで神を送ります。 たとえば、出雲大社は、通常は「二礼四拍手一礼」で、大祭礼では「二礼八拍手一礼」になります。 基本となる参拝方法をマスターしておけば、いつ・どこで・誰と参拝することになっても恥ずかしくありません。 お子さんに「これ、どうしたらいいの?」と聞かれても大丈夫。 あなたの株とともにご利益も上がるかもしれません!?

次の

神社の正しい参拝方法。お参り前に知っておきたい「基本のお作法」や「豆知識」まとめ

神社 お参り 作法

お参りの仕方がお寺と神社では違うというのは何となくわかっていても、その仕方には不安があるという方は多いですよね。 初詣や七五三などの年中行事はもちろん、あらゆる祈願に訪れるのが神社仏閣です。 最近はパワースポットになり、観光コースになっている人気の地もあり、歴史ある神社やお寺は厳かな気持ちにもなります。 お参りの仕方は宗教の違いもあり進め方にも様々な違いがあります。 お参りの仕方は何となく前の人を真似て行うことも多いのですが、作法を知っておくことで恥ずかしい思いをしなくなります。 私たちの暮らしになじみの深い神社仏閣。 お参りの仕方を正しく心得てお参りしたいものです。 そこで今回は神社とお寺でのお参りの仕方の違いをお伝えします。 お寺と神社の違い お参りの仕方は宗教の違いで変わってくるのですが、まず 神社とお寺の違いを知っておくことが大切です。 神社には日本古来の神様が祀られており、神道と呼ばれ日本だけの宗教とされています。 神社の外観として 特徴的なのが鳥居です。 お寺はインドから伝わった仏教でお釈迦様の教えを信仰としています。 山門と呼ばれる入り口があるのが特徴です。 神社では参拝時に御神体を拝むことは出来ませんが、お寺では御本尊を拝み祈りを捧げることが出来ます。 宗教の違いとして信仰の対象に違いがあるものの、私たちの暮らしに共に違和感なく根付いている神社とお寺。 お参りの仕方を両方知っておくと神様や仏様のご利益も上がるというものです。 鳥居前と山門前では お参りの仕方は神社とお寺では違いがあるのですが、 一番肝心なのは礼の仕方と言われています。 同じような振る舞いもあるのですが、意味の違いを知っておきましょう。 神社ではまず鳥居の前に立ったところで服装をチェックします。 服装の乱れは心の乱れに通じますので、神様の神聖な場所であることを意識します。 鳥居をくぐる前に神様に敬意を払い尊ぶ気持ちでお辞儀(一礼)します。 お寺の山門前でも同じように服装のチェックをし心を整えます。 山門は欲望や愚かさを払う場所でもありますので仏様に敬意を払いお辞儀をし合掌をします。 お参りの仕方は最初が肝心です。 神社とお寺に共通しているのは入る前には服装や姿勢を整え心を落ち着かせることです。 参道の歩きかた お参りの仕方も気になりますが、 本殿へ行く前の参道の歩き方にも作法があります。 神社でもお寺でも気にすることなく風景を楽しみ自由に歩く方が多いのですが、実は作法があります。 神社にお参りをする際には参道の端を通らなければなりません。 これは 参道の中央は正中(せいちゅう)と呼ばれ神様の通る神聖な道だとされているからです。 神社の場合、参道を歩く場合はみだりに中央を歩かず、右か左かに寄って歩くのが作法となります。 お寺ではどこを通っても良しとされてますがやはり端を歩く方がよいでしょう。 ここで気をつけたいのは 山門の敷居を踏まないことです。 山門は寺院と外の世界の境界線だと考えられており、境界線を踏む行為は無作法にあたる行為です。 山門に仁王像が安置されている場合は両手を合わせるとよいでしょう。 線香やろうそく お参りの仕方で線香やろうそくはどのようにしたらよいか悩む方もいらっしゃることでしょう。 宗教観の違いから 神社では線香は焚かずろうそくも必要ありません。 神社仏閣へのお参り用にとセットで準備している方もいるかもしれませんが、ここは気をつけたいところです。 お寺の本堂近くに燭台や香炉が用意されている場合は持参した線香あるいはお寺の販売所で購入した 線香をお供えします。 お寺でお参りする前にお供えする線香は、自分の身を清め、仏様に正しい道に導いてもらうという意味があります。 このとき 火はお寺の種火か持参したマッチやライターで付けます。 他の参拝者のろうそくなどから貰う行いは「もらい火」と呼ばれ他人の罪や悪いものをもらい受けると言われているため気をつけましょう。 拍手と合掌 お参りの仕方で 神社とお寺とで大きく変わるのが実際の参拝でする拍手と合掌です。 神社では「二礼二拍手一礼(二拝二拍手一拝)」を行います。 まず神 様に敬意を表すために二拝(2回お辞儀)します。 続いて 神様を招くため掌を合わせて二拍手します。 このとき、右手は少し下にずらします。 神様を送り返す意味で最後に一拝(1回おじぎ)します。 一方、 お寺では両手を合わせて合掌するのが仏教の作法となります。 胸の前で静かに合掌し心の中で願い事をします。 合掌には仏様と自分が一体になるという意味があり、 お寺では柏手はしないことが重要になります。 お参りの仕方を間違えて お寺で柏手を打つと非常識な人と失笑されかねません。 お参りの仕方がおろそかにならないよう気をつけましょう。 以上、神社とお寺でのお参りの仕方の違いをお伝えしました。 年中行事で家族でお参りに出かけることも多い神社やお寺です。 お参りの仕方を知り、清らかな気持ちで臨む姿はお子さまへも受け継がれることでしょう。 お参りの時間に決まりはありませんが、 神社・お寺共に朝の方がよいとされています。 朝日を浴びると清らかさが増し、人の邪気が少ない頃と考えられています。 しかしながら忙しい現代では、朝に参拝するのは難しい場合も多いので、 出来れば日没までにお参りしたいものです。 神道と仏教の教えは大きな違いがあるものの、私たちの暮らしの中では自然となじみがあります。 作法やマナーを知っていると自信をもってお参りをすることが出来、清々しい気持ちで帰れることでしょう。 まとめ 神社とお寺でのお参りの仕方の違いとは ・神社の入り口は鳥居と呼ばれお寺の入り口は山門と呼ばれる ・神社の参道の歩き方は必ず端を歩きお寺の場合は決まりがない ・お寺の場合はろうそくや線香を供えるが神社では不要 ・神社では二拝二拍手一拝を行うがお寺の場合は音を立てずに静かに合掌する.

次の