どんなときもwifi お試し。 どんなときもWiFiには充電器がついていない!? 2つの充電方法があります!その場合必要なものと充電方法を説明します。

Wi

どんなときもwifi お試し

どうもこんにちは! パソコンやスマホ、タブレットなど、1人で2~3台のネットワーク対応端末を持ち歩くのも当たり前なこの時代。 モバイルWi-Fiは手放せませんよね。 僕も、仕事はパソコン、映画はタブレット、ゲームはスマホ・・・といった具合に 外でも家でもガシガシ使うから、これまでは人気のUQ WiMAXを使っていたんです。 でもちょうど2年の定期更新月を迎えたんで、これを機に、 料金とか使い勝手とかもっといいモバイルWi-Fiはないかなって思って、色々調べた結果。 CMも面白いと評判で、密かに気になっていた、モバイルWi-Fi。 そう、 2019年3月にサービスを開始したばかりの「」に乗り換えてみました! それから数週間が経ちますが、 以前より安く使えて使い勝手も良い、どんなときもwifiに、僕は基本的に満足しています。 これを読んでいるあなたも、どんなときもwifiってどうなの?って、気になってるはず! 気軽に試せる、お試しプランとかあったらいいですよね。 そこでこの記事では、 「どんなときもwifiにお試しプランはあるの?」 「使ってる人の評判はどうなの?他社との違いも気になる!」 など、どんなときもwifiに対する、あなたの気になる疑問を解消しちゃいます! どんなときもWiFiにお試しプランはないの? クーリングオフはある(初期契約解除制度) 単刀直入に言うと、 にお試しプランはありません。 だけど「初期契約解除制度」、つまり クーリングオフはあります! だから お試しの気持ちでまず契約してみて、電波がつながるかのチェックや使い心地を確認。 その上で、 大丈夫ならそのまま使い続ければいいし、合わなかったら解約すればOK! そのクーリングオフ方法も簡単です! どんなときもwifiを受け取り後、 8日以内に電話または「初期契約解除申請書」でクーリングオフの手続きをし、 Wi-Fi端末一式を郵送するだけ。 この初期契約解除申請書は、ホームページからダウンロードできるから、プリントアウトしたものを使えばいい。 もしくは 以下の項目と、契約の解除を申請する旨の記載があれば、はがきや便せんなどに書いて送っても大丈夫。 契約者ID• 電話番号 返却期日を守っていて、なおかつ本体・付属品ともにすべて郵送していれば、解約違約金の発生なく、解約することができます。 負担金額は初期費用の 契約事務手数料、3,000円だけしかかかりません。 もしも商品受け取り後に、すぐ月額料金が引き落とされてしまっていても、クーリングオフが認められれば、その分は後に ちゃんと返金されるから安心! お試しプランが必要ならSTAR WiFiもある 「どんなときもwifiでクーリングオフしたら、結局手数料が3,000円もかかるのが嫌。 もっと気軽にお試しできるWi-Fiはないの?」 このように思う方は、どんなときもwifiではなく、 7日お試しプラン「STAR-7」のある、完全定額大容量のもオススメ! 僕も STAR wifiの、このお試しプランが魅力的で、どんなときもwifiとどちらを利用するか、最後まで悩みましたね。 結果、どんなときもwifiが僕に合っていたので良かったんですけど STAR wifiの7日お試しプラン「STAR-7」は、 商品到着から7日間以内に返却すれば、月額使用料や端末登録料だけでなく、 契約事務手数料まで無料なんです。 手数料980円だけはかかってしまうものの、3,000円かかるどんなときもwifiのクーリングオフよりも、断然お得ですよね。 お試しプランが必要なら、STAR wifiを検討してみるのもアリです! 【評判調査】どんなときもWiFiを使ってみた口コミ 新しいものを購入するときって、やっぱり実際に使った人の評判や口コミが気になるもの。 そこで、どんなときもwifiの口コミを集めてみたら、 良い口コミと悪い口コミ、半々くらいでした。 以前使用していたWi-Fiと比べると、どんなときもwifiはかなり安くて快適です!ドコモやソフトバンクにもつながるから、エリア的にも全く問題ありません。 どんなときもwifiって、速度制限がない上、通信速度も問題なしとかすごい。 パッドで映画観て、スマホで動画見まくっても画質落ちないし、検索もサクサク進む!これでたった月額3,480円はやばい。 もっと速度が早いWi-Fiも他社にはあるんですが、どんなときもwifiの完全無制限で使えるって魅力には勝てません。 どんなときもwifi安くて制限ないのはいいけど、2年縛りなことと、解約する時にかかる違約金が高いことだけが残念だよなー。 どんなときもwifi使ってたら、突然ホッカイロみたいに熱くなってビックリ!• キャリアを自動で切り換えてくれる「どんなときもWiFi」にしたけど、いつもsoftbankに繋がってばっかりで、docomo回線は全然拾ってくれない・・・うちの職場はdocomoしか繋がらないから困ってます。 3キャリア対応のどんなときもwifiだけど、実際はSoftbank回線が8割、docomo回線2割って感じかな。 auに繋がってるの見たことない。 どんなときもwifiの速度は、やはり人が殺到する夕方以降の都心では満足できるレベルに達しない。 さらに利用者が増えたらもっと悪化するかもね。 色々な意見があって参考になりますね。 この口コミも元にしつつ、どんなときもwifiのメリットとデメリットをまとめてみました! どんなときもWiFiのメリットとデメリット デメリット 速度制限がないものの少し遅い どんなときもwifiの通信速度は、 下りが最大150Mbps、上りは最大50Mbpsとなっています。 下り最大1Gbps以上あるモバイルWi-Fiもある中で、一見速度が遅いように感じるかもしれない。 でもこの最大速度って、 限定されたエリアやUSBでの接続時などという、いろんな条件が設定された上での最大速度。 確かに条件がそろえばWiMAXとかの方が速いけど、どちらも利用した僕の体感だと、 実際に利用しているときの速度は、どんなときもwifiの方が安定していると思いました。 速度制限もないし。 それに、どんなときもWiFiは、 au・ドコモ・ソフトバンク、この3大キャリアのLTE回線を利用しているから 建物内や地下鉄などさまざまなシチュエーションでの利用に強い! どんなときもwifiの方が、僕が以前使っていたUQ WiMAXよりも、 速くて快適だなって感じる場面は、多々ありますね。 端末が熱くなる 口コミにもあったけど、どんなときもwifiを使っていると、大丈夫かな?ってくらい 熱くなる時がある。 お弁当と一緒にバックに入れたら、お弁当が傷みそうなくらい 笑 でもこれは 異常ではありません。 熱くなる理由は、どんなときもwifiに 内蔵されているリチウムイオン電池が、放電する時に発熱する性質をもっていることと、 Wi-Fiルーターは高出力で電波を発信しているから。 ソフトバンク回線ばかりにつながる どんなときもWiFiは、3大キャリアの中でも ソフトバンクの回線が優先的につながるという口コミがちらほら。 確かに、僕が見てもソフトバンク回線になってることが多いです。 どんなときもwifiの回線は、 その時最適なキャリアの回線に自動で切り替わるので、自分で好きな回線を選ぶことはできません。 ただ、電波の入りが悪いなって時には、 一度電源をオフにしてからもう一度電源を入れると、たまに回線が切り替わることがありますよ。 100%ではないですが、どうしても切り替えたいキャリアがあるときは、試してみるといいかも! ドコモ回線につながると速度が遅い どんなときもwifiは、ソフトバンクの回線が入らない場所では、当然ドコモ回線に切り替わったりするのですが、 ドコモ回線だと途端に速度が遅くなったように感じます。 ドコモ回線は、 多くの格安スマホが利用している回線ということもあって、 利用者数がもっとも多いのが原因のよう。 通信速度が遅く感じてしまうのは、仕方がないようです。 ユーザーが増えれば回線が混み合う可能性も… とはいえ口コミにもあるように、たとえ ソフトバンク回線であったとしても通勤時間帯の都心など、人の混み合う場所・時間帯では、若干の速度の低下を感じるかな。 どんなときもwifiは、始まってまだ間もないサービス。 今は上記のような明らかな混雑時を除けば、どの時間帯も快適に使えていますが、 今後ユーザーが増え続ければ、回線が混み合ってくる可能性は考えられますね。 2年の定期縛りなのですぐに解約すると違約金が発生 どんなときもwifiは、 契約期間が2年間と決まっていて、2年が経った翌月 更新月 に解約しないと、解約違約金が発生してしまうという定期縛りがあります。 この2年という規約期間、長く感じる人も多いのでは? ちなみに2年間を待たずして途中解約する場合は、以下の金額を負担することになります。 解約月 解約違約金 税抜 0~12か月 19,000円 13~24か月 14,000円 25ヶ月目 更新月 0円 26か月以降 9,500円 25ヶ月目の更新月に必ず解約手続きをしないと、この金額は結構イタい! メリット 無制限で使いたい放題のWi-Fiである どんなときもwifiの最大のメリット。 それはその名の通り、どんなときも使えるWiFi! 3日で10GBまでとか、1日3GBまでといった通信制限はなく、 無制限で使いたい放題なんです! いつでもノンストレスで、好きなだけ通信できるのは、本当に嬉しい! ただし一応、公式ホームページには、以下の記載があるんです・・・。 国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。 引用: でもこれは、 ばく大な量の通信、つまりネットワークを独占するレベルの使い方をしない限りは、制限対象になりません 笑 映画を1日中観ても、夜通し大容量のゲームをしても全く問題なし! 対応エリアがとても広い どんなときもwifiは、 複数のSIM 回線 をクラウドサーバで保管できる「クラウドSIM」という、 次世代の通信技術を採用。 1つのSIMにエリアが限定されないので、3大キャリア ソフトバンク・ドコモ・au のLTE回線が利用できるというわけ。 しかも利用する地域や建物内の環境など、あらゆる条件を踏まえて、 その時一番つながるキャリアの回線に、自動で切り替えてくれるんです。 WiMAXは、まだ電波が行き届いていない地方や、地下街など電波が届きにくい場所も多いけど、 LTE回線が使えるどんなときもWiFiは、その心配もほぼ無用。 どんなときもwifiには、 対応エリアがとても広く、どこにいてもつながるという強みがあります! 月額料金が安い どんなときもwifiは、 月額料金が安いのも魅力的! プランはたった一つ、月額3,480円 税抜 のみなので、迷わないしわかりやすい。 しかも、 2年間の契約期間の中で、料金が変動することはありません。 以前使っていたUQ WiMAXは、 3日間10GBまでの速度制限があって、月額3,880円。 さらにLTE回線も利用するなら 1,005円のオプション料金がかかる上に、月に7GBまでしか使えなかったことを考えると、 どんなときもWiFiがいかに安くてお得かがわかります! 月額3,480円で通信無制限、さらに3大キャリアのLTE回線を使えるモバイルWi-Fiは、どんなときもwifi以外にありませんよ! 口座振替対応 モバイルWi-Fiなどの インターネット回線の契約では、クレジットカード払いしかできない会社も多い中、どんなときもwifiは 口座振替で料金を支払うことができます。 これまで、クレジットカードを持っていなかったがために、モバイルWi-Fiの利用を諦めてた人には、願ってもないチャンス! ただし口座振替の場合、月額料金は クレジットカード払いに比べて500円ほど高く、さらに別途 口座振替手数料が月に200円かかってしまうことだけご承知おきを。 合計で 毎月700円の差があるので、クレジットカードを持っている人は、そのままクレジットカードで支払いましょう。 海外での利用が可能 どんなときもwifiは、別途料金がかかるものの 特別な設定や申請は不要、 世界130か国でそのまま使えちゃいます。 海外での利用料金は 1日ごとに加算されるので、たとえ海外に何日滞在していても、 どんなときもwifiを使わなかった日は、料金は0円! ムダがないのが嬉しいですね。 海外利用の場合は1日1GBまでという制限があって、それを超えると通信速度は下り最大384Kbpsまで下がっちゃうけど、 1日1GBなら動画を長時間見るとかしなければ十分な量だと思う。 そして、どんなときもwifiは、 利用国エリアによって料金が異なります。 どんなときもWiFi UQ WIMAX STAR WiFi 限界突破WiFi 縛りなしWiFi 最大速度 下り 最大150Mbps 最大1. 元々使い心地はいいと思っていたけど、あらためて他社と比較すると、僕は やっぱりどんなときもwifiにして良かったな。 そして次点は、 は唯一お試しプランのあるWiFi。 月額料金はどんなときもwifiより1,000円ほど高くて、海外対応はしていないものの、 通信制限なし、通信速度も速めでソフトバンク対応という点で、次に魅力的だと思います。 どんなときもWiFiを申し込むときの流れ STEP1. 申し込み の 申し込みフォームから、以下の項目を選択・入力して申し込みをします。 支払い方法選択 必須• 端末カラー選択 必須• 端末オプション選択 任意• サポートオプション選択 任意• 登録者情報の入力 必須• 生年月日• 電話番号• 配送について• クレジットカードor口座情報の入力 STEP2. 受け取り 申し込みが終わると、どんなときもwifiはすぐに発送準備に入り、 最短で即日発送されます。 どんなときもwifiの受け取りは 自宅配送だけでなく、渋谷・秋葉原・大宮にある店舗で、直接受け取ることもできます。 店舗受け取りの場合は、なんと 申し込み当日に受け取ることもできちゃいます。 STEP3. 端末設定 どんなときもwifiの 端末に同封されている設定ガイドに従って、端末の設定をおこないましょう。 STEP4. 利用開始 設定がすべて完了したら、すぐに使えます。 好きな時間帯に好きな場所で思う存分、どんなときWiFiを利用できますよ。 速度制限なしのWi-Fiを安く手に入れたいなら、どんなときもWiFiが1番 どんなときもwifiは、 2019年3月にサービスを開始したばかりの新しいサービス。 お試しプランはないけど、8日間のクーリングオフができる• 通信制限なし!好きなだけ利用でき、速度も安定している• 次世代通信技術「クラウドSIM」を採用。 大手3大キャリアのLTE回線でどこでもつながる• 月額料金は3,480円で、とってもリーズナブル!• クレジットカード払いと口座振替、好きな方を選べる• 世界130か国で使用可能!申請不要だからそのまま海外で使える どんなときもwifiは、通信速度が超速ではないし、お試しプランもないのは確か。 でも僕はどんなときもwifiをガンガン使ってるけど、今のところ 速度は安定してるし、動画をいくら観ても問題なし! 地下でも分厚い壁の室内でも、まったくのノンストレスでサクサク通信できています。 お試しプランがなくてもクーリングオフはできるから、ほとんどお試しと同じ感覚で契約できるのもいいですよね。 ただクーリングオフでも3,000円の契約事務手数料はかかってしまうので、 負担額が抑えられるお試しプランがある方がいいって人は、STAR wifiを検討してみるといいかも。 でも、 速度制限なしで使い放題!3キャリア対応!かなり安い! この3拍子がそろったモバイルWi-Fiは、どんなときもwifiしかありません。 毎日使うネットワーク端末。 これらを 自由に、そして快適に使える環境を、どんなときもwifiで整えてみてはいかがでしょうか?.

次の

どんなときもWIFIは8日以内ならお試しで使える?【裏技を公開】|WIFIスクール

どんなときもwifi お試し

「どんなときもWiFi」と「Mugen WiFi」は、どちらもデータ容量が完全無制限のポケットWiFiとして大人気です。 Twitterなどの口コミを見ても、「どんなときもWiFiとMugen WiFiの2択で悩む!」という声をたくさん見かけました。 では実際にどっちがおすすめなのか?皆さんも気になるところでしょう。 この記事では両サービスの料金や速度、キャンペーンなど全てを比較し、どちらが優れたサービスかを決定しました。 結論を先に言うと、 どんなときもWiFiは通信障害を起こしてネット使い放題ではなくなっているので、Mugen WiFiの方が絶対におすすめです。 その他のおすすめ理由も詳しくお伝えしていくので、ぜひ最後までご覧ください。 プラン ー 格安プラン アドバンスプラン 初期費用 3,000円 月額料金 3,480円 3,280円 3,880円 キャンペーン いつでも解約サポート 30日おためし全額返金保証 発送日 最短当日 最大速度 150メガ 通信制限 なし 連続通信 12時間 同時接続 最大5台 解約違約金 最大19,000円 最大9,000円 どんなときもWiFiとMugen WiFiの格安プランで提供されている端末はまったく同じです。 Mugen WiFiではもう一つの端末としてアドバンスプランが選べます。 液晶画面が付いていてスマホのような感覚で持ち運びでき、翻訳機能やバッテリー機能が使えるすぐれもの。 格安プランと比べて月600円も高くなってしまうのがデメリットですが、海外旅行や海外出張によく行く人にはおすすめです。 実をいうと、どの端末も「uCloudlink」という会社が製造元なので、速度や性能を比較しても全く変わりません。 どんなときもWiFiとMugen WiFiで比較できるポイントは以下の3つだけです。 それでは詳しく見ていきましょう。 月額料金を比較 どんなときも WiFi Mugen WiFi 初月 3,480円 日割り 3,280円 1~24ヶ月目 3,480円 3,280円 25ヶ月目~ 3,980円 3,280円 2年間の総額 87,000円 82,000円 上の表では、どんなときもWiFiとMugen WiFiの格安プランを比較しました。 月額料金はMugen WiFiの方が200円安いです。 2年間の支払い総額で比較すると、どんなときもWiFiより5,000円お得になります。 毎月たった200円しか変わらないの?と思うかもしれませんが、どんなときもWiFiは2年後に割引キャンペーンが終わってしまうので3年目以降は割高になってしまうんです。 Mugen WiFiはずっと月額3,280円なので、利用期間を気にすることなく安心して使い続けることができます。 だだし、初月が日割り料金になりません。 例えば、契約日が月末で数日しか使っていない場合でも、月額3,280円がまるまる請求されてしまうということになります。 できれば月初めに契約することをおすすめしますが、初月が日割り料金になってもならなくても、Mugen WiFiの方がどんなときもWiFiより安く利用できますよ。 海外利用でもMugen WiFiの方が安い どちらも海外利用できる画期的な端末を提供しているので、海外でもWi-Fiを使いという方もいらっしゃるでしょう。 その場合、月額料金とは別途で下記のネット使用料がかかります。 このように、コスト面ではMugen WiFiの方が圧倒的に優れています。 キャンペーンを比較 次に、キャンペーンを比較していきます。 月額料金と違って数字で比べることができないのでどっちが優れていると決めるのは難しいですが、 Mugen WiFiの方がお得なキャンペーンを実施しています。 どんなときもWiFiの「いつでも解約サポート」 どんなときもWiFiでは解約時のサポートとして指定のインターネット回線に乗り換えることで違約金を全額負担してくれるキャンペーンを実施しています。 サポート窓口で確認したところ、下記のインターネット回線から選ぶことが可能です。 SoftBank光、auひかり、So-net光、ビッグローブ光、broad光 with 東日本、broad光 with 西日本、Yahoo!BB Broadband、Broad LTEしかし、これからポケットWiFiを契約する人にとっては2年後、3年後の解約について考えても仕方ないでしょう。 いつでも解約サポート以外には、先ほど紹介した2年間の月額割引キャンペーンしか実施されていないので、今のところお得なキャンペーンは実施されていません。 Mugen WiFiの「30日おためし全額返金保証」 Mugen WiFiでは、申し込みから30日以内の解約であれば支払ったお金が全額返金される安心のキャンペーンを実施しています。 つまり、1ヶ月間はお試しで利用できるということです。 返却手数料1,000円と端末返却時の郵送料が数百円かかってしまいますが、初期費用3,000円も月額料金も全て戻ってくるのでかなり嬉しいキャンペーンと言えます。 もちろん、解約違約金もかかりません。 適用方法は、Mugen WiFiの問い合わせフォームから「30日おためし全額返金保証」の旨と「解約理由」「決済番号」を連絡するだけ。 あとは、申し込みから30日以内に端末一式 端末・ケーブル・説明書・個装箱 を専用窓口に郵送すれば完了です。 Mugen WiFiに限らず、ポケットWiFiは利用環境によって通信が不安定になる可能性が高いです。 お試し期間として1ヶ月も利用できるのは他にはない大きな魅力でしょう。 解約違約金を比較 どんなときもWiFi Mugen WiFi 1年未満 19,000円 9,000円 1~2年未満 14,000円 5,000円 3年目以降 9,500円 0円 上の表では、途中解約時に請求される違約金を比較しました。 解約違約金においても、Mugen WiFiの方が圧倒的に安いです。 どんなときもWiFiよりも1万円ちかく負担を抑えられます。 しかも、3年目以降は解約違約金が0円になるので、最初の2年間さえ継続利用すればあとはいつ解約しても大丈夫です。 また、Mugen WiFiは2年後から端末の返却が不要です。 どんなときもWiFiの場合は、解約後に端末を返却しないと機器損害金として18,000円も請求されてしまいます。 月額料金が安いだけでなく途中解約時の負担も限りなく少ないので、どんなときもWiFiよりMugen WiFiの方がおすすめです。 まとめ ここまでお話ししてきたように、Mugen WiFiはどんなときもWiFiよりもサービス面で充実しているので絶対おすすめできます。 どちらも提供している端末が同じなので速度面や性能面は比べる必要がなく、「料金・キャンペーン・解約違約金」の3つを比較するのが肝要です。 Mugen WiFiでは30日間のお試しキャンペーンを実施しているので安心して利用できます。

次の

どんなときもWiFiお試しはある?無料体験レンタルキャンペーンは? | どんなときもWiFiキャンペーン

どんなときもwifi お試し

Wi-Fiロゴ 無線LANが商品化された当初は、同一メーカーであってもラインナップの異なる製品間では相互接続は保証されていなかった。 このため、購入検討にあたり実際に接続可能かどうかユーザーにわかりづらく、無線LANの一般への普及に問題があった。 Wi-Fi Allianceは、ユーザーのニーズを汲んで技術が成熟できるように、この問題を解決するための団体としてにWireless Ethernet Compatibility Alliance WECA という団体名でスタートし、3月から認定業務を開始した。 その後Wi-Fiの認知度が高まってきた10月にWi-Fi Allianceに改名した。 ある製品が同じブランドを表示する他の製品と組み合わせて利用できるということをユーザーが確認できるようにするため、Wi-Fi Allianceはブランドを作った。 認定された機器には、Wi-Fi Allianceの登録商標であるWi-Fiロゴの使用が許可される。 Wi-Fiの名称は、(たとえばIEEE 802. 11などの無味乾燥な規格名称よりも)キャッチーな名前を求めて(ハイファイ、: High Fidelity)の韻を踏んで命名された。 「Wireless Fidelity の略である」という由来解釈は、「意味を持たないのはまずい」との理由から命名ののちに後付けされたものである。 なお、当初は無線LANの個別規格ごとに別々の名称を使用する計画もあり、当時にIEEE 802. 11aに対して「Wi-Fi5」という認証ロゴを与えるという発表がされたものの 、結局この時点では規格ごとのロゴ付与は行われず、に至ってIEEE 802. 11n、IEEE 802. 11ac、IEEE 802. 11axに対してそれぞれ「Wi-Fi 4」、「Wi-Fi 5」、「Wi-Fi 6」とロゴとナンバリング規格が付与されることが決定された。 「Wi-Fi」と「無線LAN」の差異 [ ] 狭義の「無線LAN」 (IEEE 802. 11規格の無線LAN)と「Wi-Fi」との差違は、製品にWi-Fi CERTIFIEDロゴが表示されているかどうかである。 Wi-Fi CERTIFIEDロゴを製品に表示するには認証を受ける必要があり、認証されていないものは機能が同じでもWi-Fiと名乗ることはできない。 著名な製品の例では・が認証されていない。 たとえば、端末がWi-Fi認証を受けたのは11月であり、それ以前のFONはWi-Fiとは名乗れなかった。 逆にWi-Fi Allienceが定めたWPA version 1仕様はIEEE 802. 11のドラフトをもとにした仕様であり、古いWPA version 1はIEEE 802. 11を満たしていない(WPA version 2はIEEE 802. 11を満たしている)。 Wi-Fi認証の種類 [ ]• Wi-Fi CERTIFIED ac• に準拠• Wi-Fi CERTIFIED n• に準拠• Wi-Fi CERTIFIED• IEEE802. 11adに準拠• Wi-Fi Direct• Wi-Fi CERTIFIED WPA3• Wi-Fi CERTIFIED WPA2• Wi-Fi Enhanced Open• Protected Management Frames• IBSS with Wi-Fi Protected Setup• Passpoint• Wi-Fi Easy Connect• Miracast• Wi-Fi Aware• Wi-Fi Location• Wi-Fi Agile Multiband• Wi-Fi Easy Mesh• Wi-Fi Optimized Connectivity• Wi-Fi TimeSync• Wi-Fi Vantage• Wi-Fi Home Design ナンバリング規格 [ ] 2018年10月、Wi-Fi Allianceは認証プログラム名称に4、5、6の番号表記を導入する事を決定し、製品の認証を2019年より開始することを発表した。 なお、通信規格自体の名称(IEEE 802. ただし、Wi-Fi Allianceはこの番号表記を広くやスマートフォン等の端末で使用する事を推奨している。 なお、ナンバリング導入開始時では、ナンバリングの1から3までと7以降は未定義となっている。 対応規格 正式名称 略称 Wi-Fi CERTIFIED 4 Wi-Fi 4 Wi-Fi CERTIFIED 5 Wi-Fi 5 Wi-Fi CERTIFIED 6 Wi-Fi 6 (備考)Wi-Fi 4 とWi-Fi 5 は、後方互換性のためであり、既存のIEEE 802. 利用 [ ] Wi-Fiにより異なるメーカーの機器間での相互接続性が保証されているため、コンピュータ、フィーチャーフォン、スマートフォン、タブレット、のような多様な機器が無線LANを利用し、例えばアクセスポイントを経由しインターネットへ接続できる。 によりインターネット接続が可能な領域をという。 ホットスポットは部屋の中だけのものから、複数のアクセスポイントを重ねることで数キロメートルにまで及ぶものもある。 無線LANはまたを構築するために利用できる。 両方のアーキテクチャがコミュニティネットワークで使われている。 また、この規格の中にはアクセスポイントなど外部通信機器を経由せずに通信端末同士を直接接続する(ワイヤレス・アドホック・ネットワーク)というモードがあり、これは家電やゲーム機などでの採用例が見られる。 一般的にはアドホックモード、アドホック接続などと呼称されている。 今後の方向 [ ] 当初想定されていたノートパソコンなどのモバイルコンピューティング機器の以外にも、・などの携帯ゲーム機や、フィーチャーフォン、スマートフォン、スマートテレビ、音楽プレイヤー、デジタルカメラ等の家電製品にも搭載されている。 Wi-Fiにより、相互接続性が保証されているアクセスポイントに接続することで、インターネットのほか、インターネット電話、ゲーム機器などの多様な無線LAN機器が接続、利用されている。 また、網を由来とした()・やWi-Fiの広域版ともいえるのような、高速無線アクセス網をのバックボーンとし、を内蔵した小型の「」製品が出現し、Wi-Fiの弱点である面的なエリア展開を補完している。 ゲーム機のWi-Fi [ ] 一部のゲーム機や携帯ゲーム機はゲームの楽しさを高めるためにWi-Fi技術を利用している。 ・ - Wi-Fi認証された無線LANを標準装備している。 暗号化はまで対応。 - 20GBモデルを除きWi-Fi認証された無線LANを標準装備している。 暗号化はWPA2まで対応。 ・ - Wi-Fi認証された無線LANを標準装備している。 暗号化はWPA2まで対応。 - 暗号化はWPA2まで対応。 ・()• ・DSi LL・・ - Wi-Fi認証された無線LANを標準装備している。 暗号化はWPA2まで対応(ただしDS専用ソフトから接続する場合はWEPのみの場合が多い)。 - ワイヤレスLANアダプタというWi-Fi認証された無線LANの周辺機器がある。 6月に発売された新型機からWi-Fiが標準装備された。 さらに、マイクロソフトのZuneは身近のユーザー間で音楽をやりとりするためにWi-Fi認証された無線LANを使う。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ].

次の