鼻くそ に 血 が 混じる。 精子に血が混じっている!血精液症の原因と受診のタイミングとは?

鼻水に血が混じる原因4つ!病気の可能性もある!

鼻くそ に 血 が 混じる

この記事の目次• 鼻に痰!?これはなに? 鼻の奥を流れ落ちる気持ち悪い物の正体は、鼻の 粘液(ねんえき)とホコリなどが混ざった鼻水のかたまりです。 喉の方に流れ落ちる鼻水のことを 後鼻漏(こうびろう)といい、 誰にでもあるもので、気付かないうちに落ちているうちは問題ありませんが、 痰のようにかたまりとなって落ちてしまうことがあります。 鼻の痰ができる原因はなに? 鼻の中にできる鼻水が、痰のようなかたまりを作る原因には、次のようなことが考えられます。 鼻の粘膜に 炎症が起きている場合• 鼻の粘膜(ねんまく)が 変性してしまった場合• アレルギーによるものです。 それぞれについて解説していきます。 鼻の炎症によるもの 副鼻腔炎(ふくびくうえん) 鼻の奥に炎症が起きる病気のひとつに、 副鼻腔炎(ふくびくうえん)があります。 副鼻腔炎が慢性化したものを、 蓄膿症(ちくのうしょう)といったりもします。 急性の副鼻腔炎は、鼻水が 水様性をしていますが、慢性化してくると、ネバネバした 粘液性の鼻水になります。 さらに、粘膜が 細菌や風邪のウイルスに感染すると、黄色や黄緑色をした 膿性(のうせい)の鼻水のかたまりになってしまうのです。 炎症が起きている副鼻腔とは、大小さまざまな大きさのものがあり、合わせると顔の中、3分の2ほどを占める空洞になっています。 数は全部で8つです。 副鼻腔内は粘膜で覆われていて、外から入ってきた異物を粘液とからめて、 鼻腔(通常私たちが鼻の穴というところで、喉につながっている部分)へ排出する働きがあります。 副鼻腔の働き 副鼻腔には、次のような働きがあります。 鼻から入ってきた空気を温めたり冷やしたり、加湿したりして、肺を守る(ラーメンを食べたときに鼻水がでるのはこのためです。 外敵から体を守るための免疫システムがある• 頭の衝撃を緩和させる• 頭を軽くする• 声を共鳴させる などで、とても重要な器官と言えます。 上咽頭炎(じょういんとうえん) 鼻の炎症には副鼻腔炎以外にも、上咽頭炎(じょういんとうえん) などがあります。 上咽頭炎は喉の上にできる炎症で、やはり鼻水の塊ができることがあり、原因も副鼻腔炎と共通するところがあります。 鼻の粘膜の変性によるもの 鼻の粘膜が変性してしまう原因には、長引く鼻の炎症が考えられます。 鼻水がでたり、咳が出たりするのは、細菌や 風邪のウイルスが体内に入ってくるのを防ぐ 免疫システムの働きのひとつですが、それが長引いたり、鼻の炎症が長引いたりすることで、鼻の粘膜の 性質が変わってしまうことがあります。 鼻の粘膜の中にある粘液を分泌する 鼻腺(びせん)が増えてしまうのです。 鼻水を大量に作ってしまうことが癖になる、というようなことが起きてしまうのです。 アレルギーによるもの アレルギー反応のひとつとして、鼻に痰状のものができることがあります。 アレルギー反応も免疫システムのひとつで、異物と見なしたものを排除するためにおこります。 異物と見なしたものが、生活の身近にあるホコリやダニなどである場合に、常にこの反応が起きてしまうことになります。 アレルギー反応による場合は、 水様性の鼻水が続く、と言われています。 温かい飲み物を飲んだときに、鼻水の症状が和らいだ、という経験がある方も多いでしょう。 湯気により、鼻の中の乾燥が改善されたと考えられます。 大切なことは、乾燥させないことなのです。 部屋の乾燥を防ぎ、鼻の粘膜を傷つけないようにしましょう。 部屋の温めすぎは乾燥をまねくことがありますので、注意が必要です。 粘膜は、水や食べ物の栄養素で作られます。 寒い冬は、 水分不足が起こりやすいと言えます。 脱水症も、冬に起こりやすいと言われています。 水分不足に気をつけましょう。 ミネラルウォーターを常温か少し温めて飲むといいですね。 ビタミンAは、皮脂の内部にある、真皮を活性化し、 皮脂細胞の働きを正常に保つ働きがあります。 またビタミンAは、 粘 膜 を作っている、材料でもあるのです。 鼻の乾燥を防ぎ、外敵から鼻の中を守る粘膜を良好に保つために、ビタミンAはまめに摂るようにしましょう。 ビタミンAを多く含む食べ物には、にんじん、かぼちゃ、春菊、たまごなど色いろあります。 こちらで詳しくご紹介したいます。

次の

【医師監修】鼻をかんだら、鼻水に血が混じっている・・・原因は?

鼻くそ に 血 が 混じる

Sponsored Link 風邪の鼻水が血混じりだった時って大丈夫? 鼻をかんでいて、鼻水に血が混じっていたという経験のある方は多いと思います。 風邪をひくと、体の中の風邪ウィルスや菌を外に出すために身体の免疫機能が働きます。 多量の鼻水を出してウィルスを体の外に出そうとしているのです。 そしてウィルスと戦った時の白血球やウィルスの残骸などが鼻水と一緒に排出されています。 風邪をひくと鼻水がネバネバをしてくるのはそのためです。 鼻の粘膜にはたくさんの毛細血管があり、たくさん鼻水が出る 鼻風邪の場合は鼻粘膜が炎症や腫れを起こしているので、とても刺激を受けやすく敏感になっています。 鼻水が黄色くネバネバとしている、鼻をかんでもかみきれないときや鼻づまりがひどい時は、鼻の粘膜は炎症や腫れが進んでいる状態です。 そのため、鼻を強くかんだり、ティッシュを詰めたり、鼻をすするなどして 鼻の粘膜をちょっと傷つけただけでも毛細血管が傷ついて鼻水の中に血が混じってしまうんですね。 また、点鼻薬や鼻炎薬を使った場合は鼻の粘膜が乾燥しやすくなります。 粘膜が乾燥することでも鼻水に血が混じりやすくなるため、注意が必要ですね。 鼻水に血が混じっていたという場合は、できるだけ 鼻の中を刺激しないようにすることや、やさしく片方ずつ鼻をかむようにする、乾燥しないように加湿器や蒸しタオルなどを使うのが効果的です。 Sponsored Link 鼻水に血の塊が混じっていた時はどうなの? 鼻をかんだら血の塊が出るような場合は、風邪をこじらせたことによる 「副鼻腔炎」(蓄膿症)である可能性が高いでしょう。 副鼻腔炎は、鼻の骨の周りにある空洞の部分にも炎症や腫れが広がってしまう病気です。 副鼻腔内に炎症が起き、症状が進むと黄色や緑色のネバネバと粘性の強い 「膿」が発生します。 炎症や腫れがひどくなると、鼻をかんだりすすったりして刺激を受けることで膿に血が混じりやすくなります。 うまく膿が排出されないと 鼻の中で血の混じった膿が固まって、やがて鼻水や鼻くそと一緒に排出されていきます。 副鼻腔炎になると、他にも 頭痛や鼻の周りの痛み、 咳が続くなどの症状があらわれることがあります。 薬でも治ることもありますが、副鼻腔炎が疑われる場合は、耳鼻科を受診しきちんと治療をおこなうことをおすすめします。 どんな風に血が出た時は要注意? 鼻水の中に血が混じる、血の塊が出るのは、鼻粘膜が傷つけられた場合や副鼻腔炎になっている場合だけではありません。 片側だけの鼻から血が混じった膿が続けて出ている、変な臭いがするという場合は、小鼻の横にある上顎洞(じょうがくどう)という部分にガンが発生している可能性があります。 これを上顎ガンといいます。 副鼻腔炎(蓄膿症)を適切に治療せずに放置してしまった場合などに発症するリスクが高いようです。 とても稀な病気ですが、 粘性の高い鼻水が続いている人や鼻の形に異常がある人、 慢性的な蓄膿症の人は注意が必要です。 鼻水に血が混じる場合のほとんどは、鼻のかみすぎや鼻のいじりすぎによるもので、鼻粘膜が傷つき、かさぶたが取れてまた血が出たりという繰り返しになることも多いものです。 鼻水に血が混じる場合の多くは、特に心配のいらないものです。 しかし 高血圧や 動脈硬化、 高血糖など、 急に大量の鼻血が出る病気もあります。 風邪とは明らかに違うと思われる鼻血が出た時・鼻血が止まらないというときは、すぐに病院で診てもらいましょう。 まとめ 鼻水に血が混じると驚いてしまいますよね。 鼻水が血混じりだった、血の塊が出たという場合のほとんどは、鼻の粘膜が傷つけられたことが原因です。 対処法としては、鼻のかみ方に注意したり、加湿をして鼻が乾燥しないようにすることが効果的ですよ。 黄色いネバネバとした鼻水に血が混じる場合は、副鼻腔炎を起こしているかもしれません。 悪化してしまうと上顎がんという病気を発症する可能性もあるため、放置せずにきちんと耳鼻科を受診してみましょう。 Sponsored Link• おすすめ記事.

次の

鼻の痰(たん)の原因はなに?血が混じっていることも。

鼻くそ に 血 が 混じる

スポンサードリンク 鼻くそが多い原因 鼻くそが多くなるのは、鼻の防衛システムによって増えた鼻水が乾燥して固まるためですが、なぜ鼻くそは多くなるのでしょうか。 その原因は、生活環境が影響したり、病気であったりします。 空気が汚れている 工場地帯や排気ガスの多い都市など空気が汚い場所にいると、鼻はフル活動で異物の除去を行う必要があり、鼻水が増え、結果鼻くそが多くなります。 また、掃除を怠っているホコリっぽい部屋に住んでいる場合も同様に鼻水が増え、鼻くそも多くなります。 空気が乾燥している 空気が乾燥している場合も鼻水が固まりやすくなり、鼻くそが多くなる原因になります。 したがって、冬場の方が鼻くそは多くなりやすいと言えます。 風邪 風邪を引くのは細菌やウイルスが鼻や口から浸入することが原因ですが、この鼻の中に浸入してきた細菌やウイルスと白血球が戦いを繰り広げ、細菌やウイルスを含んだ白血球の死骸がでます。 この死骸を排出するため、鼻腔粘膜から分泌される粘液の量が増え、鼻水、鼻くその量が増えます。 スポンサードリンク アレルギー性鼻炎 花粉やハウスダストなどによるアレルギーで鼻水が増え、乾燥すると鼻水が固まり鼻くそが多くなります。 アレルギーの場合は、鼻水が止まらず鼻をかみすぎることで粘膜を傷つけてしまい、かさぶたのような鼻くそや、血が混じった鼻くそが取れたりもします。 副鼻腔炎(ふくびくうえん) 副鼻腔炎は、鼻腔の周りにある「副鼻腔(ふくびくう)」と呼ばれる空洞に膿が溜まる病気です。 慢性的なものは、蓄膿症とも呼ばれます。 臭いのある黄色や緑色っぽい粘性の鼻水(膿)が出る場合は、副鼻腔炎の可能性があります。 粘性の鼻水が乾燥して固まると鼻くそとなり、これも鼻くそが多くなる原因となります。 鼻のいじりすぎ 鼻の中が気になるからと言って指で触りすぎると、爪で鼻の粘膜を傷つけてしまったり、分泌物が増えることで、鼻くそが多くなってしまう場合もあります。 対処法は? 鼻くそが多いときの対処法をご紹介します。 マスクをする マスクをすることで、空気の汚れや細菌、ウイルスなどの異物が鼻腔に侵入するのを防ぐため、鼻くそを増やさない対策になります。 また、鼻腔粘膜を乾燥から守ることにもなります。 部屋を掃除する 部屋は、できるだけこまめに掃除を行うことで、鼻くそを増やす原因となるホコリが鼻に入るのを防ぐことができます。 湿度を適度に保つ 鼻腔が乾燥すると、鼻くそができやすくなります。 部屋の中が乾燥しすぎないように、加湿器や濡れタオルを干すなどして湿度を保つように心がけましょう。 耳鼻咽喉科を受診する 鼻くそは、生活環境の問題でも多くなりますが、アレルギー性鼻炎であったり、副鼻腔炎を起こしていたりと、適切な治療が必要な場合もあります。 生活環境を整え、マスクをするなどの対策をしても、鼻くそが取れない、鼻くそが多い、または、黄緑色の鼻くそが出る状況が続いている場合は、速やかに耳鼻咽喉科を受診することをおすすめします。 スポンサードリンク 鼻くその掃除方法 ところで、正しい、鼻くその掃除方法をご存知ですか? 指で鼻の穴をほじったりしていませんか? 指で鼻の穴をほじると、爪で鼻腔粘膜を傷つけて鼻血が出てしまったり、傷から菌が入って、炎症を起こしたりする恐れがありますので、やめましょう。 鼻くその掃除は、 お風呂上りの鼻の粘膜が適度に潤っているときに行うのがよいです。 鼻くそも水分を含んで取れやすくなります。 ティッシュで軽く鼻をかむ、または、綿棒で一回り、二周りくるっと鼻の穴をなぞるようにして掃除するのがいいでしょう。 このとき、綿棒は入り口だけで、奥まで入れないように注意しましょう。 大切なことは、無理をしないで、取れる分だけでやめておくことです。 まとめ 鼻くそは、鼻から浸入してきた細菌やウイルス、ホコリなどを排出するために、それらを含んだ鼻水が乾燥して固まったものです。 鼻くそが多い原因は、空気が汚れていたり、乾燥していたりといった環境的原因と風邪やアレルギー性鼻炎、副鼻腔炎などの病気が原因の場合があります。 その対処法としては、マスクをする、部屋の掃除をまめにする、部屋を加湿する、病気が原因ではないか医師の診察を受けるなどがあります。 鼻くそがたまっていると呼吸がしずらいですし、見た目もよくありません。 鼻の中をきれいに保つために、正しい鼻くその掃除方法を実践してみてはいかがでしょうか。 対策をしても鼻くそが多い、または黄緑色の鼻くそが出続けている場合は、 耳鼻咽喉科を受診してみましょう。

次の