暑中お見舞い 時期。 暑中見舞いの時期はいつ?例文やお返しは?

暑中見舞いを梅雨明け前に出すのは?時候の挨拶や文例は?

暑中お見舞い 時期

暑中見舞いを手紙として便箋に書いてよい? 暑中見舞いには「かもめ~る」と呼ばれる暑中見舞い専用ハガキがあります。 年賀状は年賀はがきに書くことが一般的ですし、暑中見舞いも「かもめ~る」に書くのが当たり前だと思っている人も多いかもしれません。 しかし、実際そのような決まりはなく、暑中見舞いを便箋に書いて手紙として送ることは問題ありません。 ハガキは封書の略式なので、むしろ手紙で送るほうが相手に丁寧な印象を与えることができます。 ハガキだと写真1枚を印刷できるサイズしかありませんが、封書なら2,3枚は同封できます。 便箋には暑中見舞いの挨拶だけでなく、子供の成長や旦那さんのこと、お盆やお正月の帰省のことなど、伝えたいことを盛りだくさんで綴ることができますし、封書なのでその内容は配達員に読まれることなく安心です。 近況報告の文量が暑中見舞いの挨拶より多くなりそうなら、便箋の最後についで程度に暑中見舞いの挨拶を入れて、暑中見舞いという形ではなく通常の手紙として送ってもよいですね。 暑い時期に送る手紙なので、納涼感を演出する便箋と封筒を選んで送るのがオススメです。 義両親など目上の方に送るなら、涼しそうな雰囲気かつ落ち着いた上品なデザインのものが無難ですね。 暑中見舞いを封書にする書き方 手紙をきちんと書くには、毛筆、筆ペン、万年筆が推奨されていますが、いずれも普段使わない筆記用具だと思います。 他の筆記用具だと鉛筆やボールペン、シャーペンなどありますが、子供ならまだしも大人が鉛筆で手紙を書くのは変ですし、学生ではないのでシャーペンで書くのも変ですし、ボールペンで書く文字もなんとなく味気なく感じます。 わたしが手紙を書くときは、黒か黒に近い青の極細サインペン(筆記線幅約0. 3ミリ)を使うのですが、なんとなく文字に上品さが出ているようでオススメですよ。 便箋に書く暑中見舞いの内容はハガキと変わりません。 まず、季節の挨拶を書きます。 「暑中お見舞い申し上げます」 目上の方への暑中見舞いなら、 「暑中お伺い申し上げます」 とします。 次に、時候の挨拶を書きます。 「梅雨がやっと明けて厳しい暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか」 次に、家族の近況報告を書きます。 「我が家に家族が1人増えてますます賑やかに元気に過ごしております。 」 次に、結びの挨拶を書きます。 「まだまだ厳しい暑さが続くようですのでくれぐれもご自愛ください」 最後に、年号を書きます。 1文字も書いていない白紙の便箋を添えて2枚とするのがマナーときいたこともありますが、それも避けたほうがよいとされています。 1枚目の便箋: 北海道 梅雨なし 東北北部 7月28日ごろ 東北南部 7月25日ごろ 北陸 7月24日ごろ 関東甲信 7月21日ごろ 東海 7月21日ごろ 近畿 7月21日ごろ 中国 7月21日ごろ 四国 7月18日ごろ 九州北部 7月19日ごろ 九州南部 7月14日ごろ 奄美 6月29日ごろ 沖縄 6月23日ごろ 地域によって差がありますので、その年の梅雨明け情報もチェックしながら暑中見舞いを書く時期を見つけてください。 北海道には梅雨がないので、暑さが強くなる小暑(7月7日)から立秋前日(8月6日あたりで年によって日が前後する)の間、または「夏の土用」または「暑中」と呼ばれる立秋直前の約18日間の間に暑中見舞いを出すとよいでしょう。 まとめ 暑中見舞いを便箋と封筒で手紙として出すのは問題ありません。 ハガキに比べて手紙は相手に丁寧な印象を与えることができます。 暑中見舞いを出すタイミングは各地域の梅雨明け状況を確認して考えましょう。 毎年暑さが厳しくなっていく夏ですが、どうかご自愛くださいね。 暑中見舞いはやっぱりハガキ派なら、 の便利なサービスもありますよ。

次の

暑中・残暑見舞い書き方とマナー|送る時期は?喪中のときは?

暑中お見舞い 時期

暑中見舞いを手紙として便箋に書いてよい? 暑中見舞いには「かもめ~る」と呼ばれる暑中見舞い専用ハガキがあります。 年賀状は年賀はがきに書くことが一般的ですし、暑中見舞いも「かもめ~る」に書くのが当たり前だと思っている人も多いかもしれません。 しかし、実際そのような決まりはなく、暑中見舞いを便箋に書いて手紙として送ることは問題ありません。 ハガキは封書の略式なので、むしろ手紙で送るほうが相手に丁寧な印象を与えることができます。 ハガキだと写真1枚を印刷できるサイズしかありませんが、封書なら2,3枚は同封できます。 便箋には暑中見舞いの挨拶だけでなく、子供の成長や旦那さんのこと、お盆やお正月の帰省のことなど、伝えたいことを盛りだくさんで綴ることができますし、封書なのでその内容は配達員に読まれることなく安心です。 近況報告の文量が暑中見舞いの挨拶より多くなりそうなら、便箋の最後についで程度に暑中見舞いの挨拶を入れて、暑中見舞いという形ではなく通常の手紙として送ってもよいですね。 暑い時期に送る手紙なので、納涼感を演出する便箋と封筒を選んで送るのがオススメです。 義両親など目上の方に送るなら、涼しそうな雰囲気かつ落ち着いた上品なデザインのものが無難ですね。 暑中見舞いを封書にする書き方 手紙をきちんと書くには、毛筆、筆ペン、万年筆が推奨されていますが、いずれも普段使わない筆記用具だと思います。 他の筆記用具だと鉛筆やボールペン、シャーペンなどありますが、子供ならまだしも大人が鉛筆で手紙を書くのは変ですし、学生ではないのでシャーペンで書くのも変ですし、ボールペンで書く文字もなんとなく味気なく感じます。 わたしが手紙を書くときは、黒か黒に近い青の極細サインペン(筆記線幅約0. 3ミリ)を使うのですが、なんとなく文字に上品さが出ているようでオススメですよ。 便箋に書く暑中見舞いの内容はハガキと変わりません。 まず、季節の挨拶を書きます。 「暑中お見舞い申し上げます」 目上の方への暑中見舞いなら、 「暑中お伺い申し上げます」 とします。 次に、時候の挨拶を書きます。 「梅雨がやっと明けて厳しい暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか」 次に、家族の近況報告を書きます。 「我が家に家族が1人増えてますます賑やかに元気に過ごしております。 」 次に、結びの挨拶を書きます。 「まだまだ厳しい暑さが続くようですのでくれぐれもご自愛ください」 最後に、年号を書きます。 1文字も書いていない白紙の便箋を添えて2枚とするのがマナーときいたこともありますが、それも避けたほうがよいとされています。 1枚目の便箋: 北海道 梅雨なし 東北北部 7月28日ごろ 東北南部 7月25日ごろ 北陸 7月24日ごろ 関東甲信 7月21日ごろ 東海 7月21日ごろ 近畿 7月21日ごろ 中国 7月21日ごろ 四国 7月18日ごろ 九州北部 7月19日ごろ 九州南部 7月14日ごろ 奄美 6月29日ごろ 沖縄 6月23日ごろ 地域によって差がありますので、その年の梅雨明け情報もチェックしながら暑中見舞いを書く時期を見つけてください。 北海道には梅雨がないので、暑さが強くなる小暑(7月7日)から立秋前日(8月6日あたりで年によって日が前後する)の間、または「夏の土用」または「暑中」と呼ばれる立秋直前の約18日間の間に暑中見舞いを出すとよいでしょう。 まとめ 暑中見舞いを便箋と封筒で手紙として出すのは問題ありません。 ハガキに比べて手紙は相手に丁寧な印象を与えることができます。 暑中見舞いを出すタイミングは各地域の梅雨明け状況を確認して考えましょう。 毎年暑さが厳しくなっていく夏ですが、どうかご自愛くださいね。 暑中見舞いはやっぱりハガキ派なら、 の便利なサービスもありますよ。

次の

【マナー】暑中見舞いはいつからいつまでに出す? 季節の挨拶を出す時期をしっかり理解しておこう!

暑中お見舞い 時期

暑中見舞いとは。 暑中見舞いとは、夏の暑さが厳しい時期に、相手の体調を気遣うために送る季節の挨拶状です。 暑中見舞いということで、お家や会社を訪ねて挨拶してもいいのです。 ですが、一般的には相手に送る「ハガキ」のことを暑中見舞いと言いますね。 ビジネスにおいては、送る相手を選ぶのが大変だったり、面倒だったりしますが、本来、相手を気遣う挨拶状なので、すごく気軽に出していいものなのです。 暑中見舞いの内容は、相手のことを気遣う文章を書いたり、自分や家族の近況を伝えたりします。 ポイントは暑い時期に送るものですので、夏の暑さをキーワードとして入れることぐらいです。 文例を参考にしたい方はこちらの記事もご参考にして下さい。 参考 暑中見舞いはいつからいつまで? 暑中見舞いは、7月初旬から8月6日頃(立秋の前日)までに送ります。 いつからいつまでに出すのかについて、もう少し詳しく説明します。 いつまでに出すの? まず、暑中見舞いをいつまでに出すかというと、8月7日頃の 「立秋(りっしゅう)」がポイントとなります。 立秋とは、二十四節気(にじゅうしせっき)の一つで、秋の気配を感じる頃のことです。 暦の上では秋というわけです。 今の時代に8月7日頃がとても秋には感じられませんが、そういう決まりごとなのです。 ちなみに、2020年(令和2年)の立秋は8月7日です。 つまり8月7日は暦では秋になりますので、暑中見舞いは前日の8月6日までに出すのです。 そして8月7日以降に出すものは 「残暑見舞い」になります。 ここは大事なポイントですので覚えておきましょう。 いつから出すの? いつから出すかには諸説あります。 一般的に知られる3つの説を紹介しておきます。 1.夏の土用に出す。 夏の土用とは、立秋直前の約18日間のことです。 2020年(令和2年)は7月19日から8月6日の19日間になります。 2.7月7日頃(小暑)から8月6日頃(立秋の前日)までに出す。 小暑(しょうしょ)も二十四節気の一つです。 2020年は7月7日になります。 つまり今年は7月7日から8月6日までに出すということです。 3.梅雨明けから8月6日頃(立秋の前日)までに出す。 これが一番頭を悩ませる説です。 日本全国で考えると、梅雨明けの時期は6月のところもあれば、7月下旬のところもあるのが普通です。 この説で起点を考えると、ものすごく暑中見舞いが出しにくいので、参考程度にすることをおすすめします。 これらの説や自分の経験から、 暑中見舞いを出すのは7月初旬からと決めています。 7月7日からと決めてしまっても構わないと思います。 そしていつまでに出すかというと、立秋の前日です。 通常は8月6日になります。 立秋以降は残暑見舞いで出しましょう。 実際には6月30日に暑中見舞いをもらっても、8月10日に暑中見舞いとしてもらっても、怒るようなことではありません。 個人的にはいつからいつまでというのを神経質に考える必要はないと思っています。 相手を気遣い、近況を知らせるお便りなのですから、送ってくれる気持ちが嬉しいものなのです。 日付に固執するのはその本質から外れることだと思います。 2020年の日付をまとめておきます。 参考にしてもらうために、今年の日付をまとめておきます。 マナーにうるさい人に送るときなどの参考にして下さい。 立秋・・・8月7日(金)です。 当然、前日は8月6日(木)となります。 小暑・・・7月7日(火)です。 夏の土用・・・7月19日(日)から8月6日(木)までです。 19日間となります。 残暑見舞いとは。 残暑見舞いとは、その名の通り、立秋を過ぎても残っている暑さに対して、相手のことを気遣って送る挨拶状になります。 残暑見舞いは、8月7日頃の立秋から出すものです。 2020年は8月7日になりますので、8月7日以降は残暑見舞いを出すことになります。 いつから送るものかは分かりましたね。 それではいつまで送っていいのでしょう。 こちらもいくつか考え方があるのですが、8月いっぱいはまず問題ありません。 そして最近の傾向で言えば、9月に入っても残暑見舞いのやりとりを行うことが増えています。 9月に入っても残暑が厳しいことが多いですよね。 厳しい暑さが残っているのですから、残暑見舞いのやりとりをしても不思議なことではないのです。 暑中見舞い同様に気持ちを込めたお便りなのですから、日付にこだわらず、相手を気遣う気持ちこそが大事だと思います。 まとめ 暑中見舞いと残暑見舞いについてご紹介しました。 いつからいつまでに送るということを知っておくことは大事だと思います。 基本は踏まえつつ、相手のことを思いやり、文章にしたため、近況を伝える。 もらった相手もその心遣いに気持ちが温まりますし、近況を知ることができて、きっと嬉しい気持ちになるはずですよ。 文例集そのままのような暑中見舞いでは魅力がありません。 あなたの気持ちを文章に反映したものを書きましょう。 暑中見舞いの時期と言えば、気になるのがお中元です。 こちらの記事もおすすめです。 参考 ビジネス文書の文例やポイントを紹介した記事を一覧で見れるようにまとめました。 今後も記事が増えるたびに追加していきますので、是非ご参考にしてください。 まとめ.

次の