終息と収束どっち。 収束と終息の違い!新型コロナウイルスにはどっち?使い分けを例文でご紹介

【終息】と【収束】の意味の違いと使い方の例文

終息と収束どっち

Sponsored Link 収束と終息の違いと使い分け さて、両方の意味をチェックしたところで、 今度はこの二つの 違いについてみていきましょう。 収束が「まとまって収まりがつくこと」「一定の状態に落ち着く」を意味するのに対して終息は「物事が終わること」「完全に終結する」ことを意味しています。 つまり、「収束」には「終息」の方にはない「 落ち着く」というニュアンスが含まれています。 なので、世界を揺るがすような大きな戦争が終わったときや、ひとつの時代が終わったときには終息を使い、会社の混乱や浮上した問題事が落ち着く際は収束を使います。 完全に終わったのか、落ち着いただけで完全に終わってないのか、という違いがあるわけですね~。 先の例も踏まえたうえで、これは、 「 終息宣言」なのでしょうか。 それとも「 収束宣言」なのでしょうか。 宣言と付く場合も、終息と収束の違いと同様にその内容、 何を指しているかでどちらを使うかが変わってきます。 例えば、新型肺炎やノロウイルス感染症などの蔓延がおさまり、被害が広がる恐れがなくなった場合などには通常、 終息宣言 を使うようです。 ・・・・・・・ あれれ? これってちょっと疑問ですよね。 「 病気はまた蔓延するかもしれないのに、完全な終わりを意味する終息を使うのはおかしくない?」 こんなふうにも思えます。 しかし終息宣言は、.

次の

コロナを終息、収束どっちの漢字が正しいですか?

終息と収束どっち

新型コロナウイルスしゅうそくは「収束」?「終息」? 穏やかな日常が戻るとき、それは新型コロナウイルスがしゅうそくしたとき、と言えるのではないでしょうか。 テレビやネットのニュースやツイッターなどのハッシュタグでも用いられている、コロナしゅうそく。 コロナのしゅうそくは「収束」、「終息」、どちらを使うのが正しいのでしょう? c Shutterstock. また、収まりをつけること。 」(より)を言います。 例えば新薬が開発され、新型コロナウイルスによる混乱状態が落ち着いたという場合に使います。 」(より)を言います。 例えば新薬に加え予防接種も開発され、新型コロナウイルスの新規発症がなくなったという場合に使います。 時系列順で考えると「収束」してから「終息」することになりますね。 いかがでしたか? 結論としては新型コロナウイルスの『収束』も『終息』も我々の願いですよね。 そのため、 どちらのしゅうそくを使っても間違いではありませんし、同じ発言者でも 場面によって使い分けることもあると思います。 最終的な目標はコロナ「終息」ですが、まずは、 目先の目標はコロナ「収束」です。 精神的に息苦しく感じることもありますが、自覚を持った行動をひとりひとりが心がけ、まずは1日も早い『収束』を迎えましょう! TOP画像/ c Shutterstock. com.

次の

しゅうそくは「終息」「収束」どっち?違いと正しい使い方

終息と収束どっち

【 収束】 しゅうそく おさまりをつけること。 おさまりがつくこと。 「事態の収束をはかる」 「 終息」とは 完全に終わるという意味。 終結することをいいます。 「 収束」とは事態や状況などが 一定の状態に落ち着くこと。 感染の状況などを伝えるときに多く使われます。 病気自体が「収束した」という言い方はあまりしないそうです。 つまり感染症などを完全制圧した場合は「 終息」、状況がかなり落ち着いてきた場合には「 収束」ということになります。 「終息」か「収束」か? 以上のことから考えると「感染が早くシュウソクしてほしい」の場合は、 収束・ 終息のどちらもありえるということですね。 ケースに応じて文脈から読み取り、自分で判断する必要がありそうです。 「しゅうそく宣言」はどっち? 「しゅうそく宣言はいつになるのでしょう。 」もよく聞きますよね。 この場合はどっちでしょうか。 感染症の場合は「 終息宣言」を使います。

次の