タンバリン 持ち 方。 タンブリンのもち手・奏法

タンバリンとタンブリンの違いは?初心者向けとプロ向けのサイズの選び方も!

タンバリン 持ち 方

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。 50人の購読者に加わりましょう メールアドレス タンバリンとは 皆さん、タンバリンって叩いた事ありますか。 昔学校で使いませんでしたか? 今なら、カラオケで叩いたりする事もあるかと思います。 このように身近な楽器ですが、もっと詳しく掘り下げて調べてみたいと思います。 ウィキペディアでは、 「銅に小さなシンバルを付けた極めて浅い小型の片面太鼓」とあります。 ちなみに英語では Tambourineと表記されます。 あのABBAのダンシングクイーンの歌詞の中にも、 Feel the beat from that tambourine という部分があります。 それではタンバリンのいくつかの実例を初回していきましょう。 その1 皮付きタンバリン 世界最古の打楽器を言われる、フレームドラムの一種で、 皮(ヘッド)が付いているものです。 その2 皮なしタンバリン 皮(ヘッド)が付いていないものもあります。 その3 プロヴァンス太鼓 海外でタンバリンというと、もっと広い意味で使われているようです。 フランスのプロヴァンス太鼓もタンバリンで、フランスではタンブランと呼ばれるようです。 私たちが思うタンバリンとは、手に持てる小さな楽器なのですが、 海外では大きなものもタンバリンと呼ばれているのですね。 タンバリンとタンブリンの違い 文部科学省発行の「教育用音楽用語」の音楽用語に関する基準では、 タンブリンと記載されていますので、 タンブリンが正式名称なのかも知れません。 でも一般的には タンバリンがよく使われていますね。 また、 タンボリンという人もいるとのことですが、 やはり一番一般的に使われているのは タンバリンであることは間違いないようです。 初心者向けとプロ向けの選び方 ではここで、初心者やプロがどんなサイズのタンバリンを 選んでいったらよいのかを考えてみましょう。 初心者向け お子さんの場合は直径15センチのサイズが良いでしょう。 大人なら直径21センチか24センチで軽い物が使いやすいでしょう。 プロ向け ジングルの種類を変える事で、異なった音色になります。 軽量アルミはキンキンキラキラとした音色。 軽いので速い曲にも使いやすいです。 スティールはリッチな音色ですが、重量は重くなります。 ブラスは音が良く伸びます。 ジングルの幅を調節出来る物もあり、音色を変える事が出来ます。 スポンサーリンク タンバリンの正しい使い方 学校でタンバリンを叩いた事のある皆さんは、 その時先生から正しい使い方を詳しく習ったでしょうか。 タンバリンという楽器は、他の楽器に比べて簡単に音を出すことが出来る為、 あまり考えずにただ単に叩く、という事になってしまいますよね。 でも、タンバリンには正しい持ち方や叩き方があるのです。 それでは正しい持ち方をご紹介しましょう。 タンバリンの正しい持ち方 タンバリンの持ち方には色々な種類があるのですが、まず基本的な持ち方を紹介いたします。 皮の面があるタンバリンでは、親指を面に当て、他の指でタンバリンを掴みます。 ただ、タンバリンの穴に指を入れないで下さい。 指を怪我する恐れがありますので、絶対にしないで下さいね。 タンバリンの正しい叩き方 皮の面があるタンバリンは、面を手のひらや指、拳で叩きます。 また楽器自体を振ったり、指先でこすったりもします。 面のないタンバリンには色々な叩き方があります。 こちらの動画を見てみましょう。 ギュッと握ってはダメなんですね。 そして手や体に打ち付けたり、楽器自体を振ったりします。 タンバリン芸人のゴンゾー タンバリン奏者としてとても有名なのはゴンゾーです。 彼は見た目も面白いし、奏者としても本当に上手いので凄いですよ! 彼の演奏を絶対に見たほうが良いと思います。

次の

楽器の正しい持ち方、鳴らし方を教わりました♪ ~梅組(年中)&松組(年長)~

タンバリン 持ち 方

娘の音楽教室でタンバリンの横にある丸い穴が指を入れる穴じゃないことを初めて知りました。 何やらドラム等にセットする時に使う穴なんだそうです。 そう言われてみたら指を入れるにしてはまん丸な形なのもおかしいし指を保護する配慮が何もないのも変ですもんね。 楕円形でクッション的なものでも付いている方が良さそうです。 タンバリンを受け取って穴に指を入れる子供たちに先生が持ち方を指導してくれました。 「それじゃ指が痛いでしょ。 こう持つのよ」と言う先生に「幼稚園の先生がお指を入れなさいって言ったよ」と子供たちが言いました。 てっきりそれでも正しい持ち方はこうだと言い切るのかと思ったら「じゃあ幼稚園ではお指を入れてここではこう持ちましょう」と融通のきく言い方をしてくれました。 若い先生なのにちゃんと配慮してくれてとても助かります。 幼稚園の発表会なんかだと指を入れた方が落としそうにないし、幼稚園の先生の言うことを否定されると親としても困るんです。 こんな子供の楽器のイメージがある打楽器でもやはり楽器だけあって持ち方とかちゃんと決まっているんですね。 郷に入っては郷に従えです。 幼稚園で余計な事を言わないといいなあと思います。 そういえば知り合いが産み分けに成功して女の子を出産したそうです。 産み分けなんてこれまで信じていなかったので今度挑戦してみようかと思います。

次の

簡単!楽器遊びにおすすめの保育活動

タンバリン 持ち 方

この楽譜・・・どこかで見たことありますね。 第2楽章のようですが。 >持ち方も、叩き方、どこを叩くかわかりません 正直に言いますと、実は「決まりはない」のですよ。 皮付きタンバリンの場合、一般的には利き手で打ちます。 長く振るロールを するときは、持ち替えても良いと思います。 持ち方を固定してサウンドを作るより、要求されたサウンドに応じた持ち方を した方が柔軟に対応できると思います。 タンバリンの持ち方もサウンドに影響を与えます。 軽く、ゆるめに持つとテヌートがかかった立ち上がりの柔らかなサウンド、かたく 保持すると、立ち上がりの良いクリアな音になります。 写真の様にマルカートでフォルテなら、保持する方の手はけっこうしっかり グリップした方が良いでしょう。 一般に斜めに構えればジングルの残響は少なくなり、キレの良いサウンドが 得られます。 細かなリズムに向いています。 タンバリンを完全に水平にすると、 逆に今度は叩いた後にゆらゆらジングルが揺れて響きが残ります。 真っ直ぐに立てると今度は音が止まらず、残響が残ります。 傾き具合でジングルの鳴りが微妙に変化します。 研究してみるのも面白い でしょう。 打ち方ですが指1本から5本全部、平手、握りこぶしなどいろいろです。 mf-mpぐらいなら、端から1/3程度の位置を音量に応じて指の本数を変え ます。 pではリムの上をタッチすることもあります。 アクセントやパンチを効かせたい時は、グーや平手で皮面を打つこともあります。 細かなリズムは右手首を下に折り、力を抜いて指先でツンツンと演奏します。 速いタッタカ・タッタカ~など同じリズムを繰り返す場合、同じ位置を叩くと力が 入りますから、1拍ごとほんのちょっとだけ外に指を逃がしながら繰り返すことも あります。 打つ位置ですが、これは一番端のフチの上、皮面のあちこち、そして中央付近 などいろいろです。 自分の欲しいサウンドによって 楽器の傾き 打つ指の数や手の形 打つ位置 を組み合わせて音を作るわけです。

次の