アイピル 生理。 アイピル(アフターピル)通販

アイピル(アフターピル)通販

アイピル 生理

アイピルは最近では様々な年代の様々な立場の女性に愛用される薬となりました。 日常的にセックスをする機会のある女性はもちろんのこと、特に多いのは生理に関する様々な悩みを抱えている女性のアイピルの利用です。 特に生理痛で悩んでいる女性というのはあらゆる世代の女性にいるものですが、アイピルを服用することで生理痛の痛みを軽減させる効果も期待出来るので、その効果を求めて病院やクリニック等を訪れて処方してもらう女性が非常に多いのです。 生理痛というのは痛いだけでなく、時として女性の人生をも狂わせてしまう、重大なものです。 例えば仕事をバリバリ頑張っているキャリアウーマンの女性の場合、生理痛によって一日会社を休んでしまうだけでもかなりの痛手になってしまうことでしょう。 何故なら会社というのは重病以外で休む従業員のことを高く評価したりはしないからです。 しかも生理というのは毎月毎月やってくるものですから、生理痛が重い女性の場合は毎月休んでしまうことになり、これですと将来の出世にも影響してきてしまうのです。 特に男性ばかりの会社においては、なかなか生理を理由として休暇を申請することも出来ず、このような立場の女性は生理の時は出勤するも地獄、欠勤するも地獄という非常に過酷な状況となってしまうのです。 しかしアイピルを服用することで生理痛を軽減させるという効果を身体に出させることが出来ますので、重い生理痛を抱えている女性でも、かなり痛みから解放されることになるのです。 その結果今までは生理の時に痛みをこらえながら必死で頑張らなければいけなかった女性でも、痛みを我慢することなく元気溌剌と仕事をすることが出来るようになるのです。

次の

アイピルの飲み方|注意点|アフターピル|72時間以内|お薬ラボ

アイピル 生理

アイピルは、海外の製薬会社が開発した海外医薬品です。 日本の厚生労働省の認可を受けた海外医薬品は、国内での市販薬や処方薬として受けることができます。 しかし、アイピルは承認されていない薬なので、購入する場合は個人輸入を利用します。 個人輸入は、海外の販売店から個人的に商品を購入する手段のことです。 国内では手に入りにくい海外医薬品が、安い価格で手軽に手に入るとして人気の手段です。 しかし、偽物には注意しなくてはいけません。 日本では、薬事法が存在し、医薬品を簡単に入手できる環境にはありません。 医師の処方を受けるには病院を受診する必要があります。 また、店舗や通販で販売するためには、販売許可や、薬剤師の常駐などの条件があります。 しかし、個人輸入にはこうしたルールがないので、偽物を扱うリスクも高まるのです。 医薬品の偽物はアイピルに限らず存在します。 特に、海外から購入する場合は全体の半数以上が偽造品とされているデータもあるのです。 そもそも、途上国では、市場に出回る10%から30%が偽薬だと報告されています。 日本国内で正規ルートで入手する場合は偽薬に出会う確率は、ほぼありません。 WHO(世界保健機構)によると、偽造品は「同一性や出所起源に関して、故意並びに不正に偽造の表示がされた医薬品」であると定義されています。 つまり、製薬会社が製造したものではない、開発した製薬会社のものではないものを言います。 また、あたかも正規品であるかのような薬剤形状やパッケージ表示がなされているものです。 そのため、多くの方が本物と思いこみ購入してしまうというリスクがあります。 偽物を使用した場合、期待する治療が受けられない可能性があります。 アイピルの場合、服薬しても避妊できないことになるでしょう。 また、避妊できなかったというだけならまだしも、有害な成分により健康被害に遭ったり、死に至るケースも存在するのです。 国内の正規ルートを使用した上で、偽薬だった場合は販売元や医師に責任があります。 しかし、個人輸入で購入した医薬品の使用は自己責任です。 何かしら問題が起きても自己責任ということになってしまうので注意しましょう。 偽薬を見分けることができれば、個人輸入は安全に手軽に利用できる手段ではあります。 アイピルの偽物の見分け方は? アイピルの本物と偽物の見分け方については、実物を購入してみないことには判断できません。 個人輸入代行サイトには画像が掲載されていますが、これだけで見分けられるほど単純なものではないのです。 また、最近は偽薬も巧妙に作られてきているので、素人目では見分けにくいということもあります。 しかし、正規がどういうものかを理解しておくと、リスクを回避できるのです。 アイピルは、インドの製薬会社が販売している緊急避妊薬です。 有効成分にレボノルゲストレルが含有されています。 1錠当たりの含有量は1. 5mgです。 白がメインのパッケージになっており、ピンク、黄色、オレンジのラインでデザインがされています。 パッケージではデザインはもちろん、成分名やメーカー名を確認しましょう。 成分表示が疎かになっている、メーカーが正規会社ではない場合は、注意が必要です。 内容は1箱で1シート1錠が入っており、円形の錠剤タイプです。 錠剤は直径7mm・厚さ4mm程度の大きさとなっています。 錠剤の大きな特徴として鮮やかなピンク色をしており、蝶のマークが刻印されているのです。 偽薬は、錠剤の形状が違う、大きさが違うなどがあります。 他には、色が違う、蝶のマークがないなども大切なポイントです。 ただし、パッケージにしても錠剤にしても、先述した通り巧妙に作られているものもあります。 全ての偽薬が簡単に判断できるわけではありません。 むしろ、難しい方が多いと思っておいた方が良いでしょう。 そこで、値段が極端に安くなっている商品を避けて購入することも大切です。 アイピルは1箱1300円~1600円ほどで販売されています。 最大で30箱までまとめ買いをすることができ、まとめ買いをするほど1錠あたりの価格がやすくなります。 30箱購入した場合の1錠あたりの価格は1000円ほどとなっています。 もちろん、値段で判断しきれるものでもないです。 ひとつの目安として、あまりに価格が安いサイトには注意することが大切です。 いずれにしても、信頼できる個人輸入代行サイトを利用することが重要です。 サイトによっては利用者のレビューが掲載されていることもあるので、薬の評価を確認してみてください。 個人輸入代行サイトではサイトの知名度や実績で選ぶのもいいでしょう。 1社だけではなく複数社を比較し、信頼できそうな業者を利用しましょう。 どこのサイトでアイピルを購入すると安全? アイピルを販売している個人輸入代行サイトにはオオサカ堂、あんしん通販、ココロ薬局、アイドラッグ、お薬ラボなどがあります。 この中で販売実績があり知名度が高いのはオオサカ堂でしょう。 また、5サイトの中で最も安く販売しています。 個人輸入は、個人使用に限り、海外から医薬品を購入することができるシステムです。 そのため、他社への販売や譲渡が禁止されています。 個人輸入代行業者を介して注文した場合、海外販売会社から直接商品が送られてくるのは合法です。 仮に、個人輸入代行業者から送られてきた場合は、代行業者が販売したとされます。 その場合は、その業者は違法となるのです。 サイトの安全性を見分ける時には、まずは運営元の「会社概要」を確認します。 個人輸入代行業者のほとんどは、外国人経営なのが実情です、しかし、アイドラッグは日本法人となっています。 いずれにしても、所在地や連絡先の記載があるか、また実在する会社かを確認しましょう。 問い合わせはメールのほかに、電話番号もある方が安心です。 通販サイトには「特定商取引に基づく記載(特商法表記)」があります。 特定商取引法とは、消費者を守るルールが定められた法律です。 特定商取引法は、通信販売にも該当します。 そのため、個人輸入代行業者は特定商取引に基づく記載をするのが義務になっています。 会社概要等は、サイトの下部に記載されているのが一般的です。 また、あんしん通販では、定期的な成分鑑定を行っているとの記載があります。 アイドラッグや、オオサカ堂では一部の成分鑑定書を掲載してもいます。 決済方法はサイトにより変わります。 クレジットカード決済と銀行振り込みに対応しているのが一般的です。 お薬ラボは、クレジットカード決済には対応しておらず、銀行振り込みとコンビニ決済のみです。 ただ、クレジットカード決済可能なサイトでもタイミングによってはク一時停止状態になり銀行振り込みしかできないサイトもあります。 アイドラッグは決済方法が最も多様で、NP後払いや代引きも利用できます。 総括すると、知名度から利用率が一番高いのはオオサカ堂です。 しかし、サイトを確認した上で安全性が高いのは日本法人のアイドラッグでしょう。 個人輸入は自己責任なので薬の使用はもちろん、どのサイトを利用するかも自分の判断で行うことを理解して選びましょう。

次の

アフターピル(緊急避妊ピル)を服用後の生理について。

アイピル 生理

アイピルの正しい飲み方 コンドームをしていたのに途中で取れてしまっていた!危険日だったのに彼がコンドームをしてくれなかった!といった様々な理由で、もしかしたら妊娠してしまうかも知れない!と慌ててしまったことはありませんか? こうした「望まない妊娠をしてしまうかもしれない」という時に飲むのが、アイピルです。 簡単に言うと、最近は もしもの時のために持ち歩いている人が増えているようです。 アイピルはアフターピルや緊急避妊薬と呼ばれるお薬で、なんらかの理由で望まない妊娠の可能性のあるセックスをした 72時間以内に服用すれば、高い確率で避妊を成功させることができます。 緊急避妊薬には妊娠の可能性のあるセックスをしてから72時間以内に2錠服用し、その12時間後に再び2錠服用するタイプと、セックス後72時間以内に1回1錠飲めばよいタイプの2種類あります。 アイピルは1回1錠飲めばよいので、飲み忘れの心配もしなくて良いですし、副作用の心配も少ないのでお勧めです。 アイピルを服用してから2日~数週間以内に 生理のような出血があれば避妊成功です。 3週間たっても出血がない場合や、もともとの生理予定日になっても出血がない場合は妊娠してる可能性があるので、をしてみてください。 飲み方の注意点 アイピルは1回の服用で避妊の効果を得ることができるタイプのお薬ですが、服用後に万が一吐いてしまった場合注意が必要です。 服用してから3時間経っていない場合、お薬の成分がしっかりと吸収されず、 十分な効果を得られない可能性があります。 服用後3時間経過していない場合は もう一度必要量を服用する必要がありますので注意してください。 吐いてしまわないか心配な方は市販の 酔い止めを一緒に服用してみてください。 吐き気が緩和されるかもしれません。 飲み合わせも特に問題ないので安心してください。 3時間以上経過してから吐いてしまった場合は問題ありませんので安静にしていてください。 このお薬は1回だけ服用するタイプの緊急避妊薬ですが、他の種類のお薬には時間をあけて2回服用するタイプのものもあります。 間違えて2回飲んでしまいますと大変危険ですので注意してください。 万が一2回飲んでしまった場合は、すぐにお医者さんに相談をするようにしてください。 妊娠をしてしまうことが怖くて1回にたくさん飲んでしまおうか…なんてこともしては絶対にいけません。 1錠で避妊の効果は十分にあります。 大切なのは量ではなく、服用するタイミングです。 決められた飲み方は必ず守って服用してください。 正しい飲み方で95%以上の避妊率 アイピルは正しい飲み方をすれば、高い確率で避妊を成功させることができる緊急避妊薬です。 妊娠の可能性のあるセックスをしてから 24時間以内に服用すれば95%、 72時間以内に服用すれば75%避妊することができるという実験結果が報告されています。 このお薬を服用して妊娠が成立する可能性は72時間以内の服用でたった2%です。 これだけ避妊率が高いと、体への負担は大丈夫なの?と不安になるかもしれませんが、大丈夫です。 副作用もそれほど強くはありませんし、薬を服用しても避妊の効果は服用時のみに作用しますので、それから妊娠しずらくなってしまうようなことはありませんので安心してください。 また、万が一避妊に失敗してしまい妊娠が成立してしまったとしても、 胎児にお薬の影響はないと言われています。 フランスでは1999年にお薬の有効性と共に安全性も認められていますし、WHO(世界保健機関)では緊急避妊時の必須医薬品として認められています。 お薬の効果を最大限に得れるよう、一刻も早く服用することが大事ですので、もしもの時のために ポーチなどに入れて持ち歩くことをお勧めします。 アイピルの飲み合わせと注意点 アイピルは市販薬であれば 特別に飲み合わせに注意しなければならないお薬はありません。 ドラッグストアなどで売られているような風邪薬などの飲み薬なら安心して服用してください。 湿布薬や塗り薬、目薬なども併用しても問題はありません。 ですが、病院で処方されているようなお薬を服用している方は万が一を考えてお医者さんもしくは薬剤師さんに相談することをお勧めします。 ペニシリン系やテトラサイクリン系のお薬などは一緒に飲んでしまうと思わぬ副作用が出てしまったり、お薬の 効果を得られない可能性があると言われています。 また、お薬以外にサプリメントも注意が必要です。 チェストベリーという、 月経前症候群に効果のある成分が含まれたサプリメント、セントジョーンズワットという、 更年期障害に効果のある成分の含まれたサプリメントを飲んでいる方は 注意が必要です。 これらは 女性ホルモンに作用する成分なので、お薬の 効果を低下させてしまう可能性があります。 妊娠中の方、高血圧の方、糖尿病の方、ヘビースモーカーの方は服用することができませんので注意してください。 服用後にアルコールを飲酒した場合、普段より肝臓に負担がかかってしまうことがあるようですので注意して飲酒してください。 何かあった時のためにと思って 化粧ポーチに入れて持ち歩いていましたが、先日彼氏との 避妊に失敗してしまってついにアイピルを飲みました。 避妊に失敗したことに気づいた時は本当に焦ったけど、そういえば薬がある!と気づいた時に すごく安心しました。 早くに飲んだほうが、成功確率が高いと知っていましたが、薬を飲んですぐに吐くとまずいと聞いていたので、彼氏に 酔い止めを買いに行ってもらってから 一緒に飲みました。 吐いちゃって飲みなおさなきゃいけない状況は怖かったので。 飲んでからしばらくして、 結構気持ち悪くなったので 酔い止めも飲んでおいて正解だったと思います。 それ以外は特にひどい症状もなかったです。 出血がくるまではしばらく怖かったけど、4日目に生理のような出血がありました。 一安心でした。 色々考えて避妊薬を飲むという結果になったけど今はまだ子供を育てられるような状況ではないので、今回は飲んでよかったと思います。 まさか飲むことになるとは思わないで持ち歩いていたけど、持っていて本当によかったです。 もう飲まないですむように徹底しますが、でもやっぱり万が一のためにもう一度買いました。 またポーチに入れてあります。 友達が妊娠しちゃったかもしれないと ずっと悩んでいたのを見て、私も他人事ではないなと思ってアイピルを購入していました。 その子は結局妊娠していなかったようですが、生理がくるまでの約1か月間相当悩んでいました。 私はあんなに悩みたくないしお守り代わりにと軽い気持ちでいたのですが、飲む日が来ちゃいました。 まずいと思ってすぐに飲みました。 処方してくれるお医者さんを探して、 病院に行って処方してもらって薬局に行って…という時間を考えたらすごい時間がかかっていたのだろうなと思います。 事前に持っていたから早く飲むことができました。 私は薬を飲んでから 出血があるまで1週間かかりました。 その間、すごく不安でしたが、薬を飲まないで1か月間妊娠しちゃっていたらどうしようと 不安に過ごすよりも精神的にはよかったと思います。 いつか本当に妊娠したいと思った時には今回の薬の影響がないと知っていたので、その点でも安心でした。 副作用はゼロではなかったですが、妊娠をふせぐためにはしょうがないことだったと思います。 もう薬を飲むことがないようにしたいと思います。 ですが可能性はゼロではないので、こちらでもう一回買わせてもらいました。

次の