ヘラクレスツムツム。 ツムツム ヘラクレスは弱ツム決定(涙)使えないスキルと最新評価

【悪役】ディズニーヴィランズのハデスを紹介!プロフィール&意外な秘密まとめ!

ヘラクレスツムツム

形態 [ ] 角 [ ] のは頭角・胸角が共に長く、体長とほぼ同寸の角を持つ個体もいる。 カブトムシ類に限らず、甲虫類全体で見ても世界最長の種とされ 、胸角を含めた全長は最大180mmを越える が、自然下において確認されている最大(野外ギネス)個体は172. 7mmである。 日本のと同じく、の成虫には角がない。 2017年現在、飼育下での最大数値(ギネス個体)は、で南米原産カブトムシ・観葉植物の販売店『Amazonico』を営む男性が 、2016年11月27日に羽化させた 、原名亜種・ヘラクレスの「Amazonico血統」、全長181. 0mmの個体「神聖」である。 この男性は他にも、同血統から全長179. 0mmの「雷霆」(らいてい、2016年11月14日羽化) 、全長178. 4mmの「光明」(2016年12月29日羽化)を 、それぞれ作出している。 なお、それ以前に確認された最大個体は、以前も最大記録を打ち立てたことがある愛好家の、の男性が作出した、同じく原名亜種・ヘラクレスの174mm個体で 、さらにそれ以前の記録は、むし社(本社・)の調査によれば、同じく原名亜種・ヘラクレスの171. 8mmだった。 胸角と頭角はそれぞれ胸部と頭部についており、頭角は上下に動かすことができる。 ヘラクレスオオカブトは相手の腹の下に胸角を入れ、頭角と挟み、持ち上げて投げる。 胸角の内側に生えている褐色の毛はすべり止めの役目を持つ。 産地や亜種によって様々な形状の特徴があり、胸角の太さや頭角突起の形状などで亜種を判断できるが、中には産地の重なる亜種もあり、特徴の目立たない個体もいる。 小型の個体だと、胸角や頭角の特徴での判断が非常に困難。 前翅 [ ] 前翅は黄褐色を帯びるのが特徴である。 黒い斑点の大きさや数、また全体の色合いの濃さなど、個体によって違いが見られるが、これはによる違いではない。 前翅は湿度が高いと黒褐色だが、湿度が下がると黄褐色が濃くなる。 また、油脂などの付着や栄養状態によっても黒褐色になる。 飼育下では湿度が高くなったり、餌などの付着による汚れ、高栄養な餌による栄養状態の飽和により、黒くなった状態になることが多いようである。 写真などで見ると、本種はだいたいが乾燥時のものである。 同属のは、常に前翅が黒色で、2本の長い角のほかにも左右に1対小型の計4本の角を有しており、これによって本種と簡単に区別することができる。 また、本種のメスの前翅は尻のほうのみ色づく。 生態 [ ] からの熱帯のに断続的に分布する。 低地にも少なからず生息するが、大型になる、また大型の個体は標高1000〜2000mのにしか見られない。 成虫はである。 昼夜を問わずの樹皮やを自ら傷つけてやを吸汁してはいるが休息も兼ねており、飛翔などの活発な活動は夜間に限られる。 生息地の付近に灯火などの光源があればしばしば飛来する。 幼虫は朽木やの中で1年半-2年程かけて成長するが、飼育下では1年半で羽化することも多い。 オスでは蛹化前に100gを超えることも珍しくない。 羽化後は成熟まで3 - 6か月ほど要する。 や腐ったを好み、それらを求めて地上を移動する。 成虫の期間も長く、1年から1年半ほど生きる個体もいる。 雨が降った後に活動が活発になる。 現地には四季がないため一年を通して見られるが、採集例は8月、12月の雨季に多いようである。 世界最大のカブトムシであるだけに力はとても強い。 基本的にはおとなしい性格だが、刺激を与えられたり、身の危険を感じると恐ろしいほどの闘争心を発揮する。 生息地である雲霧林は乾燥していると明い色、湿っていると暗い色に変化するので、湿度によって変色する前翅は保護色となる。 飼育 [ ] 基本的にはのと変わりないが、大型のカブトムシ全般に言える事だが幼虫・成虫共にカブトムシより更に大食いである。 量の問題と、角が邪魔になる関係で、餌となる昆虫ゼリーは大きいものがよい。 成虫の雄は飼育スペースが小さいとストレスで寿命が短くなってしまう。 また、性質は基本的に温和ではあるものの多頭飼育は推奨されず、単独飼育が推奨される。 胸角と頭角で挟む力は非常に強く、指など挟まれないように注意する必要がある。 幼虫は羽化までに1年半 - 2年程を要する。 餌もカブトムシより発酵したものを好む。 蛹室は横に長いため、飼育容器の大きさや形にも考慮する必要がある。 幼虫の餌になどの貝殻を粉状にして(などは毒となるので使わない)混ぜて与え続けると、成虫になったときに前翅が青白くなる。 亜種 [ ] 原名亜種 D. hercules 後述のように、本種は多くの亜種が知られているが、 2003年、 Ratcliffe博士により、全ての亜種をとする説が発表された。 この報告によれば、 lectotype(後模式標本)に指定された個体の産地を完全に決定できていないという見解のためであり、たとえ lectotypeの産地が決定できたとしても、せいぜい島嶼型と大陸型との2つの異なった形態群しか認められないであろうという。 ヘラクレス D. hercules Linnaeus, 1758 本種の基本(原名亜種、基亜種)。 7mmの個体( , 1932)である。 に浮かぶのうち、諸島西部の、に生息する。 このうちグアドループ諸島では、標高の高い地域があるにのみ分布しており、には分布しない。 バス・テール島中部の Vernouというデータの標本個体を多く見かけるが、島内の広範囲に生息しているものとみられる。 ドミニカ島でも、沿岸部から内陸部まで、幅広く生息している。 現地を調査した、山内英二によれば、いずれの産地でも1年中にわたって観察できるが、7月から9月頃に発生のピークを迎えるという。 なお、やからの報告もあるが、現在では疑わしいと考えられている。 「ヘラクレス・ヘラクレス」となることから、愛好家の間では略して「ヘラヘラ」と呼ばれることがある。 グアドループ諸島産・ドミニカ島産の間に目立った差異はなく、それぞれを外見で見分けることはできない。 初頭、内の昆虫販売業者により、多数の生体が輸入されたが、入荷当初は「カリブ産」として流通しており、グアドループ産か、ドミニカ島産かは分けられていなかった。 その後、産地が区分された上で販売されるようになったが、現在流通している個体は、グアドループ産が主流で、ドミニカ島産は少なくなってきている。 頭角先端手前の突起は短い三角形で、基部突起は普通2本だが、時に3 - 4本と多くなる。 胸角は非常に長く、基部は極めて太く、ほとんど湾曲しない。 胸角は比較的太いが個体差があり、太い個体にはパチセラス( pachyceras)、細い個体にはステノセラス( stenoceras)という型名が、それぞれ付けられている。 胸角突起は、中央の少し基部寄り、頭角の突起に比べて先端寄りに位置し、三角形となる。 前胸背の点刻は非常に小さく、まばらである。 上翅は、光沢が比較的強く、黄土色から少し青みがかったオリーブ色で、稀に青白くなる。 上翅の黒い斑点はあまり大きくならず 、シワ上の点刻は他の亜種より若干小さい。 体毛は白黄色である。 雌の上翅のシワ状点は、他の亜種と比較すると若干小さく、側縁部では浅くなる。 グアドループ島(バス・テール島)の Vernouでは普通種ではあるが、現在、この島のものは保護生物に指定され、採集及び島外への持ち出しが禁止されている。 そのため、日本に流通している個体は、そのすべてが繁殖個体となる。 「世界最大の甲虫」というインパクトと胸角が太く直線的に伸びるスタイルのため、本種の亜種の中で最も人気がある。 頃は、本種は流通量が少なく、まだ品薄で高価であった。 しかし、その後は飼育者(ブリーダー)の増加や、飼育技術の進歩などにより、飼育個体数が増加したため、現在は本種の中で流通量が最も多く、価格も安定している。 リッキー D. をみると、標高500m - 2000mを生息圏とするが、特に標高1500m前後が、最も個体数が多くみられる。 産地によって個体数が異なり、ボリビアでは特に少ない。 ベネズエラのRancho Grandeを基産地として記載された亜種である。 エクアドルでは、12月から翌年4月頃までが、最も個体数が多いが、雨季などの気候条件により、発生ピークにはムラがある。 灯火に飛来する個体の観察例が多いが、飯島和彦は、エクアドル・ナポ県にて、コルカと呼ばれる木の樹液に、本亜種が集まるのを観察している。 エクアトリアヌスとは、標高で棲み分けているが、両亜種の生息地は隣接しているものと思われる。 そのため、分布境界に近いエリアでは、ややエクアトリアヌスに似た特徴を持つ 、亜種間の交雑個体と思われる個体が出現する場合がある。 頭角基部の突起は、一本の棒上で、その先端はやや尖る。 前翅はやや濁った薄いオリーブ色から濁った黄褐色で、黒斑は不安定である。 頃は、原名亜種・ヘラクレスはまだ品薄で高価であったため、オキシデンタリスと並んで本種の中でも流通の多くを占めていた。 生体は、エクアドル・コロンビア両国からの流通が多く、次いでペルー産が多い。 それ以外の、ベネズエラ産・ボリビア産の個体は、標本でもほとんど流通していない。 亜種名は、 Rene Lichy(リシ)に由来する。 エクアトリアヌス D. ecuatorianus Ohaus, 1913 東部から上流域から中流域(コロンビア南東部〈プトゥマヨ県モコア〉、エクアドル東部〈、〉、ペルー北東部、西部〈〉、ボリビア北部及び中央部)に生息する。 本亜種はリッキーより低地に分布する。 頭角先端手前の突起は棒状で先端は尖り、基部の突起はやや細い棒上でその先端は尖る。 胸角の基部は比較的太く、それほど強く湾曲せず、突起は基部寄りに位置し、点刻はほとんどないかあっても非常に小さい。 前翅は光沢は鈍く、黄褐色から明るい黄色で、黒紋は不安定。 体毛は赤い赤褐色で、胸角では黄褐色を呈し、尾節板では短い。 小楯板は基部では点刻が強く、後半部ではこれを欠く。 亜種名は産地の国名、エクアドルに由来する。 セプテントリオナリス D. septentrionalis Lachaume, 1985 (南部(、)、、、、、パナマ北部〈側の山塊〉)に生息する(おそらく中米全体に分布すると思われる)。 胸角の基部は明らかに湾曲し、突起は基部に位置し大きく、点刻は小さくやや多い。 胸角は細い。 前翅は濁った黄褐色で、黒紋は比較的大きい。 体毛は黄褐色で胸角では赤褐色。 小楯板はほぼ全体が点刻でおおわれる。 亜種名は「北の」という意味。 オキシデンタリス D. occidentalis Lachaume, 1985 南アメリカ北西部(南部の側山塊、コロンビア西部〈、〉、エクアドル北西部)に生息する。 パナマではセプテントリオナリスとの中間型(亜種間交雑個体?)が出現する。 胸角の基部はセプテントリオナリスほどではないが湾曲し、突起は基部に位置し細長く、点刻はあまり多くなく小さい。 胸角は細い。 前翅はやや明るい黄色から黄褐色で、黒紋は不安定。 小楯板は後縁を除き点刻がある。 頃、原名亜種・ヘラクレスがまだ品薄で高価であった頃はリッキーと並んで本種の中でも流通の多くを占めていた。 亜種名は「西部の」という意味。 トリニダーデンシス D. trinidadensis Chalumeau and Reid, 1995 (、。 また、にも生息するものと思われる?)に生息する。 頭角基部の突起は普通1 - 2本で、ほぼ棒上でその先端はやや尖る。 胸角の基部はやや太く、全体的に直線的で、突起は原名亜種・ヘラクレスよりも基部寄りに位置する。 前翅、胸の点刻及び体毛は原名亜種・ヘラクレスとブリュゼニの中間型である。 グレナダ島からも本亜種によく似た個体が得られており、今後の再検討が望まれている。 ブリュゼニと同じ亜種として処理する研究者もいる。 亜種名は産地のトリニダード島に由来する。 ブリュゼニ D. bleuzeni Silvestre and Dechambre, 1995 ベネズエラ東部()に生息する。 頭角基部の突起は2本で、その先端は尖る。 胸角は基部でやや湾曲し、中央部では直線的。 胸角突起は基部寄りに位置し、やや長めの三角形。 胸の周辺の点刻は幅広く三つで粗い。 前翅の光沢は鈍く、黄土色で黒斑は大きい。 体毛は原名亜種・ヘラクレスに準ずる。 前述のように、トリニダーデンシスを本亜種に含める研究者もいる。 亜種名はフランス人、 Patrick Bleuzen(ブルザン)に由来する。 パスコアリ D. paschoali Grossi and Arnaud, 1993 ブラジル北東部(東南部、北東部)に生息する。 全亜種中もっとも東南部に分布する。 頭角基部突起はないか、あっても非常に小さい。 胸角は直線的で、突起は中央よりやや基部寄りに位置し、点刻は基部において幅広くそして多い。 前翅は光沢がやや強く、オリーブグリーンで黒紋はないかあっても小さい。 体毛は白黄色で尾節板では短い。 小楯板はハート形に点刻される。 亜種名は、命名者の一人であるの Grossiの子息、 Paschoal Coelho Grossi(パスコアル)に由来する。 タカクワイ D. takakuwai Nagai, 2002 ブラジル北部()に生息する。 全亜種中もっとも付属突起の発達が弱い。 頭角先端手前の突起はほとんど消失するか棒上で、基部の突起はないかあっても痕跡程度。 胸角は一様に湾曲し、基部ではいくらか上反し突起はほとんど消失するか小さい。 前翅は褐色を帯びた黄土色でやや黒紋が大きい。 胸の点刻はほとんどないかあっても非常に小さい。 体毛は赤褐色。 亜種名は(自然)の博士に由来する。 モリシマイ D. morishimai Nagai, 2002 ボリビア西部(中央)に生息する。 他にボリビア中央部(及びの Chapale)からもほぼ同様の個体が得られている。 ボリビアの北部及び北東部の低地にはエクアトリアヌスが分布する。 一見バウドリー(レイディのバウドリー型とする考え方もある)のように、全体がコンパクトで力強い体つきである。 胸角は光沢が強く、基半部では明瞭に窪み、非常に強壮で、前方半部では強く下方へ湾曲する。 胸角突起は長い三角形で非常に強壮で基部近くに位置する。 前翅の光沢は強く、黄色味を帯びた黄土色で黒色の紋は多い。 胸の点刻は基部では幅狭く、前縁では幅広い。 体毛は全亜種中もっとも黄色みが強い。 小楯板の前方半分は密に点刻されるが、後方半分は光沢がある。 亜種名はのの生態研究家・に由来する。 トゥクストラエンシス D. tuxlaensis Moron, 1993 メキシコ合衆国南部(の Los Tuxtlas、 Santa Marta山塊)に生息する。 小型の亜種で、全亜種中最も北に分布する。 頭角は短く、中央付近で湾曲し、頭角先端突起はやや湾曲する。 胸角の基部は明らかに湾曲し、突起は基部に位置しやや大きく、点刻は比較的粗い。 前翅は汚黄色で、黒紋は小さい。 毛は赤褐色。 亜種名は産地、 Los Tuxtlasに由来する。 レイディ D. reidi Chalumeau, 1977 島( Massacre及び Roseauなど)に生息する。 頭角先端手前の突起は小さな三角形で、基部突起は消失する。 胸角は直線的であるが、小型では若干湾曲し、突起は基部寄りに位置し、やや長い三角形。 胸の点刻は基部ではやや幅広い。 前翅は原名亜種・ヘラクレスに酷似し、光沢が強く、黒紋は大きい。 体毛は原名亜種・ヘラクレスに準ずる。 最近になってバウドリーとの近縁関係が指摘されており、本亜種に統合されバウドリーは本亜種のタイプのひとつとする考えが広まっている。 バウドリー D. baudrii Pinchon, 1976 島に生息する。 最近になってレイディとの近縁関係が指摘されており、仮にレイディに統合されると本亜種の名はバウドリータイプ(バウドリー型。 レイディのうち、頭角に突起があるタイプ)として残るのみとなる。 6-9. , p. , p. 38-45. 48-55. Amazonico. 2017年11月25日時点のよりアーカイブ。 2017年11月25日閲覧。 , pp. , pp. 2016年6月10日. の2017年11月25日時点におけるアーカイブ。 2017年11月25日閲覧。 , p. , pp. 20-21. , p. 20-23. 『の百科』 参考文献 [ ]• 『』1999年2月号()• 藤田宏(編集・発行)、土屋利行・小林信之・谷角素彦・矢崎克己・飯島和彦・中村裕之(編集スタッフ)、鈴木亭治(AD)、2006年3月7日、「ヘラクレスオオカブトとその仲間達 ディナステス大特集!!」、『』18号(『』2006年4月増刊号)、、 ・2丁目23番地1 ニューグリーンビル209号室、• 藤田宏(編集・発行)、土屋利行・小林信之・谷角素彦・矢崎克己・飯島和彦・中村裕之(編集スタッフ)、鈴木亭治(AD)、2015年8月14日、「世界の人気クワガタ・カブト大特集!! 」、『BE・KUWA』56号(『月刊むし』2015年8月増刊号)、むし社、• 土屋利行(編集)、藤田宏(編集スタッフ・発行)、小林信之・谷角素彦・矢崎克己・飯島和彦・中村裕之・坂本伸嘉(編集スタッフ)、2016年1月26日、「南米のカブトムシ大特集!!」、『BE・KUWA』58号(『月刊むし』2016年3月増刊号)、むし社、• 土屋利行(編集)、藤田宏(編集スタッフ・発行)、小林信之・谷角素彦・矢崎克己・飯島和彦・中村裕之・坂本伸嘉・伊敷美穂(編集スタッフ)、2017年5月18日、「南米のカブトムシ大特集!!」、『BE・KUWA』63号(『月刊むし』2017年6月増刊号)、むし社、 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の

ヘラクレス (1997年の映画)

ヘラクレスツムツム

ヘラクレスの前に現れた謎の美女。 過去に恋人の為にハデスに魂を売ったが裏切られたため、男性不信になった。 現在はハデスの手下に身を落としている。 ヘラクレスに何度も救われるうちに少しずつ心を開き、彼と両想いになるが、その感情がハデスにとって皮肉にも完全無欠なヘラクレスの弱点となってしまった。 色仕掛けで様々な男や怪物をハデス側に回していてフィルからは性悪と言われているが根は純真無垢な恋する乙女。 背景がすでに悲しいですが、ヘラクレスに何度も助けられるうちに両想いに。 でもそれがヘラクレスの弱点となって、ハデスに利用されてしまう悲しい女性です(涙) メグの基本情報 スキル:逆T字状にツムを消すよ! スキル発動に必要なツム数:14個 スキルレベル1:効果範囲SS(14~16個) スキルレベル2:効果範囲S(16~19個) スキルレベル3:効果範囲M(19~21個) スキルレベル4:効果範囲L(20~23個) スキルレベル5:効果範囲LL(22~25個) スキルレベル6:効果範囲3L(25~28個) 初期スコア:490 最大スコア:890 メグのスキルレベルは、イベントでスキルレベル6まで育てることができます。 同じスキルとしては、がいますね。 それでは早速スキルを見てみましょう! スキル発動すると、ヘラクレスが登場。 そしてヘラクレスはプレミアムBOXのツム。 にも関わらず、メグはヘラクレスよりも強いと噂されていますが、本当かどうか徹底比較してみました! 比較するのは、基本スコア、スキル発動に必要なツム数、スキルレベル別の平均ツム消去数です。 基本スコア 100 - 933 490 - 890 スキル発動 15 14 Slv1 16 15 Slv2 18 18 Slv3 21 20 Slv4 23 22 Slv5 26 24 Slv6 29 27 基本スコアは、レベル最大ではヘラクレスの方が少し上。 でもメグはレベル1でもなんと490もあって、最初からかなり使えますね。 スキル発動に必要なツム数は、ヘラクレスは15個だけど、メグは14個と1個少ないです。 スキルレベル別の平均消去数は、ヘラクレスの方が1、2個多いですね。 それでもスキル発動に必要なツムが1個少ない事を考えると、まあ妥当ですね。 基本的な性能だけを見ると、ヘラクレスとメグは同じ位の強さです。 しかし、へラクレスはプレミアムBOX、メグはイベントでの無料配布ツムでスキルレベル6まで育てれるって事を考えると。。。 スキル発動が14個と軽い! スキル発動は14個と軽め。 イベントでスキルレベル6まで育てれなくても、スキルチケット1枚で必ずスキルレベルが1上がります。 そのため、非常に育てやすいツムです。 育てるならメグではなく強ツムを育てた方がいいですね。 基本スコアの伸びは悪い メグはレベル1で基本スコアが490と高いですが、レベル最大まで育てても890までしか育ちません。 そのため、わざわざレベル上げをするまではないツムです。 メグの最新評価 ヘラクレスよりも強くて、無料でスキルレベル6まで育てれる初心者向けのツム! となりました。 初心者にはうれしい、イベントで無料ゲットできてスキルレベル6まで育てれるツム。 さらに基本スコアが高いため、序盤でのハイスコアでは欠かせないツムですね。 ただし、やはりイベント配布ツムだけあって、強ツムと言われているプレミアムBOXのツムと比べると弱いです。 強ツムをゲットできるまでのつなぎとして使っていきましょう! ルビーを無料で毎月1~2万円分ゲットする裏ワザ.

次の

【ツムツム】新ツム「ファンタズミックミッキー」「ヘラクレス」「フィリップ王子」登場&確率UP!

ヘラクレスツムツム

概要 [ ] と呼ばれる時期に作られた作品で、を元に作られているがストーリーはオリジナルと言っても過言ではないものであり、賛否両論を呼んだ。 要素が大きく出ている。 主人公の吹き替えの声はが務めた。 公開『』で初めて主人公の吹き替えが声優以外を起用し、それ以降も何度か著名のタレントを起用されているが、本作では日本語吹き替えの主演声優にの所属アイドルが起用された作品であり、以降も、2004年にが主演した『』までの間にジャニーズアイドルが主人公の吹替や主題歌を歌唱する事が何度かあった。 ストーリー [ ] 舞台はギリシャ神話の時代。 の神にという名の子供が生まれ、多くの神が集まってヘラクレスの誕生を祝っていた。 だが、オリンポスの支配を企む死者の国の神ハデスは、将来邪魔者となるであろうヘラクレスを快く思っていなかった。 しかし神は不死身であるため、ハデスは部下のペインとパニックにヘラクレスを誘拐させ、人間になる薬を飲ませ人間になった彼を抹殺させようとする。 人間界に連れてこられたヘラクレスは薬を飲まされるが、薬を一滴だけ飲まなかったため完全に人間にならず、生まれ持っての怪力でペインとパニックを叩きのめす。 人間の夫婦に発見され、ヘラクレスは人間界で育てられることになった。 人間界で成長したヘラクレスは、怪力のために友達もできない生活を送っていたが、両親から彼が彼らの本当の息子ではないこと、拾われた時に首にかけていたメダルにゼウスの紋章が彫られていたことを知らされる。 ゼウスの神殿に向かい、ゼウスと再会したヘラクレスは、神に戻るには本当のヒーローになるしかないと聞かされる。 こうして、ヘラクレスのヒーローになるための修行が始まった。 登場キャラクター [ ] 歌と物語の語り手担当。 ヘッドバンドで髪をまとめた、小さなポニーテールを作った、長い巻毛の、縮れ毛の、小柄のの5人が登場。 本作の主人公。 ゼウスの息子で天界の神の一族であるが、ハデスの陰謀により神としてのほとんどの力を奪われて人間界に捨てられたが、優しい養父母に育てられた。 何事にも一生懸命で誠実な性格だが、おっちょこちょいな面もある。 神としての自覚がなかったこともあり、神族の超人的なパワーをコントロールできずに悩み、それをコンプレックスとしていた。 自分が全知全能なる神ゼウスの息子だと知った時、ゼロからヒーローを目指す冒険の旅に出る。 神話と異なり、母親はではなくで、を退治こそするものの毛皮は着ない(代わりにの毛皮を着る場面がある)。 本作の。 死者の国を治める神。 ゼウスを倒しオリンポス山を乗っ取る野望を抱いている。 自身の計画の邪魔になるヘラクレスを始末しようとするが、部下のペインとパニックが殺し損ねたため、次々と怪物を派遣する。 ペインとパニックのドジに時折頭を抱えるなど気苦労も多く、悪役ではあるがどこかコミカルに描かれている。 メグに対してはペインとパニックとは異なり、1人の部下として扱っている。 最後はヘラクレスに殴られて封印された。 髪の毛は青い炎の(本人曰くカツラ)になっており怒ると赤く燃えるが、ペガサスに吹き消された際にはスキンヘッドになってしまった。 ディズニーのシリーズには比較的多く出演しており、彼をメインゲストにした回や『』のとの恋愛も描かれた。 ペインとパニック ハデスのドジで間抜けな子分の悪魔たち。 ヘラクレスを半人間にするが、飲ませた液体が一滴残っていたために怪力がヘラクレスに残り、殺し損ねてしまう。 変身が得意。 ギリシャ神話では、パニックとは、パン神が他の神々同様にを恐れて逃げた際に、ちぐはぐな姿に変身したことが語源とされている。 ヘラクレスの愛馬。 ヘラクレスが誕生した時に、ゼウスが雲から作り出した。 話せないがヘラクレスと意思疎通が可能で、しばしばツッコミ役をこなす。 本来はが死んだ際に彼女の傷口から産まれた存在で、はヘラクレスの曽祖父に当たる。 (フィル) 半人半獣ので、好色だが数多くの世に英雄と呼ばれる人物を鍛えたトレーナー。 ゼウスに雷で脅されヘラクレスを渋々鍛える事になる。 自分の育てた弟子が星座になる事を「夢」見ている。 ヘラクレスの前にという人物を弟子にしていたが、才能はあるものの踵が弱く、最後は自己犠牲で敵と共に死んだという。 当初は自分の夢が叶わなかった鬱憤から投げやりな態度をとっていて、ヘラクレスを拒絶したが直後にゼウスの雷を浴びて弟子入りを許可した。 その後、ヘラクレスの才能を徐々に信じるようになり、自らの「夢」にも輝きを取り戻した。 後にヘラクレスが「夢なんてもつものではなかった」と自暴自棄になった際には、「その理屈は間違いだ!」と一喝した。 メグとハデスのやり取りを聞いたためか当初はメグを『性悪女』呼ばわりしていた。 ヘラクレスが神の一員として認められると、その証としてが作られた事で、遂に自身の積年の「夢」も果たされた。 ギリシア神話におけるピロクテテスは、同様にヘラクレスの親友ではあるが、本作の役回りや容姿は完全にのもの。 (メグ) ヘラクレスの前に現れた謎の美女。 過去に恋人の為にハデスに魂を売ったが裏切られたために男性不信になった。 現在はハデスの手下に身を落としている。 最初は騙すつもりでヘラクレスに近づいたが、彼に何度も救われるうちに少しずつ心を開き、彼と両想いになるが、その感情が皮肉にも完全無欠なヘラクレスの弱点となってしまった。 色仕掛けで様々な男や怪物をハデス側に回していてフィルからは性悪と言われているが根は純真無垢な恋する乙女。 元ネタはの娘でヘラクレスの妻のメガラー。 、、の運命と寿命を司る三女神。 一つの目玉で過去・現在・未来を見ることができ、ハデスに助言する。 かつて地上で破壊の限りを尽くしていた巨大な魔神たち。 ゼウスによって退治され、海底に封印されていたが、ハデスが運命の三女神の予言に従い、封印から解き放った。 神話では、タイタン族はオリンポスの神々の親類にあたり、劇中での行動は子孫である巨人族のそれに近い。 テレビシリーズでは他のタイタン族も登場している。 ヘラクレスとの戦いで他のタイタン族(サイクロプスは除く)を巻き込み宇宙に放り出され爆発したが、神々は基本的に不死であるので死を迎えたのかは不明。 一つ目の巨人。 ハデスの命令でヘラクレスを抹殺しようと仕向けられた。 力を失ったヘラクレスを赤子の手を捻るかのように叩きのめした。 ヘラクレスの策で足をロープで巻き付けられて崖から転落死した。 河の番人の。 自分を味方につけようと近づいたメグにちょっかいを出していたところをヘラクレスに見つかり、退治される。 キャスト(映画) [ ] キャラクター 原語版声優 日本語吹替 ヘラクレス () ヘラクレス(少年時代) () メグ (メガラ) フィル (ピロクテテス) ゼウス ハデス ペイン () パニック (フーリューズ) カリオペ タリア クリオ メルポメネ テレプシコル 台詞: うた: アンピートリオン アルクメネ ラケシス クロートー アトロポス アポロ? ネッソス パイロス 背が高い男 老人 リトス ハイドロス ストラトス コーリー・バートン 焦げた男 サイクロプス パトリック・ピニー ディミトリウス がっしりした女 地震女 ナレーター ペガサス 原語版流用 ケルベロス ヒドラ テレビシリーズ [ ] テレビシリーズも制作された。 内容はヘラクレスの高校時代を描いたもの。 日本では2005年夏にリリースされたDVD「ディズニー・ヒーローズ ヒーローへの道」にもと一緒に収録された。 キャラクター 原語版声優 日本語吹き替え ヘラクレス フレンチ・スチュワート ゼウス ハデス 主題歌・挿入歌 [ ]• 「」(日本語吹替版ではがカバー)• 「ゼロ・トゥ・ヒーロー」• 「恋してるなんて言えない」(日本語吹替版ではメガラ役のがカバー)• 「A Star Is Born」• 「ゴスペル・トゥルース」• 「最後の夢」 スタッフ [ ]• 監督:、• 製作:、ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ• 脚本:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ、、、• 音楽: 豆知識 [ ]• 『』と同じく、劇中ではさまざまなシーンが登場する(例:劇中歌「恋してるなんて言えない」では、歌担当のミューズ()がの歌う胸像に扮している)。 他には『アラジン』のスタッフが製作した為か、劇中でヘラクレスとメグがデートをした場所に酷似したところが、アラジンとジャスミンの魔法の絨毯デートの途中にも出ている。 更にはヘラクレスが絵のモデルをしている時、頭にはのの頭部の毛皮を被っている(ネメアの獅子の代わりか)。 では映画公開に合わせて、スペシャルイベント「」が開催された。 声優は映画版とは異なりヘラクレスは、メガラはが演じており、ゲームでも続投している。 その後、においてヘラクレスは「」(メガラも登場)「」(前期のみ)に登場したが現在行われているショーやパレードには登場していない。 一方ハデスは、として「」、「」などで主人公のヘラクレス以上にショーやパレードに登場している。 ハデスの声は映画版の嶋田が続投しているが、初期はが代演していた。 監督のとロン・クレメンツがその他の声の出演に参加している。 脚注 [ ].

次の